ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< だから言ったじゃないの | main | 証券会社、歯医者。 >>
いしゃのはしご

 

 

午前中はお医者様。

 

まずは近所の母の主治医のところで処方してもらう。

 

それから自由が丘に出向いて、良子先生。

 

 

がん検診の結果と皮膚のかゆみの件を報告。

 

血液検査は来月でよいとのこと。

 

痒みの件は自己判断だとツメダニだと思われ。あるいは別のダニかも。

 

良子先生もとにかく専門医に診てもらったほうがいいということで、父の足の手当と最期の導きをしてくれた奥沢の木下先生のところへ。

 

問診の90%は親の看取りとフォローアップについて(^^)

 

なんか、ちょっとジンときた。

 

ともあれ、ここまではうまくやってると自分でも思ってるが、先生からは1年後に寂しさが来るから注意してね、とアドバイスをいただいた。

 

で、肝心のw皮膚炎だが、強めの薬出しとくから、とあっさり。

 

 

いわゆるステロイドだが、オイラはステロイド派なのでありがたし。

 

ともかくぶり返す痒みがなくなれば自然治癒するはず。

 

ダニ対策はまた別途ブログに書く。

 

薬局にまとめて処方箋を出して、その間にブランチ。

 

自由が丘モンスーンに顔を出したら、摩ナミちゃんがいたんでよかった。

 

 

ちょびっとだけハロウィン仕様だったので、ノってバカルディ。

 

ラム酒はいいね。きのうのがんばれジャイアンツ!でも歌詞に出てくる。

 

50年前の日本でラム酒というのはツウしか飲まなかっただろうな。

 

 

メシはグリーンカレー。

 

なるほど!バエを意識したのね。

 

たしかにカレーは撮影してキレイな色じゃないからな。

 

この手はアリだと思う。

 

味は伝統の?モンスーン味w

 

鶏肉は結構入ってて、ランチとしてはお得感もあるが、具のおかげでソースが足りないのが弱点。

 

お玉一杯追加で欲しいくらいだ。

 

辛さはココイチ2辛くらいでバランスがよく美味しい。ごちそうさまでした(^^)

 

 

母に舟和のあんこ玉をおみやげに買っていって、いっしょに家でお茶する。

 

昔は白と黒だけだったが、こちらもバエ重視w

 

たしかにカメラマン、ブロガーとしてはありがたい。

 

晩飯はきのうサミットで買った肉。

 

 

母が和牛のサシ入り。弟が和牛赤身。オイラはラムだっちゃ。

 

ラムは値段が和牛の半分以下でお財布に優しいし、味も良いし、レアOKだし、実にオイラ向き。

 

これからも、クジラとラムは多用しそうだ。(牛はベジホリやジョージや焼肉屋で食べるから)

 

明日は問題の抜歯だ。今からドキドキさw

 

 

χανι@67.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE