ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

閣下vs宣教師。あるいは平成無責任時代

 

 

水野浩志さんのセミナー収録 at 池袋。

 

 

香港帰りでブルース・リー化していた水野さん(^^ゞ アチョー!(しまった。お土産の扇風機貰い損ねた)

 

さて、今日のお題は「無責任」のススメ。

 

おー、オイラの得意なヤツねw

 

このブログでも、「オイラは無責任に生きたい」と何度か書いてるんだが、それと同様の主旨をきちんと水野さんが講座しておられた。

 

要は、ネガティブな「責任感」に縛られて、身動きが取れなくなってるあなたへ、という話。

 

まあ、オイラがああだこうだ言うより、この手の話にご興味のかたは水野さんにアクセスしてね(メルマガバックナンバー)。

 

 

あとは全然関係ないけど、フクちゃんが相変わらずピンキーだったので撮っておいた(^^ゞ

 

懇親会には喜んで参加。

 

ほとんどが顔なじみになった。

 

もちろん、まぁちゃんやニャオミンといった美人さんたちと絡みたかったが、いきなりトップギアであっちの世界に行っちゃったのでw,今日は男同士会話(^_^)b

 

以前から対決したかった閣下と隣席。予想通り、相当楽しかった。

 

なにしろ悪魔?と宣教師の間柄である。エクソシストだな。

 

お互い大企業経験者ならではの悩みの話とか、オーディオの話とか、カメラと人間の視点フォーカスの話とか、息の合う話ができた。

 

後半はドラマー行政書士の河合さんと懇談。

 

いつの間にか「カホン君」とみんなに呼ばれてるからw,オイラもこれからそう呼ぼう。

 

カホン君ともこれまた大切な話をした(と思う)。

 

不自由な演奏と楽しい演奏とは、とか、クライアントさんや観客にどうしてあげたかったのか、とか。

 

撮影も演奏も仕事も基本のところは同じだねえ、というようなお話。

 

ほぼ全員がオーバードライブ状態になったところでオイラは得意の先抜け。

 

みなさまの期待通りに桜んボ。

 

「いやあ、ザビさん!いいところに来ました!!あはは」と今日も元気な花子さん。

 

このセリフが出るときは、直前までお店がオーバードライブなんだな(^^ゞ

 

大繁盛なにより。

 

軽くつまんでからのシメという段取り。

 

 

新メニューでまだ食ってなかった、メープルカマンベールナッツ焼きにチャレンジ。

 

カマンベールとミックスナッツを焼く、という発想はすごく好きなんだが、甘いおかずがニガテなオイラにはメープルシロップ味がちょっとハードかな。

 

女子に大人気というのはよくわかった。ぜひ。

 

 

パスタは先日気に入ったサルシッチャ・クレソン。

 

ザビ辛・ザビ硬。さらに黒胡椒をふんだんにかけると予想通り実にザビッシュ。

 

で、ハナコーヒーで締めるという美しい展開。

 

忙しすぎてヘロヘロのはずなのに笑顔を絶やさないプロフェッショナルなスタッフたちに感化されて、「オレも疲れたなんて言ってられん」といらぬ奮起。

 

10kgの機材を背負って、家まで35分歩いちゃったけど、年寄りの冷や水状態。

 

こういうときはケチらずタクシーを使いましょう、と反省。

 

ということで今日最後のナンバーは植木等で「だまって俺について来い」。

 

オイラが思う最高の無責任ソングであり、正しい「無責任」のあり方を示した歌詞にいつも感服する。

 

「オレもないけど心配すんな」って、なかなか言えないよなあ。そしてシメが「そのうちなんとかなるだろう」って、まさに生き方の真髄。つーか、今日の水野さんの話そのものだろw

 

ぜひご一聴、ご一読、いただければ。

 

 

「だまって俺について来い」
作詞・青島幸男
 
ゼニのないやつぁ 俺んとこへ来い
俺もないけど 心配すんな
見ろよ 青い空 白い雲
そのうちなんとかなるだろう
 
彼女のないやつぁ 俺んとこへ来い
俺もないけど 心配すんな
見ろよ 波の果て 水平線
そのうちなんとかなるだろう
 
仕事のないやつぁ 俺んとこへ来い
俺もないけど 心配すんな
見ろよ 燃えている あかね雲
そのうちなんとかなるだろう

 

 

χανι@69.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







雨がやんだら、ザビ散歩

 

 

「雨がやんだら」と言われて、

「お別れなのね」と応えられる人は、もはや還暦?(´・ω・`)

 

東京地方、終日大雨。

 

雨が降ろうが槍が降ろうがザビ散歩、というのが基本だが、深夜に秘密の情報網から「今日は桜んボ夕方から貸切」の情報がもたらされていたので、「土砂降り門前払い」を避けることができた。

 

大感謝m(_ _)m

 

昼はきのうの赤富士ショックからお腹を回復させるために使用。

 

3食うちで軽く食って、ブラタモリを見て、そのあとブラザビエル。

 

 

近所のマツキヨで正露丸購入。基本ですから。

 

行きは霧雨状態だったが、傘はいらなかった。

 

「ザビさん!いいところに来ました」と花子さん。

 

土曜夜にしては貸切直後なので余裕があったが、それでもけっこう店内は賑やかだ。

 

 

晩飯後になると必然的に酒も変わるわけで、ビールだと腹に重い。

 

ここは得意のカンパリwith白ワインでカラダを慣らす。

 

 

つまみは牛ハツ山芋ズッキーニ。(これは夜のおつまみとしてヘルシーで良い)

 

なーんとなくスタッフの動きを眺めてて、今日は新人ユキちゃんの特訓日だな、と察する。

 

当然オイラにも花子さんから「客役」が回ってくる(客だけどw)。

 

 

スタンダードにドリンクメニューを見ながらラフロイグ。

 

飲み方もロックで。(小難しいオーダーやオヤジギャグはカマさないように注意)

 

ユキちゃんのグラスの持ってき方が、ちゃんとしてたので褒める。

 

グラスの上部を持たないのは基本だが、なるべく底のほうを持つのが正解。(客が口をつける所を持たない、体温で酒を温めない、霜が降りてる時は特に指紋を残さない)

 

冷やすと匂いは抑えられ、味はキリっと感が出て、やはりロックも良いな、と改めて思う。

 

余計な話だが、ウイスキーの飲み方をどのくらい思いつくか飲みながら考える。

 

水割り、ロック、ストレート。それから、ハイボール、ミスト、ハーフロック、ハーフソーダ、お湯割り、そしてトゥワイスアップ。

 

けっこうバリエーションはあるもので、教えてくれたバーテンダーの皆さんありがとう、という感じだ。

 

 

シメはユキコーヒー。

 

「どうでしたか?」と聞かれたが、コーヒーの味はわからないんだなあ(笑)

 

ま、せっかくなので、ドリップのときにお湯は高い位置からとは話したが、香りが立つという効果の他に、見た目が良い、というのが大切な理由。

 

とにかく、ウェイターやバーテンダーは見た目。

 

ワインボトルのサーブとか差が出るもんな。

 

そう言えば、アオイちゃんを思い出したが、彼女のサーブはかっこよかった。

 

どういうふうに周囲から見えるかちゃんと考えて、足の構え方とかキメてたもんな。

 

それで更に思ったのは、スタッフは最初皿洗いや皿運びの重労働から始めるじゃないですか。

 

あれは雑用だと自分が焼鳥屋修業時代とか思ってたが、実は基礎体力トレーニングだったんだな。

 

腕力や腰の構えや持久力が鍛えられてないと、かっこいいウェイター仕事はできないんだよ。

 

今さらだけど、何事にも意味や順番はあるもんだ。

 

頭から入る人間はそういう理由をきちんと説明してくれないと、イジメだと思っちゃうのだがw,カラダで覚えるタイプは(好きな仕事なら)理屈抜きでがんばれる。

 

ま、人それぞれ、部下それぞれ、上司それぞれだ。

 

いずれにしてもオイラはウェイターできないことには変わりはないけど(^^ゞ

 

やっぱり、客役が適当だな。

 

良い客でいられるように精進&飲み代の工面、ガンバりますm(_ _)m

 

 

χανι@70.0kg

 

 

■今年も花子祭り (花子店長生誕記念パーティ)やります!

 

5月25日(木) 19時から
カフェ ラ・ボエム桜新町

 

東急田園都市線桜新町駅西口徒歩0分 サザエさん像正面
費用はご自身が飲み食いした勘定で。

 

ご参加いただける方は御一報を。
まだ、参加表明者が少なくて不安です(^^ゞ
花子店長に逢いたい人、ザビエルに会いたい人、桜んボを味わいたい人、桜新町を見学したい人、
よろしくです!!

| - | 23:59 | comments(0) | - |







富士を彩る芝桜

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

このタイミングしかないだろうとガンバって、富士芝桜まつりがオプション。

 

東京からだと中央高速から河口湖まで行って、そこから139号線を西進すればいずれ到着する。

 

一番西のはずれの本栖湖より更に先、もうちょっと行けば、静岡県富士宮市に入るという、山梨県としてはかなり奥地のほうだ。

 

昔は、このへんは上九一色村と呼ばれてて、ユニークな地名でご存知のかたも多いはず。

 

また、祭りの会場から少し脇に入っていけば、あのオウム真理教のサティアンがあった場所だ。

 

平成の大合併で上九一色村の名が消えたのは残念。

 

ともあれ、こんなところまで、大勢の観光客を引っ張ってくる芝桜パワーはすごいと感心した。

 

日本人も外国人も平日だけどすごい数。GWや土日は渋滞含めどうなっていたんだろう。

 

ともかく、会場イン。

 

 

富士山はかろうじて見える天候だったが、見えただけラッキーだろう。

 

 

中央の池からの富士山がポスターポジション。晴れてれば絶景だ。

 

 

ダブル富士山、なんてのも売りである。

 

 

あと他にもいろんな植物が植わってるが、アネモネが秀逸。

 

バリエーションと美しさからいったら、芝桜以上かも。

 

芝桜と言えば、数年前(いや、調べたら2009年だった)に行った埼玉は秩父の芝桜も有名。

 

秩父のほうが庭園感は上だった気がするが、こちらには富士山という借景があるので、やはり強い。

 

なんとか人をいれないで撮りたいと一工夫。

 

 

まあ、アップは人は入らないねw

 

あとはアングルで向こう側の人間を隠す作戦。

 

 

青空だったら、かなりイケてたはず。

 

 

(IT和田さんのアドバイスで背景リタッチ)

 

芝桜の向こうにうじゃうじゃ人がいるとは思えないでしょ。

 

ってことで堪能。

 

 

戻りは、大渋滞の寸前で鳴沢の日帰り温泉イン。これもラッキーだった。

 

富士山も今日一番できれいに見えた。

 

「赤富士ラーメン」が呼んでたのでチャレンジ。

 

「ホントに辛いです。注意してください」とメニューに書いてあったがw,辛さ的にはココイチの4辛くらい。つまりザビ辛程度。

 

 

もちろん礼儀として完食。ただ汁モノは量とか他の内容物で辛さ以上にカラダに来る。

 

久しぶりに辛いものでお腹を壊した(^^ゞ

 

とりあえずピンチを乗り越えて、現状こうしてザビスタでブログ書きできてるが、明日には復調してるかなあ。。。

 

ちょっとケチをつけてしまったが、思った以上に充実の一日。

 

成功だね。

 

 

χανι@70.7kg (汁ぶくれ?)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







危うくブログが書けなかった言いワケ

 

 

パワーワーク完了。感謝。

 

やることが完全になくなる(^^ゞ

 

休肝日。ひきこもり。ネタなし。

 

暇つぶしに最適な巨人戦も今日はお休み。

 

20時から刑事モノ2本。面白いけど感動はしないな。

 

ブログは、自分ネタを書こうと思い、風呂上がりからモソモソと準備に入るが、全然気が乗らない。

 

なぜだ。

 

まあ、ネタがいまいち自分で面白くないんだな。

 

それと室温がよろしくない。環境が整わないとウンチクものは頭が働かずキツい。

 

今日は暑かったようで(ひきこもってたので実感がない)、エアコンを終日つけていた。

 

夜半になっても、なんか蒸し暑い。

 

設定温度26度。この時期だとそれだと送風なんだな。

 

でも、エコ気分であまり設定を下げるのはなあ、という気が働いて、いじれない。

 

勇気を振り絞ってw,23度に設定して、冷房が効き出すと湿度も下がって快適。

 

今日は、これで長袖を羽織ることを許してあげよう。

 

環境は整ったが今度はハラヘッタ(^^ゞ

 

今日のおうちごはんは、朝食:ご飯と味噌汁、昼食:ピザハット3/8枚、夕食:カレー。

 

うーん、炭水化物だな。

 

これで夜食にカップ麺は気が引ける。

 

桜んボに行くことも考えたが、なんかそこまででもない。

 

非常にレアなケースだが、近くのコンビニに行くことにした。

 

なんか夜中に、ザビパパに「出かける」と声をかけるのがイヤなのだ。

 

こういうところは、中高生の感覚がべったり自分に染み付いてて抜けない。(誰もが感じる実家暮らしの面倒なところ)

 

ということで、またまた勇気を振り絞ってw、ザビパパに声かけてからのコンビニ。

 

 

さすがにわざわざデジカメ持っていくのはなんなのでケイタイで撮ってみる。

 

悪くないねえ・・・(笑)

 

 

サンドイッチはちょっとプレミアムなやつにした。

 

200g 400kcal と言っても、この時間に食うと影響は出るんだろうな。

 

でも、気分優先。ブログを書くには必要悪だ(^^ゞ

 

味はうーん、やっぱセブンのほうが良い気がする。

 

でも、違いはたぶん塩加減の差だ。ファミマは塩気が少ない。健康にはいいんだろうけど、やっぱ塩が効いてないと美味しく感じない(あくまでザビ感覚)。

 

ということで、なんとかブログが書けたな。

 

「よく毎日書けますねえ」とか言われるけど、こんな感じッスよ。

 

グダグダっす。

 

 

χανι@69.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







男はセンチとロマンとエロで生きている

 

 

きのうに続いて風呂&パワーワークの日。

 

給湯器問題はガス屋が来て解決。結線を間違えたらしいw

 

母親は「プロのくせに」とぶつぶつ言ってたが、オイラと弟は「まあ、よくあることだよ」と。

 

音響関係の結線ミスはいいけど、鉄道関係の結線ミスってどうなのよw

 

でも問題は、プロでもミスはするのであって、改善すべきは交換作業後の確認方法のマニュアル化だろう。

 

パワーワークはこの時期の年中行事だが、作り込むほどに感謝の気持ちが湧いてくる。ありがたいことだ。

 

ただ本日完了せず。明日には上げなくては。。。

 

きのうの深夜、TVで「レモンハート」をやっていた。

 

梅雀がバーのマスター役で、常連客や一見さんと織りなす酒を絡めた物語が素晴らしいドラマだ。

 

火野正平が往年の名ライター役で登場。

 

ジョニ黒をストレート、チェイサーなしで注文する。それだけでかっこいい。

 

会話を小耳に挟んだマスターは70年代のジョニ黒を棚の奥から出してくる。

 

このブログでも書いたが、当時のジョニーウォーカー黒ラベルは、現在の貨幣価値で5-6万円していた。

 

この酒が似合う男になりたいと必死に仕事をし、生きてきたのだと老ライターは言う。

 

何ヶ月後かに、マスターは60年代の「特級」と言われてた頃のジョニ黒を入手し提供する。

 

しかしそれが最後の酒となる。

 

実は、老ライターはすでに末期の癌に冒された体で、今日は病院を抜け出し「ジョニー」とのお別れをしにきたのだ。

 

それを悟ったマスターや常連たちは心の中で老ライターとの別れを静かに告げる。

 

まあ、そんな話だった。

 

 

ザビ散歩。いつもどおりの夕方前に桜んボ。

 

モトエさんにきのうの礼を言い、「花子さんは?」と尋ねる。

 

「今日は早めに上がらせてもらいました」「そうか。では今日はモトエさんと飲むか」「はい」

 

ランチに来ればよかったかもしれぬが、これはこれでよい。

 

レモンハートの話が残ってたので、今日はジョニーウォーカーだ。

 

ボエムには、赤ラベルとプラチナムがある。

 

ここははずんでプラチナム。

 

 

オイラのスタイルはストレートじゃなくて、トゥワイスアップ。

 

男アオイが大きなブルゴーニュグラスで出してくれたがこれも一興。

 

「いかがですか?」とモトエさん。

 

そうだな。悪くないけど、オイラはジョニーウォーカーじゃないのかもな。

 

マスター梅雀が、ジョニーウォーカーがいまだに世界のトップランカーとして走り続けてるのは、伝統を大事にしながら、革新を恐れない精神があるからではないか、と話していた。

 

たしかにそうなのだろう。革新をし続ける老紳士、それがジョニーだ。

 

でも、きっとオイラが好きなのは、クセのある保守的なジジイのようなウイスキーだ。

 

 

今日の最後の一杯はラフロイグにしよう。

 

「人に例えてもらうと、よくわかりますね」とモトエさん。

 

「でも、やっぱりウイスキーは男だよな。キミはラフロイグのような女だね、と言われて喜ぶ女はいないかもw」

 

でも、保健室の匂いだから、セクシーな保健の先生ということならOKかもしれないね、などとモトエさんと戯言。

 

 

うん、やっぱりオイラにはアイラモルトが良い。

 

自分の若い頃を彩った酒はないし、今もひとつだけこの酒、と選ぶこともできない。

 

でも、できれば死ぬギリギリまで酒が飲める体でありたいとは思う。

 

そのときに、何を飲んでるか、誰を想っているか。

 

それはわからないけど、今はあなたのことを思いながら、ここで飲んでいられることが幸せなのだと思う。

 

 

χανι@69.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ヒトの成長は螺旋階段

 

 

ゴゴイチでガス屋さんが風呂給湯器の部品交換。

 

しばらくこれで様子見となったが、夜には火はつくけど別のエラーが(^^ゞ

 

一筋縄ではいかないな。

 

あとは夕方まで渾身のワークで充実。明日中には仕上げたい。

 

夜は桜んボで盟友ともどりーさんとサシ飲み(ともどりーさんはゲコだけどw)。

 

 

先に着いたので、ハートランドを一杯だけ。

 

話し込んで撮影が遅れ、泡が引いてしまい恐縮だが、今日はコダマ君が「アサヒ式」でついでくれたw

 

気のせいか、キリン式より泡が細かくなるようだ。(なんか、注ぐ回数が違うらしい)

 

こりゃ、すいてる時にキリン式とアサヒ式を同時に出してもらわないとわからん。よろしく。

 

で、ともどりーさん登場。

 

ネット画像とかで、小顔になったと思ってはいたが、ほんとだった。

 

まぁちゃんのお店「赤坂コルギ専門店 水の記憶」で施術してもらってるのだが、やっぱ効果あるんだ。(まぁちゃんのお店にご興味の方はこちらで)

 

「これであと体重5kg落としたら、プロフィール撮影してください」と言われたが、がんばってください!待ってます(^^ゞ

 

ともあれ、ともどりーさんと言えば、「食い」だ。

 

数少ないオイラが「食い負け」する友人である。

 

バーニャカウダで野菜摂取はおしまいw

 

 

あとは肉!そして炭水化物! 男のロマンだ。

 

 

肉盛とタリアータのダブル攻撃もあっという間に攻略。

 

でも、炭水化物は以前より減らしてるのかな。

 

ともどりーさんは、ピザとパスタとフライドポテトをひとりで全部食べるのが基本だったはずだが、今日はピザとフラポは頼まなかった(代わりにニョッキを頼んでたがw)。

 

シメにパスタをつまむ。

 

 

オイラが食いたかった新メニューのサルシッチャとクレソンのパスタにつきあってもらった。

 

想像通りの肉ウマ。リピートしたい。

 

 

シメ酒にアードベッグ。やっぱ「景色」の見える酒は良い。

 

 

で、モトエコーヒーで大ジメのはずだったが、ともどりーさんにつられてティラミスを頼んじまったぜ(^^ゞ

 

「ありがとうございますぅ〜」とモトエさんに言われると、お店に貢献してる感が高まってうれしいw

 

食って飲んで大満足。やっぱ、心置きなく食べるのは、精神的にとても良い。(肉体的なことは今日は置いておく)

 

ともどりーさんとは、あれこれと多くを語り合う。

 

ともどりーさん自身は、「結局10年前からちっとも成長してない」と言ってたが、そんなことはない。

 

少なくともオイラはここ数年で、ともどりーさんには「抜かれたなあ」と実感してるのだ。

 

まあ、ともどりーさんだけじゃなくて、多くの人に「抜かれた」と思ってるんだけど、この辺の話はまた別途書きたい。

 

オイラ自身は「成長」という言葉は好きじゃない。

 

けど、やはり人間は死ぬまで成長する生き物だ。

 

ちっとも成長してないようで、また元に戻ってしまったと感じても、螺旋状に上に向かって「成長」しているのだ。

 

以前より、位置エネルギーが高くなっている。

 

この螺旋的成長をアウフヘーベン(aufheben)と云うのは、高校の倫理社会の授業で習った気がするが、wikiで確認してみると、弁証法がなんちゃらとか出てきて、その理解でいいのかよくわからん。

 

止揚とか昇華とか漢字にするとますますわからんが、まあいいや。

 

10年とか長い期間で見ると、螺旋的成長なんだけど、日々で見ると、ヒトってある時ポコッとステップアップするんだよな。

 

ゴルフのスコアとかもそう。

 

ずっと100ちょっとでうろちょろしてて、100切れなくて、あーだこーだモガくんだけど、ある時突然100を切る。

 

一度切ると今度は90台後半でしばらく安定する。

 

ヒトによって、この一段の高さとか、踊り場の広さは違ったりするけど、そうやって考えていくと、自分の一生は螺旋階段状になってるのかもしれないな、とイメージする。

 

その螺旋階段の先、死んだらどうなるのかはわからんから、雲の中ということだな。

 

ということで、ともどりーさんありがとうございました。

 

次は「花子祭り」でお会いしましょう(^o^)b

 

■今年も花子祭り (花子店長生誕記念パーティ)やります!

5月25日(木) 19時から
カフェ ラ・ボエム桜新町

東急田園都市線桜新町駅西口徒歩0分 サザエさん像正面
費用はご自身が飲み食いした勘定で。

ご参加いただける方は御一報を。
まだ、参加表明者が少なくて不安です(^^ゞ
花子店長に逢いたい人、ザビエルに会いたい人、桜んボを味わいたい人、桜新町を見学したい人、
よろしくです!!

 

 

χανι@69.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







日本一の人参。日本一のスーパードライ。

 

 

週末見そびれたドラマをネット動画で見る。

 

亀梨クン演ずる欠点だらけだけど誠実で一途な主人公に毎週ハゲまされております(^^ゞ (似たものを感じるw)

 

恋愛ドラマだけど、やっぱ恋愛も仕事も生き方も基本は改めて同じだよな、と今回は思った。

 

ドラマの中で日本一の人参を作る農家のおじさんが出てきた。

 

主人公がどれだけスゴイおじさんなのかと会いに行くと、別に人参づくりが好きなわけでもなく、仕事にプライドを持ってるとか、特別頑張ってるとかもなくて、ただ淡々と作り続けている。

 

拍子抜けする主人公だが、ひとつ大切なことを学ぶ。「でも、人参づくりは嫌いじゃなかった」。

 

「嫌い」はゼロだけど、「嫌いじゃない」はゼロじゃない。

 

嫌いじゃなければ、いつかはたどりつく可能性がある。そこに励まされていく。

 

セールス成績の良い先輩からもヒントをもらう。

 

営業も恋も「押し売り」をする主人公に、相手が質問してくるまでひたすら待ち続けることの大切さを教えくれる。

 

無料動画も1週間公式で見れるので、ご興味の方はこちらからどうぞ。(NTV「ボク、運命の人です」。木村文乃かわいいし、菜々緒も実にハマリ役)

 

 

とりわけ何があるというわけでもなく、いつもどおりザビ散歩。

 

 

大きな家の大きなケヤキが剪定されて坊主になっていたw (でもすぐ若葉が出てくるんだ)

 

 

 

畑のアヤメ。

 

 

この青い花も気になったなあ。

 

 

紫のバラが咲いてる家もあった。

 

 

桜んボでは、久しぶりにゴルゴンゾーラをつまんだが、マーブル模様に反応。

 

シミテンOD(花子さんの上司にあたる)が来てて雑談。

 

ビールの話になって、銀座ボエムの近くに「日本一美味いスーパードライ」を標榜する店があって繁盛してるらしい。

 

同じスーパードライをいかに美味く提供するかこだわり抜いてるようだ。

 

「ザビさん、そういうの好きでしょ。そこで一杯飲んで、あとは銀座ボエムに来てね」というオチw

 

ってことで、当然一杯飲みたくなったので、シミテンOD経由でコダマ君に「美味いハートランド」とオーダー。

 

 

運んでくれたシミテン曰く、「アサヒとキリンは美味しくなる注ぎ方が違うらしく、これはキリン式」。

 

ホントですか?!(笑)

 

オイラには、いつもどおりの美味しいハートランドだったヨ(^^ゞ

 

違いはわからなかったけど、こういう話がビールを更に美味しくしてくれる。

 

そこが一番大事。

 

ありがとう。

 

 

■今日のおまけ■

 

 

写真を整理してたら、2010年のネコカフェ写真発見。

 

あのネコカフェはもうないんだよね。

 

そして、その頃はボエムを知らず、なんかテキトーなイタリアンで女性とランチしたのがブログで発覚w

 

懐かしいというより驚いた。今の当たり前を知らないわけで。

 

その半年後に、偶然花子店長の店に入り、今に至るという。

 

奇跡というか運命というか。。。

 

 

■今年も花子祭り (花子店長生誕記念パーティ)やります!


5月25日(木) 19時から
カフェ ラ・ボエム桜新町


東急田園都市線桜新町駅西口徒歩0分 サザエさん像正面
費用はご自身が飲み食いした勘定で。


ご参加いただける方は御一報を。

まだ、参加表明者が少なくて不安です(^^ゞ

花子店長に逢いたい人、ザビエルに会いたい人、桜んボを味わいたい人、桜新町を見学したい人、
よろしくです!!

| - | 23:59 | comments(0) | - |







一生きっと唄うたい、一生きっと自由人。

 

 

理由もなく昼間は爆睡。

 

GW疲れか?ってなーーんにもしてないんだけどw

 

夕方ゆっくりめに桜んボ。

 

連日の満員満卓満席なによりだが、みなさん体に気をつけて。

 

軽く飲んでパスタ食って次に備える算段だったけど、ミサトさんの「今日はコダマバーです」の一言で、酒飲み新人コダマ君を試験することにした(一応、店も落ち着いたし)

 

 

今日のお題は、バーテンダーの「義務レット」。

 

ライムをよく効かせたマジメさが伝わるつくりだった(^_^)b

 

ちなみに、ザビエル・バーテンダー試験は、「1.ギムレット、2.グリーンアラスカ、3.グラスホッパー、4.バノックバーン、5.ジントニック」の順となっている(さっき決めたw)。

 

もちろんだんだん難しい。 最後まで行く人少ないと思う。(ボエムではサンちゃんが行った。ホーライ君もたぶんイケるか)

 

コダマ君も期待しよう。

 

 

帰りしななんか感じて桜んボ外観撮影。今までで一番キレイに撮れた気がする。

 

花子さんに見送ってもらって、ゴキゲン田園都市線。

 

地下鉄を乗り継いで淡路町THE SHOJIMARU。

 

今日はここパーさんのお店でdaisukeさんの自分誕生日祝ライブ。

 

アザーガートの前にdaisukeさんが大好きな修豚さんが弾き語り。

 

 

最後、パーさんが飛び入りして、震災復興応援でいっしょに演ったという「涙をふいて」。

 

この曲はオイラも思い入れが深い。

 

新入社員のときにレコード会社で売った曲のひとつ。

 

試聴ですごく気に入ったのだが、あとからジワジワ人気が出て、21世紀になっても歌い継がれてるのがとてもうれしい。

 

 

で、いよいよアザーガート。

 

 

そうそう、今日はdaisukeさんの日なのに、daisukeさんいないなあ、と思ってたのだが、前の方にいた金髪のバイトの兄ちゃんと思ってたのがdaisukeさんだった(笑)

 

 

ということで、今日はdaisukeさんのアップを中心に撮影(^^ゞ

 

名演は「ghat」かな。

 

パーさんが一人変拍子?を演ったが、それでいて全体はまとまり、daisukeさんも歌い続け、観客からは歓声が上がるというなかなかないパフォーマンスだった。

 

泣きは「ミエルミエナイ」。

 

「見える見えない」と「あるとない」はぜんぜん違う。見えなくてもさわれなくても感じればいいんだよ、みたいな歌。

 

カノン進行のロックで思わずジーンとくる。

 

あとは、海老原さんの掌底キーボードソロwもよかったし、コスちゃんのベースの存在感も伝わってくる。(つーか、コスちゃんがいるからパーさんが好き勝手にタイコ叩けるw)

 

 

あとなんか、かっつんとdaisukeさんのツインタワー演奏がおもしろかった(笑)

 

オイラはオフモードで臨んだのでザビT忘れた。が、一回だけ気持ち入れて、休憩時間にステージからの観客呼びかけ撮影。

 

 

daisukeさん、お誕生日おめでとう!(こぼれた人ゴメン)

 

 

最後は、パーさんがお店からのバースデーケーキはないけどおめでとう、みたいな変な挨拶がw

 

それから、本日、シングル盤がめでたく発売。

 

 

CDだがら、A面B面はないんだけど(まさか若い人はA面B面わからない?)、1曲めの「星をつなげて」はヒット曲狙い、2曲めの「ghat」はバンドの本領真髄内包的選曲。

 

値段も500円、PCで聴いた感じの音作りもFMラジオが似合いそうで、オイラは昔のドーナツ盤を思い出したよ。

 

ザビ撮影アー写も、フライヤー、ポストカード、ディスク盤に使われてて光栄。

 

CDとライブの両方で、アザーガートのスゴさを体感してもらえたらうれしいな。

 

ということで、daisukeさん、お誕生日おめでとう。これからもよろしくお願いします。

 

 

■今日のおまけ■

 

ライブ会場で撮らせてもらったイイ女シリーズ。

 

 

 

 

 

χανι@69.4kg

 

 

■おまけのおまけ■

 

イイ女クミちゃんからのいただきもの。感謝。

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







毎日だれかがバースデー

 

 

昨年の9月に具合が悪くなって以降、なんとか騙し騙し使ってきた風呂給湯器が遂に限界を迎える。

 

午後にガス屋が来てチェックしたが、ともかく交換ということで。

 

GW明けないと部品がいつ入るかわからんので、少々難儀の日々となる。

 

どうでもいいけど、フェイスブックの友達ってどんどん増える。

 

オイラは友達は10人以下、という主義だったのだが、いつの間にか554人である。

 

あと一人でマッハGoGoGoだ。

 

残念ながら全員を覚えてるわけではないが、ともかく友達登録はありがたいこと。

 

それに、確率的にこの数になると、毎日誰かが誕生日ということになる。

 

そうなるともうメンドクサイので、いちいちおめでとうメッセージは送らないけど、心の中でおめでとう。

 

夕方前に桜んボでアールグレイを一杯飲んでからの新宿樽一。

 

樽一も、店主しんちゃんが今の場所にリオープンさせて、いよいよ5周年。(先代からだと半世紀)

 

そしてその「誕生日」に合わせて毎年常連たちが「杉玉」を贈るのが習わしになっている。

 

 

で、今日はそのお披露目会。

 

行ってみると、真新しい緑の杉玉が入口に吊るされていた。

 

 

やはり樽一には杉玉がよく似合う。

 

 

毎度のことだが、この杉玉の「世界観」はスゴイと思う。

 

世界というか星というか宇宙というか。

 

 

さて、宴会の方は、30名ほどの出席で盛会、というかコンフュージョンというか(^^ゞ

 

宴会ニガテのオイラだが、正面に心優しいジャイアンと美人のカネちゃんという席で、非常に快適だった。

 

 

お酒は舐める程度にしておいたが、鯨のハツ刺しが食えたのでうれしかった。

 

宴席等でオイラはとにかく周りに気を遣わせるw。性格的にも体調的にも。

 

それは自覚してるよ。でもしょうがないじゃんザビエルだもん(^^ゞ

 

どうせ気を遣わせるなら、気持ちよく気を遣ってもらえるようには心がけてるけど(笑)

 

幹事の査察博士、101団長、そしてジャイアン、三浦店長たちの格別の心遣いに改めて感謝。

 

 

花園神社とお稲荷さんにご挨拶して、20:20に桜リターンズ。

 

長年の経験?で、週末の桜んボは20時半が客が入れ替わるタイミングで一番入りやすいと調べがついているw

 

それでも今日は行列4組目だった。

 

だけど、「いいところに来ました!」と花子さんに言われたから、やはり正解なんだな。

 

メインは今週のパスタがケールのジェノベーゼなのを思い出し、作ってもらった。

 

ケールとかそういう健康的なものは女性向けでオイラ好みではないと通常は考えるのだが、考案者がクアリタの当たりマエダさんなので、絶対変態パスタだと想定してオーダー(^^ゞ

 

 

うーん、ヤバイなw

 

具がケール、アスパラ、ズッキーニ、カリフラワー。

 

グリーンモンスというかミロガンダの秘密というか。ともかくそれを思い出した。

 

味はやっぱり変態だ(褒め言葉) これは野菜嫌いのオトコに食わせたい。ウラノウラで気に入りそう。

 

もっとも、ミサトさんも好きと言ってたから女性も当然OKなんだろう。

 

シメコーヒーを飲んでたが、なんか酔いがさめてきて、このままでは欲求不満になると察する。

 

 

カツ君にお願いして、アマレットを追加する作戦。

 

アーモンド味のアマレットコーヒーにしようとしたわけだが、いっぱい出してくれたので、余っちゃうじゃないかw

 

「余ったら、ミルク出しますから、杏仁豆腐にしてください」とカツ君、さすがの提案。

 

お言葉に甘えて、たっぷり楽しませてもらった。

 

さてさて、GWもあと一日。

 

明日もお誕生日の人におめでとうを言いに行こう。

 

まだ会ったことのないあなたにもおめでとう。

 

 

χανι@69.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







人と神が結ぶパセリ物語

 

 

先日、ザビスタに遊びにきてくれたノムケンさんが、そのことを記事としてアップしてくれた。

 

 

こちらの記事だが、フェイスブック上なんだけど、皆さん読めるかな。

 

当日の歓談、事前事後の調査など実に行き届いていて、オイラのひととなりがこれだけ伝わる文章は初めて見た。

 

スピーカーや桜んボのことも的確に書いてくれてるし、ノムケンさんの観察力・分析力・表現力、そしてなによりも愛情力の高さに感服。

 

ありがとうございました。

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

GW真っ只中ということで、粛々と進行することに。

 

でも、ちょうどハザマだったのか道はガラガラ。

 

いつもより早く茨城常総に着いた。

 

なんとなく、神社や100均をめぐるドライブがオプション。

 

が、偶然、水海道天神の前を通ったら、すごい鯉のぼり。

 

 

思わず見学&お参り。

 

イナカのマイナーな神社ゆえ、地元民しかいないけど、さりげない盛り上がりを見せていた。

 

それから、一言主神社へ先月いた子猫を探しに行く。

 

 

日差しが強く暑いせいもあったか、ネコは見つからず。

 

オイラがトイレに行ってる間にランちゃんが露店の園芸コーナーにハマるw

 

1株300円のパセリが欲しい、と言い出す(^^ゞ

 

たしかにスーパーで買うより安そうだしw,食ってもそのあとまた生えてきそうな気もする。

 

ということで、神社でパセリ購入。

 

そのあと寄ったモールのDIYで手頃なポットを買ってたが、土が困った。

 

何しろ大農業地帯なので、土や肥料はやたら売ってるのだが、スゲエ量w

 

激安だが、こんなのかさばってしょうがない。

 

その辺の土をひとつかみもらえば十分だが、勝手に掘るわけにもいかないし。

 

ということで、そのあとは、オイラが前に地図上で見つけて気になってた三日月神社を探しに行く。

 

調べると、茨城栃木あたりに三日月信仰があるらしい。

 

アマテラスの天津神の系列には月読がいるが、それとは違う。国津神でも聞いたことはない。

 

どうにもナゾなところが惹かれるではないか。

 

で、グーグルマップを頼りに行ったのだが、周りは田んぼしかない(笑)

 

田んぼに囲まれた一角が集落になってるが、その路地に入ってみたが、ザビQも通るのに難儀する細い道。

 

と、そこに謎のジイサンが現れる。

 

「すみません。この辺に三日月神社ってありますか?」と勇気を出して聞くと、強烈な茨城弁で、「この部落のはずれに集会所といっしょにある」、と教えてくれた。

 

一応、この辺に昔は勤めたことがあるから、茨城弁は解せるが、気を抜くと何を言ってるかわからないぞ(^^ゞ

 

それに、ジイサンの言う「部落」というのがどの範囲かよくわからない。

 

しばらく周囲をクルマで走ったが、やっぱり、田んぼに囲まれたこの一角の中らしい。が、もう道がないんだけどw

 

その時、ランちゃんが、そこを入るんじゃないか、と指したところはもはや人の家みたいなところ。

 

恐る恐る徒歩で入って行ったが、あった!

 

 

たしかに三日月神社と書いてある。が、これは祠だよな(^^ゞ

 

 

脇の水受けはたしかに三日月マークだ。

 

ここは、この部落の守護のための三日月様なんだろう。でも来れてよかった。

 

そして、ふと奥手を見ると庭いじりをしてるおかあさんがいる。

 

これも御縁と声をかける。

 

庭の端っこの土を一握りいただけないかとお願いすると、快くOKしてくれる。

 

まさか、この期に及んで茨城地元民と交流し、土を手で掘ることになるとは(^^ゞ

 

ほとんど、所さんのダーツの旅状態である。

 

 

かくして、パセリは立派に鉢植えになった。

 

天神様、一言主、三日月様という神様たち。パセリ売りのバアサン、謎の道案内ジイサン、土をくれたおかあさん。

 

皆さんのお陰で随分と楽しめてしまった。

 

改めて、茨城LOVE。(^^ゞ

 

温泉はさすがに混んでたが、そこは常連の強みで、そこはかとなくスタッフさんたちに心遣いをいただいて、気持ちよく過ごせた。

 

帰りは首都高渋滞があったので、外環道で避けて、ノンストップ帰還。

 

これも神のご加護ということで。

 

感謝。

 

 

χανι@69.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE