ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 粛々着々 | main | クルマがクサくなる日 >>
おぶつだあんのはせがわ〜

 

 

午前中は朝家事と風呂掃除。

 

父が亡くなって初めての母とふたり暮らし(弟は会社夜勤)。

 

オイラは慰めるとか寄り添うという感情がまったくわからないので、いつもどおり。

 

基本的に仕事(戦後処理とかザビスタにこもってなんかやってる)をしてる息子の姿が母の励ましになると信じてるし、他にやり様を知らない。

 

ということで午後は外回り。

 

メインは四十九日法要までに位牌を手配すること。

 

昔はそこかしこ?に仏具屋があったが、今はホントない。

 

一番近いのが雪谷大塚の「お仏壇のはせがわ」と知り、エルメス号でチンタラ行くことにした。

 

自由通りを真っすぐ行けば、自由が丘、奥沢を越えて雪谷大塚まで一本道だと知る。電動自転車にはちょうどよい。

 

途中、お世話になった皮膚科の先生のクリニックがあるので、立ち寄って報告&挨拶。

 

先生には骨折入院までは報告が行ってたので、その後を話し、あとはLET IT BE Tシャツ話で盛り上がったw

 

 

店の中はキレイだった。イマドキの仏具屋ってこういうイメージなのね。辛気臭さはひとかけらもない。

 

ネットでは数千円から位牌はあるが、さすがに店売りのホンモノを見ると数万円(5〜10万)だ。

 

ランクは木の材質ではなく、漆を何度塗りしてるかで決まるらしい。

 

それと、先祖の位牌よりも小さくするのが基本らしい。

 

先祖の位牌と同じものがあったが、高いし、なんか昔風だし、金々は父っぽくないし、ピンと来なかった。

 

で、方針を変えて、材質にこだわった。デザインもシンプルに。

 

黒檀がずっしりきて気に入ったので、TELで母の了解も得て(彼女もここに魂をしまう予定w)決めた。

 

大きさは敢えて先祖に揃えた。大きいほうが父の生前の体躯に合ってそうだし。

 

余談だが、オイラの位牌は安くてモダンなメタリックなヤツにしてくれ。(弟より長生きすると位牌作ってもらえないかもだがw)

 

ってことで、あとは付近散策。

 

 

池上線の一駅先に御嶽山という しがない駅がある。

 

そもそも東京で御嶽山ってなによ、山でもあるの?アハハ、くらいに子供の時から思っていたが、木曽の御嶽山由来の御嶽神社があるのだ。

 

 

山岳信仰の一種らしい。

 

 

狛犬が狼なのもなかなかシブい。

 

そう言えば秩父の三峯神社も狼だったはず。

 

山岳信仰と狼信仰は重なるものがあるのだろう。

 

喉を潤しがてら昼もちょっと食べたいしで、帰りは自由が丘モンスーン。

 

馴染みの摩ニャ美ちゃんがいてよかった。

 

 

勧められるままに冷製担々フォー・ザビ辛で。

 

担々麺だからと甘くみてた。

 

フォーだもん。アジアンだもん。赤の他に青唐辛子もガッツリ。

 

美味いがめっちゃ辛い。そして、夜には腹がヤラレたw

 

もう激辛はやめよう、とそのたびに思うのだが、どうせまたやっちゃうのよね(笑)

 

人間だもの。

 

ということで、夜は絶不調の巨人と原監督くらい使い物にならないザビエルだったが、明日もまたマジメに仕事しまーす。

 

 

χανι@67.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE