ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< プロメイク&プロフィール撮影講座PART2 | main | ザーサイ >>
夢はなく、時間に縛られた人生。

 

 

そりゃ、ひでえ人生だ、と思われるでしょうか。

 

ちなみに、オイラの人生のことですから(笑)

 

ひどく見えます?幸せに見えます?

 

 

天候は荒れ模様の月曜日。

 

DVDギルド50は気合い入れてやったが、そのあと息切れ。ヤバイなあ。

 

ザビQで荷物発送に行って、仕入れとザビママの買い物を済ませてきたら、なんかもう暗くなってきて、働く気が(^^ゞ

 

 

お駄賃でカップ麺を買っておく。

 

すんげえ吟味して買ったつもりだが(それで暗い時間になった)、コンセプトに欠けるチョイスだなあ。

 

写真撮って、萌えないのはそういうことなんだな。

 

タイトルの件は、きのう懇親会でアレコレしゃべってて改めて思ったこと。

 

オイラは、夢がない。これは子供の頃からで、「将来の夢は?」と言われるとホント困って、「すてきな奥さんをもらうこと」と高校時代は書いていたw

 

そして、いまだに将来の夢がないw もはや、苦しまないで死ねること、が最大の夢か(笑)

 

夢に向かって邁進できる人には不思議らしくて、夢のない人はいない!、気づかないだけであなたの心の中にきっとあるから!、とか平気で言う。

 

まあ、世の中の半分の人は、夢や目標があるタイプで、半分はないタイプだと思ってたほうがいい。

 

そして、夢を持てと押し付けたり、夢を持たなくちゃと思い込んだり、夢に向かってる人を小馬鹿にしないことが肝要。

 

夢のない人は、夢を持ってる大好きな人・尊敬する人をサポートしてあげればいい。

 

そういう役回りに生まれついたのだと思えば、ちゃんと役割はあるし、幸せな人生になる。

 

それと、働きたい人とゴロゴロしてたい人も半々だと思ってていい。

 

今の世の中、女子も働かないといけないと脅迫観念を持たされるが、男だって女だって、昔から働き者と無精者は居るのだw。

 

一生懸命働いて稼いだお金が尊い、と考える働き者は多いが、無精者は「カネはカネ。価値は同じ」と考えてる。

 

これも、正直に自分はどっちのタイプか考えてみて、無精者だったら、「あ、私、無精者なんだ。てへ」と言ってればいい。

 

それでも人生なんとかなるらしいw。 そういう人、世の中にいっぱいいるじゃないですか、実は。(やり方はいろいろあるものさ。それに働き者が幸せとか金持ちとは限らない)

 

大切なのは、どんな自分でもサイコーってことだな。

 

時間に縛られる話はめんどくさくなったので、また改めて。つーか、前にちょっと書いたしね。(これね

 

今日は、部活の方で、昭和歌謡曲部とロック漬け部に投稿した。

 

すんげえ、気分なんで、そのままここにも投稿する。

 

よかったら聴いてね。

 

 

χανι@68.3kg

 

 

■愛燦燦/美空ひばり

 

戦後すぐに12歳でデビューし、時代が平成に入るとともに52歳の若さでこの世を去った美空ひばりは、まさに昭和歌謡の女王であった。
美空の唄で好きなのは、「柔」と本曲だな(随分時代が離れてるw)。
小椋佳・作らしいフォークソングで、親しみやすさの中に切なさやスケールを感じる昭和最終期の名曲だと思う。
ま、今日はそういう気分なのさ。

 

 

 

■惑星/冨田勲

シンセ系ドイツ・プレグレの影響下、日本のオリジナリティを追求し、世界レベルに到達したのは、YMOと喜多郎さんだと思っている。テクノ系がYMO、ニューエイジ系が喜多郎さんだ。
そして、その先鞭をつけたのは、日本のシンセ界の大御所、冨田勲だ。トミタなくして、シンセの発展はありえなかった。
その中でも、イチオシは「惑星」。
聴きどころは、オープニングから火星(Mars)、そして25:25からの木星(Jupiter)だろう。すべてアナログシンセ単音の多重録音で作られたとは思えぬクオリティ・創造性・臨場感。
ここを通らずに、ロック界のシンセは語ることはできないと思う。

 

 

 

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE