ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 自由が丘の黒い雨 | main | 日本のホスピタリティがデフレを招いた? >>
7年の歳月がオイラをレガートにしたか
  
 
 
中等部時代からの親友(ERHGという今のオイラを形成したグループ仲間)たちとの新年会。

今年のテーマは、昔の新年会でやってたことをこの歳で再現して楽しもうというもの。

まずは、4年前に倣って明治神宮参拝。



日曜日ということもあるが盛況。

西洋系の外国人が目立つのが意外というか。(もちろん、中国語も飛び交ってる)



スピの聖地、清正の井戸は10分くらい並んで見学。

絶対違うと思うけど、加藤清正はもしかしたらご先祖かもしれんので、一応偲んでみる(^^ゞ



庭園の池の日陰のところは、氷が張ってた。やはり今年は寒いんだね。

次は、渋谷に出てボウリング大会。

いやあ、いつ以来だ?ボウリングw

ともかく、右背中切って、重い球を投げるのはそれなりに慎重になる。



昔に比べて、とてもおとなしいフォームになった。

成績は133,125。  まあ、そんなもんか。

とにかく、やってるうちに足腰が重くなってくるのがわかり、歳を自覚。



優勝は見事なストライクを何度もキメたasa氏。 お見事。

そして会食は17時半に、渋谷レガートへ。

ここは7年前にこの会で使わせてもらった。

当時は全然オイラは知らなかったのだが、ここはボエムの姉妹店。

ボエムと同じグローバルダイニングの運営だが、ボエムがトラットリアなら、レガートはリストランテ。

料理はイタリアン以外にも美味いものを出す、というコンセプト。

ここにした理由は、自由が丘ボエムで世話になったシモエダ君が今はここにいるから。

考えてみれば、去年の新年会はボエム自由が丘だったので、2年連続シモエダ君のいる店だ。

今日も、テーブル担当に就いて、とてもよくしてくれた。ありがとう。



7年前の時は個室を借りて、ネット通信で、香港と名古屋の仲間につなげることがメインだったので、店のことは全然記憶がない(^^ゞ

こんな広い店とは驚いた。 内装も豪華。



食事はボエムに比べて、量が少なくて、値段は5割増し。食材はその分いいものを使ってる感じ。

ヨーロッパ料理に詳しい、aki-t氏の指導の下、ラクレットを初めて体験。

他、レバーペーストやフィットチーネなど、ボエムにないもの中心にオーダー。



酒は、シモエダ君がザビエルスタイルをよくわかってくれてるので、気持ちよくオーダー。



テキーラのあとにアイラモルトのボウモアを頼んだら、18年モノだった。

ボエムだと12年なので、お値段が心配だったんですが(^^ゞ

いずれにしても、久しぶりに行って、レガートを実質初めて体験できたのでよかった。

値段と量がオイラのそれとは違うので、リピートするかはビミョー。

正直シモエダ君がいてくれたから、ザビエルスタイルを貫けたけど、お店が広いので、女性店長はじめ、他のスタッフの顔(個性)が全然見えてこなかった。

料理も美味しいけど、料理人の顔が浮かんでこない。(逆に料理人が、個々の客の顔を思い浮かべてないように感じる)

オイラは内装より料理より、人重視なので、その辺は物足りなかった。

レガートスタイルというのがあって、やはりそこにふさわしい客が行くべき店なのだろう。

ま、オイラにはボエム自由が丘があるから、それで全然OKなんだけどね(^^ゞ

あ、そういえば、今日は富士のまる宮ちゃんが昼にボエム自由が丘に来てくれたらしく、同じく富士のAKIさんが駒沢通りを走行してたり、トガシィが早朝駒沢公園をジョギングしてたり、友達が近くまで来てくれてたみたい。

ぜひ、次は会いましょう(^_^)v


■今日のおまけ■



結局、量が足りなくて、ザビスタで緑のたぬき。

ちょっと切なかった(笑)


χανι@68.8kg
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE