ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 神おろし ザビおろし | main | 昼メシを食べないという選択 >>
ラジオスターの悲劇

 

 

きのうの深夜は小腹がすいたので、先週ゲットしたQTTAを食った。

 

 

なんでもマルちゃんが日清カップヌードルに対抗して出した商品とのこと。

 

とりあえず評判もいい基本の醤油にしてみたが、、、

 

これがかなり美味いのだ。正直驚いた。

 

カップヌードルの牙城はどうあがいても崩せんと思ってたけど、これは比肩しうる。

 

麺は正直QTTAのほうが美味い。かやくはそっくり(コロ肉うまし)。スープはオイラにはやや薄味かな(一味投入で問題なし)。

 

これなら、店で並んでたら、安い方を買う、というレベルだ。

 

もっともオイラは基本、カップヌードルはチリトマトとトムヤムクンしか買わないけど(^^ゞ (あと抹茶ね)

 

起きてからはネットチェックと昨日上がった動画についてのクライアントさんとのやりとり。

 

OKもらえてハッピー。

 

15時に大雨の中をザビQころがしてM野さんち。

 

先日のライトの電源ケーブルを貰い損ねてたので、その受け取り。

 

夕方はザビスタに戻ってエアチェックの準備。

 

御殿場の盟友リンコロさんが地元FM局に出演。

 

 

そうそうその前に、修理に出してたストロボが届いた。

 

修理費1万円で済んだ。よかった。

 

中華ストロボと比べると、やっぱ撮れる写真の画質良いw

 

まあ、値段が10倍以上違うんだけど(^^ゞ

 

で、話をリンコロさんに戻すと、正式オープンが遅れてるけど、新リンコロの宣伝等も兼ねてのおしゃべりゲスト出演。

 

オイラは前回同様ボイスレコーダーをパソコンのヘッドホン端子にケーブル接続して録音。

 

果たしてエアチェックという呼び方がネット放送の場合、合ってるのかわからんが、やはりFMの聴取録音はエアチェックと呼びたい。

 

それと、FM局にお便りを出してみた。

 

昔はハガキで一週間くらい前に出してたが、今はネットで聴取しながらメールすればいいんだからスゴイ。(若い人には何当たり前のことに感動してるの?と言われるだろうが)

 

そして、しっかり読んでもらった!

 

半世紀以上生きてきて、ラジオで自分のたよりが読まれるのは初めてだ。

 

公共放送で読んでもらえるって、想像以上に感動する(^^ゞ

 

20秒くらい、ちょっとその辺を切り取ったので、聴いてみて。

 

 

全編は後日ということにして、前回分はリンコロさんが上げてくれてるのでリンクしておく。

 

 

リンコロさんの美声必聴。

 

今もラジオ放送局は存在するけど、やはり昔のほうが勢いがあった。

 

リンコロさんやオイラも中学高校時代は深夜放送を聞きかじった世代。

 

 

少なからず影響を受けているというか、結局オイラはそんなことからハードウェア系統に走り、AV機器メーカーに就職し、今のザビスタにまでつながっている。

 

もっともラジオ放送が輝いていたのは、オイラたちが生まれる前、テレビがまだ普及する前だったろう。

 

そしてラジオにテレビが取って代わり、テレビにインターネットが取って代わった。

 

 

エアチェック・メディアも代わった。

 

オイラの頃はカセットテープ全盛だけど、オープンも使ったし、その後MDとかVHS HiFiとかDATとか。

 

そして今はメモリだ。

 

でも、時代が移り、メディアが代わっても、大切なものは変わらない。

 

地域FMが遠く離れた東京どころか世界中で聴けるわけで、人の言葉や心は、昔より確実に多くの人、遠くの人にも届いている、

 

むしろスゴイ時代なんだ。

 

今日のお別れの曲は、この手の話の大定番、バグルスの「ラジオスターの悲劇」。

 

だけど、そう考えると悲劇ではなくて、ハッピーエンド(まだずっと続くけど)な気もするね。

 

 

χανι@69.5kg

 

 

 

以降は余談。

 

バグルスは、トレヴァー・ホーン、ジェフ・ダウンズたちのニューウェイブなバンド。

 

彼らの成功は後に、プログレ界にも大きな影響をもたらす。

 

絶滅したはずのプログレの恐竜たちに今一度の光をもたらす。

 

イエスのロンリーハートでの復活は、ホーンのプロデュースなしではありえない。

 

そして、どれだけの人間があのオープニングのオーケストラサンプリングを真似しただろう。

 

ダウンズは、エイジアに参加してポップなプログレをヒットさせた。

 

ラジオスターのフレーズとエイジアの第1曲めにはよく似たフレーズとアレンジが登場する。

 

昔は、彼らをプログレファンは異端視したけど、こうして歴史を重ねると彼らの偉大さを今更ながらに痛感する次第。

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE