ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 自家栽培は絶対無理 | main | 帰ってきたベカ舟盛り >>
ライブと配信ライブの間にあるもの

 

 

 

どうも、ザビエルです。(写真はツバメです)

 

東名足柄SAで間近にツバメを見る。(意外と逃げない)

 

というわけで、次は御殿場IC。

 

降りればすぐリンコロさんだ。

 

今日は、YUMA君のCD発売記念配信ライブということで、撮影隊としてアシスタントミントと乗り込む。

 

 

三密に気をつけながらの久しぶりに生音に触れた。

 

本当に感謝。

 

 

リンコロバーも自作ビニールシートを張ったり、マスクしたりで大変だけど、元気に営業中。

 

YUMA君の母上とかにもお会いして、身内でソーシャルディスタンスをとりながらの応援。

 

 

配信ライブ前にCDのこだわりについてステージで語りまくるYUMA君。

 

雄弁に、そしてたくましくなったなあ。おじさんはうれしいよ(^^)

 

 

配信スタッフにしてドラマーの一杉さんと彼の配信システムがある意味オイラにとっては機械屋として一番のシゲキだったかもしれない。(4カメだと思う)

 

まだまだオイラもやるべきことがあると知った。

 

 

ジャンベ奏者のながはら元さんは、その名を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれない。

 

アフリカの大地と空気を震わすタイコや現地打楽器を今日は鳴らしまくって、音屋としてのオイラを黙考させた。

 

ライブ終了後にリンコロさんの取り計らいでご挨拶&お話が伺えて光栄だった。

 

 

とにかく、この3人での今夜限りのレコ発ミニライブは、ほんとに心に響く音楽だった。

 

 

YUMA君と会って3年くらい経つがその成長ぶり、この若者の未来には大いに期待を抱くとともに、自分もまだまだやることがあると思わせてもらえた。

 

にしても、やっぱライブは良い。

 

リンコロさんも言ってたが、この空気感をどうやって配信ライブで伝えたらよいのだろう。

 

今はコロナで、とにかく配信しましたっていうところだけど、これからは、より配信の質の向上が必要だと思う。

 

そうじゃないと、感動も伝わらないし、プロならお金をもらえない。

 

ミュージシャンの課題であるとともに、ライブハウス、音屋、IT屋の大切な宿題だと多くの方々と認識を共有した。

 

 

あとは、YUMA君にザビスタラジオ用のインタビューを快諾してもらって収録。

 

彼のCDへの思いや、音楽の原点を伺った。

 

明日のラジオには載せたいな(今日は編集が間に合わんし、疲れたw)。

 

 

帰りは例によって?海老名SAでザボンラーメン。

 

なんか、充実の一日、幸せの一日の象徴w

 

ありがとう。おつかれさまでした。

 

 

χανι@68.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE