ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 富士の湧水とわさびの素敵な関係 | main | 花虫人猫(かちゅうじんびょう) >>
確立したスタイルが記憶に残る

 

 

テレビのニュースで見たが次世代のスマホはAIが撮った動画から良いシーンを抜き出して作品を勝手に作ってくれるらしい。

 

もう、カメラマンも映像編集者も御用済み(´・ω・`)

 

とは言え実際プロユースとなると、AIでホイホイというわけにもいかず。

 

おかげさまで、ここに来て、仕事の依頼が増えている。(季節がよくなったし毎度の時期ではあるのだが(^^))

 

昼はメンドリッズの写真の整理。

 

やっぱ彼らは画になる。

 

 

そのあと、一息いれたくなったんだが、うちでぶらぶらするか、外でブラブラするか。

 

とりま、アテも定まらず外をブラブラ。

 

正直言うと、優秀な女子学生バイトのいるカフェで呑みたかったんだが、思い当たらなかったのよw。

 

昔なら、表参道とか自由が丘とかいろんな選択肢があったんだが。

 

で、いろんな要素を吟味して今日は麻布十番まで出てみた。

 

 

ほんとここのボエムのロケーションは最高だよな。

 

しかし、結論的にはアテが外れてスタッフ全員ヤロー(笑)

 

そこは大いに残念だったのだが、入るなり、「あー!ザビさん!お久しぶりです」と男スタッフに声をかけられる。

 

しばらく誰だか思い出せなかったが、相手をしてもらってるうちに思い出した。

 

渋谷クアリタにいたタカハシ名人だ。

 

彼がなんで名人かというと風体も似てるんだがw,ホールスタッフとしての身のこなしや会話、指先に至るまでの所作がプロなのだ。

 

どうしてそうなったかと言えば、勉強して鍛えられたから。(このブログにちょっとヒント書いてる。2015.04.07赤の女王仮説

 

つまり、オイラは彼の顔は忘れてたが、洗練された所作は覚えていたのだ。

 

確立されたスタイルは記憶に残るのだ。

 

これは、良い方向だけじゃなくて、悪い方向の場合も覚えられてしまう。

 

一般にはそれを「クセ」と言う。

 

良い方も悪い方も、体に染み付いてるから確立されたスタイルは、自分自身では気づかないことが多い。

 

だから怖いんだよな。

 

いずれにしても、タカハシ名人のおかげで良い酒が呑めた。

 

 

ウイスキーもちゃんとリストアップされてて、スコッチがいいな、と言ったら、ザビさんの好きそうなところで、といろいろ出してきてくれた。

 

お値段とタカハシ名人に相談して、いただいたのはエドラダワー。

 

初めて飲んだが、淡麗辛口。シングルモルトだが、香りはブレンデッドのように立っている。

 

拙い知識で似てるスコッチを言うと、タリスカーかな。

 

 

つまみのタコセビーチェも、辛めに仕上げてくれた。

 

4年ぶりでも、一度聞いた客の好みは忘れてないのもさすが。

 

ってことで、結論=いい酒だった(^^)

 

でも、女子学生バイトとも話したかったよ(^^ゞ

 

 

χανι@67.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE