ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< ヒマだったら、そのへん走ってろ。 | main | 東京彼岸花 >>
スコヴィルなオマエ

 

 

予定通り今日もおうちでシュクシュク。

 

気分はほぼほぼ良好。

 

自分のまわりはだいたいうまくまわってると思う。

 

仕事的なものは、庭の芝刈り雑草抜きか。

 

 

だんだん雑草勢力が高まってると感じるが、見た目を整えることに専念。

 

イネ科とかの伸びるやつはなるべくやっつけるが、とても壊滅はムリ。

 

うん、今日は使い捨てビニール手袋(キッチン用)を右手にしたが、雑草抜きが楽だった。

 

昼飯はカップ麺、とのことなので、いただきものの辛い系を食すことに。

 

いただきます。

 

 

日清なので、麺は美味そう。辛さはどうだろうか。

 

「うま辛」と謳ってるやつはだいたい辛くないんだがw

 

 

でも、コイツは麺にも唐辛子を練り込んでるそう。

 

そして、950スコヴィルを保証している。

 

スコヴィルってなんですか?w

 

ともかく、まずは食ってみよう。

 

 

確かに麺がオレンジ色だ。

 

スープも赤くて、なかなかイケそうな感じ。

 

食べてみるとたしかに辛い。これが950スコヴィル(SHU)か。

 

ココイチの3辛くらいかな。

 

一般的なカップ麺としては、たしかに良いバランスの激辛だ。

 

それにしてもありがたかったのが、この辛さが約1000SHUなのだと体感したこと。

 

スコヴィルは辛さの単位で、カプサイシンの量から換算するらしい。

 

wikiによれば、タバスコが2500-5000SHUとのこと。

 

あと、ハラペーニョが2500-8000SHU、鷹の爪が4-5万SHUだって。

 

ネット情報だと、ココイチの10辛が1200SHUだとか2700SHUだとか言われてる。

 

中本の北極ラーメンが1600SHUというのもあるので、それからするとココイチ10辛は1200SHUにオイラは思える。

 

でもそうすると、ココイチの5辛は600SHUになってしまうので、これはいささかオイラの感覚とは合わない。

 

辛さというのは、食べる量、体調、環境、調理温度、旨さで感じ方が違ってしまうと思う。

 

なので、ブログでこうだ、と人様に伝えるのは不可能だ。

 

オイラの中で、辛さの基準の一つとして参考にする程度のように思う。

 

ちなみにオイラはココイチを辛さの基準にしてるが、ココイチの辛さは

 

1辛=いわゆる辛口カレー

2辛=1辛の約2倍

3辛=4倍

4辛=6倍

5辛=12倍

10辛=24倍

 

となっている。 つまり先程のとうがらし麺を約1000SHUとすると、オイラの感覚では3辛が1000SHU。

 

4辛は1500SHU、5辛=3000SHU、10辛=6000SHUだ。

 

そうすると北極ラーメンは8000SHUくらいはありそうだし、タバスコより辛いのか?と言われれば、たしかにそんな気もするし、違う気もする。

 

オイラの中でも非常に曖昧で、絶対評価は困難だ。

 

ま、結論は体調の良い時に、とびきり辛くて美味いものが食えれば幸せだね、ってことか。

 

お後がよろしいようで。

 

 

χανι@68.4kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE