ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 危うくブログが書けなかった言いワケ | main | 雨がやんだら、ザビ散歩 >>
富士を彩る芝桜

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

このタイミングしかないだろうとガンバって、富士芝桜まつりがオプション。

 

東京からだと中央高速から河口湖まで行って、そこから139号線を西進すればいずれ到着する。

 

一番西のはずれの本栖湖より更に先、もうちょっと行けば、静岡県富士宮市に入るという、山梨県としてはかなり奥地のほうだ。

 

昔は、このへんは上九一色村と呼ばれてて、ユニークな地名でご存知のかたも多いはず。

 

また、祭りの会場から少し脇に入っていけば、あのオウム真理教のサティアンがあった場所だ。

 

平成の大合併で上九一色村の名が消えたのは残念。

 

ともあれ、こんなところまで、大勢の観光客を引っ張ってくる芝桜パワーはすごいと感心した。

 

日本人も外国人も平日だけどすごい数。GWや土日は渋滞含めどうなっていたんだろう。

 

ともかく、会場イン。

 

 

富士山はかろうじて見える天候だったが、見えただけラッキーだろう。

 

 

中央の池からの富士山がポスターポジション。晴れてれば絶景だ。

 

 

ダブル富士山、なんてのも売りである。

 

 

あと他にもいろんな植物が植わってるが、アネモネが秀逸。

 

バリエーションと美しさからいったら、芝桜以上かも。

 

芝桜と言えば、数年前(いや、調べたら2009年だった)に行った埼玉は秩父の芝桜も有名。

 

秩父のほうが庭園感は上だった気がするが、こちらには富士山という借景があるので、やはり強い。

 

なんとか人をいれないで撮りたいと一工夫。

 

 

まあ、アップは人は入らないねw

 

あとはアングルで向こう側の人間を隠す作戦。

 

 

青空だったら、かなりイケてたはず。

 

 

(IT和田さんのアドバイスで背景リタッチ)

 

芝桜の向こうにうじゃうじゃ人がいるとは思えないでしょ。

 

ってことで堪能。

 

 

戻りは、大渋滞の寸前で鳴沢の日帰り温泉イン。これもラッキーだった。

 

富士山も今日一番できれいに見えた。

 

「赤富士ラーメン」が呼んでたのでチャレンジ。

 

「ホントに辛いです。注意してください」とメニューに書いてあったがw,辛さ的にはココイチの4辛くらい。つまりザビ辛程度。

 

 

もちろん礼儀として完食。ただ汁モノは量とか他の内容物で辛さ以上にカラダに来る。

 

久しぶりに辛いものでお腹を壊した(^^ゞ

 

とりあえずピンチを乗り越えて、現状こうしてザビスタでブログ書きできてるが、明日には復調してるかなあ。。。

 

ちょっとケチをつけてしまったが、思った以上に充実の一日。

 

成功だね。

 

 

χανι@70.7kg (汁ぶくれ?)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE