ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 鶏は唄い、焼かれ、食べられる。 | main | それはそれ、オレはオレ。 >>
母と子の絆

 

 

お?ポール・サイモンですか?と言える人はオジサン(オジイサン)だな。("Mother and Child Reunion" PAUL SIMON 1972)

 

きのうは弟も夜勤で、オイラも一日家をあけたので、やはり母の調子が今ひとつだった。

 

夜中に部屋に入ってきて、「早く寝なさい」とか、オイラを中学生扱い?したりしていた。

 

今日の昼にいっしょにサミットしてる時も変だったが、帰ってきてからはここのところの通常モードに戻った。

 

「寂しい」というより本人も言ってるが「心細い」のだろう。

 

だから、そういう時には、かまってちゃんになったり、異常行動が無意識に出てしまう。

 

ただオイラもそれをいちいち気にするのも最近はどうかと思うようになった。

 

「そんなもんすよ、あはは」でいいんではないか?(^^)

 

今年のブログは友人(特に女性読者)からご評価というか共感をいただいてる。

 

実は、うちの親も、、、という話をなかなかの数聞かせていただいていて、やはり年代的に我々はそういう時期の真っ只中なのね、と感じている。

 

親子関係に正解などなくて、ほんと家それぞれだ。

 

程よいバランスを探して、親も子も日々模索していくんだろう。

 

ハタから見たら、共依存じゃないかとか、放置じゃないかとか、施設送りでいいのかとか、子供同士で協力しろとか、いろいろ言われるだろうが、それでなんとかうまくいってれば、それでいいのだ。

 

 

子猫のAタローは朝、雨戸を開けるとだいたい庭にいる。

 

 

まだ日差しが強いので、涼し気なところで、昼過ぎまでゴロゴロしてるのが日課だ。

 

 

野良猫らしく、決して心は許さぬが、人間と適度な距離感を模索してるようだ。

 

オイラはと言えば、きのう疲れが残っているものの、朝から風呂掃除、買い物、クリーニング屋、昨日の片付け、ザビスタ庶務と明るいうちに行動する必要があった。

 

で、夜は自家製のラーメンライス食って、ばたんきゅー(死語か?)

 

23時にムクッと起きて、風呂入って、やっと元気が出てきた。

 

ここんところ相続業務から離れてるんで、進捗状況を忘れかけてる。

 

明日から巻き直しだな。

 

あ、今日も今また母が部屋に来た。ドキ!

 

ん?オレがミンザイ出し忘れてたか(^^ゞ

 

すまんすまん

 

 

χανι@68.4kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE