ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 嫌いなものは嫌い、で良い。 | main | 日がな一日 野球見てた >>
だってやりたくないんだもの

 

 

朝飯前の風呂掃除。

 

使ってみたくて購入しておいたジャバを一発かましてみた。

 

 

意外なほどおとなしめの推移で拍子抜け。

 

これで風呂釜きれいになってるのかな。

 

大昔のCMでは水垢がゴボゴボ出てくる感じだったけど、今は風呂釜自体が汚れない構造なんだろうか。

 

今日はいよいよやりたくない父の債権や昔の書類の整理をやらなくちゃと思ってたのだが、まだやる気にならなかった(笑)

 

ぼーっと過ごすのは罪悪感が残るので、手つかずだった誕生日プレゼントに着手(^^)

 

レコードプレーヤーのカートリッジの復活。

 

 

デンオン、DL-103。ありがとう。

 

取り付けはあっちゅう間。

 

 

最初の針落としはビートルズのアビイ・ロードにした。

 

低音の出方やボーカルをチェックするのにうってつけ。

 

それに8月8日が、アビイ・ロードのジャケット撮影50周年だったそうで、ニュースにもなっていた。

 

余談だが、「ザビィ・ロード」も撮影10周年だ。

 

 

前にブログで見た人もいると思うけど、ザビスタの近所で撮影した(笑)

 

本家、アビイ・ロードのジャケットもアビイ・ロード・スタジオの近所の道「アビイ・ロード」で撮影したわけで、ザビスタも目指せアビイ・ロードだ。

 

さて、音の方はまだ調整が必要。

 

アナログレコードはちゃんと鳴らすためにはものすごく手間がかかる。

 

それゆえに面白い趣味になりうるのだが、面倒臭くもある。

 

それでも、とりあえずは音は出るので、何枚か聴いてみた。

 

 

レコードとして貴重だったのは、キング・クリムゾンの海賊版。

 

学生時代かなあ。地元都立大学駅前にあった中古レコード屋の「ハンター」で買った。

 

意外と保存状態がいいので、盤面クリーニングをしてデジタル取り込みして、自分でリマスターしたら、もう少し聴ける音になるかもしれない。

 

あとは、イエスのキーボード奏者パトリック・モラーツの「The Story of I」が音も内容もよかった。

 

昔はこんなプログレ・フュージョン・サンバなど聴けん!と息巻いていたが、この歳になると良さがわかるw

 

オトナになったなあ。

 

 

あとは晩飯は久しぶりにプリック。

 

バカ辛ウマシ。

 

袋を捨てようとして、指に付いたソースをうっかり舐めて、母が悲鳴を上げていたw

 

こんなもん食ってるのかと(笑)

 

ともあれ、今はこれがNo.1カレーレトルトだよw。

 

ということで、本日のシメの曲は、アビイ・ロードのアルバムのカバーで。

 

プログレの雄ジェネシスのドラマーにして、世界的ボーカリストだったコリンズさんで。

 

 Golden Slumbers, Carry That Weight, The Endのメドレー。

 

ロック部でミントさんがアップしてて初めて聴いた。(オイラはコリンズさんのソロアルバムは聴いてない)

 

ほぼ完コピで、The Endでのドラミングはコリンズさんの真骨頂。

 

おみごと。

 

 

 

χανι@67.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE