ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< アーティストが友達にいると | main | Tokyoの一番スゴイところ >>
Go To Tokyo , From Tokyo

 

 

前にこの4連休は渋滞40kmと予想してたが、もろもろあってそこまで渋滞にならなかったね。

 

お上がキャンペーンやってるから旅行行くとか、東京は対象外になったからキャンセルとか、そういうお上に振り回されるのをヨシとしないのが江戸っ子の変な見栄だったりもする。

 

哲学的・法学的に言えば、「移動の自由」は人間に与えられた根源的な自由だ。

 

日本の刑罰は、もっとも重い死刑と軽い罰金刑の間はすべて「移動の自由」を奪うものだ。刑務所行きね。

 

また、どんな危険な地域に海外渡航することも基本は自由だし、コロナが移動禁止じゃなくて自粛要請にとどまるのも道理なのだ。

 

ただ日本人には同調圧力に従うという一種の美徳があるので、コロナより世間の目が怖いから移動しない、という選択が働く。

 

これはオイラのような個人主義者からすると、移動の自由の放棄だ。自らに刑罰を課してるように感じる。

 

という前提において、それでもオイラは日本人なので、大移動じゃなくて小移動くらいにしようかしら、みたいな気持ちも働いたりする(^^)

 

SMD4連休。

 

遠出を避けて、東京人は東京を大いに楽しむ、をコンセプトに今日は門前仲町。

 

 

ランチは、スリランカ料理屋。

 

スリランカ料理は日本人の口に合う、を証明してくれるお店。

 

 

オイラはカレー2種+ロティ。

 

カレーは中辛だけどとてもスパイシーで美味。

 

ロティは薄いナンのようなものだが、そそり立ってて、一瞬何が出てきたのかわからなかったw

 

 

ミントさんはアーユルヴェーダ・ワンプレート。

 

長粒米がうれしい。味見させてもらったけど、どれもスパイシーだけど辛さはマイルドで美味しい。

 

いいお店だ。

 

 

晩飯は懸案の焼肉丹田。

 

何度か行こうとしたけど、コロナ休みだったり、どうにも縁がなくて入れなかったの。

 

 

店構えから高級焼肉かと思ってたら、リーズナブルな価格設定。

 

安価に薩摩牛の美味さを広めたいというコンセプトでの東京進出だそう。

 

 

衛生にはすごく気を使ってて、ユッケは店員は触れないようになっている。

 

客が自分でパックを開けて盛る。合理的だな。イロケはないけどw

 

 

ハツ刺しも低温調理でローストビーフのような味わい。

 

これはこれでアリだ。

 

ってことで、結局「東京旅行」と言いながら門仲でうまいもん食っただけ、って話だが、満足だからこれでいいのだ。

 

行きたいところに行き、食いたいものを食う。

 

これ、ザビ的基本的人権です(^^)

 

 

χανι

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE