ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< ソンタクしないでソンをする | main | キャットコール >>
大きな声で悪口は言わないようにしよう

 

 

朝メシ食って風呂掃除。

 

午後は都内で撮影取材。

 

 

九段下、なんぞに出向く。

 

 

裏手は皇居(北の丸公園)だったりする。このアングルは初めて見たな。

 

仕事はつつがなく完了。

 

思ったより早く、16時解散。

 

近場に行くべきところを見いだせず、渋谷に戻る。

 

ユニクロとヤマダ電機で買い物。両方共自分のものじゃないけど。

 

ツタヤで時間をつぶすが、昔のように聴きたいCDが思い浮かばない。ダメだな。

 

早いけど、17時過ぎに晩飯食いに桜んボ。

 

でも結果、これがすごくラッキー。

 

店が忙しくなる前に、花子ワクチン大量投入。効いた(笑)

 

上機嫌で飲んで食う。

 

 

仕事のあとって、働いた分、飲んじゃうよな。江戸っ子の一番いけないパターン。宵越しのカネは持たねえぜ。

 

 

ここんところ、肉は食ってるが、「完全ザビ仕様」のタリアータは食ってないんで、ザビレア・にんにく醤油。

 

やっぱ、オイラはコレだわ。

 

 

締めパスタはシンプルにペペロン半ザビ辛。完璧。

 

なんか久しぶりに花子さんとたくさんしゃべった気がするが、書こうとすると、意外と覚えてないな。楽しかったからそれでよし。

 

あ、ユニクロとヤマダの手提げをつっこんでくれたな。

 

 

やっぱ、オイラにはこのあたりがよく似合う。

 

 

先日、自分のものじゃないが、ジルスチュアートの手提げをワケあってぶら下げたら、先々で「違和感」を訴えられたw

 

女性のブランド物は、昔アッシーやってたから、意外と相性いいのよ。と言いたいが、今のオイラにはたしかに似合わん(^^ゞ

 

あとは、今日はキッチン、ホール合わせて5人でお店を回してたのに感銘をうけた。

 

ホールなんぞ、花子さんとヘルプのお嬢さんの二人で賄ったりするのが圧巻。

 

それでいて、ご案内、お見送り、TEL、客との会話、ザビあしらい、店内店外の状況確認などがキチンとできている。

 

キッチンのフォローもすごくよくて、カウンター席の4歳の常連さん(2歳の時から来ているw)の相手とか、テーブルまで料理を届けたりとか、言われなくても、見事にお店全体が機能してる。

 

このくらい個のレベルが高くて、全体の連動が取れてれば、きのうのようなブザマな試合はしないのになあと思わずサッカーの日本代表のぐだぐだ感を思い出す。

 

ともかく終始ゴキゲンザビだったが、途中、また自民党が駅前演説を始めたのでマイッタ。

 

花子さんも察してか、はじまりましたねぇw、とかフォローを入れてくれる。

 

いや、演説はいいんだけどね。今日は、かなり希望の党の悪口を言ってたのが、よろしくなかった。

 

たしかに、東京5区の希望の党の候補は、自民党を抜けての立候補なのよね。

 

それを、「裏切り者」とか「よそ者」とか誹謗し続けるのはいかがなものかと。

 

もっと余裕を見せてほしいなあ。

 

良いことしてる時の後輩はかわいいが、間違ってると思う時は、他より厳しくあたるのが先輩の務め。(こういう時だけ先輩づら)

 

中等部・塾高・大学とずっと2個下の後輩だからね。3年が1年に喝入れたくなる気持ちだ。

 

ということで、投票先は変えようかな、と思ってる。でも、希望の党が駅前演説したら、また変わるかもw

 

ともかく、うるさいのと悪口は勘弁してくれ。政策より人柄のほうがオイラには大事なのよ。

 

あと、立憲民主党の候補は、自由が丘出入り禁止の小悪党だから政策以前に論外。

 

今回話題の三極対決の選挙区だけど、意外と低レベルな混戦になりそうで、ハカハカしているw

 

ま、そんなこんなもシメにハナコーヒーを飲めば心穏やかに一日が完了する。

 

あ、完了してねえや。今日の取材メモは今日中にまとめないと。

 

酔っ払ってから、仕事をしたけど、ノープロブレム。

 

なんにしても、ザビエル元気だよ。おかげさま。

 

ありがとね。

 

 

χανι@69.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE