ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 九州を喰らい、九州で祈る。 | main | それでうまくいくかはわからぬけれど >>
ロックは世界とあなたとオイラを救う

 

 

昼は、はたらくおじさん。

 

良子先生に往診してもらって、家族に介護ベッド導入の話の了解をとりつけて、手配して、シャワー介護に立ち会いつつも、九州出張のまとめ。

 

やるな、オレ(笑)

 

夜は、閣下と飲み会。

 

つーか、ついに誕生日プレゼントの贈呈式。

 

 

有志の皆様、ありがとうございました!

 

しっかり受け取りました!

 

セッティング完了して音出ししたらレポしますね。

 

さて、飲み会の場は、ロックな閣下をいつか連れていかなくては、と思ってた新宿のクロウダディクラブ。

 

ロックバーっす。

 

マスターが白金幼稚園の3つ後輩という事実で結ばれてる間柄w

 

今日も会うなり園歌?斉唱 「幼稚園のシイノキは、とってもとっても大きいな♪」

 

 

相変わらずゴージャスなお通し。

 

普通お通しでクロワッサン玉子サンド出ないでしょw

 

とにかく、お通しで腹いっぱいw 美味いから全部食っちゃうし。

 

ということで、飲むことでお店に貢献します。

 

 

めっちゃ楽しい酒だった。(生、ズブ、モルガン、ギネス、ソコ)

 

でもオイラ以上に閣下は楽しんでたと思う。

 

ここは、70年代ロックをかけまくるけど、ほとんど閣下は曲を知ってた。すごい

 

ハードロック寄りなので、プログレ派のオイラはやや不利なんだよね(^^)

 

それでも、リクエストもOKなんで、クリムゾン、ユーライアヒープ、パープルなんかをお願いして、みんなで盛り上がる。

 

カウンターに座ってるお客さんたちが、例によって「なんか演る?」みたいな話をして、マスターのギターを中心に定番のレッド・ツェッペリン「ロックンロール」。

 

ボーカルがいない、ということで、ここはムリヤリでも閣下オンステージ。

 

 

おお!初めて聴いたけど、閣下と言われるだけあって。高音出るねえ。

 

 

マスターも相変わらず弾きまくってた。。

 

他のお客さんが帰ったあとも、カウンターに移動して、さらに深いロック談義。

 

 

SOCOなんか飲んじゃって、サザンロックな気分w

 

 

ギターがあって、スピーカーがあって、ロックがあって、酒があるって、サイコーなわけで。

 

閣下、あとは任せたw また来てあげてね。

 

つーか、ロック部のオフ会、ここでやればいいんだw

 

そうそう、それから「流し」が来たよ(笑)

 

ここは先輩としてカッコつけてチップをはずむ。

 

 

えーと、君たちは何者かね?(笑)

 

マスターの話だと、歌舞伎町でそこそこ有名な流しらしく、TVにも出たし、この格好で海外遠征してるらしい。

 

それにしても、アルゼンチン?なフルートねえさんもナゾ過ぎw

 

ま、そういうわけで盛り上がりすぎたw

 

楽しかった。せんきゅーまいふれん

 

 

χανι@68.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE