ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< てんぷらって日本語? | main | 絶賛:武蔵国一宮とウイグル料理 >>
粛々とやってるから

 

 

昼は母の美容室送迎くらい。

 

弟が東急ストアの鴨ロースト惣菜を買ってきてくれたので、サミットも行かなくて済む。

 

総じて時間的余裕。

 

パワプロはなんとか新人王になれるくらいの活躍をしてるが、現状打ち込まれることが多く、ストレスのほうが多い。

 

もう、一球一球真剣に投げないとダメみたい。

 

もっとサクサクと勝って、花嫁候補がウハウハじゃないと、飽きるかも(笑)

 

ゲームなんだから頼むよw

 

 

ここのところのお気に入りは食べる麻辣油。

 

実は一世を風靡した「食べるラー油」を買ったことがなかった。

 

いまさらなので、つい買いそびれてしまったが、麻辣油なら今更感はないかもと買った次第。

 

味的には予想の範疇。悪くはないけど、ハマるかというと、あれば便利程度だな。

 

 

フェイスブックでの公開は相変わらず少数限定にしてるから、コロナ私見書いていいかな。

 

ここに来てまた感染者数は増えてるけど、オイラも政府も東京も慌ててない。

 

重症患者数の漸減傾向が顕著で、元気な若者がかかったところで死者もほとんど増えない。

 

若者もそれがわかってるのか、有り余るエネルギーを自粛するのは難しいかもしれない。

 

こういうのは、元々のエネルギーレベルで行動に違いが出てしまうのは致し方ない。

 

エネルギーレベルが高いのがエライわけではないよ。(そういう人は危険遭遇率が高くなって早死する場合もある)

 

結局のところ自分のエネルギーレベルに沿った行動が自然ということだ。

 

先日、中華料理屋に行ったら、8人くらいの若者集団が酔って大声で歓談していた。

 

もちろん、お近づきにはならないようにこちらが配慮をするしかない。

 

彼らが感染するかはわからないし、かかったところで大したことない確率が遥かに高い。

 

クールなことを言ってしまえば、元気な若者は今のうちに感染して免疫を持ってしまったほうが得策なのだ。

 

オイラのような小狡い人間だと、新宿区に住んでれば、感染すると10万もらえる。それで半月ほど、会社休めればラッキー、って考えるのが「フツー」に感じる。

 

罰則がなければ、ルールの範囲内で最大限の効用を得ようと考えるのが「経済でいうところのヒト」である。

 

そこに、マナーやモラル、倫理を説いたところで、伝わらない可能性は高い。

 

 

プロ野球は今日から5000人の観客を入れている。

 

「コロナ怖い病」の人には正気の沙汰とは思えないだろうが、こうやって少しずつ「実験」をして、感染者の傾向を調べていくのがオイラは得策だと思う。

 

果たしてこれからどうなるか。

 

コロナはまだまだ我々人類に知恵の種を授けてくれようとしている。

 

 

χανι@68.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE