ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

町田は東京か?問題とか

 

 

08:20起床。10:00町田。

 

東横線と横浜線の特急や快速がうまく接続すると、町田は意外と短時間で着けるんだと認識。

 

ということで、アキちゃんこと真田亜希子さんのセミナーに時間通りに合流。

 

 

「素敵に見える写真の撮られ方レッスン ポージング&顔筋エクササイズ&笑顔の作り方レッスン」ということで、骨や顔の筋肉の話から始まって、それをベースにメイク、最後にポージングと濃い内容のサロンセミナーだった。

 

 

 

やっぱり、長くやってる得意分野ということもあってメイクはアキちゃん、実演もまじえて特に気合入ってたな(^_^)b

 

最後には外に出て、公園で実際に撮影したりで、非常におもしろい内容だった。

 

 

オイラも記念写真に乱乳w

 

 

なぜかネコも乱乳(=^・^=)

 

 

そのあとのランチ会(オイラには朝食w)は町田駅近くのインドカレー屋。

 

 

美味かったぞ。もちろんオイラは激辛。かなり辛めの設定だった。満足。

 

アキちゃんにビールをおごってもらってゴキゲン(*^^*)

 

今後、いろいろ試行錯誤はあると思うけど、やっぱりメイクと撮影は相性が良いので、いずれアキちゃんとのコラボは実現できると思う。

 

なんにせよ楽しかった。参加者のみなさんとも仲良くなれたし、早起きして見学に行ってよかった。せんきゅー。

 

さて、単独行動は町田に来たら絶対やろうと思ってた都県境調査。ブラザビエルである。

 

 

JR町田駅の南側に境川が流れているが、これが名前の通り、東京と神奈川の境になっている。

 

そして地理マニアの間では有名だが、駅の南側に神奈川県が入り込んでて、ヨドバシカメラは東京・神奈川をまたいで建っているのだ。

 

さて、境界を見つけられるか。

 

 

まずは駅前の地図をチェック。

 

東京を赤、神奈川を緑で塗り分けてみたが、ほんとにヨドバシカメラは神奈川じゃん。

 

しかし、よくみると駐車場のループは東京と半分ずつになっている。

 

 

つまり、クルマでループを回ると、東京と神奈川をあっという間に4-5回行ったり来たりできるw

 

だからどうした!と言われそうだが、地理マニア的にはかなりの萌えポイントである。

 

 

残念ながら目に見える形での境界は見当たらなかったが、駅に設置されてた広報誌置場が、ほぼ都県境だったので記念に一枚。

 

東京都の中で、町田市は神奈川県に突き出す形で存在しており、ちょっと異色だ。

 

そもそもは町田は最初神奈川県だった。それを明治26年に東京に移した。

 

この時は、多摩地域(つまり東京都下)を東京に編入した。

 

偉そうに書いてるが、我が世田谷区の一部もそれまでは神奈川県だったんだけどね(笑)

 

ただ、先程の境川の名前にあるとおり、さらにその前は、境川は武蔵国と相模国の境界だった。

 

つまり、町田はそもそも武蔵の国なのだよ。

 

だからまあ、東京的には町田は取り返したようなもんなんだけどね。

 

と、一般人が生きていく上にはまったくどうでもいいことにワクワクしながら、ヨドバシの駐車場整備員さんに怪しまれながら、何度もあたりを徘徊したザビエルであった。

 

そのあとは、横浜線・田園都市線で思ったより早く桜新町に戻ってきた。

 

桜んボでは自重して、カモミールティーとグラナパダーノ。

 

自由が丘ボエムの時がんばってた後輩弥生、の妹・葉月ちゃんが新戦力。

 

葉月ちゃんと花子さんに見送られたりして、短い時間だったけど今日もゴキゲンザビ。

 

おつかれさまでしたm(_ _)m

 

 

χανι@69.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







渋谷はあの頃より良くなったのかな

 

 

意外と昼はほけーっと過ごす。

 

TVで徳光さんの路線バスの旅(再)をやってて、桜新町商店街と都立大商店街をオイラが日常使ってる東急バスで移動していた。

 

桜新町の店はよくわからなかったが、都立大は半世紀お世話になってるが、まだ入ったことのない「名店街」が登場しておもしろかった。(雑居ビルの2階の怪しいところなのよw)

 

あとは、NHKのドキュメンタリーが強烈で、自らも末期がんで、がん患者の「看取り」やケアをしてきた坊さんが死んで骨になるところまでを目をそらすことなく追いかけていた。

 

理想の死に方、良い死に方などというものはなくて、逆に壮絶にも見えるが、実際は誰にでも普通に死は訪れるのだという何もない結果が、不思議な安堵をもたらしてもくれる。

 

夕方、桜んボ。

 

連休の真ん中ゆえの喧騒の中、粛々と、でも心穏やかに楽しくひとときを過ごす。感謝のみ。

 

花子さんからの預かり物を持って渋谷へ。

 

この街も半世紀お世話になっている。随分変わったなあ、と思う反面、本質は変わってないのか、とも思う。

 

連休のせいかちょっとトンがった若者が多かったが、よく考えれば、彼らもまたかわいいものだ。

 

そして明らかに昔より質が上がっている。(行儀良くなった)

 

オイラの頃はノンポリだからまだいいが、その前の世代なんかは国家権力相手に「渋谷暴動」なんてのをやってたわけで、昔のほうが若者がおっかなかったのは間違いない。

 

今日、初めてお会いした人に、「昔と比べて、今の日本の良いところと悪いところは何ですか?」と尋ねられた。

 

お、良い質問だな、と思ったし、オジサンとしてはきちんと答えられないと恥ずかしいな、と思い、考えてみた。

 

オイラとしては、総じて今の日本は昔より圧倒的によくなったと思っている。基本はやはり豊かになったことかな。

 

逆に悪くなったところはあまり思い浮かばなかったが、情報が多すぎることだとオイラは思っている。

 

さて、渋谷に行ったのは、レガートのエリちゃんの誕生日会。

 

もちろん、S田さんの主催、というか独壇場なわけだが、S田さんチーム計4人で祝宴。

 

 

エリちゃんの誕生日に用意されるオーパス・ワン(超高級ワイン)。

 

フルボディだがシルキーでスルッと入ってくるセクシーなワインだ。

 

さすが!と思う反面、やはりオイラには1杯で十分。(チンザノトニックがぶ飲みしてるほうがオイラらしいw)

 

 

ステーキも見たことのないような肉が用意されてた。フィレ最高だな。

 

 

サーロインも、レアなのに脂のひっかかりがまるでなくて、いい肉というのはこういうものなのか、と唸った。

 

他にも、アクアパッツァなどいつもの高級メニューが出てきたが、圧巻は誕生日ケーキだろう。

 

 

その巨大さは写真で伝わらないが、まわりのフルーツやフォークから想像してほしい。

 

 

もちろん、S田さんからエリちゃんへのプレゼントだが(製作はレガートキッチン)、オイラは「右足の一部」をご相伴にあずかった(^^ゞ

 

っていうことで、エリちゃん、20歳のお誕生日おめでとう。

 

あなた達から見て、恥ずかしくないオトナでいられるように、オイラもまだまだ精進しないとね。

 

そして、若者のみなさんにはこれから、ますます良い世界・日本にしていっていただけたらと。

 

そのためには、目の前の人や事を大切するところから。

 

ガンバってね。

 

 

χανι@70.0kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







もう少しで届きそうで、もう少しが続きそうだ。

 

 

「この、ハゲーーーっ!」とオイラを叱咤激励してくださった議員さんが、今度の衆院選に出馬するそうだ。

 

どうなるんでしょう。。。

 

それにしても、彼女の印象が謝罪会見前後でガラッと変わってしまったのは、テレビで見た人はビックリしたことだろう。

 

バリバリのキャリアウーマン風から、一気にただのおばさんになってしまった。

 

42歳とのことだが、10個は老けたぞ (-_-;)

 

イメージ戦略なんだろうけど、なんか違ってるような気がする。

 

もちろん、内面的な部分も影響しているんだろうが、一番の原因はメイクだ。

 

もうちょっとなんとかならんもんか。ふぅ

 

オイラのまわりでも、メイクに詳しい女性は何人かいるのだが、その中のひとり、アキちゃんこと真田亜希子さん(アメブロ)が、今度おもしろそうなことを企画したので乗っかってみようかと思っている。

 

 

彼女自身、モデル(ミセス日本セミファイナリスト)で、ウォーキング、ポージングはもちろん、メイク屋さんでもあるんで、そのノウハウなどを伝授してくれるセミナーだ。

 

仕事柄、オイラとの連携も可能だと思うし、その辺を探りに10/9(月)に見学に行ってこようと思っている。(朝早いのだけが困っているがw)

 

もしイケそうなら、オイラの方でなんか企画するのもアリかな、と思うし、オイラも考えるし、特に女性の皆様にはいろいろアドバイスをもらえたらうれしいな。よろしくね。

 

今日は昼はグワっといろいろ一気に処理していく。なかなか快調。

 

ゆとりを持って、ザビ散歩からの桜んボ。

 

 

ミサトさんに勧めてもらったチンザノ・ドライのトニック割りが予想以上に美味い。

 

オイラは、酸っぱいものに敏感で苦手だが、チンザノ・ドライは酸っぱいと感じてた。

 

でも、トニック入れると、甘みでバランスがとれて、ガブ飲みワイン?になるんだよ。

 

ニガテだから、と敬遠するんじゃなくて、たまには人の言うとおりにやってみると、思わぬ発見があるものだ。

 

花子さんが休憩中で、そろそろ飽きてきたオイラだったがw、見透かしたように様子を見に来る花子さんには頭が上がらない m(_ _)m

 

ということで、シメにハナコーヒー。感謝

 

ま、そんな一日。

 

あとは、久能山ツアーの写真で、お気に入りのものを出しそびれていたんで紹介。

 

 

今回の富士山の写真はこれが一番のお気に入り。富士山が発するオーラが広角レンズでグワーッと広がりを見せてるところが好き。

 

 

陣馬の滝はこれ。

 

滝壺ブルーが一番良く出ている。

 

 

久能山の奉納品。さすがプラモデルの町・静岡。

 

武者ガンダム家康バージョンがかっこいい。老若男女から大人気w

 

 

それと、女郎蜘蛛には驚いたが、こういうタイプのオンナ、好きかもwと彼女の魅力を撮るべくチャレンジ。

 

ムシはニガテだが、図鑑的には好きなんだよね。

 

ということで、とっちらかりのブログだけど、書いてて、もろもろ「もう少し、もう少し」と言ってる自分がいて、表題にした。

 

ご存じの方はご存知、これはレインマンの「続・終わらない風の終わらない唄」から。

 

映像は、今はなき、恵比寿ゼストでの収録。

 

そういう意味でも、新しいGD社関係、レインマン・アザーガート関係の友人たちに観てもらいたいな、と。

 

せんきゅーまいふれん

 

 

P.S.ブルースハープ吹いてるのはきのうのラーメン屋の大将です。全く別人w

 

 

χανι@68.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







久能山ツアー(ラーメン編)

 

 

ということで、無事帰って参りました久能山ツアー。

 

今朝は、自動的に目が覚めて、7時過ぎに起床。

 

ホテルのバイキング朝食を軽く。牛乳が特に美味かった。

 

そのあと、朝風呂に入って、整いました。(珍しく午前中に好調)

 

当初は、午後の久能山を考えていたが、諸般の事情で、まずは静岡行っちゃおうと。

 

結果的にはこれが大正解で、天気も持ったし、ジジババ団体客で激混みになる前に参拝を終えられた。

 

久能山は海側から1000段強の階段を登るか、日本平からロープウェイで行く。

 

 

当然ロープウェイにゃw

 

ほお!と思ったのは、実は日本平のほうが標高が高くて、ロープウェイは久能山へ下っていくのだ。

 

 

で、久能山東照宮は狭いけど、厳かな空気。

 

日光はきらびやかでお祭り感があるが、こちらはお墓感があるw

 

そのあとは、ジジババ団体客を横目に(ロープウェイ待ちの列がハンパない)日本平に戻って、みやげ物屋の屋上に上がらせてもらって富士山撮影。

 

 

天気予報は雨の中、よくここまで見えた、と感謝。(みやげ物屋のオバチャンはスルー。ゴメン)

 

 

それから、名勝・三保の松原へ。

 

絵葉書のようには撮れないけど、海越しの富士は一度は観ておきたい。

 

で、駆け足で富士宮へは13時ころ戻ってくる。

 

 

元レインマンのトモ君(アザーガートdaisukeさんの実弟)のラーメン屋「麺屋ブルーズ」へ。(HPこちら。オイラの写真をけっこう使ってもらってます)

 

何に感動したって、バイトのおねえさんがいたこと。

 

バイト雇えるってことはスゴイこと。商売がうまくいってる証だ。

 

ランちゃんも確か3回目なので慣れたモノ。

 

 

「白そば」のチャーシュー抜き、玉子トッピング。

 

やっぱ、この店の超基本。澄んだスープは、他のラーメン屋、塩ラーメンとは一線を画す。

 

わざわざ食べに行く価値のあるラーメンだ。

 

 

当然のことだけど、ラーメン作り中のトモ君は声をかけるのも憚られるくらいの真剣度。

 

そして渋い声で田中要次風に「味噌、あるよ」とオイラにだけつぶやく(笑)

 

なんでも、裏メニューというのがあって、運がいいと食べられるのだが、第2弾として、「味噌ラーメン」をやるのだそう(10月後半には正式に裏メニュー、って意味が変?w)

 

 

つーことで、当然お願いします!

 

 

おお、スープが味噌色だw。なんかブルーズのスープが透明じゃないとびっくりするw

 

名付けて、「みそば」。みそそばということね。

 

マー油も効いて、白そばに比べて、相当男っぽい。

 

味噌好きのオイラにはバッチリだなあ。

 

麺も、みそば用にやや太麺で、これもオイラ好み。

 

もちろん、白そばをまずは10回食べて、それから、みそばを味わうのが正しいと思うんだけどねw

 

「ところで、裏メニュー第1弾って何?」と尋ねると、「え?ザビさん、食べてなかったっけ」と、すでに餃子(これも鶏肉でヘルシーで美味い)と雑炊飯を食っているが、チャレンジしよう。

 

 

これが、裏メニュー第1弾(現行)の「黄そば」。

 

スープは、白そばの鶏スープと地元の7種の野菜を長時間煮込んで抽出したスープの掛け合わせ。

 

それ聞いてなかったら、このスープは何だ?とちょっとわからない独特の美味さだ。

 

そう、野菜の五味が出ていて、仕上がりはイタリアンのようでもある。

 

やはり、白そば10回食べたら、黄そばもゼヒ、と思うが、来週くらいで「みそば」にチェンジしちゃうかもなので、まだの方は、「裏メニューあります?」と大将のトモ君に聞いてみてね。

 

ってことで、大満腹になったが、オイラが来てる、ということで、若女将が家からわざわざ挨拶に来てくれた。

 

それから、店の前をナニゲに通りかかった「富士宮の最後の良心」カズキングと目が合ったw

 

で、やあやあとご挨拶。

 

ともかく、仲間たちに会えてうれしかった。そしてごちそうさまでした。

 

そのあとは、雨はガンガン降ってくるわ、予定はすべて消化したわで、富士宮のマイナーどころをクルマから見学。(びっくりしたのはブルーズのバイトのおねえさんとguでばったり会ったことw)

 

さすがにオイラに疲れが見えてきたので、帰りはどうしようかということになり、とりあえず東名は避けて、中央道に乗る前に、行きつけの鳴沢の洞窟風呂で一服しようかと。

 

いやあ、富士宮と東京は、東名でも中央でも同じ、と昨日書いたが、それは天候条件の良い時だ。

 

土砂降りの夕暮れは相当キツイ。(真冬もスタッドレスじゃないと走れないそうだ)

 

霧は出るわ、鹿は出るわ、蛙は出るわで、走ってておっかねえw

 

でもまあ、なんとかこうして帰ってこれたから、すべてよし。

 

おつかれさまでした。そしてありがとう。

 

 

χανι@68.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







久能山ツアー(富士宮編)

 

 

昨年からの懸案だった三大東照宮ツアー。

 

昨年、日光、上野と制覇して残るは久能山だったのだが、これが遠い。

 

考えてみれば徳川家康の本拠は駿府城なのだから、墓が静岡の中心部にあるのも当然だ。

 

ともあれ日帰り温泉で行くのには、遠いし、適当な温泉もないので、グダグダ引き伸ばしていたが、いよいよ温友ランちゃんから、なんとかせよ、とw

 

で、思いついたのが、よく行く富士宮の温泉がビジネスホテル付きなこと。

 

一泊6000円で、温泉入り放題。そう考えると安い。

 

富士宮まで行っちゃえば、翌日楽勝だ。(トモ君のラーメンも食えるし)

 

ということで承認もとれたし、本日決行。

 

しかし、ここでまたひとつ大問題が。

 

東名高速集中工事。ダメじゃんw

 

一瞬絶望したが、グーグルマップでひらめいた。

 

都内から富士宮は東名ではなく、中央道から行っても距離も時間もあまり変わらないのだ。

 

つまり河口湖ICから北まわりで富士宮に下りてくるコース。

 

初チャレンジということもあって、気合い十分。

 

渋滞を全く気にすることなく、お気に入りの陣馬の滝まで運転時間2時間ほどで到着。

 

 

時期的な問題か水量は少なめだが、相変わらずの滝壺ブルーに満足。

 

そのあとは田貫湖。

 

 

あいにく富士山は雲の中だが、いいところだ。

 

 

たぬき湖なのにネコがいたw

 

2匹いたが、両方ともよく人に慣れててザビエルモテモテだった。

 

 

あとは近くの牧場にヤギがたくさんいた。

 

ま、そんなこんなの軽めの観光だったが、最後にビッグプレゼント。

 

ほんの20分くらいか突然富士山が現れ、そしてまた雲の中へ去っていった。

 

 

コノハナサクヤヒメの挨拶だったのか。

 

また、この時、実に開けたいい場所にいたので、撮影できた。感謝

 

ってことで18時に温泉到着。

 

ホテルは新しくてきれいで広めで、決断してよかった。

 

ビールも心置きなく飲めたし、なにしろ、今日帰らなくていい、という気持ちのゆとりは相当大きい。

 

ただ、本ブログは、タブレットで初めて書いてるが、やはり慣れたパソコンでのブログ作成とは違って疲れる。

 

ブルートゥース・キーボードも見事に使えてるんだけどね。

 

なんとか見栄えは、言わなきゃ普段と変わらんだろうが、見えないところでかなり苦労しているのさ。

 

ってことで、今日はこのへんで。

 

明日はラーメン食って、久能山編w

 

 

 

χανι

| - | 23:59 | comments(0) | - |







やっぱ、バーチャルよりリアルっつー話

 

 

きのう、まんちから連絡があって、ザビ兄さんとシーテックに行きたい、というお誘い。

 

まんちはナニ友なんだろうな、地理友というか、好奇心友というか、アート友というか、変友というか、まあ、そのへんの趣味が似てるんで、長〜いつきあいをしている。

 

で、シーテック。シーテックというのは、エレクトロニクス系の大展示会。

 

オイラにとっては、サラリーマン時代の若い頃は、エレクトロニクスショーと言って、コンシューマー向けの電気製品を発表展示する華やかな場だった。(コンパニオンのおねえさんとお近づきになる場)

 

今は時代が変わって、テレビもステレオもビデオもパソコンもスマホも全然展示されてない。コンパニオンも極端に少ない。

 

IoTというオイラにはよくわからんものを各社がいろいろ展示している。

 

まあ、コンピューターシステム系の展示会って感じ。

 

しかし、その前に一番ビックリしたのは、事前登録すれば無料、ということで、昨晩ネット登録したのだよ。

 

そしたら、その画面を印刷して持ってくればOK、ということで、プリンターを稼働したらインク切れ...○| ̄|_

 

入場料1000円払いたくないから知恵を絞る。

 

もしかして、ヨドバシとかにデータ持っていけば、プリントアウトしてくれるかも。

 

と、検索したら、なんとセブンイレブンとゼロックスが提携して、ネット上に印刷データを上げておくと、暗証番号でセブンイレブンのコピー機で印刷できるのだ。すんげえ便利!

 

すでにこれが一番、IoTじゃねえか!w

 

ということで、延々ろ京葉線に乗って海浜幕張。改めて遠い。

 

こっち方面から、ザビスタや桜んボに来てくれる人に平身低頭感謝。

 

 

まんちと合流して会場入り。

 

前半戦は淡々と見学。

 

なにしろ面白くない。昔みたいにミニスカねえちゃんもいない。

 

なんでこんなにいっぱいサラリーマンが来てるんだろう。会社をサボる口実か?

 

 

テレビでニュースになっていたというホログラムのように空中に浮かび上がるディスプレイが人気だったみたいだが、おねえさんと握手できないのを体験する、という変なデモに行列。

 

まあ、技術的には意味があるんだろうけど。。。(握手できなくて何が楽しい)

 

もう上がろうか、と思って隅っこの方に行ったら、「ザビさんが好きそうな女の人がいます!」と、まんちが呼んでるw

 

 

おー、これでこそシーテック!(意味不明)

 

レザー系の青いおねえさんに、これはいったい何事なのか、と尋ねると、社長の趣味、らしいw

 

展示物はハイビジョン信号の分配器。

 

で、社長が、美人と音楽が好きなんで、こういうことになるらしい。

 

名付けて、恐れ多くも「High美女音」(ハイビジョン)。

 

まんちがさっそく、会社や社長をネットで調べると、たぶんオイラと同じ歳の機械オタクw

 

奥さんも子どももいて、おねえさんや音楽を支援して、会社もうまくいってるという、成功者なのだ(^^ゞ

 

オイラにヤル気と商才があったら、絶対同じことやってるな(笑)

 

トイレから戻ると赤レザーのオネエサンも出現!

 

さっそく声をかけて撮影させてもらう。

 

 

襟を逆折りしてボイン強調! さすがとしか言いようがないm(_ _)m

 

まんちと「やっぱり、バーチャルなんかよりナマだよねえ」としみじみw

 

ということで、シーテック最大の成果は、最新テクノロジーより生身の人間、という当たり前の結論。

 

あ、でも、この意味不明の癒やしロボットはウケた。

 

 

さわると尻尾が動く。それだけだが、なぜかハマってしまうのにゃ(=^・^=) (頭はないのにゃ)

 

 

さすがに歩き疲れたので、ありがちなマッサージの実演コーナーでパワー回復。

 

外に出ると、まんちが裏手の方に行ってみたいってんで、千葉ロッテマリン球場の横から、幕張海岸へ。

 

 

夕方のちょうどいい時間で、海撮・空撮。

 

 

そんなオイラをまんちが撮影w

 

今日は中秋の名月なんだよなあ、とふと振り返ると、ちょうど月の出。

 

 

遠くの防風林とマンションが入って、ダイナミックな中秋の名月が撮れた。

 

帰りは通勤時間帯にぶつかったけど、ほとんど座って戻れた(始発が連発)。

 

19時に桜んボ帰還。

 

花子さんがいつにも増して、羽根がはえたように軽やかな動き。

 

調子良さそうだねえ、と声をかけると、「きのう、休みだったからかなw」。

 

やっぱ、お休み大切です。

 

ここのところ、ニク連発だったので、今日は魚で。

 

 

タイの切り身のアクアパッツァは、相変わらず安くて美味しくて量があって食べやすい、というスグレモノ。

 

オイラはコロコロにんにくトッピングでさらにウマさマシマシ。

 

花子さんにも、伝えたかったこと、渡したかったものを届けられて(自己)満足(^^ゞ

 

たのしかったにゃ。

 

ってことで、明日あさっては静岡遠征。

 

こんなことでいいのかザビエル。。。

 

 

χανι@69.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







モテ週

 

 

少し前に「モテ期」というのが流行った。

 

と言ってもドラマ?の内容はよく知らないのだが、流行語になったんで、オイラにもそんな時期はあったかなあ、と考えたりした。

 

なにしろ、40近くまで女性にまったく縁のない人生だったんで、自分のことはずっと「非モテ」だと思っていた。

 

んが、あとから振り返ると、あの時は「モテ期」だったのかも、と思ったりもする。

 

今から思えば、1998年、2007年、あともしかしたら2010年もモテ期だったかもしれない。

 

あとから写真やブログや記憶で、何となくそう思うだけで、その時は日々一生懸命淡々と生きてるだけで、意識なんかしちゃあいないけど。

 

んで、なんとなくだが、この一週間は「プチモテ期」かもしれん、と思える今日この頃(^^ゞ

 

知らない間にボエムを卒業しちゃったユエちゃんからチョコレートをいただいた。

 

 

飲みに連れていく約束も果たさず、何もしてあげられなかったのに、感謝されてる(^^ゞ

 

今、リンツで彼女はガンバってるらしいんで、皆さん、何かの節にはリンツのチョコをよろしくね。

 

昼は、「富士吉田の最終兵器」あきゅさんから超元気の出るメッセージをいただいて、フンフン状態。

 

ありがとうございました!

 

で、夜は六本木のLB6に行ってきた。

 

 

きのう、桜んボの帰りしな、花子さん「明日、いません」、リカコちゃん「私はいますよ〜(^^)」と言われて、「リカコのマジカル・カード」をもらっちゃったので、これは行かなくちゃねw

 

つまみは、ボエムになくてLB6にはある、パテ・ド・カンパーニュとチーズ・マッシュ・ポテト。

 

 

こりゃ最強コンビ。

 

 

飲み物は、「プレミアム・リカコ・モヒート」。ミントの量がハンパない辛口のモヒートだ。

 

一生懸命作ってくれて、ありがとう。美味かった!

 

メインはどうしようか迷ってたが、焼き場にオイラが好きそうなテラテラの赤肉の巨大串が置いてあって、なんだ?と聞くと「ひつじ」だと言う。

 

レアで焼けるなら食べるぞ、と言うと、大丈夫、と言うんでGO!

 

したら、あっという間に出てきたw

 

オイラがグダグダ言ってる間に仕込んで一気に作っちゃったらしいw

 

 

それにしても、「ひつじ150g」はなかなかの肉塊である。パクチー大サービスもあって、なんかジャングル状態。

 

自分で切って、レア度の確認。ヨーシ、お見事!

 

ラムは淡白でクセがないけど、スパイスやパクチーのおかげで、ちょっとシルクロードの風を感じながら、美味しくいただいた。

 

今日はキッチンのヒロシ君大活躍。感謝。

 

これだけいい肉だと、日本酒が飲みたくなる。

 

 

ワイン扱いの新政No.6 R-type 生酒。

 

淡麗辛口にして香り立つ、まさにザビっ酒だ。

 

ヤリ過ぎで前回は失敗したので、今日は飲みも食いも8分目。

 

 

シメ用のスパイシートマトカレー。少量だが本格派。

 

もちろんザビ辛所望(^^ゞ どうやって、ここまで味を崩さずに辛くした?という見事なデキ。

 

ありがとう。

 

つーことで、終始リカコちゃんのリードで楽しくて美味しい時間だった。

 

せんきゅー、またニャ。

 

んで、あしたはいよいよヒマか?と思ったら、一件デートが飛び込んできた。

 

やっぱ、モテ、だよなw

 

 

χανι@69.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







政治って、きっとプロレスなんだよ

 

 

今日は六本木LB6のリカコちゃんもヘルプに来るっていうんで、ちょっとハリきって桜んボ(具体的にどうハリきるのかよくわからんが)。

 

そのあたりも読んで、花子さんは手前のホール席に通してくれる。

 

新人リュージュ君の特訓に一部加担しながら、充実の時間。

 

 

今日はいつもより遅めのザビ散歩で、まったりと。

 

3杯目は、「リュージュ君に花子さんが教えたいと思ってるドリンク」をリカコちゃんにお願い。

 

 

結論は、花子直伝モヒート。おお!こりゃサイコーだ。

 

 

しかも、オイラ、バカモヒのTシャツだったw (花子さんも気づかなかったらしい)

 

ってことで、アゲアゲでもっといたかったんだけどお会計。

 

「もう帰っちゃうんですか?」とリカコちゃんに言われ、いたいのはヤマヤマだが、おかあさんの御飯食べるのも息子の仕事。

 

その話をしたら、「それは絶対帰らなくちゃいけない」とリカコちゃんから強く勧められた。エエ子やw

 

 

そうそう、自民党が街頭演説を始めたんで、うるさかったら投票しないぞと息巻いたが、拡声器を駅の出入口の方に向けて音量も適当だったので、前の共産党のような大迷惑はなかった。

 

地元の候補者は一応後輩だし、まあ入れると思うが、比例代表はコイケさんの希望の党にして折半かなあ。

 

コイケさんの「言ってること」はほとんどオイラの考えと一致するんだよ。原発ゼロ以外。まあ、「やってること」は違うかもしれんけどw

 

先月の、自民党の大義なき衆議院解散から、希望の党誕生、民進党分裂の流れは、見識のある方々にははなはだ不評だが、オイラはすんげえ喜んでいる。

 

今までのグダグダな二大政党制は勝負ありで、もう行き詰まっていた。

 

そこへコイケさんが爆弾を投下したんで、一気に政界再編が進んだわけで、実にみんなの立ち位置が明確になった。

 

オイラは、もしかしたら、これはプロレスのようにブック(シナリオ)があって、アベちゃんもコイケさんもそれに則って、試合をしてるんじゃないかと思えてきた。

 

たぶん、ニカイさんあたりがウラでブックを書いてるんだと勝手に思ってるが、そこにマエハラさんが乗っかってきて、試合は観客を喜ばす方向に進んでるように思う。

 

エダノさんが新党(立憲民主党)を作るのも、左派系の人たちにはありがたいと思うし、これで、与党自民、改革保守希望、左派系連合の対決と非常にわかりやすくなった。

 

文句を言えば、どの党にもしょーもないところが満載だが、我々一般大衆がもっとしょーもない存在なのだから、ここは彼らのブックを楽しめばよい。

 

プロレスラーから議員への転身も昔からけっこうあるし、ホントに政治とプロレスは似てるのかもしれない。

 

ブックは日本だけじゃなくて、トランプさんやキンペーちゃんも実は噛んでいてくれると、それこそ安全保障にもなる。

 

「トラちゃんさ〜、お宅の兵器買うから、日本のクルマたのむよ」「了解アベちゃん。あと場外乱闘で、ジョン君もうちょっとイジったほうが、観客も喜ぶかね。キンペーにも頼んでおくか」とかウラでやりとりしてくれてれば、日本も安泰なんだよな。

 

今回の選挙では、一応自民が勝つ。希望も第2党の地位を築く。

 

コイケさんは都知事のまま、オリンピックを成功させて、それ以降に国政復帰。

 

共産が伸びて、立憲民主党は・・・ちょっとあぶないかな(^^ゞ

 

自民・希望の保守系と左派連合の比率は、7:3か8:2くらい(この辺が国民の総意だと思う)。ゆるゆると憲法改正の方向、安保は維持。原発もしばらくは維持。

 

そんな感じで、次はキシダさんあたりの短期政権で、そのあとは、イシバ・コイケ連合軍が反乱を起こして天下を取って、そのあとにコイズミJr.がプリンス的逆襲で首相になる。

 

そして、ニカイさんはキングメーカーになる。

 

というブックを書いておけば、10-20年日本は楽しめるように思うんだよなw

 

そのあとは、オイラも「引退」してるだろうから、若い人たちのお好きなように。

 

ま、オイラにとっては、以上は戯言。

 

ほんとに大切なのは、桜んボだったり、友人だったりするわけで、あなたが何党支持であろうがかまわないし、その前に友人なのだから。

 

どうであっても、おもしろいじゃないの。

 

そして、どうであっても、僕たちは生きているのさ。

 

 

χανι@68.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







一線を越えるのはタイヘンなのよ

 

 

3年前の小栗旬主演、「BORDER」というTVドラマが好きだった。

 

特殊能力を持つ刑事のミステリーものだったが、心優しいストーリーなのだが、だんだんウラに陰があるような展開になり、最終回のラストシーンで、視聴者を不条理のどん底に叩き落として終わってしまったのだ。

 

本ブログでも絶賛したので、覚えているかたもいるかもしれない。

 

その続編のスペシャルが、10月29日に放送されると知り、燃えているw

 

ともあれ、「BORDER」とは、越えてはいけない一線、ギリギリの境界という意味合い。

 

最近の政治家のハヤリは、「一線は越えてません!」で、個人的には流行語大賞になってほしいなあと思っている(^^ゞ

 

 

今日は、美人税理士のマユミさんの撮影。年に一回撮らせてもらってる。

 

いや、お仕事の部分は5分で終わりで、あとは「お遊び」なんだけど(笑)

 

 

ま、例によって撮影は、ザビママっ茶でスタートする。

 

裏千家やってたマユミさんは、なかなかこの味は出ないとザビママの腕をいつも絶賛してくれる。

 

 

で、5分の部分(笑)

 

オイラは、女性を撮る時は、「一線を越える」つもりで撮っている。

 

実際にはもちろん越えてないんだけどw,オイラも撮られる女性も写真を見る第三者にも「キミたち越えてるよね?」と言われたら成功だと思うのだ。

 

でも実際、なかなかその線までいくのはたいへんだし、カメラのウデより、もっと大切なものがあるんだと思う。

 

 

マユミさんとの撮影はスパークリングがつきもの。

 

お互い「アゲて交わる」のだ。

 

ロゼCAVAを入手したんで、今日はそれ。ラベルもだが味も辛口でイケてた。

 

 

ともあれ、「ボインの」マユミさんに今日着てもらいたいのはコレ。(あ、ボイン談義も盛り上がったw)

 

どこが一線越えてるのよ、と言われそうだが、オイラの中では越えているんだがなあ(^^ゞ

 

 

どー見ても、「今日は楽しかったね―、ザビちゃん」というふうにしか見えないよ、とマユミさんに言われつつ記念撮影。

 

うん、越えてないなあ(^^ゞ

 

そうだ。専門家のマユミさんから、法律的に「一線を越える」の一線はどこにあるのかということを教えてもらって、ほぉーー!となった。

 

もしかして、オイラは一線を越えたくても越えられないかも、と言い知れぬ不安に襲われる(笑)

 

ともかく、そのあとは、吉例の桜んボでの打ち上げ。

 

 

連日のタリアータ・ザビレア(^^ゞ ほんとウメエなあ。

 

 

パスタは、釜揚げペペロンとキノコのフェットチーネ。

 

ペペロンはザビ辛だが、マユミさんもペロっといってた。

 

どーでもいいが、花子さんはキノコがニガテ、という話で盛り上がる(^^ゞ

 

そうだ。そもそもなんで今日会ったかというと、ボエムでアニス酒(パスティス)とチョコミントのセミフレッドを食べよう、と盛り上がったことに端を発する。

 

それが今日まで伸びたんだけど、そのミッションをやっと叶える。

 

 

桜んボはパスティスの王者「51」があるんで、サイコー。

 

見た目はカルピス&ヤクルトだが、飲めば世界が拓ける。

 

そして、シメはチョコミントのセミフレッド。

 

 

だったが、なんかミントがもっと欲しい。

 

マユミさんも同意見だったので、そこはそれ、慣れたもんでGET27トッピング。これだ!

 

ほとんどカクテルのグラスホッパーだな。

 

花子さんに「ミント足りなかったですか?」と後で聞かれたが、レシピは当初と変わってないそうなので、我々が刺激を今日は求めていたのだろう。

 

ということで、すべての欲を満たしておひらき。

 

お疲れ様でした&ありがとうございました!

 

■今日のおまけ■

 

「G線上のアリア」というクラシックがあるが、オイラはずっとこのタイトルの意味を勘違いしてた。

 

G線というのは「赤線」みたいなどこかの境界線みたいなもので、そのギリギリの線上を歩いてるアリアちゃんという名の女性をテーマにした曲なのだと解釈してたのだ(^^ゞ

 

そうじゃないとわかったのは最近のことなのだが、きっかけは、この曲を聴いて、元歌を調べたから。

 

クラシックのポップ化で、これは秀逸。sweetboxで「Everything's Gonna Be Alright」。

 

 

 

χανι@68.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







肉盛りダブルで酒池肉林

 

 

夕方、銀座ボエム。

 

最近すっかりなかよしのなおみんとさんと数日前にメッセ交換してたら、お互いいい具合に時間があいてたので、懸案だったCAVAで乾杯しようということになった。

 

 

&なおみんとさんのお誕生日イェーイ!

 

ということで、ボエムなら、バースデープレートだよな、と思い手配をかけたが、ハタと気づく。

 

オレたち、そんな甘いもの食わねえんじゃないの?(^^ゞ

 

で、店に相談したら、肉盛りにメッセージOKいただいたので、それだ!

 

 

おー、がんばったなあ。せんきゅー

 

なおみんとさんにも喜んでもらえたし、なにより酒のつまみになるしで、めでたしめでたし。

 

なおみんとさんとは例によって、おもろい話を連発。

 

本日の名言、「ちょろい女だと思われたくない!」

 

全然、ちょろくないですから(笑)

 

今日がラストランのウッチーの酒のサーブや目配りがさすがで、なおみんとさんも納得。

 

 

「ザビさんに飲んでもらいたい酒がある」とチナールとレモンリキュールのカクテルを作ってくれた。さすがだね!

 

また、チナールが朝鮮アザミと見抜く、なおみんとさんもスゴい。

 

もう一杯!ということになって、「白濁酒」をお願いしたが、白濁しないペルノーが登場。

 

ペルノーには2種類あって、濁るのと濁らないのがある。

 

なんとなく、ここのは濁らないんじゃないかなあ、と思ってたのだが、予想通り。

 

ウッチーもなおみんとさんもペルノーが加水白濁しないのに驚いてた。(やっと、ふたりに勝ったw)

 

でも、1:4くらいで割ると美味いことを発見した。成果。

 

相変わらず、オバマちゃんのホスピタリティが抜群。

 

これぞまさしく「オバマケア」。

 

 

チーズも懸案だったし、銀座ボエムは取り揃えが良いので、セレクト3種盛り。

 

オイラのオススメは、テテドモアンだが、諸般の事情で目の前での削り出しはできない、が、カッターをオバマちゃんが見せにきてくれた。せんきゅ

 

ってことで、すっかりデキあがって、19時過ぎにおひらき。

 

なおみんとさんは東へ、オイラは西へ。

 

で、20時に桜んボで、ともどりーさんと仕事の打ち合わせ。

 

まあ、打ち合わせは5分で終わるんですけどw

 

 

で、ここでも肉盛り(笑)

 

さらには、タリアータ。肉!肉!肉!

 

ともどりーさんがエラくなったのは、バカ食いをしなくなったw

 

 

あとは、シラスとミックスのハーフ&ハーフピザでシメ。

 

やっぱ美味いよ、ここのピザ。

 

花子さんから「銀座に行ってたんですか〜?(^^)」と、突然チェックが入る。

 

うおお!バレてる(笑)

 

社内連絡網で、ザビエル出現情報は花子さんに入るようになってるらしい(笑)

 

いや、ホントありがたいことだよ。GD社の皆さんに感謝。

 

あとは、ともどりーさんと人生論。

 

長年の友人と生き方や考え方の話をすると、オイラは自分の軸がブレてないかの確認ができる

 

オイラは自分の在り方は「木」だと思っている。

 

同じ位置にブレずに立ち続ける。

 

でも、枝葉は伸ばしたり、必要に応じて落としたりもする。

 

それは成長だったり変容だったりするけど、軸はブレない。

 

今日も、一応それができてるかな、と思えた。

 

ともどりーさん、いろいろ貴重な提示をありがとう。

 

オイラには、これからきっと大きな波がやってくる。

 

それでも軸はブレないのか、根こそぎ持っていかれるのか、それはまだわからんけど、とりあえず今のところは自分の在り方ができているとわかった次第。

 

ともあれ、おもしろい一日だった。

 

ありがとう。

 

 

χανι@69.0kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE