ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< おかげさまで60周年 | main | 早起きは三文の得? >>
神様は5年後に答えを持ってくる

 

 

たくさんのバースデーメッセージありがとうございました。

 

なんかまだ60歳としての自覚が全然ないがw,まあ粛々と生き抜く所存。

 

 

きのうミントさんにいただいた6本のバラ(1本10年w)を花瓶に移して撮影。

 

今までと違うセッティングで撮影したんで、新鮮な作風になったかな。

 

 

あと、ミントさんが今年は絶対来る!と予言してた蘭州ラーメンが、なんとカップヌードルになった。

 

ので、きのうこれも買ってもらったw

 

今度食べるの楽しみ。

 

あ!きのうの昼、先日まぁちゃんにもらった韓国カップ麺を一個食べた。

 

 

すべてハングルなので、内容も作り方も一切わからないというw

 

見た目、あまり辛そうじゃないのを選んだが、そこはそれ、ザビ用まぁちゃんセレクトなので、十分辛いっす!(笑)

 

ごちそうさま!

 

きのう、バースデーメッセージ以外も一通いただいた。

 

しばらくご無沙汰しちゃってたシンギングリン奏者の叶さとみさんが、なぜか突然連絡してくれたのだ。

 

シンギングリンってのは、仏具から派生した楽器?で、ゴーンって叩く金属器あるじゃないですかお寺に。

 

あれの大小様々な精巧なやつ。その演奏を5年前に収録させてもらったのだ。

 

 

その時のブログがこれ。必読

 

で、その後、それっきりになっちゃったんだけど、きのうなぜか連絡もらって、インドツアーしてきたんだけど、ザビさんのシンギングリンの録音がスゴイとインド人が褒めてるというw

 

もちろん、一流スタジオのエンジニアさんね。

 

さとみさんもそこでの録音より、ザビ録が良いと(^^)

 

シンギングリンは倍音成分がすごいので、かなり録音が難しい楽器だと思う。

 

それが、奏者や他のエンジニアに認められるというのは、冥利だよな。

 

ありがとうございました。

 

それで、最終的にCDになったのをまだ聴いてなかったので尋ねたら、今日CDを届けてくれた。

 

せっかくなので、ザビ庭で、らしい雰囲気の撮影場所を探す。

 

 

そういう目で見ると、庭も違った景色を見せてくれるものだ。

 

 

CDは屋久島の大自然の中で作られたので、そんなイメージで。

 

瞑想系をやってらっしゃる方は必聴。環境系が好きな方、オーディオ系の方もゼヒ。

 

CDは自然音(波や川のバイノーラル録音)とサロッド(インドの弦楽器)も入ってて高音質。

 

今日はずっと繰り返し再生してるけど、ザビスタの空気が浄化される(^^)

 

 

そうそう、CDにはちゃんとザビスタのクレジットを入れてくれてた。ありがとう!

 

CD販売サイトはこちら

 

叶さとみさんのサイトはここ

 

シンギングリンって、先日の吉備津の釜鳴りにちょっと似てる。

 

もしかしたら、吉備津彦か温羅かインドの音楽神サラスバティ、すなわち毎日拝んでる弁天様が還暦プレゼントで手回ししてくれたのかもしれないな。

 

これからも良い音を録っていく、良いものを撮影していく。それはライフワークだと思う。

 

60歳の新たなスタートに、そんな基本を確認できたのはとてもすばらしいこと。

 

ありがとうございました。

 

 

χανι@68.0kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE