ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 目黒で生まれた男 | main | 忌引き休暇 >>
インストール完了

 

 

父の葬儀。

 

13時前に迎えが来て、葬儀社に向かう。

 

環七沿いの小さい葬儀屋で、正直今まで何百回もクルマで前を通りながら知らなかった。

 

いつからやってるのかと聞いたら、もう90年になり、環七ができる前からここにあるとおっしゃる。

 

地元に根づいた葬儀屋にお願いできてうれしかった。

 

さて、日蓮宗的には、住職が言うには、葬式は告別式(お別れを告げる式)ではなくて、感謝とともに釈迦の世界に送り出す式なのだそうだ。

 

そして、あちらの世界に赴くにあたって必要なのが引導文(いんどうもん)。

 

 

「引導を渡す」はここから来てるのか。

 

引導文は今で言う、パスポートだな。たぶん(^^)

 

内容は、定型文書と、故人の人となりが書かれてて、そういうわけでよろしく、という内容だ。

 

人となりは事前にお寺からアンケートが来て、オイラが母と相談しながら埋めておいた。(引導文に使われるとは思ってなかった)

 

けっこう、生い立ちから学歴・仕事、人となり、主義主張を書き込んだので、引導文が予想以上に長大だったw

 

もちろん、住職が大いに盛って書いてくれてるので、すげえ良い人になっている。(親戚一同からは、「自分に厳しく、他人に優しいはウソだよな。自分に甘くて、他人に厳しい人だった。と共通の意見があとで出されたw)

 

ま、これで無事「国境」通過できるだろう。(まあ、仏教的には善悪関係なくあの世には行けるんだろうが)

 

それから桐ケ谷の火葬場であっという間にお骨になって(昔より絶対火力アップしてる)、それを持って斎場に戻って初七日やって、最後に精進落とし。

 

 

御膳だったけど、昨日と同様美味しかった。

 

ご飯は残して、ビールを飲んで、叔父さんたちと語る。

 

18時にはおひらき。それで自宅まで送ってもらって、祭壇作ってもらって、今日はすべて完了。

 

オイラ的には粛々と効率・合理性重視の良い式だと思った。

 

泣くシーン皆無(^^)

 

まあ、母と弟はもっと感性豊かだから思うところはあっただろう。

 

ふたりは血液型A型で、繊細でマジメで情感豊か。

 

MBTIタイプ論的には、おそらく母が「ENFJ」、弟が「INFJ」だ。(わかんない人ごめん)

 

二人で喧嘩しながら寄り添って、これからもやってくれればOKと思った。

 

父とオイラはO型で、鈍感で好きなように振る舞うけど全体のバランスを常に気にしてるタイプ。

 

MBTIでは、父が「ISTP」、オイラが「ISTJ」だ。

 

言いたいことは、タイプの違いを認めあって、補い合っていければ、人間関係はうまくいくと言うこと。

 

それにしても「問題」は、親が死んでも、涙一つこぼさず、いつもどおりに洗濯物やゴミ出し、相撲や巨人や選挙の結果にも目を通し、こうして普通にブログを書いてるオイラは「薄情」なのではないかということだ。

 

これについての自分の結論は、「自分の中に親父を前からインストール完了してしまってるので、もはやなんの悔いもない」ということだ。(そもそも、悔いという概念がオイラにはないのだけども)

 

よく「お父様はあなたの心の中に生きてますから」みたいなことを言うが、それとは全然違う。

 

すでに、親父はオイラの血と肉になってるので、今までと変わらない、という感覚だな。

 

父という存在は、肉体的なもの、存在的なものというより、精神的思考的なもので、父のやり方は一アプリとしてインストールできてるので、もう大丈夫なのだろう。

 

これも、父が92まで生きてくれて、その間密接に考え方のやり取り、会話をして、最後は介護等の手配を一手に引き受けさせてもらったのが大きい。

 

母や弟、親戚の方々には、突然訪れた最期かもしれないが、オイラにはブログ読者諸氏にはおわかりのように、明日その日が来ても何ら不思議はないという心構えだった。

 

その点は、それを周囲に伝えきれなかったのは、申し訳ないなあと思う。(まあ、言っても信じてもらえなかった部分はある)

 

ということで、夜は19時半ころに、ミントさんがこっちに駆けつけてくれた。

 

ほんとに心強い。いつもありがとう。

 

駒沢食堂ジョージで慰労会。

 

ミノさんと話して、「角が飲みたいんだけど」と告げる。

 

いきなりどうしたんですか、と当然問われ、実は今日父の葬式が終わって、昔父がよく飲んでた角を今日は父の飲み方で飲んでみたい、と話す。

 

「すぐ用意しますから!」と向かいのマルエツで買ってきてくれたw

 

オイラは父の死より、ミントさんが来てくれたり、ミノさんが特別手配をしてくれることに、グッと来るものがある。 感謝。

 

 

角はストレートで飲むにはキツい酒とオイラは思ってたが、今日は高級なブレンデッドウイスキーのようなまろやかさだった。

 

ダブルを2杯。しっかり味わった。

 

 

つまみは、やはりイベント時にはザビ家では欠かせないビフテキ。

 

もちろんザビレア。完璧っす。

 

久しぶりに「ザ・牛肉」を味わった。

 

なんにしても、式は終わった。おつかれさまでした。

 

明日はとにかく現状整理からだな。

 

適当にダラケながら進めます。

 

あ、月曜か。

 

掃除と母の美容室と買い物か。

 

ふぅ (笑)

 

 

χανι@67.3kg

| - | 23:59 | comments(2) | - |







コメント
ザビさん、おつかれさまでした&#128583;♀
| のり | 2019/07/22 1:07 PM |
のりさん
ありがとうございます。
| ザビエル | 2019/07/22 1:11 PM |


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE