ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

ムシ殺し

 

きのうは夜中の3時にチリトマ。

 

夜食って肉体的というより精神的な何かが働いて食べてしまうものなんだよなあ。

 

ある種、麻薬w

 

ま、たまにはヨシとする。

 

今年は、感染症の手足口病が例年の1/100なのだそうだ。

 

これは明らかにコロナのせいで、手洗い等の公衆衛生施策を実施したためだ。

 

逆に考えると、従来どおりだったら、コロナは今の100倍増えていてもおかしくないことになる。

 

東京で1日200人感染したとメディアが大騒ぎしてもフーンだが、毎日2万人だったら、さすがにオイラも考えるw

 

いずれにしても、日本人はちゃんと手を洗ってるということだ(男子トイレでは相変わらずイイカゲンな手洗いだらけだが、それでも効果があるようだ)。

 

今日は風呂掃除して、午後は自由が丘に買い出し。

 

母が陽気のせいか、ここんところ買い物をパスしている。

 

 

なので、晩飯はヨシギューだぜ。イェイ

 

牛皿ファミリーパック3を母とオイラで、0.8:2.2くらいの感じで食す。

 

特盛だぜ。

 

でも、母もよく頑張って食ってると思う(メシ少なめもよい)。

 

自由が丘ついでで、薬局でバポナを購入。

 

 

太っ腹の3個買い。

 

家庭用と違って、業務用はほんとにムシが死ぬ(笑)

 

人間だって気をつけたほうがいい(だから第一類医薬品)。

 

今年はなんか玄関から門、ガレージに至って、クモの巣がスゴイ。また蚊もよく飛んでいる。

 

 

ってことで、ガレージ入口と玄関先に吊るした。

 

あとはガレージの中に置いておく。

 

これでムシ退治ができれば万々歳だ。

 

地味な一日だが大切な一日。

 

そんなかんじっス。

 

 

χανι@69.0kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







けっきょく南極テレビ世代

 

 

えーとタイトルの意味はあまり深く考えないように(^o^)

 

今日は午前中は掃除機。

 

そのあとは終日「テレビにかじりついてる(死語)」ような一日だった。

 

ここんところブログを早めに上げて、深夜前にザビスタラジオ配信してたんだが、今日は2時間ドラマのデキがよくて、さっきまで見てしまった。

 

北大路欣也主演の刑事ドラマだったけど、推理や人間像のバランスが良くて感じ入った。

 

あとはもっぱらパワプロ。

 

一番最初にキャラ設定があって、長所と短所を決めないといけなかった。

 

短所に野球のレベルが落ちることを入れるのが嫌で(キレるとかピンチに弱いとか)、「顔がイマイチ」を選んでいた。

 

そしたら、ここにきて成績はいいのにファンが少ないキャラになってきた(笑)

 

やっぱ、顔は大事よ、と勉強になった今日このごろ

(´・ω・`)

 

珍しく仕事がらみのTELが2件あった。

 

両方とも事前に「○時に電話します」とフェイスブックメッセンジャーで連絡があった。

 

そして約束通りかかってきたが、両方ともケイタイじゃなくて、フェイスブック音声通話だった。

 

電話じゃないじゃん!(笑)

 

時代遅れのオイラの頭の中は、いまだにメールとケイタイである。

 

ちなみにオイラは音声通話はスマホを持ってないので、デカいタブレットで受けることになる。

 

先日は慌ててパソコンで受けたら、自分の声が先方に伝わらないことが発覚した。設定が面倒だ。

 

もうすぐそこまで、パソコン不要、スマホ必須の時代が来ている。

 

この間、あるものを勢いで購入したのだが、どうやらスマホがないと起動できないということが発覚。

 

いまだに使えずにいる。

 

解決したらブログネタにしようとしてるのだが、まだダメだ。(タブレットでもダメ)

 

でもなあ。うちは母も弟もスマホどころかケイタイも持ってなくてもちゃんと生きているw (イエ電+公衆電話ですw)

 

別にスマホなくても死なないし(笑)

 

 

写真がないから、きのうの新宿御苑のシダでも乗せておく。

 

デッカいシダはいいぞ。

 

 

それと新芽はなんか数学的美しさがある。

 

ニュージーランドの象徴たる所以が、なんかわかる気がするんだよね。

 

日本のサクラみたいなもんかな。

 

 

χανι@68.4kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







うなぎもやっぱりハーフ&ハーフ

 

 

雨のち曇りのち晴れのち曇りのち雨のち曇のち雷雨のち・・・

 

っていう一日。

 

 

オイラの、樽一の鰻が食いたいべ、というリクエストに合わせて、ミントさんから新宿御苑散歩の提案。

 

入場券買うのに少し並んだけど、中はスカスカ。

 

ほぼ全員整然としてるけど、ひとりだけお兄ちゃんがマスクつけずにはしゃぎまわってるw

 

おねえちゃん2人を連れてきて、舞い上がる気持ちは痛いほどわかるけどw、結局そういう人なのだと思われるのは悲しいものがある(それでも彼は今日一日きっと幸せだったろうが)。

 

 

散歩中に雨が降ってきたり、それもまた情緒。

 

 

台湾閣はなかなか趣のある建物だった。

 

 

そして大好き大温室。

 

3kmくらいをゆっくり散歩したのでビールが美味いわな(^^)

 

 

樽一ではビールのあと、ずらっと日本酒。

 

ザビッ酒とミント酒を巧みに選り分ける酒匠三浦常務のウデと「うちにきたら浦霞でしょ」という店主しんちゃんのサービス精神。

 

あざっす。

 

 

そして鰻。

 

半身ずつ、白焼きと蒲焼きにしてもらう。

 

常務も「それが最高」とサムアップw

 

樽一のうなぎは、開きは関東、焼きは関西。

 

なので、うなぎの肉質と味をしっかり味わうかんじになる。

 

蒸した関東タイプも好きだけど、ちゃんとした関西式の鰻は美味いよね。

 

 

シメは500円ランチメニューからバクダン丼。これで500円?

 

ミントさんは常務から裏メニューのおすすめがあって、クジラカレーうどん(^^)

 

甘口のつゆが呑んだあとにやさしい。

 

 

いつもいつもありがとうございます。

 

モニターなしの自撮りでこれだけ撮れるオイラもすごいけどw,しんちゃん見事な写り込み。

 

ぐっじょぶw

 

 

χανι@69.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







雨がふります 雨がふる〜

 

 

って、ヤケに暗い歌だよなあ、と思った7月25日。

 

まだ梅雨明けず。

 

ザビガレージの雨漏りも芳しくない。

 

雨がふります。。。は北原白秋の作詞だと知ったが、明るい「雨雨ふれふれ母さんが」。。。も北原白秋だそうだ。

 

会ったことないがw,北原白秋深いな。

 

(ここで、はい!キタハラ拍手〜!と手を叩くのが、中学時代に流行ったw)

 

そんな天気の中、母の美容室の送迎。

 

 

その間、オイラひとりになったので、久しぶりにレコードを大きな音で鳴らしてみる。

 

スージークアトロは眺めるだけで、アルバムをちゃんと聴いたのは初めてだ(^^ゞ

 

基本はエルビス・プレスリーっぽくて、70年代調のアイドルポップ・ロックなのだと気づいた。(プロデューサーがヒットメーカーだった)

 

 

先日ミントさんと音楽やステレオの話になって、人間の嗜好は幼少時に決定してるのかな、と思った。

 

ピンクレディを家ではポータブルプレーヤーで聴いていたミントさんは、友達の家で仰々しいステレオでピンクレディのLPレコードを慎重にかけないと聴けないことに違和感を感じたという話だ。

 

言われてみれば、聴きたいときにすぐにシングルレコードがかけられるポータブルのほうが便利だよね。

 

現代で言えば、いちいちステレオでCDかけるより、「OKグーグル、ピンクレディのUFOかけて」と言えば、すぐにグーグル先生が再生してくれる。同じだな。

 

じゃあ、ミントさんが音質がわからなかったかというと、FMラジオはAMラジオと同じ手間で高音質なので感動したそうだ。

 

恥ずかしながら、オイラは若い頃はAMとFMの音質の差がわからなかった(笑)

 

そして、ステレオとポータブルでは、ステレオに惹かれたが、それはメカメカしい複雑な機械やスイッチやメーターに反応してたのであった。

 

音なんてどうでもよくて、とにかく機械がゴチャゴチャしてることが大事だったのねw

 

このように、同じものを見ても、人の趣味嗜好は全く違うし、ツボはハタから見ると「そこですか?」というところにある。

 

ま、それが多様性っすね。

 

オイラが「音」「音質」というものがようやくわかりだしたのは、40過ぎてからだ。

 

大学時代の友人がザビスタに遊びに来て、「カトーのステレオがまっとうな音をしている」と驚いてたのが忘れられないw

 

でも、正しい音なんてないから、好きな音でいいんだよ。

 

重低音がドカドカ言おうとが、高音がキンキンしてようが、それが好きなら「良い音」なのさ。

 

ま、そんなかんじッス。

 

 

χανι

| - | 23:59 | comments(0) | - |







Tokyoの一番スゴイところ

 

 

SMD2。引き続き東京探訪(という名の飲食)。

 

東京の何がスゴイって、なんでもあるところ、というのがミントさんとの結論。

 

いや、なんでもあるからエライとかそういうんじゃなくてね。

 

なにもない、を売りにしてる田舎もあって、そこには素晴らしい自然があったりする。

 

みんなそれぞれに良さ、スゴさがあるのよ。

 

 

昼めしはミントさんの地元豊洲の中華定食屋。

 

回鍋肉って初めて食べたけど、想像通りうまかった!w

 

ミニラーメンセットで量的にも満足。

 

そして中華屋と言えば、ラガーをコップで飲む。これがいい(^^)

 

そして、ムダにテレビが流れてて、近所のおっちゃんがひとりでビール飲んで、シメにタンメン食ってるw

 

THE 昭和東京!

 

 

そのあとは、有明にできた巨大施設有明ガーデンの温泉へ。THE 令和東京。

 

 

今のうちなら、まだ混まないだろうという予想で。

 

 

ちょっとお高めの値段設定だが、とにかくキレイ。スペースも十分。

 

風呂上がりのスーパードライの生ビール。これもまた格別。

 

肝心の温泉はコロナの影響で水道水使用だったのは残念。

 

ジェット風呂は馬力あって肩こりに効いたし、サウナも高温とスチーム塩サウナがあって整った。

 

吹き抜けはあったけど、露天と呼ぶには今一歩。

 

ともあれ、外国人が来ないうちに一度覗いておいたのは正解。

 

夜は、豊洲に戻ってスペインバル=エル プエルト

 

結論は非常に良い店だった。

 

 

スズキのカルパッチョもトリッパも美味。

 

スタッフのカオリンのホスピタリティも抜群で、聞かれたので「ザビエルです」と名乗ってきた(笑)

 

 

メインは、ガリシア栗豚肩ロースと仔羊の鉄串焼の盛り合わせ。

 

まず、豚の火入れの見事さに感心。そしてラムはクミン他スパイスが効いて、ウイグル料理を思い出す美味さだった。

 

 

シメに甘口のシェリー酒、ムスカテルをいただいたが、カオリンが「こちらもちょっと試してください」とペドロ・ヒメネスを試飲させてくれた。

 

ムスカテルは果実香が素晴らしくまさにザビッ酒。

 

ヒメネスは「あんみつが食いたくなった!」って感じの黒蜜味w デザート酒の王道だな。

 

 

さらに、「よかったらバスクチーズケーキも食べてみてください」とカオリン。

 

うーん、完全に取り込みにかかったなw

 

オジサンは喜んで乗ってあげよう。

 

そう言えば、デキる女子スタッフに会うのは久しぶりだ。それがとてもうれしかった。

 

豊洲に行ったら、エル プレスト。覚えといてあげてね。

 

あーーーっと大事なこと忘れてた。

 

 

お店の主力料理はパエリア。

 

ミントさんと意見一致で、今日はイカスミでいってみた。

 

これもザビ好み。

 

最後はスタッフ総出で見送られて、なんかボエム以来だな、この感じは(笑)

 

ごちそうさまでした。

 

 

χανι@69.3kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







Go To Tokyo , From Tokyo

 

 

前にこの4連休は渋滞40kmと予想してたが、もろもろあってそこまで渋滞にならなかったね。

 

お上がキャンペーンやってるから旅行行くとか、東京は対象外になったからキャンセルとか、そういうお上に振り回されるのをヨシとしないのが江戸っ子の変な見栄だったりもする。

 

哲学的・法学的に言えば、「移動の自由」は人間に与えられた根源的な自由だ。

 

日本の刑罰は、もっとも重い死刑と軽い罰金刑の間はすべて「移動の自由」を奪うものだ。刑務所行きね。

 

また、どんな危険な地域に海外渡航することも基本は自由だし、コロナが移動禁止じゃなくて自粛要請にとどまるのも道理なのだ。

 

ただ日本人には同調圧力に従うという一種の美徳があるので、コロナより世間の目が怖いから移動しない、という選択が働く。

 

これはオイラのような個人主義者からすると、移動の自由の放棄だ。自らに刑罰を課してるように感じる。

 

という前提において、それでもオイラは日本人なので、大移動じゃなくて小移動くらいにしようかしら、みたいな気持ちも働いたりする(^^)

 

SMD4連休。

 

遠出を避けて、東京人は東京を大いに楽しむ、をコンセプトに今日は門前仲町。

 

 

ランチは、スリランカ料理屋。

 

スリランカ料理は日本人の口に合う、を証明してくれるお店。

 

 

オイラはカレー2種+ロティ。

 

カレーは中辛だけどとてもスパイシーで美味。

 

ロティは薄いナンのようなものだが、そそり立ってて、一瞬何が出てきたのかわからなかったw

 

 

ミントさんはアーユルヴェーダ・ワンプレート。

 

長粒米がうれしい。味見させてもらったけど、どれもスパイシーだけど辛さはマイルドで美味しい。

 

いいお店だ。

 

 

晩飯は懸案の焼肉丹田。

 

何度か行こうとしたけど、コロナ休みだったり、どうにも縁がなくて入れなかったの。

 

 

店構えから高級焼肉かと思ってたら、リーズナブルな価格設定。

 

安価に薩摩牛の美味さを広めたいというコンセプトでの東京進出だそう。

 

 

衛生にはすごく気を使ってて、ユッケは店員は触れないようになっている。

 

客が自分でパックを開けて盛る。合理的だな。イロケはないけどw

 

 

ハツ刺しも低温調理でローストビーフのような味わい。

 

これはこれでアリだ。

 

ってことで、結局「東京旅行」と言いながら門仲でうまいもん食っただけ、って話だが、満足だからこれでいいのだ。

 

行きたいところに行き、食いたいものを食う。

 

これ、ザビ的基本的人権です(^^)

 

 

χανι

| - | 23:59 | comments(0) | - |







アーティストが友達にいると

 

 

母が買い物を億劫がったんで、ひとりサミット。

 

 

めんどくさいんで、寝間着のまんまスーパー行く人です(^o^)

 

アザーガートのTシャツなんだけど、色のセレクトを間違えて、この色は普段は着ないんだよね。

 

間違った理由は、ライブ会場の紫色のライトの下で見たら、白地に青ロゴに見えたのよ。

 

光のマジック。でもこうして「職場」を変えると活躍するわけで。感謝

 

 

アザーガートと言えばdaisukeさんが詩集を出版した。

 

全編、彼の詩集に使われてる写真はオイラが撮影したもの。

 

 

詩集用とは聞いてたが、全126ページにわたる45篇の詩とともに、オイラの63カットもの写真が使われるとは思ってなかったので、びっくらポンである。

 

ナニゲに撮った風景写真とか、たまたま乗ったボートが詩にぴったりだったりとか、daisukeさんの手にかかると、オイラの写真素材はアートになるのだと知った。

 

是非そのへんを皆様にも味わっていただければ幸い。

 

購入はこちらから。

 

昼は、先日のウードのライブを編集。

 

 

ハイレゾで民族楽器の生音(しかもウードの第一人者)を録らせてもらえるなんてのも、ウード弾きのタキちゃんやリンコロさんのおかげ。

 

まだメインのステレオでは聴いてないが、パソコンで再生する限り、相当エエ音や(^o^)

 

夜は、急遽電気屋さん登場。

 

取り寄せ機器が届いたってことで、善は急げと。

 

 

キッチンの50年超の蛍光灯を最新LEDへ交換。

 

めっちゃ明るいので慣れるまでたいへんかもw

 

落ち着いたら、もう一基のほうも交換してもらおうと思う。

 

にしても、天井自体がボロボロだなw

 

とにかく限界まで使い切る!って感じでこれからも家屋にはガンバっていただくことにする。

 

 

χανι@67.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ちょっとこまめに動いてみた

 

 

僭越ながら、自分の中ではコロナに対しての結論が出た日。

 

これでも日々コロナってなんなんだろうと考えたり、記事を読んだり、人の意見聞いたり、世の中の雰囲気を察知したりしていた。

 

が、どうやら自分が思ってることも日頃の行動も間違ってないので、これでいいやと思い至った。

 

どういう結論かは、オイラの中にだけあればいいので、公表も議論もするつもりはない。

 

オイラとしてはこれからもきちんと手を洗います(^^) そういうことだ。

 

とにかくコロナのおかげで半年以上風邪をひいてない。これはザビエル史上最長の優良健康状態である。

 

感謝

 

朝家事の後は少し睡眠をとってから午後活。

 

森野亜古さんのCDプレゼントをラジオでやったが、その発送手配とか。

 

母の処方受け取りとか薬局とか。

 

窓口はどこもビニールシートオンパレードだが、あとは普通になったな。

 

それと紙マスクがなかなか見当たらない。

 

5枚で400円は論外だし、50枚2000円を東急ストアで見かけたが、ザビ的にはまだ高い。

 

30枚100円の昔に戻るのは難しいのだろうが、もうちょっと安くならないかなあ。

 

あとは合間に懸案のザビ茶碗探し。

 

 

結果的に、自由が丘の100キンで思い描いてたものがあった。

 

やや大ぶりで重いが、色合いは探していたとおり。

 

明日の朝ごはんから登場予定。

 

 

晩飯はカレーだったので、茶碗は使わなかったのね(^^)

 

ヤマモリのタイカレー・プリック。

 

現行レトルトで辛くて美味い、と言ったらこれだろう。

 

そして得意のサバ缶投入。

 

今日は遠慮せず一缶全部入れたら、けっこうヘビーだった(笑)

 

明るいうちに用を済ませて、夜はもっぱらパワプロを中心に合間に雑用。

 

 

おかげさまで2人めの彼女ができたw

 

ちひろちゃんがツンデレ世話焼きなのに対し、圭ちゃんはウブで一途。なにをやっても喜ぶ。

 

「好きです。これからはそのつもりで誘ってください」と言われると、なんか責任が(^^)

 

現実で考えるといろいろ起こりうるわなあ、人間だもの。と神妙な気持ちになった(笑)

 

No.1彼女のちひろちゃんにはデート帰りの別れ際に、うがいと手洗いを必ず言い含められる。

 

やっぱ、うがいと手洗いは昭和の昔からおかあさんに言われたし、基本なのよね。

 

それを忘れてたなと反省する今日このごろさ。

 

 

χανι@68.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







セシルとスージー

 

 

オイラは7/20梅雨明けと予想してたのだが、今日は晴れたものの気象庁はまだ1週間梅雨だという。

 

今年の梅雨は長い。

 

ニュースでセシル・マクビーが閉店すると聞いた。

 

セシルは90年代、つまりオイラのアッシー全盛の頃のギャル御用達ブランドだったw

 

渋谷109の2Fに入ってて、全盛期の週末はそれこそ三密状態だった。

 

アムロちゃんもとっくに引退したし、ギャルブランドも役目を終わらせたのだろう。

 

あの頃はオイラは109を地下2階から地上6階までエスコートできた。

 

どこにどの店があって、どういう傾向の服や靴を売ってるのか頭に入ってた。

 

ガールフレンドのひとりには、「90歳になってもポルシェでおねえさん達を109にエスコートして荷物持ちをしなさい」と言われてたがw,さすがに難しいなw

 

 

きのうのリンコロさんで、働くオジサンになってたザビショット。

 

今日は収録物を聴いたけど、かなりいいと思う。

 

あとは音量調整をしないといかんかな。

 

マスタリングできたら関係者には還元したい。

 

あと、ライブ会場では、中古レコード市が開催された。

 

リンコロさんが余分に持ってるLP等を放出したんだけど、けっこうな出物があった。

 

 

オイラは、スージー・クアトロのLPをゲット。

 

もうこれは音楽じゃなくてジャケ買いだからw、LPだからこその価値。

 

陶酔のアイドル、とはよく言ったものだw

 

当時嘘か真かライブのときの革ツナギの下は何もつけてない、というインタビューがあって、子供心にワクワクした

o(≧▽≦)o

 

ザビエル中3の春であった。。。

 

あとは、パワプロやりながら、リセットから再立ち上がりの時間に雑用や仕事やネット閲覧をするという一日。

 

 

おかげで、ハウスキーパーのちひろちゃんがめでたく彼女になって観戦に来てくれるようになったw (画像右上)

 

にしても、相変わらず打たれまくって、リセット回数数知れず。

 

当分楽しめるというか、そろそろ飽きるというか。

 

結婚、子供誕生もあるらしいので、そこまでは粘るかw

 

 

χανι@67.7kg

| - | 23:59 | comments(3) | - |







君はウードを知ってるか

 

 

予告通り今日は御殿場リンコロさんでのライブ鑑賞&録音。

 

 

お題はウードだ。

 

ウードは中東の民族楽器だが、ギターや琵琶の祖先でもある。

 

今日は主宰のタキちゃんから了解をもらって、ド正面にマイク2本立てのハイレゾ収録。

 

 

砂かぶりの特等席でミントさんと鑑賞&録音。

 

 

まずはタキちゃんのウードと伊藤結美さんのダルブッカ。

 

アラビア音階と変拍子に酔いしれる。

 

 

そして、日本のウード界の第一人者の常味裕司氏の登場。

 

スゴイとは聞いてたが、圧倒された。

 

古典はもちろん、ロック好き(今年還暦)とのことで、レッド・ツェッペリンの「Four Sticks」をウード一本で弾きまくったのは、ちょっと今までにない驚愕だった。

 

5拍子、オリジナルはドラムスがスティック4本で叩くことからこのタイトルが付いてるのだが、その複雑で迫力のある楽曲を決して音量の大きくない民族楽器1本で演奏するのは筆舌に尽くし難く。

 

おそらく(まだ聴いてない)この録音はほぼ完璧にできてると思うので、明日整理するがすごく楽しみ。

 

 

最後に3人での演奏も名調子。

 

ここでも常味さんがバックに回って、いろんな奏法を繰り広げて、やっぱライブっていいよなあと堪能させてもらった。(画像の指の動きがハンパない)

 

リンコロさんはじめ、馴染みの面々に挨拶して、夕方前には帰途。

 

東名は行きはスカスカ、帰りも渋滞6kmといえ、クルマは流れていて、ノーストレスで豊洲まで帰ってきた。

 

晩飯はフォルクス。

 

超々久しぶりだな。

 

 

名物のサラダバーはコロナ対策で、マスク&手袋着用。

 

ここまでやれば文句ないわな、と思いながらも、ワイン飲んでゴキゲンな声の大きな御年配パーチーを見てると、感染する人は感染するわな、と思う(^^) (ちなみにオイラは感染自体はそんな悪いことだと思ってない)

 

オーナー料理屋なら、「てめえらもうちょっと静かにやれ」と言えるだろうが、バイト君たちがやってるチェーン店では、黙認してしまうのは致し方ない。

 

 

ということで、ステーキは300g厚切りサーロインで焼き方はレア。ガーリックトッピング。

 

脂身が多くてやや硬めだったので、これだと200gのフィレのほうが満足度高いかもしれないな。

 

とは言え満足度は高し。

 

ごちそうさまでした。

 

さて明日はもろもろ整理の一日だな。

 

 

χανι@68.4kg

 

 

(おまけ)

リンコロさんがマイクとレコーダーと特等席を撮ってくれてたので掲載。

| - | 23:59 | comments(1) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE