ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< すべてはそう信じることから始めよう | main | よく効くクスリって怖くね? >>
ゴホンといえば太田胃散?

 

 

ゆる〜く風邪っぴきのザビエルですm(_ _)m

 

1に睡眠、2になんとか、と言うので、とにかく寝るかと。

 

昨晩はいつもより1-2時間早くミンザイを飲んで、25時に就寝。

 

途中目が覚めたりもしつつ、10時過ぎまで寝た。

 

朝飯を食い終わって、そのあとは箱根駅伝を流しながらまたゴロ寝。

 

勝負は見えてるし、基本お兄ちゃんたちが一生懸命走ってるだけなのでw、意外と眠くなる(^^ゞ

 

首位青学のゴール直前のMCで目が覚めたのは13時半。

 

正味12時間睡眠だ。

 

これだけ寝れば少しはよくなるだろうと思ったが、寝過ぎでダルい(^^ゞ

 

結局、明るいうちは、「相棒」の再放送を見る以外ヤル気も起きず。

 

晩飯はカレーだと言うので、願ったり叶ったり。

 

カレーのスパイスは生薬みたいなもんだから、風邪に効くと信じている。

 

サヴォイの激辛スパイスをたっぷり投入して中村屋のカレーレトルトを食す。相性良し。かなりイケる。

 

ただそれで風邪が治るかといえば、そう甘くない。

 

カレー食って治るならインド人は風邪ひかねえだろう。

 

でも、元気は出てきて、夕方行けなかったし、とバスで桜んボ。

 

「いいところに来ました。明るいうちはずーっと行列でした」と花子さんに言われたが、風邪の功名?(笑)

 

 

アルコールも風邪に良いという迷信があるが、ここはアードベッグをロックで一杯。

 

薬効を狙うならシャルトリューズとかハーブ酒にすればよかったが、気分はウイスキーだったのよね。

 

テーブル担当のA子ちゃんの笑顔ともてなしも抜群で感銘。

 

シメにハナコーヒーをいただいて、短いながらも充実のひとときだった。

 

ザビスタに戻って、やっぱ鼻や咳が出るんで、ヤケクソで太田胃散(笑)

 

「ゴホンと言えば、龍角散」「太田胃散。ありがとう、いい薬です。」

 

ん?なんか違ってるか?(^^ゞ

 

いや、きのう「釣りバカ日誌」見てたら、ハマちゃんの神経質な上司が太田胃散を愛用してるんだが、風邪でも太田胃散を飲むんだ、というくだりがあって。

 

もちろん、ギャグなのだが、なんか太田胃散の味が風邪にも効きそうじゃんw

 

ということで、ほんの少しだけ水なしで飲んだんだが・・・

 

うひゃー、ノドに貼りつく! キターッ!って感じw

 

ところがその後、咳や鼻がおさまった気がするのよ。ホントかよ。

 

そこで太田胃散の成分を調べると、

 

●ケイヒ・・・解熱作用、鎮痛作用

●チンピ・・・去痰作用

 

って、風邪薬?w

 

生薬=スパイス=漢方って、どのくらい効くのかわからんけど、たしかに身体になんか作用するわけで。

 

もちろん、治るわけじゃないし、一時的なんだけど、おもしろいなーと思った次第。

 

 

お薬は用法用量を守って正しくお使い下さいm(_ _)m

 

 

χανι@68.9kg (ヨシ!もどってきた)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE