ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 50を過ぎたらやめときなって? | main | 話したいこと、聞きたいこと。 >>
ブラックペッパー・フランス

 

 

ここにきて突然、アキちゃんのブログがすばらしい。

 

アキちゃんってのは真田亜希子さん。モデルでメイク屋でその他もろもろやってるけど、月イチぐらいでオイラのブログにも出てくる美人さん。

 

で、何が素晴らしいって、自己開示が一気に進み、「自己肯定感」「自分軸」というものが見えるようになり、それを表現し始めたのだ。

 

もし、これらのことにひっかかって、歩みが止まってしまう人には、とても参考になるんじゃないかな。

 

よかったら、じっくり読んであげてほしい。

 

1.私、ほぼ1年半前からこんなに変わりました(アメブロ

2.女性であることを受け入れたことから、更に人生が変わりました(アメブロ

3.自分軸ご存知ですか?私やっとやっと分かりました。(アメブロ

 

どうしたら美人になれるのか、という答えがここにはある。

 

そんなアキちゃんが今月も「素敵に見える写真の撮られ方レッスン」を2度実施する。

 

オイラも参加します。

 

11/17(金)13時から15時まで 残席3名様
11/20(月)12時から14時まで 残席2名様
¥5,400のところ今回までの限定価格¥3,240
JR町田駅徒歩5分のサロンにて行います
レッスン詳細はこちら

 

オイラが死なないように、今回は午後からの開始になった(笑)

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

オプションはこれと言ってなく雑用。

 

茨城のパン屋に立ち寄ったが、「ブラックペッパー・フランス」がめっちゃオイラのことを呼んでるので、珍しく買ってしまった。

 

 

これが昼ごはん。

 

見た目はブラックペッパーをまぶして焼いたフランスパンだが、中にハムとチーズがけっこう入っている。

 

この味加減が絶妙だった。久しぶりにまた食べたいな、と思えるパンだった。

 

あとはネタがないなあ。

 

なので、プログレかたっていいですか?

 

ここんところ、ソフトロックいいね、とか、俺はプログレファンじゃなかった、とか、不毛の地から、なんか芽がはえるような反応が聞こえてくる。

 

大切なのは、プログレを啓蒙することじゃなくて、あなたの音楽枠がさらに充実することなんだよね。

 

 

χανι@68.3kg

 

 

P.S.プログレセミナー9

プログレにはいろんな源流があるんだけど、重要なもののひとつに「トラッド」がある。

主に英国のフォークソングとか古い民謡。

それが、たとえば、サイモンとガーファンクルやレッド・ツェッペリンなんかにもつながるし、プログレ本流では、マイク・オールドフィールドにつながっている。

聴いてもらいたいトラッド・グループ、「ペンタングル」。

ジョン・レンボーンとバート・ヤンシュという二人のギタリストを擁し、特にバート・ヤンシュのギターは、ポール・サイモン(S&G)、ジミー・ペイジ(ツェッペリン)に大きな影響を与えている。

ということで、曲は「cruel sister」。

男を取り合った姉妹の悲しい歌。妹の肋骨で作ったハープが姉の罪を奏でるくだりは、「ホントは怖いなんとか童話」だな。

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE