ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< なにもないので庭に出る | main | 蛇崩デート >>
時間持ちという生き方

 

 

速攻でギガハブが届いて、早速つないでみた。

 

 

あっさり、メインもノートPCも光化できた。

 

が、使っててポカに気づいた。

 

ハブじゃ、住所割り当てられないから、メインPCからノートPCのリモートできないじゃん(^^)

 

ま、いっか(笑)

 

先日、盟友ともどリーさんと会食したときに、「ザビさんは時間の使い方がとても上手い」と褒められた。

 

そう言えば、以前からミントさんに「ザビさんは”時間持ち”」とよく言われてたのと同じことだな。

 

「時間持ち」というのは「お金持ち」の時間版である。

 

金持ちの定義は難しいが、ただたくさん金持ってりゃいいってもんでもない。

 

お金の使い方も上手じゃないと金持ちとは言えない。

 

一方、時間は限られている。1日も一生も増やすことはできない。

 

でも、人によって、時間の多い少ないが出てくる。

 

ヒマ人が時間持ちでもないし、スケジュールいっぱいの人が時間持ちでもない。

 

オイラが言われるように時間持ちだとしたら、それは自分のやりたいことをやれる時間がたくさんある、ということだろう。

 

往々にして人間は、他人や会社に時間を奪われたり、充実させようと時間を目一杯使ってパンクしたり、あるいはボーッと生きてしまったりする。

 

じゃあ、どうやって、オイラは時間持ちになっているのだろう。

 

ちょっとだけ考えてみた。

 

・スケジュールは1日1件しかいれない

 

・どうしてもの時も、午前、午後、夜各1件の3件まで

 

・自分がやりたい優先順位でやることを決める

 

・待ち合わせ時刻の30分前に着くように準備をする

 

・2件の用事の間は1時間の余裕をみる

 

・事前準備は周到に。しかし、実際はそのとおりにいかなくてよい。30%も実現すればOK。大枠の時間はきっちり立てるが、内容を分刻みにしたりはしない

 

・なにより、自分が死ぬまでに残された時間はそう多くはないと自覚する

 

って感じかな。

 

ちなみに待ち合わせは、自分は早く行くように心がけるが、相手が遅れてもまったく気にかけない。これも重要だな。

 

そんなふうにやってきたら、お金持ちには全然なれないが(つーか貧乏になるw)、時間持ちにはなった(^o^)

 

今日は、弟不在でオイラは終日在宅の予定。

 

だけど、ここのところの母の感じを見て、昼飯と晩飯の間は家にひとりでも大丈夫と判断。

 

ということで、ここは時間持ちの本領発揮で、ブーツ見学に行くと言ってたミントさんに連絡して、2時間だけ合流する算段を整える。

 

 

銀座はすっかりクリスマスモード。

 

有楽町ルミネの靴屋さんの女性スタッフにやたら気に入られたw

 

我々は店員に楽しく仕事をさせる才能があるのかもしれない(^^)

 

 

休憩はキリンシティでラガーとザワークラフト。

 

しっかり、2時間と15分楽しんで帰還。

 

この15分のゆとりが時間持ちの真骨頂かも。

 

晩御飯は母得意のスーパーの惣菜天ぷらを使った煮込み天丼。

 

エビ、アナゴ、キス、アジ。

 

ごちそうさまでした。

 

 

χανι@68.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE