ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< ころな呑み | main | 生き延びる人 >>
ANBAI

 

 

今更だけど本ブログの正式名称は、” ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」 ” だ。

 

いい加減という言葉を、「ちょうど良い加減」「良い塩梅」という意味で使っている。

 

それはオイラにとっては、「テキトー」「手抜き」、いわゆる「イイカゲン」の意味もあって、そのくらいでちょうどよいのだよ、と自分に言い聞かせる意味もある。

 

 

今日は15時に二代目税理士真由美さんと三茶のエイトで呑みの約束。

 

びっくりしたのは、途中通った駒沢公園が老若男女すごい人出。

 

暖かいとはいえ、国民自粛中の平日だぜ(笑)

 

ジョギングはもちろん、子供と遊ぶお父さん、ピクニック気分でビニールシートを広げる女性陣。

 

実にいい塩梅だと思った。

 

閉じこもってるのが健康に良いかって、そんなことはなくて、行政も民衆もなんとなくその塩梅がわかり始めてる気がした。

 

ま、ヒトはヒト。

 

オイラは美人と飲めればそれでよいw

 

 

今日の真由美さんセレクトワインはこれ。

 

オイラは赤はわからんので、おまかせ。氷をひとつ浮かせて飲むとオイラには良い塩梅だ。

 

 

つまみに新作のワカサギガーリックアヒージョをいただく。

 

グツグツだねえ。美味いねえ。

 

 

氷入れに出してくれたベルーガのグラスで酒が飲みたくて、グレンなんちゃらのソーダ割り。

 

いいねえ。

 

真由美さんとマスターとはオトナな話で盛り上がる。

 

こうやって気さくに話せる税理士さんだから最高なんだ、というのがマスターの真由美さん評。

 

そのとおりだわ。

 

 

いつしか外は良い色に暮れる。

 

シメはラーメンが食べたい!という珍しい真由美さんのリクエストで、「佐とう」という店をセレクト。

 

 

豚骨醤油系で、8のマスターのアドバイスを活かし、ネギラーメンに豆板醤たっぷり。

 

極太麺、角切りチャーシュー、硬柔濃薄多少のチョイスも可能で、誰もが美味しくいただけるラーメン屋だな。

 

よい塩梅にデキあがったので、今日のところは確定申告は先延ばし。

 

よいよい。明日やればよい(^^)

 

 

χανι@68.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE