ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 汽笛一声新橋からハシゴ | main | 龍と変態のステキな関係 >>
親父の子育て

 

 

さっきテレビで所ジョージの番組がおもしろくて、途中からまるまる見てしまった。

 

お題は、日本人は奇数、とりわけ3好きで、外国人は偶数とくに2と4を好むという話。

 

証明はできないけど、経験上なんとなく納得するところがあるね。

 

欧米人はシンメトリーや物事をハッキリ結論付けるのを好むので偶数。

 

日本人は、ハッキリ答えを出さず別の答えや曖昧にしておくのを好むので3、というのは有力な説だと思う。

 

その中で、三大〇〇は日本人独特らしく、三大美女とか三大料理とか三大珍味とか思いを巡らせてしまった。

 

ま、そんなところでw

 

 

きのう新浦安駅の自販機でドクペのペットボトルを見つけて即購入。

 

さすが千葉県!ドクペ好きw

 

今飲んでるけど、やっぱウメエな。

 

今日は朝から晩まで家事専門。

 

昔はほとんどの旦那衆が家事は無料と思ってたはずだが、自分でやってみろってw

 

時給1000円でも安いぞ。大変だぞ。

 

朝の支度、風呂掃除、美容室送迎、買い物、母の薬処方箋受取提出、父介護シャワー補助、薬受取り・・・

 

 

その間に、映像編集の下準備、メール、食事、休憩、ふぅちゃんの相手

(ΦωΦ)

 

結局そんな一日。

 

仕事が進んでないとアセる気持ちと、家事がいちばん大切な仕事という気持ちが綯い交ぜ(ないまぜ)。

 

ザビパパはそれなりに元気にやってるが、シャワーの時に体を支える手伝いをしたが、もはや「老いた」という言葉を通り越した体型は悲しくもあり、逆に朽ちてなお、たくましくもある。(→動作してるのが不思議)

 

支えながら、オイラはどんなふうにザビパパに育てられたのだろうと、ちょっと振り返りもした。

 

日常のほとんどは母親が(今もなおw)世話をするが、生き方とか考え方は父親が仕込むことが男児の場合は多いかもしれない。

 

何の脈絡もなく、箇条書きにしておこう。

 

なんか、そこから感じるものがあったら幸いだし、ふーんでけっこう。オイラの棚卸しってことでね。

 

■ザビパパの教育方針

 

・基本、放し飼い。なにをしろ、なにになれ、と言わない。

 

・ただし、絶対目は離さない。

 

・勉強しろ、と言われたことがない。

 

・ただし、遊びの中に勉強を仕組んでいる。

 

・漢字は大相撲の力士名で覚えた。計算は帳場の伝票で覚えた。

 

・マネをさせる。野球選手、インタビュー、相撲取り、歌手。

 

・怒られたことがない。ただし、都度「批評」される。

 

・30までは学業研究の道に進んでもよし。以降は自分で稼げ。

 

・全面禁止にしない。たばこは絶対吸っちゃダメだが、その代わり、酒は中学時代からハレの日は飲んでよし。

 

・人の言うことは疑ってかかれ。自分で考えろ。

 

・チンコ隠してプール着替えするな。堂々としてろ。

 

・アルバイトはするな。

 

・時間厳守。門限厳守。

 

・悪い道に進んだら、お前を殺してオレも死ぬ。

 

 

意外とあるんで驚いたw

 

もし、オイラも子供がいたら、結局こういう教育方針になるのだろう。

 

他に育て方知らないしね。

 

先日、44歳のひきこもり息子を手にかけた元事務次官がニュースになったが、昭和的かもしれないけど、うちも同じ教育方針だったわけだ。

 

親にはそういう覚悟があるんだろうな。

 

オイラはそういう覚悟ができなかったから子供がいないとも言えるし、覚悟なんて子供ができたら持てるものかもしれない。

 

父はアカデミック系と運動系には理解があったが、芸術系と商売系の教育は得意ではなかった。

 

オイラにその方面の才能がなかったのもあるが、父がそっちを重視してなかったのだろう。

 

おかげで、オイラはお金の稼ぎ方を全く知らずに社会人になったのは、ハンデになったかもしれない。

 

親子の数だけ教育方針はある。

 

おかげでこんな人間になりました。

 

ザビエルみたいになりたい人はご参考までw

 

 

χανι@67.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE