ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 仕事は午前で終わりです | main | ザビエル光 >>
それでも明日も花は咲く

 

 

ローマ教皇に移民を受け入れなさいと諭され、IMFに消費税をさらに上げろと言われ、国連で女子高生にお前らを許さないと演説されても、なんかまだグズグズしてるザビエルです。

(´・ω・`)ごめんねこ

 

きのう、クハラちゃんの自殺を書いたけど、多くの方がご存知のように、韓国は自殺率がOECDでNo.1だそうだ。

 

日本も常に自殺は問題だけど、一時に比べると話題に上ることが減っている。

 

太宰治が玉川上水に入水したのが1948年。(1.2万人)

 

井上陽水が「都会では自殺する若者が増えている」と歌ったのが1972年。(1.8万人)

 

そして、日本の自殺の近年のピークは2007年の3.3万人。(2003年がMAXで3.4万人)

 

その後減り続けて、昨年は2万人になっている。

 

ゼロじゃないから、やはりそれはそれで問題だけど、この10年で日本はモロモロよくなったのだろうか。

 

 

雨の庭を眺める。

 

椿が一輪咲いていた。冬はもうそこまで。

 

 

一角だけ切り取ると、紅葉も美しい。

 

昼はもっぱら昨日の撮影取材のまとめ。がんばりました。

 

昼飯はおうちパスタ。

 

 

イカ墨のレトルトを買ったのだが、これが美味。

 

リピートすると思う。

 

あしたのうんちはくろいかな。

 

還暦を迎えたからというわけではないが、ここのところ時代が変わったなあと思うことが多い。

 

冒頭の言葉もそうだけど、今はなんか違和感を感じたとしても、あと5年10年すれば、それが当たり前の時代になるかもしれない。

 

少なくともオイラが死ぬ頃には時代の価値観は大きく変わってるだろうし、変わってるべきだと思う。

 

今オイラは「Z世代」に注目してる。

 

Z世代というのは、1997年〜2000年代に生まれた世代で、要はイマドキのヤングである。

 

少し前に書いたFOREVER21が倒産したのはZ世代の嗜好に対応できず総スカンを食ったからだ、という記事を読んでから、そう思うようになった。

 

Z世代の前がミレニアル世代(Y世代=81-96年生)と言うそうで、これはまだなんか理解できる世代だw。

 

その前がX世代で、1965年から1980年生まれだそう。近年、友人が多い。

 

やや!オイラは更にその前か(笑)

 

W世代ってのはなくて、「ベビーブーム世代」だそう。(以上、アメリカ基準)

 

まあ、1959年生まれは実は少数派なんだけどね。

 

世代ですべての人間を語るのはバカげているが、ある程度の傾向があるのは事実だ。

 

Z世代の価値観は、かなりオイラとは違うし、オイラには受け入れがたいものもあるが、でもこれからの時代は彼らの考え方が主流になるだろう。(詳しくはZ世代で検索してね)

 

昔、同期の友人が、「還暦になったら選挙権を放棄する」と言ってた。

 

60になったら世の中のことは若い人たちに任せて、自分はその判断に従うのみ、という意見だった。

 

オイラも自説は曲げるつもりもないし、今までの生き方は自分で最善の選択だと思っている。

 

ただこれからの自分の課題は、自分と違う考え方を受容することだ。

 

自分も尊重、他人も尊重。簡単そうで、これはなかなか難しい。

 

現にイマドキの賢い若者も、自分と違う意見を受け入れるのは難しいだろう。

 

人間とは本来そういう動物なのだ。

 

それでも、オイラよりはZ世代の多くの人間がそれは容易にできるようになると信じている。(彼らの重要なキーワードは”共感”だ)

 

はたして、50年後に、香港はどうなってるのか。ウイグルは、中国は、朝鮮半島は、アメリカは、EUは、アフリカは、アラブは、そして日本はと考えていくと、難しいものがありそうだ。

 

ちなみに、Z世代の後は、アルファ世代だそうだ(^^)

 

2010年代生まれの子どもたちの未来が明るいことを祈っている。

 

 

χανι@68.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE