ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 2.5gの攻防 | main | 弔問、レコード、チキンサグ >>
アナログとデジタルの攻防戦

 

 

今、殴って物事が解決するのなら、殴りにいきたいのは常磐道であおり運転したバカップルと韓国の大統領だな。

 

ヤーヤ ヤーヤ ヤヤヤー!

 

まあ、殴ったところで何もならないし、暴力がまかり通ると恐ろしいことになるのは、この時期のテレビ番組を見れば考えさせてもらえる。

 

先日ニ・二六事件をやってて、ようやく事の成り行きを把握した。

 

結局、暴力で世の中を思い通りにしたかった陸軍が、へっぴり腰の政治家やアホのマスコミと国民を行き着くところまで道連れにしたのが、先の戦争の本質だろう。

 

まあ、実際言うこと聞かないと殺されちゃうわけだから、そうなると人間弱いよなあ。

 

粛々たる一日。

 

概ねゴロゴロしてて、四十九日の準備と家事をそこはかとなく。

 

母には、牛乳は買い置きがあると伝えても、3-4度牛乳買ってきてくれと言われるw

 

それは「さっきも言ったじゃんw」と少し強めに言い返すくらいで我慢できるんだが、夜に廊下のモップ掛けを言われた時に少々切れた。

 

ハイハイと流してやれば2-3分で終わることなんだが、絶対やるもんかと意地を張ったのはなぜだろう。

 

掃除&モップ掛けは月曜に必ずやっている。

 

その他の日でも汚れてれば、やるのにやぶさかではないが、母は「私は目が悪いから汚れてるかはわからない」と言う。

 

そのうち、「掃除をしてるところを見たことがない」と言われて、会話は決裂した。

 

母が美容室に行ってる間に掃除はしてるんだが、それを認めてもらえなかったのが、オイラは悔しかったのかな。

 

承認欲求の問題のように思うが、そう考えると、少年時代に親から日々認められずに育った人間はこじらせるんだろうな、となんとなくわかった。

 

オイラは、その意味では少年時代、ずっと親に認められて生きてきたからこういう人間になれた。

 

と言っても、こんなんなっちゃったとも言えるから、人生むずかしいねえ(笑)

 

夕方、少しオーディオをいじる。

 

レコードプレーヤーがまともに鳴るように調整。

 

キモの部分はコンバーターの音質調整(F特)。

 

 

iPadで周波数特性を測定してなるべくシンプルに追い込んで納得ラインを出す。

 

まずCDの音で調整して、存外良い音で鳴るようになったので、それにレコードプレーヤー(AD)を鳴き合わせる。

 

 

ビートルズのアビーロードをCDとADで同時進行で鳴らして、スイッチ切り替えで聴き比べていく。

 

AD用のサブソニックフィルターOFF、低音増強でほぼ同じ感じになった。(レコードのプチプチノイズがなければ、どっちがどっちかわからぬ拮抗ぶり)

 

こうしてみると、アナログもデジタルもきちんと鳴らせば、優劣つけ難いとわかる。(利便性とノイズでオイラはデジタルに軍配を上げるが)

 

DL-103カートリッジは、低音がしっかり出るタイプだと思ってたが、意外とスッキリ系の音だと改めて認識。

 

今までの設定がちょっとズレてたかもしれない。

 

レコードのホコリはきのうのクリーナーでは取り切れないのが目で見て明らかなんで、やっぱ洗うぞと決意w

 

ま、今日のところは決意したところまで。

 

楽しみは後日ってことでね(^^)

 

 

χανι@67.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE