ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 32年前の俺とハーロック | main | Close to the edge >>
今日からキミも整体師

 

 

きのうのハーロックが一応の評価を得たので気をよくしている(^^)

 

そこで勢いに乗って、なんかやったり、仕事(確定申告)したりすればいいんだろうが、慢心してボケっと過ごしてしまうのは昔から変わらない。

 

で、テレビを見てたら、Eテレで子供向けの音楽番組をやっていた。

 

子供向け(人気幼児番組らしい)なのに、クイーンのボヘミアン・ラプソディを題材にして、「多重録音」とか「ピンポン録音」とかを解説してる。

 

そうか。3-40年前にオイラがあれこれチャレンジしてたことは、いまや幼児小児に教えるレベルなのか(^^)

 

まあ、教えるというより、感性で捉えさせるってことらしい。

 

とにかく今日は体を治すべくマッサージに行ってきた。

 

運良く空いてる時間にあたって、若い院長とあれこれお話したり「電気サービス」?をしてもらったw

 

一番よくわかったのは、整骨院と整体院の違いだ。

 

 

整骨院は国家資格がないと開業できない。(専門の大学や学校で3-4年勉強して受験するそうだ)

 

また、保健所の「手入れ」があるので、空調管理等もしてるから、コロナ関係も安心とのこと。

 

で、整体院は資格がなくてもOKなので、オイラが明日から開業してもいいし、整体師を名乗れる(笑)

 

整体師ザビエル。怪しさ満点だな。(昔、正大師JOYUってのがいたな)

 

もちろん、整体院がダメというのではなくて、ウデのいい人もいれば、ヘタクソもいて、お墨付きはないよということだ。

 

ともあれ、院長の施術は的確で感動。

 

説明もしっかりしてるし、雑談も心地よい。

 

ちなみにオイラは、カラダや筋肉のポテンシャルは高いが、カチカチに固まってるタイプらしいw(自分でもそう思う)

 

そのあとは、泌尿器科に向かったが、待合室に人が溢れてたのでパス。

 

内科も兼ねてるからいろんな人が来てるんだろうけど、かえっていろいろうつりそうだよw

 

 

そんなわけで夜はなんかやらんとまずい、と思って、久しぶりにプラモデル。

 

老眼鏡のみをかけてやってみたが、ある距離だとすごくよく見える。

 

なるほど、これが老眼鏡かw

 

ただ手元不如意なのは相変わらず。

 

それとアタマのほうも「なんでこんなことせなあかんのじゃ」モードなので、年寄りにはプラモはキビシイと判明。

 

同様に多重録音とか打ち込みももはや苦行の範疇なんだろうなと想像。

 

老後の楽しみで悠々自適になんて考えずに、若い時にやりたいことやりなさい!

 

これが還暦からのメッセージよ(^o^)

 

 

χανι@68.3kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE