ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 雨は霜月 神楽月 あるいは猫と 河童の宴 | main | 蝉とダンス >>
山手線の左下は任せとけ

 

 

先週に引き続き、ミントさんとランチデート。

 

先日、山手線の右上(上野方面)はミント領域、左下(渋谷方面)はザビ領域という区割りができた。

 

ということで、今日は左下の中でもオイラの故郷、目黒をご案内することに。

 

 

目黒の駅前ロータリー内にオイラの生家はあった。

 

割烹かとう、という日本料理屋をやっていたのだが、オイラが小4になる前に今の世田谷に引っ越した。

 

もう半世紀前の話だな。

 

酒屋さんとパチンコ屋と薬屋さんはまだ残っている。

 

 

そこから裏路地を案内したりして、母園?の白金幼稚園へ。

 

ミントさんには、目黒は緑が多いと褒められたので、気をよくして自然教育園に連れ込むw

 

 

ここは、公園というより、植物園というか、なるべく自然のままに植物が栄枯盛衰を繰り返してる場所。

 

紅葉してるかと思ったがまだだったのがちょっと残念。(モミジがたくさんはえてる)

 

 

池もなすがままだから、沼っぽいんだよなw

 

一番呼ばれたのはこの大木。

 

 

名前控えておくの忘れた。

 

この地は、松平さんの下屋敷だったんだけど、その前は「白金長者」の勢力範囲で、居城があったらしい。

 

そんな植物や歴史の話をおもしろいおもしろいと吸収していくミントさんには実に話甲斐がある。

 

調子に乗って、さらにマニアックな白金台の南縁を案内する。

 

そこは、港区と品川区の境界にあたるのだが、そのへんも地理好きミントさんは喜んでくれる。

 

 

芝白金団地。(このサイトが詳しく書いてくれている。慶応の城南健児必読)

 

ミントさんは「団地部」の活動もしていてw,古い団地の外観を眺めるとおおよその間取りと広さがわかるらしい(^^ゞ

 

存分に楽しんでくれた。

 

 

ネコさんもいて、のどかだにゃ。

 

で、最終目的地は知る人ぞ知る三田用水の遺構。

 

 

もう説明はめんどいんで、オイラにとってはとても大切なもの、とだけお伝えしておく。

 

ということで、十分歩いて見学したんで、プラチナ通りに戻って、白金ボエム。

 

もう知ってる人いないから、とお忍びで入ったら、男子スタッフ3人に挨拶されちまったぜw

 

 

大盛況の中、しっかり面倒見てくれてとてもうれしかった。ありがとね。

 

 

気分よくビールもウマシ。

 

 

それとスペシャルメニューでフムスがあったんで食ったぜw

 

ナンが付いてて、カレーパンの中身みたいなのが乗ってるから、もはやインド料理(笑)

 

フムスにもいろいろあるもんだと勉強になった。

 

オイラはクミンなどのエスニックスパイスが効いたアラビア風が好きだけど、一般にはこのインド系のほうが食べやすいかも。

 

ってことで、まだまだ「オイラの目黒」の1/10も案内してないけど、けっこう内容濃かったはず。

 

次回はミントさん、山手線の右上、よろしくおねがいします(^o^)b

 

 

χανι@67.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE