ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 時代 − そんな時代もあったねと | main | ネコと空き地、ザビとカレー。 >>
ざびえる正月

 

 

正月2日目。

 

 

おせちが全部出てきた。まだ4箱あったぞw

 

松の内に食い尽くせるか。

 

今日は雑煮ではなくて、白飯に味噌汁で実にうれしかった。

 

やっぱご飯が美味い(^^)

 

「家」からの縛りが薄れて、自由度が上がるとともに、自分らしい好みの責任ある正月の確立がこれからのテーマかと。

 

そういうわけで、今日は「故郷の目黒」まわり。

 

ミントさんを伴って不動前へ。

 

 

もちろん目黒不動で初詣、だが、その手前にあった蛸薬師が最初の参拝寺社になったw

 

目黒不動は2日ということもあり思ったより参拝客が少なくて、気持ちよくお参り。

 

 

この写真はけっこうお気に入り。

 

 

「奥の院」的な大日如来も参拝できてよかった。

 

さらにその裏の青木昆陽甘藷先生の墓とさらにその裏の祖父母(父方祖母の両親)の墓参りもできた。

 

 

そこから歩いて大鳥神社。とても古い神社だ。

 

目黒不動と並んで、目黒を江戸のくくりに入れた功労者。

 

さらに目黒川、権之助坂、日出学園(山口百恵の出身校)などを目黒駅に向かいながら探訪。

 

元来の東京山の手&目黒をミントさんに熱弁。

 

しっかり話に付いて来るミントさんの教養と感性がすばらしい。

 

 

もはや目黒唯一の映画館にも興味津々のミントさん。

 

古い昭和の映画館はモノクロが合う。

 

ミントさんのファッションも60年代ヨーロッパ系がベースなのでフィットするんだよね。

 

故郷の目黒をまわることがザビエルらしさのひとつの表現だが、別の事例としては、「正月カレー」だ。

 

カレーと言ってもインド料理。年中無休で若い時分、正月によく使ってた麹町アジャンタ。

 

 

ミントさんも話には聞いたことある店だったのでワクワクw

 

結論的にはとても美味くて、ぜひまた行きたい(^o^)b

 

 

チキンティカマサラ。

 

最初甘いと見せかけて、あとから圧倒的なスパイス感と辛さがやってくる。

 

同様に鶏レバーのマサラも美味かった。

 

辛さに慣れてくると「もう一丁!」となる。

 

 

マトンサグとコリアンダーナン。

 

これも辛くてウマシ。

 

マトンが実にいい味で感心した。

 

 

シメはマサラチャイ。

 

砂糖混ぜパフォーマンスも昔通り。

 

 

できあがり(^^)

 

うん。しっかり楽しめた。

 

来年もザビエル正月スタイルを追求だな。

 

明日からは通常営業。溜めてた編集作業をがっちりやりますんで。

 

ガンバリます。

 

 

χανι@69.3kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE