ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

<< 検査入院前日 | main | たった1日の入院で学んだこと >>
検査入院なう!気管支鏡はヤバかった
 
 
 
ただいま、月曜午後9時、入院中。

現状としては検査も終え、あとは寝て、あした昼には釈放だろう。

なら、入院しなくてよさそうだが、想像以上に気管支鏡がハードで、ただいま、発熱中(^^ゞ

37度後半だし、晩飯も味わかったので、オオゴトではない。

ただ、ミニノートでちまちま画像処理をする元気はないので、iPadで文章を作り、ミニノートでメール受信してブログアップしようかな、と。

この本ブログプロバイダがiPad対応してないので、こういう面倒なことに。

ミニノートは音楽再生機としても活躍してる。

音質云々でなく、大部屋では周囲の音が気になるのでね。


さて、朝はパン1個食って、北里研究所病院へ。

患者はもちろん、入院受付も銀行みたいに並ぶ。

そのあとは、病室に案内されるが、担当ナースが忙しいのか、しばし放置。

ホスピタルなのに、ホスピタリティがイマイチかな、と思ったが、担当のナース・マキちゃんが来てからは俄然空気がよくなる。

同室の3人の患者は皆お年寄りだが、彼女は人気者だ。

オイラはすぐに「マキさん」と名前で読んでたが、先に入院してた隣の老紳士も「マキさんと呼んでいいですか?」と断ってから、名前呼びw


ところでネットからはたくさんのコメント、メッセージをいただき、大感謝。

これにレスしてたら、あっというまに、午後の検査の時間。

ナース・マキに連れられて処置室へ。いよいよ戦いだ。

ノドと気管支に霧状の麻酔をするが、当然ゲーゲー。

即、「死んだ」「ダメです」を連発したが許されず。

罪はないが、この麻酔の先生(男)がオイラのキライなタイプの顔で(誰に似てるというと、さしさわるのでカット)、余計イラつく。

ただ、補助でついてる看護師のおねえちゃんが、めっちゃかわいい。(目と髪しかみえないが)

アイシャドーキラキラで、ゴーグルにマスクがかなりフェチ。

よし、彼女をみながらがんばろうとおもったが、すぐにアイマスクされる(^^ゞ

そのあと、手を握られたが、これはオジサン先生だった。なえる。

肝心の検査だが、気管支、肺という異物侵入厳禁のところに内視鏡が入るので、楽なはずがない。

胃カメラでも随分暴れたが、体は動かさなかった。

しかし、今回は、マナ板の上の鯉のように、ビチビチ跳ねた(^^ゞ

そもそも、オイラにはこれは想定の範囲内なので、最初から全身麻酔をして、と、オジサン先生に要望したのだ。

でも、医者の都合もあるのだろう。拒否されて、このような状況に。

あまりに暴れたので、一発注射打たれて、コロン(^^ゞ

結局20分で終わるはずが1時間の大検査。

麻酔でふらふらなので、車椅子で病室へ。

17時まで寝て昼メシ。

そのあと、H医師(慶応の友人で、良子先生の旦那)が見舞いに来てくれ、さらには、きのう壮行会をしてくれたみぞっちさんも見舞ってくれた。

ありがとう!

その頃が一番元気だったが、以降は急にだるくなり、寒くなり、眠る。

まあ、それでも晩飯の味もわかったし、食べられたので、このあと寝れば復活するんじゃないか?

というところで今日はおしまい。

あしたは、画像を付けたいな。


χανι@未計測
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE