ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< ボクの80'sは鮎川まどかとともにあった | main | 13年間で初めてシャワーを浴びる気分 >>
昭和と令和の混合体

 

 

きのうから鮎川まどかワールド絶賛継続中。

 

読み疲れしたら、少年サンデーって、なんだかワケわからん(^^)

 

サンデーはこの間褒めたマンガが失速モードに入ったがw,他にも魅力的なマンガがあるので、読み応えはあるし、ヒロインにうつつを抜かすこともできる。

 

天才不良女子中学生が将棋で古ぼけたオヤジたちを打ち負かしていく、「龍と苺」は実に気持ちが良い。

 

これもリアルな世界で藤井聡太二冠が出現したおかげで絵空事じゃなくなったんだと思う。

 

現在のスーパーヒロインは、「よふかしのうた」の吸血鬼ナズナちゃんだ。(西部劇コメディのオークレイもかわいいが)

 

前作「だがしかし」で枝垂ほたるというスーパーヒロインを生み出した作者が今回も魅力的なヒロインを描いている。

 

とは言え、今は回が進むにつれて魅力を増していく鮎川まどかに改めてベタボレw

 

 

さて、リアルのほうは午前中は良子先生、そして午後は鮫洲試験場(^^)

 

あ、オイラじゃなくてミントさんが免許更新だと言うんでお迎えがてら見学。

 

数年前に古風なコンクリートの建物から、現代的なビルに生まれ変わった。

 

駐車場も立体になって大幅に収容台数アップ。

 

以前から駐車場代は無料。

 

実は大昔、それこそ昭和な80'sの頃に駐車場があるのを知らなくて、近所に路上駐車してレッカーされたことがある。

 

婦警さん(死語)に、「え?無料駐車場あるのに」と言われながら反則金とられたんで、以来しっかり覚えました(^^)

 

向かいのつけ麺大王以外、鮫洲駅から試験場まですっかり景色が変わってしまってた。

 

 

かろうじて、駅前の代書屋が1軒だけ残ってた。

 

たぶん自宅+年金(+不動産)だからやってるんだろうな。

 

数十件あった代書屋は、他はすべてなくなった。

 

まあ、仕組みが変わったんだからしょうがない。これが時代ってもんだ。

 

試験場の中も、広くきれいになって、動線もわかりやすくなってた。

 

大型ディスプレイの導入で、いろいろ現代的になってたけど、おじいさん(警察天下り?)たちの職場であることは昔と変わらない。

 

もっとオート化できるだろうに、と思うところが随所にあるが、そうはいかない事情ってもんもあるんだろう。

 

そもそも、毎日これだけの大勢の人間が免許更新に足を運ばなくちゃいけないってところにムダを感じる。

 

 

ミントさんが講習映画?を見てる間にきれいになった食堂で味噌ラーメン。

 

うすい、やわい、多いの変拍子なラーメンだったw (ついで言うと高いw)

 

食べ過ぎは良くないので半分にしておいたよ。

 

にしても、講習終了から発行まで1時間かかった。

 

昔は10分くらいでできてたぞ。

 

なんかのトラブルかもしれないが、器を令和仕様にしても、本筋が昭和のままだとなかなか厳しいものがありそうだ。

 

過渡期ということで、これから改善されることを期待したいね。

 

 

χανι@68.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE