ザビエル・カトーの「いい加減に生きてます」

<< 桜の花びら散るたびに 届かぬ想いが | main | 30−30−30 >>
こういう日もムダじゃないはず

 

 

思いの外、きのうの桜田さんについて書いたブログが高評価で、つくづく人様の反応ってのはわからぬものだなと思う。

 

ありがとうございます。

 

おとといのブログでは、誌面の関係であまり書けなかった みぞっちさんのコーヒーカップについて、ここでもう少し。

 

 

この作品は、ヒグチユウコという作家さんのもので、このテイストが持ち味らしい。

 

ネコ友のそえにゃんさんが、そのスジ(ネコ筋?)で人気の作家さんと教えてくれた。

 

今日は、昼にザビママとサミットストア。

 

歩行のほうはスタスタ快調だが、今日はアタマのほうがよくまわらないみたいw

 

うにゃうにゃつぶやきながら、ファブリーズ買ってたけど、「これは服用か部屋用かわからない」とおっしゃる。

 

別に気にせず今まで買ってたし、家に在庫もまだあるはずなんだが。。。

 

一瞬怖くなったが、本人も今日はアタマの調子がイマイチかもと認めてたので、そう言えるのは大丈夫ってことだと思ってる。

 

お駄賃で、ホヤとブルサンを買ったので、今日の昼飯はソレ。

 

 

買い置きのサヴァ缶とビールでバッチリだ。

 

世の中にランチにホヤをガツガツ食うやつは珍しいだろうなあと思いながらも、美味いからいいじゃん。

 

ブルサンはたっぷり残ってるが、今ブログを書きながら、なめたらウマすぎて、このままお夜食になってしまいそう。

 

ビールは2缶飲んで、酔ってちょい寝。

 

このまま朽ちてはイカンと夕方ネコ散歩。

 

 

今日は不作で、広場にクロガミがいたくらい。

 

それでもかわいいから満足。

 

 

いかん、ブルサンがウマすぎて止まらない。

 

代わりに筆が止まった。

 

っていう感じで、ネタに乏しい一日だったし、きっとこの日を将来忘れてしまうと思うけど、でも大切な一日だし、自分の肥やしにはなってるはず。

 

ほんと今日はそんなところで。

 

 

χανι@67.4kg

 

 

P.S.プログレセミナー56

ここんところ書いてないんで、今聴いてるBGMをそのまま紹介しよう。

フランスのゴング。

プログレの中では非常に古くからのグループで、「重鎮」。

初期のデヴィッドアレン時代と、その後のピエールムーラン時代で雰囲気は全然違う。

アレンは、サイケ、スペース、プログレ。

ムーランはビブラフォン奏者ということもあってクロスオーバー、フュージョン系。

オシャレで聴きやすいのはムーランのゴングだが、ここは敢えてどろどろのデヴィットアレンのゴングで。

では代表曲、フライング・ティーポット。(曲名からしてイってる)

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE