ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 君の肝臓をたべたい? | main | 平成最後の?大食い大会 >>
下町風情の牡蠣と桜

 

 

思い切り活動した一日。

 

気がついたら、3/31だぜ、べいべ。明日から4月か。

 

今日は明るいうちにミントさんの引越プロジェクト番外編。

 

少し前にIKEAで買った洗濯機周りの大型ラックの組み立て。

 

組み立てはともかく、意外と設置は工夫が必要で、お手伝いできてよかった。

 

 

勢いに乗ったついでに、本棚とCDラックの整理。

 

ダンボール4個片付いた。

 

改めて本棚の収容力に驚いた。

 

なんで、人のうちの片付けは積極的にヤル気になるのに、ザビスタの片付けは遅々として進まんのだろう(´・ω・`)

 

ま、そういうもんだよな。

 

夜は、行ってみたかった門前仲町の牡蠣とホヤが売りの三陸系のお店に連れてってもらう。

 

 

居酒屋をイメージしてたが、かなりハイカラだったw

 

生ガキが安くて、190円の三重県産から、高くても厚岸の300円台。

 

 

試しに190円のを頼んでみたが、これが立派な牡蠣で。

 

 

ミントさんも大満足。

 

シーズンの最後の方でだいぶ育ってることもあるんだろうが、味もいいし、これはお値打ち。

 

結局オイラは6個食った。

 

 

オイラはナマ専門だが、火を通した牡蠣料理も豊富。

 

豪快に調理していた。

 

 

ホヤのシーズンは夏だが、今は冷凍モノがあるので、刺身も食べられる。

 

普通に美味しいし、夏には産直モノを是非食べてみたい。

 

あ、日高見、伯楽星と宮城の酒を続けていただいたが、これも牡蠣やホヤとマッチしてよかった。

 

シメは後回しにして、近くの大横川の夜桜見物。

 

 

すいてるわりに絶景。

 

岸沿いに桜の下も歩けるし、なんか下町情緒というか、江戸情緒を満喫した。

 

シメはラーメン食いたいなあ、とつぶやいたら、ミントさんが刀削麺に行こうと提案してくれて、豊洲の永利。

 

毎度行ってたのは2号店だが、今回は刀削麺が売りの3号店。(ここでも毛血旺はじめ、中華料理も楽しめるのがわかった)

 

 

ミントさんが担々刀削麺。オイラが麻辣牛肉刀削麺。

 

どちらも激辛だが、とりわけ麻辣は凶悪w

 

量も多いし、唐辛子も多い。

 

花山椒がイヤと言うほど入ってて、シビレるししょっぱい。油もすごい。

 

久しぶりに苦戦した。でもクセになりそうw

 

最後まで、激烈かつ内容の濃い一日。

 

相当楽しかった。

 

ミントさん、感謝!

 

 

χανι@68.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE