ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 壊れたのはデジカメじゃなくて | main | 男が会社を辞める時 >>
幸せな還暦は焼きソバ老人への道か

 

 

昭和のトランジスタ世代には常識だが、「機械は叩けば直る」。

 

きのう、ウンスン状態だったタブレットをナニゲに叩いてみたら、「Low Battery」の表示が。

 

これなら充電すれば生き返るか?うーん、なんかひっかかるけど、一応復帰した(笑)

 

ということで、NEWタブレットはとりまキャンセル。(夏休みで出荷が止まっててラッキー)

 

今日は、飲み仲間?のハマちゃんの還暦祝いライブパーティの撮影を頼まれた。

 

 

その前に桜んボでシラスペペロンとビールでランチ。

 

花子さんに撮影の話をすると、「それはご褒美仕事ですね」と言われる。

 

おっしゃるとおりで、そうそうたるメンバーがやってくる。

 

オイラが撮影係に指名されたのは光栄の至りだ。

 

 

ハマちゃんには手間かけないで、と言われたけど、そのメンツじゃそうもいかんので、ビデオ、デジタルレコーダー、デジカメと一式持ち込むフル装備。

 

また、ザビT効果で、そんな重鎮の方々に声をかけてもらってありがたかった。

 

 

知った仲では、ギターの末原名人とベースの日高真夢君が来てたので心強し。

 

にしても、末原名人のギターはかっちょいい。ジェフ・ベックとかジョー・サトリアーニのようなオーバードライブなギターソロ。

 

名人とハマちゃんの故郷にちなんで、「Hello!!桜島」を演ってくれたが思わず腰が動いたw。

 

 

あとは、このオネエサンが見映えも歌も心遣いも素晴らしくて惚れた(笑)

 

焼酎を飲ませてくれてありがとう。

 

 

お約束のサプライズもあったりして。

 

にしても、タダモノではないオジサンとは聞いてたけど、ハマちゃんはナニモノなのか。

 

 

昔、メジャーデビューした時のアルバムなどを紹介してくれたけど、実は1980年代のニューウェイブと呼ばれた音楽シーンでドラマーとして活躍してたんだ。

 

その頃の仲間も集まって、大セッション大会。

 

 

パール兄弟でいっしょに活動してたサエキけんぞうさんの「焼きソバ老人」は強烈だったなあ(^^ゞ

 

 

お仕事に差し障りがあるといけないんで名前は出さないけど、当時対バン仲間だった超有名人も当時の曲を1曲歌った。けっこうプログレだったw

 

写真はそのあとのみんなでセッションの時のものだけど、一応覚え書きで貼っておく。

 

あとはゲルニカの太田螢一さんも登壇して、あれこれ昔話をしていったけど、異能・天才ってのはこういう人のことを言うんだな、というインパクトだった。

 

ともあれ、リハで4時入りして11時までギッチリ録画録音デジカメ撮影。

 

とにかくスゴイ経験をさせてもらった。

 

帰りは、LB6のリカコちゃんが友達申請快諾してくれた記念wで、タクシーで六本木に乗り付ける。

 

バブル以来だな、と思いつつ970円だったが(^^ゞ

 

入店するとリョーコ店長に「遅い!リカコはもう帰った。私もあと少しで帰る」と歓迎された(笑)

 

ということで最後はヤローカフェになったが、シニアソムリエのフカホリさんの酒への造詣が素晴らしくて、非常に良い時間を過ごした。

 

 

酸っぱいのはニガテだ、と伝えたのに、ワインビネガーを敢えて使った即興カクテルが素晴らしい。

 

頭のなかに酒やカクテルの構造式があるに違いない。

 

とにかく今日はおそるべき一日だった。

 

還暦はかくありたいなあ。

 

ハマちゃん、おめでとうございます。

 

 

χανι@70.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE