ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 鎮魂の素振り | main | クリムト、あるいはクルメのグルメ >>
ひいばあちゃんの魔法の杖

 

 

朝から探しもの。

 

ザビママが昨晩から杖が見当たらないというのだ。

 

ということで、家中大捜索を3回くらいやったが見つからない。

 

半日くらいして、昨晩じゃなくてもっと前からかも、ということになって、ガレージまで見に行ったら、ショッピングカートに引っ掛けてあった。

 

 

この半年、ザビママの歩行を助けているこの杖だが、そんなこんなでたまに魔法のように忽然と姿をくらます。

 

無意識でどこかにザビママがひょいと起きっぱなしにしてるだけなんだが、わからなくなるのだ。

 

これが見事に保護色だったり、ザビママの記憶違いでどこかに行ってしまう(^^)

 

遡るとこの杖は、ひいばあちゃんが使ってたものだそうだ。

 

少なくとも半世紀以上、ザビ家を支えている。

 

ひいばあちゃんのあとは、おばあちゃんが使った。

 

そして近年は、ザビパパがずっと使っていたが、ザビパパが動けなくなるタイミングで、ザビママに引き継がれたのだ。

 

将来的には、オイラが使うことになるのはまず間違いなくw,そうなれば4代、100年くらい使われそうな勢いである。

 

今日は他にネタがないなあ、と思ったので、夕方庭の落ち葉拾いと雑草取り。(ブログのために仕事するヤツです)

 

 

雑草は、1/10も取りきれてないが、目立たぬうちに摘んでおけば、今後の戦いが有利に展開するものと踏んでいる。

 

特に、地べたに張り付いて、根の深いヤツを抜くぞう君でやっつけるのはなかなか気持ち良い。

 

ふぅちゃんも横を通って行ったのだが、いっしょの記念撮影は拒否られたw

 

あとは粛々と一日が過ぎたが、風呂上がりにムショーにコンビニに行きたくなる。

 

 

お夜食買いだが、ザビママの所望で卵と牛乳もついでに買っておく。

 

 

戦利品は、焼きそばパンとダイエット炭酸水。

 

もう一息、なんか欲しくて、ここはチョコミントアイス。

 

そのあと、自販機でドクペを発見したので、後日用に購入。

 

灯台下暗しで、こんな近くにドクペを売ってるとは。

 

 

チョコミントはこれでもかという量が入ってたが、意外とミントが薄めで食べやすかった。

 

中をほじったら、それなりにチョコも出てきて満足。

 

チョコとミントとアイスの最強バランスってのは意外と奥が深いかもしれない。

 

■備忘録■

きのうミントさんとメッセンジャー会話してたのだが、その内容を書き留めておきたい。

人間は、こだわりと普通のハザマで悩んだり安心したりして生きている。

他人と違うところに自分のこだわりやアイデンティティを感じ、他人と共通の「普通」をたくさん集めて強気になったり安心したりする。

そもそも「普通」は人それぞれ基準が違っていて、「普通、こうだよ」と相手を言いくるめる「普通」は実は自分だけの普通だ。

人との共通の普通を集めて安心するより、違いを素直に認めて、生きることを選択したい。

そして、人の普通や違いも認めることで勇気を持つことができるのだ。

 

だいたいそういう話。

 

 

χανι@66.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE