ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 東京人のための東京見学(皇居) | main | セシルとスージー >>
君はウードを知ってるか

 

 

予告通り今日は御殿場リンコロさんでのライブ鑑賞&録音。

 

 

お題はウードだ。

 

ウードは中東の民族楽器だが、ギターや琵琶の祖先でもある。

 

今日は主宰のタキちゃんから了解をもらって、ド正面にマイク2本立てのハイレゾ収録。

 

 

砂かぶりの特等席でミントさんと鑑賞&録音。

 

 

まずはタキちゃんのウードと伊藤結美さんのダルブッカ。

 

アラビア音階と変拍子に酔いしれる。

 

 

そして、日本のウード界の第一人者の常味裕司氏の登場。

 

スゴイとは聞いてたが、圧倒された。

 

古典はもちろん、ロック好き(今年還暦)とのことで、レッド・ツェッペリンの「Four Sticks」をウード一本で弾きまくったのは、ちょっと今までにない驚愕だった。

 

5拍子、オリジナルはドラムスがスティック4本で叩くことからこのタイトルが付いてるのだが、その複雑で迫力のある楽曲を決して音量の大きくない民族楽器1本で演奏するのは筆舌に尽くし難く。

 

おそらく(まだ聴いてない)この録音はほぼ完璧にできてると思うので、明日整理するがすごく楽しみ。

 

 

最後に3人での演奏も名調子。

 

ここでも常味さんがバックに回って、いろんな奏法を繰り広げて、やっぱライブっていいよなあと堪能させてもらった。(画像の指の動きがハンパない)

 

リンコロさんはじめ、馴染みの面々に挨拶して、夕方前には帰途。

 

東名は行きはスカスカ、帰りも渋滞6kmといえ、クルマは流れていて、ノーストレスで豊洲まで帰ってきた。

 

晩飯はフォルクス。

 

超々久しぶりだな。

 

 

名物のサラダバーはコロナ対策で、マスク&手袋着用。

 

ここまでやれば文句ないわな、と思いながらも、ワイン飲んでゴキゲンな声の大きな御年配パーチーを見てると、感染する人は感染するわな、と思う(^^) (ちなみにオイラは感染自体はそんな悪いことだと思ってない)

 

オーナー料理屋なら、「てめえらもうちょっと静かにやれ」と言えるだろうが、バイト君たちがやってるチェーン店では、黙認してしまうのは致し方ない。

 

 

ということで、ステーキは300g厚切りサーロインで焼き方はレア。ガーリックトッピング。

 

脂身が多くてやや硬めだったので、これだと200gのフィレのほうが満足度高いかもしれないな。

 

とは言え満足度は高し。

 

ごちそうさまでした。

 

さて明日はもろもろ整理の一日だな。

 

 

χανι@68.4kg

 

 

(おまけ)

リンコロさんがマイクとレコーダーと特等席を撮ってくれてたので掲載。

| - | 23:59 | comments(1) | - |







コメント
UZOなら好きなんだけど。 どんな音なんだろう?リュートとも違うのかな? 今度音聞いてみたいっす。次回ザビスタ訪問時に聞かせてください。楽しみにしています。
| aki-t | 2020/07/21 9:04 PM |


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE