ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< えぶりばでぃ、ハンパねぇ! | main | 雑談・猥談・猫談々 >>
No Money No Honey 2019

 

 

昼はザビママを美容室に送迎して、その帰りにいっしょにサミットストア。

 

ナニゲに母の楽しみになってるようなので、雨模様だが決行した。

 

にしても買い物かご2個にあふれるほど買うんだが、ほんとにボクたちはこんなにたくさん食べているんだろうか。(冷凍庫や戸棚の奥や納戸にどれくらいに眠っているのだろう)

 

そのあとは終日ザビスタできのうの写真や映像の整理とエンコード(パソ子は裏でまだ仕事中)。

 

 

daisukeさんのオフィシャル発信にこの写真が使われたのはうれしかった。

 

もちろん、アーティストのdaisukeさんの色付け(この場合は色抜き?)のおかげで使えるものになるわけで、素材提供型のオイラとしてはお役に立ってうれしい。

 

 

というわけで動画のほうも、オイラはなるべく良い素材を提供できるように心がけている。

 

心配してた音声の方もきっちり録れてたんでホッとした。

 

 

 

きのうは「出見世」で珍しく買い込んだ。

 

daisukeさんがカンボジア旅行に行って、「No Money No Honey」Tシャツをお土産で買ってきてくれたのが7年前。

 

コピーとドドメ色のなんともくすんだ色合いがザビエルにピッタリと選んでくれた。

 

以来、大事に着てたのだが(ボロボロになるほど味が出たw)、さすがに限界になり、先日dasiukeさんがカンボジアに行った時、新たに買ってきてくれた。

 

今度は大量に買い占めてw、ライブで皆さんにも販売するという商売だw

 

なぜかカンボジアでしか打ってない「No Money No Honey」Tシャツ(笑)貴重だヨ。

 

ってことで、オイラも複数購入したんだけど、今回はドドメ色はないんで今回は、らしい色合いで。

 

 

daisukeさんが勧めてくれたのがチョークブルー(正式色名はわからん)。

 

ジャストサイズで生地に伸縮性もあって、なんか体のラインがキレイに出るぞw

 

オイラは鍛えてないんだけど、肋骨まわりに厚みがあるんで「イイカラダ」に見えるナ(笑) (それで肺活量大きいのか。今気づいた)

 

しかし、これよく撮れてるなあ。カメラ持ってればプロフィール写真に使えるんだが。(お見合い写真フォルダには入れておこう)

 

で、「No Money No Honey」の意味。

 

以前にブログで書いたけど、普段は、「カネもなければ、オンナもいねえ」っていう意味で使ってる。

 

また日本人にはその意味がしっくりくるんじゃないかな。

 

ただ、本来の訳は、「カネを持ってないんなら、オマエにいい思いはさせてやらねえよ」らしい。

 

これは、数カ国語をあやつるジョゼフが言ってたので、正解なんだろう。

 

で、きのうもライブのMCでこの話題になって、お客で来てた美人女優のケリーさんが流暢な日本語で解説してくれた。

 

「あくまでアメリカでは、だけど」と前置きをして、

 

「お金がない男には女はいない」っていう意味だそうだ。

 

これもこれでゲンキンな意味だなあw

 

つまり、思ったのは、これが正解、じゃなくていろんなとり方をしてもいいってこと。

 

日本人(つーかオイラ)は、ひとつの正解を求めたがる。

 

でも、時代や国や地方やグループでそれぞれの正解があっても構わないのだ。

 

ってことで、今年も「No Money No Honey」Tシャツで出没しますんでよろしくね。

 

 

χανι@67.4kg

 

 

■今日のおまけ

スーパーでお駄賃に買ってもらった大袋のチョコレート効果。

オイラは86が一番口に合う。

でも、どんどんなくちゃっちゃうんですがw

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE