ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< ロンドン、ロンドン、楽しいロンドン。 | main | 羊頭狗肉、的な? >>
ザビエルは すぐに死ぬけど 生き返る

 

 

台風は見事に日本縦断みたいだねえ。。。

 

本日16時抜歯。

 

なので、「最後の昼餐」をしようかなと、きのう花子さんにその旨伝えると、夜しかいないと言われる。

 

「なんか、しょっちゅう最後のなんとかって言ってませんか?w」と言われて、そうなんだよ(笑)

 

オイラは、すぐ死ぬの(^^ゞ

 

そう言って、わめいて、ストレスや恐怖から解放されて生きていくタイプ。

 

 

つーことで、今日の昼飯は先日のイケ屋(IKEA)のポテチ。

 

普通だったな(笑) 値段は高かった気がするが。 (後から考えると、もっと他のもん食べればよかった)

 

これと言って、する気もおきないし、ネットを巡ってたら、「二重スリット実験」にハマる。

 

二重スリット実験は量子力学の根本問題らしいんだけど、2本のスキマを電子が通り抜けると、その先の壁にナゾの干渉縞が現れるんだけど、はたして電子はツブか波かって話。

 

wikiとか読んでも、オイラには難しすぎてチンプンカンプンだったのだが、ここの説明はわかりやすい言葉で書いてて、一気に読み進んで理解が深まった。

 

 

さらにその先には、「シュレーディンガーの猫」というなんとも魅力的な名前の思考実験が書かれてた。

 

これはさらに難しい話なんだけど、さっきのサイトで二重スリット実験から読み進むと理解が及んだ。

 

もはや量子力学というより、哲学、心理学の領域に踏み込んでいる。

 

そっち系の人には、「シュレーディンガーの猫」は知ってて損はない話だと思う。

 

ということで、16時に歯医者。

 

去年、親不知を抜いたので、まあ同等の死に方と覚悟してたが、6番奥歯は根が3本で長いから、ちょっとタイヘンらしい。ドキドキ。

 

まあ、麻酔が効くから、ホントに死にはしないけど、あっけなく抜けた親不知に比べると、かなりの難工事で、力が伝わってきて、かなりガマンを強いられた。

 

基本、こういうときは、快楽を妄想しドーパミンで自分を満たし、また仮に死んでもきのうまでホントに良い人生だったからいいじゃんと諦めの境地に入ることで、オイラはしのいでいる。

 

さすがに抜歯後は元気ナシオ。

 

夜に桜んボ行こうと思ってたのだが、それどころか、家で晩飯も食えず、ずっと横になってた。

 

親不知のときの経験で、再出血が怖いから、今もずっとガーゼを噛んでいる。

 

あと、痛み止めにロキソニンとカロナールが処方されたが、今は手持ちのボルタレンを投入。

 

さすがに効きが違う。こうして、ブログを書く元気が出てきたw

 

ってことで、夜もずっとテレビを見てた。

 

偶然、MXテレビの「ニュース女子」という変な番組を見たが、これがすごくおもしろかった。

 

 

若い女の子たちにおじさん(おじいさんかw)たちが左翼について真剣に語るんだが、このギャップがいい。

 

しかも、元左翼の論客たちが自戒を込めて、ホンネで語るから、すげえ勉強になる。

 

結局、オジサンたちが若かった頃は、熱く我が国の将来について語るとモテた、というのが根底にあるんだな(^^ゞ

 

今の子達は、「ヤダー!」「引く―!」とか素直に返してて、おもしろかった。

 

でも、イヤだからキライだから目を背けるんじゃなくて、ちゃんと知って判断する、という姿勢が番組に貫かれててよかった。

 

共産党本部の社員食堂がオススメという話も、オイラも行ってみようかなと思うもんな(笑)

 

でも、今は、我が国の問題より、宇宙の根本原理より、オイラの歯だよ歯。

 

ということで、そんなこんなの思いを込めて、本日のエンディングは、井上陽水で「傘がない」。

 

行かなくちゃ、君に会いに行かなくちゃ。

 

 

 

χανι@68.4kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE