ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 昼下がりのジョージ | main | 猫と女のいない夜は >>
今日はこれくらいしかないっす

 

 

外に出ないし、ネコは来ないし、家事もいつもどおりだし、書くことがない一日。

 

 

強いてネタを作れば、きのう届いたキーボードに交換したことかな。

 

キーボードはこだわりがあるようなないようなで、とにかく安いことが最重要(623円)

 

あとは10キー付き、ストロークが深い、ムダな面が少ない、ってことかな。

 

今まで使ってたのがよかったが、Enterキーがへたったので似たタイプを購入した。

 

それでもカーソルキーの位置とかが違うんでミスタッチして、書いた文章が消えるとか、只今奮闘中w

 

とりあえず、メニューキーとwinキーが邪魔なんでキートップを抜いてしまった。(これで消えなくなる)

 

世間的には横綱稀勢の里がやっと引退したくらいかな。

 

盟友みぞっちさんが、なんでそれがトップニュースになるのかわからん、と書いてたが、たしかにお相撲興味ない人にすれば、そりゃそうだ。

 

一応相撲好きとして書けば、横綱ってのは「神」に近い存在として与えられる称号で、その引退ってことは、総理退陣より重くて、天皇陛下の退位とある意味同格なんだよね。

 

本来そういう存在が横綱なんだけど、それが休みっぱなしだったり、コロコロ負けたり、相撲協会の思惑で作られちゃった日本人横綱だったりしたわけだから、まあいろいろあるんですよ(´・ω・`)

 

もちろん、今の時代は多様化というかビッグデータ時代というか、人の興味もそれぞれだし、稀勢の里知らない人(ボクの友人です)もいるし、オイラだって、米津玄師はエロ詩吟の人だとずっと思ってたし、お互い様なのだ。

 

まあ、稀勢の里は弱い横綱の記録をいくつか作っちゃったから、かわいそうなんだけど、昔だっていろんな横綱がいたわけで。

 

相撲部屋を脱走逃亡しちゃった横綱とか、ピストル不法所持して隅田川に捨てちゃった横綱とか、休場して野球観に行ったのがバレてクビになった横綱とか(^^ゞ

 

まあそういう意味じゃ、「神」ってのは伝説時代の話で、横綱もとても人間臭い存在なんだよな。

 

もっとも、日本の神様のほうもけっこうダメダメで人間臭いんだけどねw(ギリシャ神話もそうだな)

 

あとはwindows7のサポートがあと1年とかで、今年中にwin10に切り替えなくちゃいかんのかと少し悶々&調査。

 

まあ、なんとかなりそうな気持ちになったからこれはまたいずれ。

 

明日はもうちょっとがんばろっと(^^)

 

 

χανι@67.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE