ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< ザーサイ | main | イマドキのコンピューター技術はスゴイなあ >>
主義のない世界

 

 

ここんところ、ネコと傷だらけの天使とお母さんの失敗談しか話題のないザビエルです。

 

すみませんm(_ _)m

 

まあ、確定申告が完了するまでは致し方ないかと。(終わっても変わらないか)

 

それでも今日は編集を一気に頑張って、明日は確定申告に充てることができた。エライぞ自分。

 

 

息抜きでネコ撮。今日は人気なし。去っていく姿を遠く望遠で。

 

 

すげえ、ダメな写真が撮りたくなって、さっきカップ麺を開けて撮ってみた。

 

還暦近くの少年サンデーもなんかダメでしょw

 

昔は、学生がマンガ読んでると「イマドキの若いもんは」と言われてたのを思い出した。

 

学生はマルクスとかウェーバーとか難しい本を読んでなくちゃいけなかった時代。(ほんと、読んでたのか?)

 

ところで、傷だらけの天使は、1,2話はすごく面白かったが、以降はなんか低迷。

 

70年代当時の世相を反映してるのか、妙に「暗さ」を気取ってる部分が気になる。

 

思い返せば、オイラも「暗さ」をアピールしてたな。

 

陽気に楽しんでるのはバカで、一人深刻な顔をして沈思黙考してるのがカッコイイと思ってた。

 

でも、モテなかったなw (当たり前田のクラッカー)

 

「傷だらけの天使」はそれでも当時の風俗や風景や言葉を楽しむのには良い。

 

「ゲルピン」なんて完全に死語だよなあ。

 

ゲルト(独語でカネ)がピンチで、貧乏のこと。

 

でも、オイラの頃は「金欠」だったなあ。ゲルピンは使ったことがない。

 

 

美女看板も出てきて、そう言えばこういうのあったな、と思った。

 

ちなみに劇中では「ゴキブリ死ぬ死ぬ」の広告だった。当時、ホイホイが発明されたんだっけな。

 

 

新宿の高層ビルは、まだ京王プラザと住友三角ビルと三井ビルしかなかった。

 

日本が貧乏から抜け出して、金持ちになろうと必死に突っ走ってて、社会の歪みが大きくて、世界も核戦争だ第三次世界大戦だと揺れていた。

 

中学中退のアキラ(水谷豊)が「コミューンを作るんだ」と普通に口にしてた。

 

コミューンなんてイマドキの若者知らないんじゃないか?

 

当時は、社会主義や共産主義が今の数百倍は勢いがあって、日本が社会主義国になってもおかしくなかった。

 

つーか、日本は世界でもっとも成功した社会主義の例とも言われてた。

 

今じゃ、すっかり社会主義も共産主義もおとなしくなっちゃって、政権を倒せとは言うが、資本主義を云々なんて言わなくなっちゃったな。

 

なんちゃら主義とかなんちゃらイズムも下火だ。ポピュリズムがせいぜいか。

 

文化的にも、エロチシズムもニヒリズムもセンチメンタリズムも、もはや流行らない。

 

主義・思想がないのを「ノンポリ」と言うが、昔はそれはよろしくないことのように言われてた。

 

でも、今の時代は、主義に縛られない柔軟さこそが、世界や社会を平和にする秘訣のように思う。

 

ほんとに、韓国と北朝鮮は仲良くなるんだろうか。お互いが「主義」を手放せればいいんだけどね。

 

 

χανι@68.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE