ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< おかあさんの休日 | main | ちっちゃいボウモア >>
発言の時代

 

 

うにゃ〜っと火曜日。

 

うにゃ〜っに意味はないけど。

 

きのう、固定資産税を納めようと信金に行ったら、昼休みだった。

 

コロナ対策だそうだ。

 

営業時間の短縮は密を招くのでは?と思ったが、スタッフ優先の指針だと貼り紙に書いてあった。

 

ほんとにそうならそれでよい。

 

で、今日リトライ。これと言って問題なし。

 

きのう、ラジオのほうでYUMA君をフィーチャーしたら、ぜひシェアしたい、という本人からご要望をいただいた。

 

ちょうど、オイラもラジオの記録保存と一般への配信をどうするか考えてたところだったので、youtubeに「ザビスタラジオ チャンネル」を置くことにした。

 

こちら(ザビスタ ラジオ配信「ザビエル・カトーのいい加減にしゃべります」)

 

これで、いつでもだれでもザビスタラジオを聴くことができる。

 

予定では、1日遅れでアップするようにしたいと思ってる。

 

今日のところは、きのうの19夜と1-6夜をアップした。

 

 

アップには、まずバナナミキサー付属のカセットテープ?で配信音声をエアチェック?しておく。

 

なんか、昔のラジカセで深夜放送を録音しておく感覚だ。

 

カセットと言ってもこれはギミックで、画像にあるように、44.1kHzのwav、すなわちCDクオリティで保存できる。

 

mp3でもハイレゾでも設定できるみたい。すごい時代だ。

 

youtubeには画像を付けて、mp4でアップ保存しておく。

 

また、いずれ本ブログも公開範囲を戻していきたいとは思ってる。

 

少しグレードアップして、コロナ以前のよいところは継承できればと。

 

コロナによって、配信がより身近になったとつくづく感じる。

 

もっとも若い人たちは、スマホで気軽にどんどん動画をアップしたりして、自分を表現したり発言したりすることがフツーになってる時代だ。

 

当然発信すれば、それなりのメリットやデメリットがついてくる。

 

失敗もするだろう。

 

でも、女子供は黙ってろ、一般人は口を出すな、という時代に比べたら、はるかに進んだ世の中になったとオイラは感じる。

 

すぐにはそんな時代を受け入れられない人たちが一定数いることも承知の上。

 

でも、そういう人たちも徐々に慣らされたり、退かれたりするから、これでいいのだ。

 

オイラもどこまでできるか&やりたいのか模索中だけど、ブログとラジオはかなり気に入っているツールだ。

 

そもそも、中高時代は、日記帳を友人に読んでもらい、カセットに今のザビスタラジオのようなものを吹き込んでたので、やってることは変わらない。

 

時代がオレに追いついて来ただけかもぉ。わはは(^o^)

 

 

晩飯は弟が東急ストアで買ってきた惣菜のカモ。

 

いやいやこれがどうして毎度毎度とても美味い。

 

店内で作ってるらしくフレッシュ感もある。

 

あと、足りない分はシャウエッセンのお肉で作ったベーコン。

 

これもバカに美味い。

 

ま、そんな感じッス。

 

 

χανι@68.7kg

 

 

■おまけ その1■

 

YUMA君="土橋悠宇"のデビューアルバム「Sain'o O」(セインオーオー)のハイライト音源

「Sain'o O」 *アルバムハイライト* 6/12発売

 

 

■おまけ その2■

 

ザビスタ ラジオ配信「ザビエル・カトーのいい加減にしゃべります」youtubeサイト

 

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE