ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 代官山まで歩けばいいことあるだろ | main | 暑気払い、って最近言う? >>
ザビエルの動かぬ城

 

 

ひどく眠い一日。

 

高校野球を見ては寝落ち、ジブリ祭りを見ては寝落ち。

 

でも、ヤフオクでレザー系2着欲しかったのが落札できたから良い一日。

 

ほんとはザビスタの網戸の張替えをしなくちゃと(ずっと)思ってるのだが、網戸のストッパーを確認したところで今日の作業終了。(10秒かよ)

 

うん、今日やらなくちゃいけない仕事でもないし。

 

東京はまた暑い日が戻ってきたが、ザビパパはひとりでかかりつけの医者に行ってきた。

 

駅でタクシーが来なくてクラクラした、とか言ってたが、丈夫自慢の親父ゆえ、下手に手出しをせず、ギブアップするまで自分でやらせようと思ってる。

 

90過ぎて、子供が付き添わなくってOKって、それだけでもすごいと思うんだよな。

 

フツーなら、オイラがクルマで送り迎えすれば済むことなのだが、それはオイラが決めることじゃなくて、親父が決めることだ。

 

子供がすべきことは、(親が倒れるという)自分の不安を解消するために、無意識の押しつけをすることじゃない。

 

その時が来たらその時と腹をくくることが今すべきことだとオイラは考える。

 

それにしても「ハウルの城」はよくわからなかった。

 

キムタクが声優やってる云々で評価するのは横に置いといて、シンプルに作品に向き合っても、何を言いたいのかが全然わからなかった。

 

この間やってた、「バケモノの子」はすごくわかりやすかったのだが。

 

やはり、「イケメンと少女」の話より、「父と子」の話のほうが、オジサンには伝わるのだろう。

 

何度も書いてるけど、宮崎駿は天敵wなので、しょうがないんだけど、来週はトトロだから見るぅw

 

あれは、原風景が共通だからスルンと入ってくるんだよな。

 

そうそう、ハウルの城で唯一わかったのは、働き者の掃除係がいないと城(家)は保てないということだ。

 

ザビ家もザビママがいなかったら、あっという間に朽ち果てそうだ。

 

そういう意味でも、ザビママには動けるうちは家を仕切っていてもらいたいと思ってる。

 

 

ザビ家は数十年、いや、器は変わったけど、その前から「動かない」。

 

ザビスタも発足前のオイラの男子高校生の部屋の頃から「動かない」。

 

世界を自由に動き回ったり、時代に合わせて変貌したりするのもステキなことだが、何が起きても変わらない、というのもステキなことだ。

 

まあ、そう遠くないうちに両親がいなくなったら、必然的に変わるのだろう。

 

そのとき初めて、ザビエルの城は動き出すかもしれない。

 

その時はその時でどうにかなるし、それもまた楽しみだ。

 

今は今が楽しいからそれでいい。

 

やっと最近、その辺の感覚がつかめてきたように思う。

 

 

χανι@66.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE