ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 昭和と令和の混合体 | main | レバテキが難しいワケ >>
13年間で初めてシャワーを浴びる気分

 

 

鮎川まどか症候群3日目(^^)

 

最終巻まで読み通して感慨に耽る。と同時に胸の奥に甘酸っぱい痛み。しばらく消えないな。

 

 

ラックの1段を整理して、オレンジロードエリアを確保。

 

まつもと泉先生は、杉真理の「いとしのテラ」がオレンジロードのストーリーソングだと便りで教えてくれたが、オイラは先生も大ファンだったプログレバンド・ジェネシスの「AFTER GLOW」の調べを感じていた。(ちなみに作中登場するカフェの名には、ジェネシスの曲「アバカブABCB」を冠している)

 

それと、鮎川まどか自体は、ナイアガラ・トライアングル兇虜缶邯欺奸嵌狃はデリケート」の匂いを感じる。

 

いずれにしても、80'sといえば、大滝詠一のアルバムのイラスト(永井博etc.)の世界観だよなあ。(もちろん、オレンジロードも影響を受けている)

 

なんかそういう80'Sな世界はあまり好きじゃないと思ってた(オイラは70'Sな人)のだが、十分カラダに染み込んでるわな。

 

ってことで、夕方に「おそうじ本舗」がやってくる。

 

 

頼んでおいたザビスタのエアコンクリーニング。

 

エアコンの下の機材は一時退避して備える。

 

話し上手な若いお兄ちゃんとお手伝いのかわいい女子バイトで、中と外を徹底的に洗ってくれる。

 

 

2006年製ですねえ。当時の日本製はもちますよね、とガワを外してくれる。

 

 

ああ、見ないようにしてた暗黒の世界がそこにはあったw

 

まだ見えてる部分はいいほうで、たぶん通風口の中はカビで真っ黒のはずだ。

 

 

洗浄液をかけて、暫く待つ。

 

養生はさすがにしっかりしている。

 

 

一方、女子は屋根上(初めてのケースだと言ってたw)でガワ洗い。

 

手前のコンプレッサーで、お湯を高圧にして吹きかける。(コンプレッサーの音は結構うるさい)

 

 

本体も高圧洗浄。これで一気に中の汚れを落としていく。

 

 

溜まっていく汚水(笑)

 

もう一度洗浄して、特にひどいところはさらにもう一度。

 

さすがプロの仕事。

 

 

10代女子にきれいにしてもらったガワを取り付け。

 

 

あとはスイッチオンで動作チェックと乾燥。

 

取り外しが難しかった、とのことだったが、80分くらいですべてを完了させた。

 

これで、税込み12100円。

 

ちょっと申し訳ないくらい安い。

 

このエアコンはブログによると、2007年の1月に設置してるので、13年以上稼働してる。

 

そして、中の洗浄は今回始めて。

 

13年と言わず、3年に一度くらいはきれいにしてあげないと。

 

まだまだ働いてくれるかな。

 

またクリーニングしてもらえれば、みんなハッピーだね。

 

 

χανι@67.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE