ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 南インド経由桜まつり | main | モデルとカメラマンと男と女 >>
ねこまんまとRIP

 

 

結局、きのうは22時に晩飯にあたるものを食した。

 

食べに出かけるのも面倒だし、なんでもいい、と言いながらも、ちゃんとしたものは食いたくない。

 

ちゃんとしたものと言うのは、体と健康を考えてヘルシーなもの、ってこと。

 

簡単にいえば、ジャンクフードが良いなあ(^^ゞ

 

ってことで桜まつりのあとはサミットに寄って、カップ麺を物色。

 

カップラーメンという感じではなくて、ヤキソバ(一平ちゃん)で手を打つかとレジまで持っていったら、目の前に「カップヌードルぶっこみ飯」があった。

 

 

ウワサには聞いてたがコレか。

 

198円と割高だが、これは食レポにもなる。

 

栄養バランスを考えて、特売の野菜ジュースも忘れずに(^^ゞ

 

で、作ってみると、まず熱湯5分というのが麺類と違う。

 

 

でも、たしかにメシが入ってるw

 

コロ肉、エビ、玉子、ネギなどのかやくは麺と同じ。

 

味もたしかにカップヌードルだ。

 

でも、思ってたよりインパクトがない。背徳感もない。

 

なんだろうと考えたのだが、食べ残しのひょろひょろのふやけた麺が入ってないのがいけないんじゃないか?

 

ラーメンライス=ねこまんまの魅力はラーメンスープの残りもの感の中にメシをぶっこむところだ。

 

やはり、普通のカップヌードルの食べ終わりにサトウのごはんを入れるのが正しいように思う。

 

あとは、価格の件。

 

販売価格:税抜き198円はやはりちょっと高い。

 

ちなみに、170円のQTTAは148円で売られてた。

 

しかし、それを意識して、カップヌードルは超特売だった。

 

なんと今だけ108円である。

 

 

しょうゆは買わない主義なので、ここは備蓄として、チリトマトとトムヤムクンを仕入れた。

 

日清もがんばってるなあ。

 

それだけ、新ライバルのQTTAはよくできてるとも言えるな。

 

 

今日は予想通りホント何もない日。

 

かろうじてゴミ出しで、20歩外に出た。

 

音楽界の訃報が相次ぐ。

 

今日はギタリストのアラン・ホールズワースが亡くなった。

 

実は先日ラジオスターのブログを書いたときに、友人からジョン・ウェットンが1月に亡くなってたことを聞いた。なんで知らなかったんだろう。

 

ウェットンはオイラが一番好きなバンド、キング・クリムゾンの全盛期のベーシストで、その後、ホールズワース達と「UK」というプログレバンドを結成する。

 

当時、ロック界では大ニュースだったのだが、それも40年近く前のことか。

 

ホールズワースはベロベロ弾くギターが特徴的で、影響を受けたミュージシャンも多いと聞く。

 

ホールズワースが脱退した後だけど、UKは日本公演を行って、それにオイラは行ってる。

 

事前にレコード収録するので、みたいなアナウンスが会場ではあって、大盛り上がり。

 

オイラは最後にこれみよがしに指笛を吹いたが、それはちゃんと発売されたアルバムに「収録」されていたw

 

最近は、哀悼の意を表す言葉として、R.I.P.が使われるようになった。

 

これはラテン語の Requiescat in Pace の頭文字で、「安らかに眠れ」という意味だそうだ。

 

ということで、UKはオリジナルメンバー4人のうち2人を今年になってなくした。

 

哀悼の意を込めて、彼らの1曲めにして代表曲、「In The Dead Of Night」をリンクさせてもらう。

 

 

詳しいことはわからないが、この曲は7/8拍子だそうで、変拍子の多いプログレの中でも好サンプルと言えそうだ。

 

あと先日亡くなったと言えば、J・ガイルズにもRIP。

 

ガイルズも知らない人が多いだろうけど、この曲のイントロは誰でも知ってるはず。

 

知らなかったら、世の中に背を向けて生きてる人の称号を与えたいw

 

 

全部聴かなくていいから、頭10秒だけ聴いてみて。それで答えは出る。

 

それにしてもコレは1981年発表か。

 

オイラにとっては「新しい」曲なんだが、1985年生まれのあなたには、生まれる4年前の曲。

 

オイラに当てはめると、1955年の洋楽ヒット曲ということ。

 

ポール・アンカの「ダイアナ」かあ。。。...○| ̄|_

 

でも、名曲は何年何十年経とうが人の心に響き残るんじゃないかな。

 

RIP

 

 

χανι@69.0kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE