ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 東京彼岸花 | main | 最小不幸ではなく最小幸福の積み重ね >>
バブル、ソアラ、ボエム

 

 

少し前にテレビで有吉とマツコDXの番組があって、懐かしのバブルを取り上げてた。

 

これが結構面白くて、ソアラの実車をスタジオに持ち込んだりして好企画だった。

 

あ、今の人に説明しておくと、ソアラってのは90年代に人気のあった「ハイソカー」と呼ばれた高級車の代表格ね。

 

で、その頃は、厳密にはバブル崩壊後で、アフターバブルと呼ばれる時代(ジュリアナとか荒木師匠も実はここ)なんだけど、当時はソアラで、神宮外苑のセランとか世田谷のボエムなどのテラス席があるカフェに乗り付けるのがカッコイイとされていたw

 

また、ヤンエグなる人種がいて、彼らは若くて高収入でなんかかっこいい仕事(空間プロデューサー)とか一流企業に勤めてた人たちがヒエラルキーの頂点にいた、みたいなことを番組でやってた。

 

なんだ。オレってヤンエグだったんだ(笑) (給料安いし全然そういう意識なかった)

 

まあ、たしかに「独身貴族」でしたけどなにか。

 

友人によく言われるのだが、ザビエルは自分の社会的位置をちゃんと把握して、それなりに振る舞えば、モテたし結婚できたはず。

 

うん。若気の至りで全然気づかなかったよ

(´・ω・`)

 

今日は、元町ボエムの真弓さんが「世田谷ボエムでヘルプしてるんで来てください」と誘ってくれたんで、喜び勇んでお一人様ディナー。

 

久しぶりだなあ。

 

最近、声をかけてくれる女子スタッフがいなくなっちゃったから、めっきり飲みに行かなくなってしまった。

 

受身タイプのオイラは、声かけてくれないと動かないんだよw

 

 

世田谷ボエムの前には、昔と同じくクルマが停まってるが、ワゴン車ばっかだね。

 

時代だなあ。

 

実は世田谷ボエムは人の縁がなくて、ほとんど行ったことがない。

 

 

入って、こんなだったっけ、と思った。

 

 

渋谷クアリタの縮小版というか、ここをベースに拡大版を作ったのがクアリタだから、地下には噴水と水たまりがある。

 

真弓さんに「声、どうしました?」と言われたが、特に調子が悪いわけでもない。

 

そうか!ブログって写真で顔がわかるし、日々の行動もわかる。

 

でも、声は聞いてないんだ。

 

だから、真弓さんも久しぶりで違った印象を持ったのかも。発見だな。

 

やはり、会うの大事。

 

 

酒のつまみは、サーモンカルパッチョとゴロゴロミネストローネで。

 

だんだんにカラダをボエムに慣らしていく(^^)

 

2杯目はメニューから知らないのを選ぼうと思い、見つけたのがミントジュレップ。

 

 

いささか名前で決めた部分は否めないがw,調べてみると要はバーボン・モヒート。

 

ケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとかいう、意味不明の価値も感じて頼んでみた。

 

そりゃ、美味いに決まってるよな。

 

バーボンの甘い香りがよく合う。

 

 

メインはきのうあんだけビフテキ食っちゃったので、今日はカツレツで。

 

次善策かと思ったが、どうしてこれが美味い。

 

昔より味が良くなってる。本部が日々研究してるんだろうなあと思った。

 

ここで終わらせれば、カラダにも良いのだろうが、やっぱシメを食えるうちは食っておこうと思いなおす。

 

最近、食べられる量が少し減ってるかと思ったんだが、そうでもないかもw

 

 

ひっさしぶりのソバペペ。

 

ペペロンチーノの麺をグルテンフリーの蕎麦パスタにチェンジしてもらう。

 

辛めでお願いしたが、硬めにはしなかったので、ややモッチリ感があるが、やっぱこれは美味いと思う。

 

辛さも鷹の爪もバリバリ食って、ちょうどいい感じ。何スコヴィル?

 

いやあ、楽しく美味しい時間を過ごせた。

 

真弓さんありがとう。

 

今度は元町に行かなくちゃね。

 

 

χανι@68.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE