ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 雨の門前仲町 | main | ロールケーキとスピードアップの話 >>
ひとつの時代をいっしょに作ったのだと

 

 

朝は、そこはかとなく忙しげに。

 

掃除機かけ、風呂掃除、そして良子先生。

 

今日のところは状況報告と処方箋。

 

そのあとに朝飯。

 

 

自由が丘の野菜350gのタンメン屋でニラそば。

 

ニラ、にんにく、玉ねぎ、唐辛子。シンプルにして最強の具材がたっぷり。

 

これで風邪もコロナもどんとこい!ってかんじである。

 

 

夜は麻布十番ボエム。

 

花子さんと超久しぶりに会う約束ができたので、今月で卒業のミホ店長にも会うべく。

 

 

それぞれに各人報告事項があって、ああなんか時代が1ステージ改まるんだなあと感慨深かった。

 

楽しかったこと、大変だったこと、今あらためて振り返れば、それはそれでやり遂げてきたのかなと思ったりもした。

 

中でもオイラ的には、桜新町ボエムを歴代随一にした花子さんのお手伝いを、客の立場でできたことが誇らしいなあと思った。

 

今日は、スタッフや客で、懐かしいメンバーにも会えたので、それもうれしかった。

 

 

例によって高橋名人が絶妙の塩梅で用意してくれたラガヴーリン16年トゥワイスアップ。

 

ラフロイグがアイラモルトの王様なら、ラガヴーリンは女王だ。

 

ああ、これ一本自宅に備えたら、家の格が上がるよな、と思った(^^)

 

 

食べ物はなんやかんやでフルコースだったな。

 

食べなくなった、とか言いながらガッツリいったw

 

 

メインはタリアータ・ザビレア。

 

なんとソースが標準でセレクト可能になり、ひとつはニンニク醤油だった。

 

オイラの推奨がまたひとつ採用されたっぽくてうれしいw

 

 

シメはリゾット食いたい!と宣言したら、アラビリゾット・青紫蘇トッピング・ザビ辛を作ってくれた。

 

いや、これたまらんな。改めてまた食いたい。

 

 

あと花子さんにプレゼントをいただく。

 

ガーリックソルトとポルチーニソルト。

 

かわいいぞ。ブヒ。

 

じゃ、そういうわけで、またね。

 

 

χανι@69.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE