ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< イケイケ ワンダー2 大作戦 | main | ウイスキーは飲み物です >>
ケツの穴は小さいがアレはデカかった

 

 

昼飯まではつつがなく。

 

 

おうちでイカ墨パスタ。

 

 

さっぱり味だけど、イカ墨感はしっかりしてるので、リピートしている。

 

そのあとは、意を決して良子先生に紹介してもらった緑が丘の泌尿器科へ。

 

ネットでご尊顔を拝するとコワモテで少々ビビってたが、まあ良子先生の紹介だし、慶応の先輩なので大丈夫かなと(^^)

 

実際診察してもらったら、メチャいい先生で説明も穏やかにわかりやすく面白く話してくれる。

 

診察時間もたっぷりとってくれて感謝。

 

さて、今回のオイラの症状だが、歳のせいかおしっこの出が長ーい。

 

そしてPSAという前立腺関係の血液検査の数値が基準値より高いので、前立腺肥大が疑われること。

 

ま、そのへんを専門医にクリアにしていただこうという目論見。

 

久しぶり(30年ぶり)に肛門に手を突っ込まれた(笑)

 

前立腺の検査は肛門からの触診なのだ。

 

「ああ、お尻の穴、小さいねえ。キツイねえ。うんち細いでしょ。痔の手術した?」と一発で当てられるw

 

もう知らない人が大半になってしまっただろうが、オイラは30歳の頃にイボ痔の手術をしてて、なかなかそのへんも語れる人間なのだ(^^) (威張ることじゃないか)

 

(余談だが、痔民党体験記は以前書いたのでこちらで。#1から読んでね)

 

で、触診の結果、「あー、前立腺は大きいねえ。こりゃデカい」(^^ゞ 

 

一発で前立腺肥大症確定である。(あと前立腺ガンはないと言われた。あるとシコリができるらしい)

 

そのあとは、男の泌尿器講座。

 

これがめっちゃ勉強になった。wikiで前立腺がどのようなものかぐらいは調べたが、それ以上の知識を得られた。

 

PSA血液検査を受けるときは、前2週間は射精してはいけない、という「ルール」を解説してもらった。

 

なるほど〜!であった。

 

あとは、男子の尿道直角カーブ問題とか、交感神経副交感神経の関わりとか。

 

 

で、とりま2週間分のお薬を処方してくれる。(副交感神経に働いて尿道が広がるらしい)

 

2週間後にエコー検査をして、その後の対策を練るとのこと。

 

またクスリ増えちゃったけど、なんか楽しみだ(笑)

 

帰りは一応ネコパト。

 

 

オイラはタマとっちゃったから大丈夫なのにゃ。by ご落胤

 

ここのところ夕方に行くと100%遭遇(ΦωΦ)

 

 

 

エルメス号にスリスリしてアピール。

 

明日もがんばります(´・ω・`)

 

 

χανι@68.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE