ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 夜から動き出す日 | main | 仕事が忙しいとパソコンが壊れる法則 >>
昔はこの辺もきっと暗闇で

 

 

朝飯にきのうミントさんからもらったマグロをつまむ。

 

 

おー、美味い!

 

ちょうど旨味が出きったところで鮮度も高いかんじ。

 

あとはザビ家の今晩のおかずだ。感謝

 

ということで、午後はミントさんと新宿駅のプラットホームで待ち合わせ。

 

オイラのリクエストは東京国立天文台。

 

 

天文好きのミントさんを連れていかなくてどうする、と思ってたので、行けてよかった。

 

場所は「三鷹の天文台」と言うけど、武蔵境からバスで調布方面に向かったところ。

 

今は普通に武蔵野の住宅地だが、建設された大正時代はなにもない真っ暗なところだったんだろうな。

 

今は天体観測はしてないけど、見学用に建物等を公開している。

 

 

一番古い第一赤道儀室は晴れてれば太陽黒点の見学会をやっている。

 

そして天文台歴史館の中には国内最大の65cm屈折式望遠鏡がある。

 

 

これはかなり圧巻。そして木製ドームがいいんだよね。

 

 

あとは何に使うのかイマイチよくわからない子午儀がかっこいい。

 

 

さらには武蔵野の林の中に佇むイチバンのお気に入りアインシュタイン塔。

 

 

敷地内はかなり広くて、電波望遠鏡もあるでよ。

 

予想以上にミントさんに絶賛されて、結局1時間半、中をうろついてた。

 

時間が押したので近場の深大寺へはタクシー移動。これが正解。

 

まずは深大寺そばを食おうと思ったが、4時くらいから店がどんどん閉まる。

 

 

あと30分というお店でビールと二八蕎麦。

 

予想以上に美味かった。

 

深大寺もこじんまりとした佇まいながら雰囲気のあるお寺。

 

他にも神代植物公園もあるし、また来てもいいね。

 

なにより、ミントさんがそもそも武蔵野人の血を引いてるらしく、幼少期の思い出も語ってくれて、かなりストライクだったらしい。

 

これから、武蔵野シリーズを増やしてみるか(^^)

 

晩メシはあれこれ相談してるうちに成り行きで中野で途中下車して「かわ焼きまいける」という居酒屋。

 

なんでも、M野組の聖地らしくて、鶏かわ焼きが売りらしい。

 

 

とりあえず頼んでみたが、なるほど人気があるのがわかる。

 

ただ、ザビッシュかというとそうでもない。

 

しかし、圧倒的に美味いのは鳥刺し。

 

 

正直、これは改めて一人で食べに来るレベル。

 

もも、むね、ささみ、生ハムと鶏の美味さを堪能できる。

 

とりわけ、ももがいいね。

 

あとはハツを中華炒めにしてくれたのも酒が進んだ。

 

値段も安いし、お見事。

 

良い店を紹介してくれてありがとう。

 

帰りは地元でマック&ポテトをさらにたらふく食ってしまったのはナイショです(^^)

 

 

χανι@68.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE