ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

いかに文字を読んでないか

 

 

終日完全完璧ひきこもり休肝日。

 

いやあ、珍しく集中して「仕事」したよ。

 

ずっとビデオ編集。正直、神が降りなくて苦戦。

 

でも、イヤじゃない。なんやかんや言っても、好きな分野なんだろうな。

 

ってことで、ほんとネタがない。

 

今日一番のネタが、イスラエルの首都ってエルサレムじゃないの?って話。

 

いや、そう習ったし、イスラエルは当然そう思ってるんだろうが、国際社会が承認してないんだって。

 

で、トランプさんが承認しちゃったから、あっちでは大騒ぎになっている。

 

それに比べて日本は、お相撲さんの揉め事とか、東京にサルが出たとかがニュースになってるから平和だな、と。

 

思ってたら、深川の富岡八幡宮で女宮司さんが辻斬りにあって亡くなったとか。江戸時代か?! R.I.P

 

あまりのネタなしに、「0時前だからいいよね!」とつぶやきながら、どんぎつね。

 

 

今日が食べ頃、と勝手に決めつけるw

 

「カモ南蛮かあ。あまり好きじゃないんだよな」とか思いながら、ちゃっちゃと作る。

 

 

なんかそれらしき、鴨?とネギ?が入っている。

 

が、やけに赤くないか? 最初まちがって担々麺のスープの素が入ってるのかと思った。

 

で、食ったら、辛〜い(^^ゞ

 

変だろ!これフツーのヒトが食えない辛さだよ、とか思いながら、ラベルを見直す。

 

「ラー油香る鴨だしねぎ太そば」

 

おお!ラー油マジで入ってるんだ!いや香るどころじゃないよ。辛いよw

 

それで、鴨南蛮じゃないのね。鴨だしなのね。

 

鴨肉みたいなフリしてたのは、なんだったんだ?w  ネギはネギだったな。

 

 

いやあそれにしてもこの味はどーなんだろうねえ、と文句を言おうかと、よーくラベルを見たら(つーか吉岡里帆を撮ったら)、「私、吉岡里帆のアイデアレシピ」とか吹き出しが(^^ゞ

 

じゃあ、許す(笑)

 

いやあ、それにしても、オイラ全然ラベル読んでないのな。

 

それで思い出した。オイラは読書がニガテなんだよw

 

読解力はあるのよ。ただパッと見て、書いてあることがよくわからない。文章を認識理解するのに時間がかかるんだ。

 

だからツラくなって、本は読まない。

 

先日、M野さんが「シンゴジラ」のブルーレイ買った話を書いてて、シンゴジラはセリフが早くて大量だから、日本語だけど字幕付きで観るとよくわかるよ、と自慢してたw

 

たしかに、シンゴジラは台詞回しがすごいけど、集中して聞いてればフツーわかるでしょ、とオイラは思ってた。(自慢)

 

が、字幕なんか付けたら、間違いなくワケわからなくなる。

 

字幕を読むスピードがついていかない。

 

しゃべってくれるからスイスイ頭に入るんで、読んでたら間に合わない。

 

で、思ったよ。

 

たぶん、脳の働く部分が人によって違うんだ。

 

オイラは、耳情報と目情報を処理する脳は速く働くんだけど、文字情報を処理するところのシナプスがどうにかなってるんだ。

 

元々もあるんだろうけど、小さい頃、若い頃の訓練も足りてないんだろうな。

 

でも音や映像情報を鍛えた記憶もないから、元々の得手不得手なのかな。まあいいけど。

 

最近は、少年サンデーのセリフを読むのもつらくなってきたw (コナンはとうの昔から読めなかったが)

 

ま、人間いろいろ違いがあるってことさ。

 

それでいいの。

 

 

χανι@67.4kg

 

 

P.S.プログレセミナー18

本ブログの内容からいくと、ELPの「エルサレム」をセレクトしたいところだが、ELPはすでに紹介してるんで他のバンドを。

ロック部の部活の影響で、プログレ直前の音楽を再認識し始めている。

ソフトロック、サイケロック、オルガンロックあたり。

まだシンセが普及する前で、ハモンドオルガンが全盛だった。

オイラはギターやピアノには反応しないんだが、なぜかオルガンには惹かれる。

もうちょっと勉強したら、その境界線あたりを書いてみたい。

部活のほうで、改めてドアーズの「Light My Fire」(ハートに火をつけて)をyoutubeしたら、ゴリゴリのオルガンソングで驚いた。

そして、いくつかのプログレの曲を思い出す。

以前紹介したムーディ・ブルースとかキャラバンとかそっち系のプログレが意外と評判いいんで、今日はその流れで。

叙情派プログレの雄と謳われたキャメルを紹介。

初期ほどオルガンロックの味が濃い。2nd「蜃気楼」、3rd「白雁」、4th「月夜のファンタジア」と名盤を立て続けに出したが、今日は2ndから「Lady Fantasy」。12分超と長いので、飽きるところまでつきあってね(^^ゞ

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







何を食べるか、誰を食べるか。

 

 

世田谷区の健康診断。

 

知らぬ間に予約制になっていて、昨日の今日で医院も困ってたが、ザビママがいつもお世話になってる所なので、「息子」と判明したら、割り込みをかけてくれたw 感謝

 

血液検査結果は来週だが、その他はすべて異常なし。元気っス。

 

「午後の朝飯」はセブンで何か買って帰ろうと。

 

カップ麺コーナーを見たら、どん兵衛2個で「どんぎつね」のクリアファイル・プレゼントということで、オマケに釣られる(^^ゞ

 

オイラは緑のたぬき派だったが、初めて食ったソバどん兵衛ウマシ!

 

 

どんぎつねのおかげでオイラはどん兵衛支持に宗旨変え!w

 

耳はやしたら、カワイイに決まってるので反則とはいえ、吉岡里帆はいい女優になった。

 

 

ともどりーさんのおかげで、2年前の介護甲子園で、彼女を直接撮ることができたが、当時はこんなに売れるとは思っていなかった。

 

でも、こうして見るとやっぱりキレイだ。

 

ともかく、こういう「女」で釣る販促はヒキョーだけど大賛成w

 

正直、緑のたぬきでもどん兵衛でもいいんだよ。腹が膨らめば。

 

でも、武田鉄矢より吉岡里帆が「食べたい」。そういうことなのだ。

 

 

今熱いのは、すずネコvsどんぎつねだな(^^ゞ

 

夜は、天使屋ちゅうばちが、「花子さんに会いたい」ということで桜んボ忘年会。

 

彼女の想像以上に花子さん忙しくて、なかなかお話しできなかったけど、この時期は特にね。致し方なし。

 

 

ヴィーガンサラダはインスタバエだと思う。

 

ドリンクはグビグビいったなあ。

 

 

デュワーズ・ハイボールが安くて美味い。花子さんの話では他の客にも強く支持されてるそうだ。

 

ピザもタリアータもウマかった。

 

 

あとはシェアしてもらってジェノベーゼ・ザビカタ。

 

味はもちろんだけど、キッチンの心遣いがうれしいわけで。

 

どんぎつねと同様で、結局はモノじゃなくてヒトなんだよね。

 

花子さんの店だから食べたい。

 

チーフやヨナさんが作った料理だから食べたい。

 

結局プロってのは、その人自身が「商品」なのだ。

 

なんていうのかな。客は、その人のソウルとかスピリットみたいなのを食べたり、買ったり、欲してるわけ。

 

若い時分、サラリーマンだった時は、そのへんがまるっきりわからなくて、良い製品なら売れるでしょ、売れないのはモノのせい、と思ってた。

 

良いのは当たり前で、それを売るのはやはりプロであるヒトだったのだ。

 

オイラもその片鱗がなかったわけじゃないけど、結局意識がなかった。

 

まあ、若いうちは普通その辺はわからないよね。花子さんみたいな人は、ほんと特別なわけで。

 

ともあれ、美味かった、楽しかった。

 

ちゅうばちはまだまだイキたいみたいで、年内もう一回乱乳するらしいw

 

お待ちしております。

 

 

χανι@68.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







自由が丘無双

 

 

無双って熟語が好きだ。

 

国士無双とか。最近は戦国無双のほうが有名か。武双山はそんなファンじゃなかったなと思ったら字が違った。

 

「ふたつと並び立つものなし」って意味なんだろうな。

 

でもなんか、飛び回ってる感があるんだよな無双には。勝手なイメージだけど。

 

今日は朝飯のあとは、自由が丘へ。

 

良子先生のところで処方してもらおうと思ったが客(じゃない患者)で溢れてたんで、順番待ちの間にATMと住区センター。

 

目黒区の会議室の予約カードが期限切れだったんでそれの更新。

 

来年に、一個「悪だくみ(イベント企画)」を思いついたんで、それの申込みのために。

 

戻ってすぐに処方してもらえた。グッ! (混んでるのに雑談で盛り上がった。ごめんw。あ、超真剣な相談もした)

 

処方箋を持って、薬局へ。ここも薬用意してもらう間に、眼科とかリカーショップ視察。

 

実は、ここ一週間くらい左目が充血。原因不明。

 

治らないんで、良子先生に自由が丘で慶応中等部の後輩の女医さんがいるよ、と紹介してもらったんで覗いてみた。

 

が、超満員。人気なんだな。結局薬局に戻って、目薬で様子見。効けばいいんだけど。

 

 

そうだ、途中でザビママとすれ違う。買い物に来ていた(昼飯の銀だことか)。荷物を預かって、持って帰ることに。

 

って感じだったかな。

 

夕刻、友人のmixiを見て、スーパームーンを思い出す。

 

そう言えば、おとといあるじと月を見上げながら、「なんか大きいよね」と話したらホントにスーパームーンだった。

 

で、2日後の今日は立待月。呼ばれた気がして東を見ると、まさに昇るところだった。

 

 

肉眼ではマンションと合わせてキレイに見えるんだが、カメラだと表現が難しい。

 

 

オイラは月単体撮影のほうが向いてるかも。天文少年だから。

 

あとは、悪だくみをわちゃわちゃ考えたり、仕込んだりしてるうちに一日が完了。

 

まあ、やることやってるからこれでいいのかな。

 

今日はそんなところで。

 

 

χανι@67.3kg (おお!落ちた)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コンセント・コミュニケーション

 

 

きのうのあるじの撮影会は非常に大きなインパクトをもって迎えられ、オイラの「場」もこれから変化する兆しを感じた。

 

少なくとも新たな「挑戦者」が複数名現れたり、それとは別にいろんな方々との取り組みが生まれつつある。

 

来年のことなぞ、何も考えられなかったが、「悪だくみ」をひとつ思いついて、実行しようかな、という気持ちも出てきた。

 

あるじの話で、なるほどおもしろいなあ、と思ったのは、「人と人はコンセントでつながる」という話だ。

 

彼女の話をもとにオイラなりに解釈すると、こんな感じになる。

 

コンセントには2種類がある。

 

 

電源を供給したり、もらったりする、いわゆるコンセント。

 

 

それから一般には、プラグとかコネクターと言うが、電気信号をやり取りするもの。

 

そしてこれらコンセントには形状があって、お互いの形が合わないと当然ハマらない。

 

あるじが言うには、信号は「双方向」でなくてはいけなくて、一方通行だと、その相手とはうまくいかない。

 

相手のコンセントに自分のプラグをつなぎ、自分のコンセントには相手のプラグがつながることが大切。

 

また、世の中には「バッテリー」みたいな人がいて、たとえば、あるじは先生であるM野さんからエネルギー供給を受けている。

 

エネルギー供給はとても重要なんだけど、バッテリーからの供給だけじゃなくて、グッドコミュニケーションだと、お互いをつないだコンセントでループが起きて、結果、エネルギーが増幅されて自分のバッテリーに充電されるらしい。

 

23時に桜んボで別れて、午前2時に高崎に着いたとあるじが連絡をくれたが、「すごく楽しくって、あんなにいろいろやったのに疲れていない」と言ってたのは、そういうことみたい。

 

今日は、そんなこんなでわちゃわちゃしてたのだが、15時に歯医者。本ブリッジの型取り。

 

けっこうガリガリやられて、麻酔が切れた頃には、ロキソニン+カロナール。

 

出歩きついでにネコ場にも寄ってみる。

 

 

最近、急速にオイラとコミュニケーションを取りたがるヤツ。

 

どうも、ネコともコンセントの抜き差しがあるみたいで、オイラが欲しいアングルを地べたにじっと座って待ってたら、ちゃんとやってきてくれた(=^・^=)

 

 

ニャイス・コミュニケーション。

 

夜はクルマで桜んボ。

 

散歩は捨てて、禁酒対策w

 

 

枝豆ペペロンがここのところの夜食の定番。

 

さて。。。書くか。。。

 

もうご承知の方々も多いし、お気づきの方もいらっしゃるだろうから遂に書くが、花子さんが12/31付けをもって退職する。

 

飲食業からも離れるので、来年からは花子さんに毎日に会うことはかなわない。

 

それがどういうことか、本ブログを長い間読まれてる方々にはお察しいただけるかと思う。

 

7年続いたオイラの「生き方」の根底がなくなるということ。

 

だから来年からどうなるかまったくわからなくなったのだ。

 

ブログも投げ出してもいいんだが、読者諸氏におかれては、それで続きはどうなるの?とやっぱり気になるだろうし、オイラも「悪あがき?」を書いてみたい気はある。

 

コンセントの話で言えば、オイラは偉大なエネルギー源を失う。ワクチンも切れる。嗚呼

 

ただ、生き延びる兆しもつかんだ。

 

さっきのグッドコミュニケーションでエネルギーをループ増幅させる方法。

 

たぶん、それしか生きる方法はないし、素敵な方々とのループが増えればありがたい。

 

ま、まだ混乱の最中だから、書いててもよくわからんのだがw

 

要はきっと大丈夫だよ、ということ。(今はそう言い聞かせてるだけなんだけどね)

 

 

χανι@68.1kg

 

 

P.S.プログレセミナー17

「ロック部」のほうで、フレンチポップスが盛り上がってまして。

その流れで、部長閣下がフランスにはあまりロックの香りがしない、と言い出したから、いやいやフランスプログレはあるよとw

P.S.11で紹介したクリアライトもフランスだが、フランスプログレの中心はサイケの流れのゴング。

あるいは、おどろおどろ系?のアモン・デュールやマグマ。

フランスって結構「変態モノ」が多いんだよね。おしゃれな表層と隠れたところでの真逆の欲望。(子供の頃見たような記憶があるフランス映画やイケナイ映像)

でも、今日はオシャレとドロっとが程よくミックスされたアトゥールにしよう。

名曲「パリは燃えているか(Paris C'est Fini)」。これでいかがでしょう?

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







答え合わせ、という才能

 

 

群馬の高崎で喫茶店を経営している「あるじ」がはるばるザビスタに遊びにきてくれた。(あるじのお店「珈焙屋こうばいや たまち店」新聞記事

 

そもそも、あるじを初めて見たのは、フェイスブックの余計なお世話「知り合いかも」だった。

 

 

大抵(特に男性)は気にも留めない「知り合いかも」だが、なんか「レザーの似合うイイ女」が出てきて、これは誰だ?、とw

 

共通の友達欄にはM野さんやともどりーさんが載ってたので、「M野組か」と認識し、いつか友達になれたらいいなと思っていた。

 

でも、ボーッとしてても機会は巡ってこず、ある時、勇気を振り絞って友達申請をした(^^ゞ (キホン面識のない人には申請もしないし、申請も受け付けないのだが)

 

で、M野さんのおかげもあって、快く友達になってくれて、それから2-3回お会いすることもできて、今日に至る、という感じ。

 

フェイスブックのやりとりで、気心も知れていたが、いざ腰を据えて対面で話してみると彼女のことを全然知らない。

 

喫茶店も近年始めたのかなあ、くらいに思ってたのだが、ザビスタよりもはるかに長く継続されていた。

 

「あるじ」と名乗るくらいだから当然立派な経営者なのだ。

 

話はちょっと置いといて、撮影タイム。

 

今日のポイントは2点。

 

普段の服装+レザーでどんな感じになるか試着してみたい。それと、先日オイラが「特売」の勢いで買ってしまったサイハイブーツへのチャレンジ。

 

存分に楽しんでいただいたし、オイラも存分に楽しんだ。

 

 

「普段着」はテーラードのジャケットが馴染むみたいでイイカンジ。これは実際にもご採用いただきたいなあ。

 

それとサイハイブーツもジャストサイズでお互いコーフンw。おもしろかった。

 

 

写真はこれがカッコイイかな。

 

それにしても、名前の通り、サイハイブーツ(thigh high boots)は太ももまで丈があってビックリ。

 

夜は打ち上げで桜んボ。

 

 

存分に食って飲んだ。

 

 

メインは、タリアータ・ザビレア・にんにく醤油。間違いない。

 

シメは「ハナコーヒー!」と喫茶店のオーナーに言われては実現せねば。

 

 

あるじにハナコーヒーのお墨付きをいただいて、オイラもウレシス。

 

M野さんの生徒さんはそれぞれにいろんな課題を持ってやってきてるわけだが、あるじの話を聞いてると、なんか他のみなさんと違う感じがした(もちろん、ひとりひとり違うのだけど)。

 

あれこれ話して、ようやく合点がいったのは、「答え合わせ」という彼女独特の考え方だった。

 

どうも、あるじは天賦の才で「答え」をキャッチできる体質?らしい。

 

オイラのように、物事の答えはデータを集めて推論で導く、というのと違って、「これが正解かな」というのが物事にしろ、対人関係にしろ感性のアンテナでキャッチできるみたい。(というようにオイラには見える)

 

で、その答えが合ってるのかを、あとからセミナーで勉強したりしながら「答え合わせ」をしてるようだ。

 

セミナー等には、答えを探しにくるのが一般的だと思うのだが、あるじは答えを持ってきているというのがちょっと違うなと感じたポイントかも。

 

あるじの話を聞いてて、ほんと物事や人物がよく見えてて、オイラも造詣が深まったし、感謝の気持ちや、ヤル気が芽生えた。ありがとう。

 

オイラとの会話も「答え合わせ」の一助になってるみたいでよかった。

 

人それぞれに「才」というものはあって、それらには優劣はない。

 

オイラにはオイラの「才」があるし、あなたにはあなたの「才」がある。

 

それに気付くと、人生けっこう楽しくてラクになるとオイラは思っている。

 

撮影の方は、まだまだ宿題があるので、来年また来てくれる(^^ゞ

 

ありがたや。

 

ともあれ相当おもしろかった。ありがとう。

 

 

χανι@68.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







水煙草の誘惑

 

 

基本、ヒマなはずだった一日。

 

昼過ぎにモデルのアキちゃんから連絡がきて、「ヒマなら水煙草つきあって」というお誘い。

 

それは実におもしろそうだ。

 

自慢じゃないが(自慢だが)、オイラは生まれてこの方普通のタバコを吸ったことがない。

 

それで肺がんになってるんだから世話ないが、まあそんなもんだ。

 

タバコデビューが還暦近くに水煙草、というのは実に洒落てるじゃないか。

 

なんて話したら、アキちゃんもタバコ吸ったことないんだってw。

 

二人揃ってデビュー。

 

水煙草は水を通すから体に悪くないとか、やっぱり悪いとか諸説あるが、試してみなくちゃわからない。

 

19:30下北沢。

 

急速にチェーン展開してる水煙草カフェ。

 

たしかに女一人で行く店じゃないが、かと言って、いかがわしさはまるでない。

 

普通に若い女性2人組がお茶したりしてるし、喫煙可の店特有のイヤな臭いもほとんどしない(店長もかわいい女性だし)。

 

ともかく、お店のアドバイスに従って、初心者向けのフルーツフレバーのやつをヤッテみた。

 

 

上級者向けのアラビックな水パイプではなく、LED発光なんかしてる未来デザインモノ。

 

吸いやすくて味もはっきりわかるように作られてるらしい。

 

上部にタバコを入れて炭火で熱し、吸引するとフルーツ入りの水を通って煙がやってくる仕組みだ。

 

 

吸ってみると、かなり軽い。というか、ヤニ臭さは一切なくて、甘い香りの付いた水煙を吸ってる感じ。

 

ただ、それなりに成分は入ってるはずで、なんとなく気持ちよくなる(それが水煙草のせいか雰囲気に酔ってるのかは不明)

 

 

ちなみに、パイプは共用なので間接キッスw。

 

仲良し、というか女性とじゃないと行きたくないな(笑)

 

いやあ、いい経験だったし、また吸ってみたいと思った。

 

そのあとは、晩飯食いにスープカレー屋。

 

 

アキちゃんオススメのSAMAは札幌でも有名なお店らしい。

 

インドネシア語の店名だけに、ココナッツベースのものも美味いらしいが、ここはベーシックなトマトベースのチキン野菜。

 

 

辛さは0〜30番まで選択できる。

 

どのくらいの辛さか見当がつかないので、無難に激辛の10番(^^ゞ

 

スープカレーらしく具が美味いので、それをつまみにビールも進む。

 

スープも美味しかった。辛さはちょうどよくて、ココイチの4辛くらい。

 

savoyのようなスパイスで汗が噴出するタイプではなく、日本人にも食べやすい正統派だ。

 

っていうことでアキちゃんのおかげで、シモキタミステリーツアー。楽しかった。ありがとう。

 

渋谷経由で桜んボに戻って、ハナコーヒー。

 

今日も完全に師走モード。おつかれさまです。

 

隣りの妙齢のご婦人を口説いてる酔っ払い爺さんがいい味出してた。

 

オイラもあと20年したらあんな風になるんだろうなと思ったw

 

あとは、花子さんとアオイ君の連携プレーだな。

 

黙ってても目線でお互いの要求がわかってパス交換ができるFCバルセロナのサッカーのような展開。みとれた。

 

あれができないと、二人で満員の客を相手にはできないだろう。

 

ってことで、期せずして週末は「自営美女3連戦」になった。明日は高崎の最終兵器が乗り込んでくる。

 

たのしみw

 

 

χανι@68.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







残り1ヶ月の生き方

 

 

横綱が引退しようが、北朝鮮がミサイル打ち上げようが、平成が再来年の4月で終わろうが、オイラの人生に影響はほとんどないことだ。

 

そういう巷のニュースや世論に引きずられている人は、なかなか大変なんだろうなと思ったりする。

 

しかし、身近に自分の生き方に影響する出来事が起きるとしても、動じずに生きることはなかなか難しい。

 

考えてみれば、今年一年2017年は、2018年以降をどうやって生きていこうかを考え続けた一年だった。

 

そして、あっという間に残り1ヶ月までに追い詰められた。

 

いよいよカウントダウンが始まったのだ。

 

ありがたいことに余命宣告じゃないが、比較的早く、この事態になることは告知されてたから、考える猶予はあった。

 

でも、結局わかったことは、どうにもならないということだw

 

よく、考えて答えが出なけりゃ動いてみろ、とかアドバイスする人がいるが、オイラが動いたところで地球の自転を止めることはできない。

 

それをやってみなくちゃわからない、と言われてもなかなか難しいわけでw

 

つまりだ。結論は、答えはない。日々を大事に生きる、ということだけだった。

 

だから、そうやって生きてきたし、残り1ヶ月もあがくことなく、今までどおりの日々を送るだけだろう。

 

そして来年はどうなるのか、まったくわからない。

 

まったくわからないが、それでいいと思う。

 

手放した風船を再びつかむことは難しいことだけど、可能性はまったくゼロじゃない。

 

大風が吹いて風船が戻ってくるかもしれないし、SF的に非ユークリッド幾何学的なことが起きて、またつかむかもしれない。

 

いや、手放したほうが手が空くからいいじゃないの、という発想だってある。

 

ホントに来年のことを語ると鬼に笑われそうなくらい何もわからんので、12/31までひたすらザビエルであり続ける。

 

そんな感じだ。

 

 

桜新町の今年のイルミネーションはツリーではなくてサザエさんだった

 

巨大さはないし、経費節減かなと思ったが、フラワーアレンジメントでかなり凝った作り。

 

むしろグレードアップかもしれない。


これが正面に飾られてる桜んボって、最高最強の立地だよな。


今日も夜ザビ散歩で入店したが、いよいよ師走モード。


ハナコーヒーを頼むのがはばかられるくらいw でも、ハナコビールをいただいたし満足。

 



それとコンサート帰りのまぁちゃんがタリアータ食べに来てたので、それもうれしかった。


あっという間の12月なんだろうな。


それもヨシ。


すべてヨシ。


そういうことにしておけばよいのだ。

 

 

χανι@67.8kg



P.S.プログレセミナー16
今日はやはり、X JAPANをセレクトしなくては。
日本にもかつてプログレバンドは存在したが、成功したとは言えなかった。
時代が下り、様式としてプログレを取り入れたバンドはたくさんある。
オイラの勝手な意見だが、メジャーなバンドでプログレの匂いを感じるのは、オフコースとX JAPANだ。
特に、YOSHIKIはドラムとピアノをこなす。
オイラの定理に、「ドラムと鍵盤ができるミュージシャンが作るプログレはスゴイ」というのがあるw
YOSHIKIはそれに当てはまる。
ある意味、ジャパニーズプログレの最高峰がこの曲かもしれない。
X JAPANで「Say Anything」。

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







三浦と言えば

 

 

ここんところ「部活動」が忙しい。

 

ひとつは「ロック漬け部」。そしてもうひとつが最近入部した「昭和歌謡曲部」。

 

この昭和歌謡曲部が悩ましい。

 

部員は世代的に聖子ちゃんのような80年代が中心の方々。オイラとは10年以上の開きがある。

 

オイラにとっての昭和歌謡は70年代前半になるのだが、これが選曲を考え出すと結構面白くて、あれもあったこれもあったとキリがない。

 

やはり10代前半に受けた刺激というのは、脳の奥深くにきっちり鍵をかけて大切にしまわれていて、鍵をあけると洪水状態になる。

 

そんなこんなでブログの書き出しが遅くなる今日この頃なんです(^^ゞ

 

日帰り温泉でぃ。

 

久しぶりに三浦半島ツアー。

 

近いようで遠いぞ三浦半島。

 

温泉は馬堀海岸の湯楽の里。

 

半年ぶりくらいなのに、食事処のおねえさんが覚えててくれて、「いつもありがとうございます。」と挨拶される。

 

恐縮至極だが、ありがたいものだ。

 

 

オプションは、走水神社。

 

ここはネコ場としての期待も大きいのだが、今日はなぜか1匹もいなかった。

 

ヤマトタケル伝説が残り、妃のオトタチバナヒメを祀るこの神社。なかなか奥が深い。

 

 

本殿ウラの崖に水神社がある。

 

ここの露出した地層が三浦半島らしくて、ブラザビエル的にはかなり興奮モノ。

 

三浦半島は地層の観察がおもしろい。

 

走水神社はさらに裏山に登ることができる。

 

 

途中、ちょっと怖い古代稲荷神社跡があったり。

 

 

一番上は、3つの祠が並んでいて、暗くなったらヤバそうw

 

神社ってのは、古代の人々がその地に何かのエネルギーを感じて、祀るようになるのが始まりな気がする。

 

断層とか地震とか、自然エネルギーの宝庫の三浦半島は古代からそういう祭祀の場があったんだろう。

 

あとは、クルマで浦賀まで行って、叶神社を遠目に参拝。

 

去年行ったが(こちら)、東西に別れ、船で渡るこの神社もかなりのパワースポットだと思う。

 

ということで、ネコだけは物足りなかったが、三浦半島を満喫。

 

 

帰りの高速で、横須賀PAに立ち寄ったが、ここで遂にネコ様発見。

 

3匹いたが、半年前よりだいぶ成長してて、避妊処置もされてたんで、かわいがってもらっているんだろう。

 

これで満了だね。

 

あとは、三浦半島と言えば「三浦大根!」ということで、ザビママにおみやげで買いましたとさ。

 

 

χανι@68.3kg

 

 

P.S.プログレセミナー15

昭和歌謡に押されて、滞りがちなプログレセミナー。

そもそもプログレとは、が語り足りないのだが、語りだすとややこしいし長くなる。

今日はそういう気分じゃないので、久しぶりに聴いて、思わず感動してしまった、白鳥英美子の「This Song For You」。

全然プログレじゃないが、パッヘルベルのカノンのアレンジ曲で、オイラの中では1.2を争うデキだと思ってる。

白鳥英美子は元トワエモアだから、昭和歌謡曲部で紹介してもいいんだよなあ。

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







常識の盲点。或いはスピーカーが箱入り娘なワケ

 

 

夜ザビ散歩で桜んボ。

 

きのうのLBでなんとなく思ったが、世の中はすでに年の瀬モードなのかもしれぬ。

 

 

余市のロックをいただきながら、盛況な店内を眺め、50m向こう(笑)のバー担当の花子さんをめでつつ、そんなこんなを思ふ。

 

 

つまみは、しばし頭から外れてた枝豆ペペロン。

 

ブラックペッパーが十分に効いて、やっぱイイネ。

 

昼はまだ本調子とはいかずエンジンがかからずにいる。

 

ウォーミングアップとブログネタを兼ねて、先日思いついたダンボールスピーカーに着手。

 

まずスピーカー工作の基本として寸法を測る。

 

 

30*30*55cm=約49.5リットルの内容積。

 

これに、取り付けるスピーカーユニットは、とりあえず無難な口径16cmユニット。

 

安物で使ってないのがあるのを思い出し、押し入れから引っ張り出した。

 

 

とりあえず、CDプレーヤーとアンプをつないで、ユニットを裸で鳴らしてみる。

 

一応音は出る。(あとで音を出す動画、紹介します)

 

そもそも、なんでスピーカーは箱に入ってるか知ってる?

 

普通そんなこと考えないよね。入ってるのが当たり前。

 

でも、音が鳴るのはユニットの部分。なんでデカイ箱に付けて、場所を取らなくちゃいけないのか。

 

ということは、ちょっと置いておいて、ともかく、ダンボールにユニットを取り付けたい。

 

 

コンパスで直径14.6cmの円を書く。

 

 

そして、カッターで切り抜く(意外と簡単にキレイに切り抜ける)

 

ほんとは、木ネジでユニットを箱にしっかり取り付けるのだが、ダンボールではそうはいかないので、今日のところは、とりあえず穴にユニットを置くだけ。

 

 

こんなかんじになりました。

 

思った以上に箱がデカかったが、まずはこれでどんなもんか試してみるしかない。

 

じゃ、実際に聴いてみて。ビートルズのCome Togetherの冒頭を、最初は裸ユニット、続けて箱入りで鳴らす。

 

 

一聴瞭然。低音が裸だと全然鳴らない。箱に入れると、理屈は置いといて、低音が鳴るようになる。

 

そして、箱の大きさ、形状、材質や造りで音質が変わってくる。

 

スピーカー工作はその辺を自分で考えて作って希望の音を出すのが醍醐味だ。

 

これをスペアナ(周波数測定器)で測るとこうなる。

 

 

上が裸ユニット。1kHz以下の音量が急に減っていくのがわかる。

 

低音が出ないと言うより中低音も出ないのでヴォーカルも電話声になってしまう。

 

下が箱入り。低音の落ち込みがなくなって、125Hzくらいまでがんばってるのがわかる。

 

これで一応音楽として聴けるようになる。

 

さらに工夫をしていけば、100Hz以下の重低音も出るようになるので、そのへんがウデの見せ所だったりする。

 

今日のところは、まずダンボールでも箱に入れれば、スピーカーはちゃんと音楽が聴ける、というところまで。

 

この先は、音質の向上とか、重低音への挑戦とか、見た目の仕上げとか、気が向いた時にやっていく。

 

大切なことは、自分では当たり前と思ってたり、常識と思ってることが、他の人は知らなかったりするというところ。

 

今日はスピーカーの基礎以前のことを書いてるけど、それでも初めて聞いたって話があるはずだ。

 

それを「そんなことも知らないの?」などと思ってはいけない。

 

逆に相手の常識を自分はまったく知らなかったりするわけで。

 

オイラだってビジネスパーソンの常識を知らないどころか、スマホも、AKBのメンバーも、洗濯機の使い方もわからないw

 

エー?!と言われようが、知らないものは知らないし、そこは世の中のみんなが寛容であってほしいなと願うのみ。

 

ブログを書く時も、この言葉は通じるだろうか、専門用語過ぎないか、誰までにわかってもらえればいいか、などを考えて書いている。

 

それでも、うまくいってないことはたくさんあると思う。

 

この間も、「プログレって何?機械の名前?」とか「桜んボって何?」と尋ねられて、まだまだ自分の表現力の至らなさに申し訳なく思った。(でも、敢えて端折る部分はある)

 

ま、そんなこんなの自分の「常識」を疑うことがこのダンボールスピーカー工作の原点。

 

何か、あなたにも届くとうれしいな。がんばる

 

 

χανι@67.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







両国と六本木をつなぐもの

 

 

それなりに元気ですm(_ _)m

 

15時過ぎに両国。

 

 

最近何かとお騒がせの4横綱。オイラ的にはよくやってると思うんだがなぁ。世間の目は厳しい。

 

15時半に近くのライブハウスでアザーガートと合流。

 

 

リハを見学して、そのあと屋外でオフィシャル撮影。

 

夕暮れが刻一刻と近づく中、時間との勝負。

 

なかなか厳しかったぞw

 

50mmの単焦点レンズで撮ったから、歪みも少なくて、イケてると思うんだが。

 

あとは、メンバーとは別れて単独行動。

 

 

近所の公園で、もらった缶ビールを飲みながら下町気分。

 

なんか他に見所はないのか探したら、北斎美術館がザビッシュな建物なので歩いていってみた。

 

 

館内は入らなかったけど、意外と前景の公園のシルエットが良かったりして。

 

「火曜日はLB6」

 

何かと火曜はおもしろくないと以前ブログに書いたら、LB6のリカコちゃんが一言コメントしてきた。

 

このキャッチコピーが結構刺さってて、「あー、今日は火曜だー、行かなくちゃー」と両国から六本木に回ることにした。

 

オイラの「昭和脳」は、秋葉原に出て日比谷線、だったのだが、調べたら都営大江戸線で、両国−六本木は一発で行ける。

 

 

すごいな。

 

大江戸線は大深度地下な上にちっこい電車なので小バカにしてたのだが、ロック部の活動で「ザビさんのプログレは大江戸線並みに地下深い」と評価?されたので、以来ちょっと好きになってるw

 

で、LB6。

 

早くも年末モードなのか、けっこう混んでた。

 

 

やっぱり外せないパテ・ド・カンパーニュ。

 

ワイン屋でワインを飲まず日本酒でいくオイラ。

 

伯楽星の純米吟醸は、やや甘口だが嫌味のない美味さ。

 

ここで打ち上げようかと思ったが、いいタイミングでリカコちゃんが「鹿、ありますよ」と囁く。

 

レアで出せると、スマホで撮った写真を見せながらプッシュされると効果抜群。断る理由がないw (スマホで実物の写真をお客に見せて勧めるのはすごく良心的な方法だと思う)

 

 

お酒はもちろん日本酒で(^^ゞ 新政No.6。

 

ふぅ、満足。

 

リョーコ店長も顔出してくれたりで、何かとオトク気分なLB6だった。ありがとう!

 

六本木と言えば、お隣のミッドタウンのイルミネーションだな、と思い、見に行った。

 

 

まだ客も少なくて気分よし。

 

 

ブルーだけじゃなくて、レッドのイルミで変化をつけてて、グレードアップしたように思う。

 

シメはどうしようか迷ってたが、リカコちゃんから「ドラム缶ラーメンですね」と、この間の「冷蔵庫」の時の話題を出してもらったんで心が動いた。

 

 

ミッドタウンの向かいのドラム缶ラーメン天鳳。

 

撮影禁止の張り紙が店内あちこちに。

 

それでも頑固オヤジに「撮っちゃダメ?」と聞くと、「ラーメンだけならいいよ」とぶっきらぼうに良い返事w

 

声はかけてみるもんです。

 

ラーメンはもちろん醤油の「1・3・5」。1.麺硬め、3.油多め、5.塩っ気多め。

 

もはやラーメンの範疇に入らない食い物なんだよなw.

 

美味いとかそういう評価も超越した存在(笑)

 

オイラが好きな麺硬めはコレなんだよ、という硬さ。(ちなみにこの上の硬さ、麺張りも、135と人気を二分)

 

おかげで楽しかった。

 

あとは水たくさん飲んで、痛風にならないようにしよっと。

 

 

χανι@68.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE