ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< フライパンで焼くのは焼鳥か? | main | ハンバーグの原風景 >>
馬しゃぶ新年会

 

 

昼は、心を込めた代筆を一文。これをもって本日の仕事とする。

 

あとは、思い立ってwiki等で今更ながら「新世紀エヴァンゲリオン」のお勉強。

 

使徒とか物語のベースがやっとわかって、こんなお話だったんだと初めて認識(^^ゞ

 

アニメじゃなくて小説で全編書いたら、壮大なハードSFになるんじゃないか。(なんか、「ガニメデの優しい巨人」を思い出した)

 

夜は目黒の「そま莉」で学生時代からの親友かつたか氏と新年会。

 

 

初めてカウンター席に座ったので、女将のサッちゃんとの距離が近い。

 

サッちゃんの故郷は小国と知り、大分から小国を通って黒川温泉にクルマを飛ばしていった話をする。

 

 

ってことで、まずは熊本料理と言えば馬刺し。

 

 

それから、かつたか氏と気になる料理をオーダー。(白子、下仁田、牡蠣グラ、豚足)

 

かつたか氏が「ソツがない店」と評していたが、たしかにその言葉は、そま莉にぴったりだ。

 

 

メインはもちろん予約しておいた馬しゃぶ。

 

 

最初にネギを鍋に投入すると、馬刺し(これをしゃぶしゃぶする)が全貌を現す。

 

しゃぶしゃぶが基本だが、オイラはそのまま醤油で食っちゃうw

 

 

そしてシメは生そば。

 

自分で茹でて食うから、好みの茹で加減OK。

 

「バリ硬」ですねえ、とサッちゃんに言われる(^^ゞ

 

そま莉は決して安くはないが、たまの贅沢、大切な人を連れてくるのにはうってつけ。

 

振り返れば結構飲んだな。

 

生ー開運純米ー鳥飼ー蔵の師魂。

 

昔は常備酒にしてた鳥飼(米焼酎)が改めて美味いと再発見。

 

帰りは、目黒ー桜新町という難しいルート。

 

バスでザビスタ前を通過するのもイヤだし、渋谷を経由するのもつらい。

 

ということで、東急線2回乗り換えで向かう。

 

 

酔いも腹も結構水準に達してたので、レバペ+バゲットなど。

 

それにしてもレバペの色合いが見事。味も文句なし。

 

担当は、モトエさんー花子さんの豪華リレー。

 

にしては、「元気ないオーラに覆われてますよーw」と花子さんに言われるくらいお疲れモード。

 

なかなか蓄膿症が治らないので憂鬱。(次の良子先生までに治らなかったら抗生物質か)

 

まあ、年初早々エンジン全開ってのもなんなので、ボチボチいこうよと自分に言い聞かせてます。

 

みんな、ありがとね〜。

 

 

χανι@68.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE