ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

業務用冷蔵庫に連れ込んで・・・

 

 

夕方前に出発。

 

久しぶりに明るいうちにご落胤と会う。

 

 

日が沈むの早くなって、なかなか撮影できないでいた。

 

それから期日前投票。

 

 

散歩道にある昔の区の出張所みたいなところで投票ができる。

 

けっこうな出足。投票日は台風かもしれんしね。

 

それから桜んボ。

 

 

紅茶でスタートしたが、「結局、飲むんですかw」と花子さんにつっこまれつつもレッドアイ。

 

なんかここで飲まないのはオイラの流儀に反するし、しかしこの後の展開を考えると、度数低めがよいかなと。

 

グッチョイだったな。

 

夜は新宿へ。久しぶりな感じ。

 

ミントさんと飲みデート。

 

しばらくご無沙汰してた「冷蔵庫」に行きたくて、呼び出した次第。

 

 

レッキとした飲み屋の入口ですから(^^ゞ

 

店長のリュウさんにお久しぶりですと挨拶してカウンター席。

 

 

相変わらずのレトロ感だが、一部ハロウィン仕様が店内に散見されて、そのハズしっぷりもまた良いw

 

 

お通しが、牛たたきというのもリュウさんらしい。

 

 

ピーマン嫌いなオイラが唯一食える「つくピー」。

 

軟骨入りのつくねも素晴らしいが、何と言ってもフレッシュなピーマンがウマシ。

 

 

ミントさんに撮ってもらったオレ。

 

リラックス&ハイテンションでかなりゴキゲンだったと思われるw

 

ちなみにこの店ではオイラは各種芋焼酎のお湯割りをいただく。今日は農村シリーズで攻めた。

 

店の名前は「盛岡五郎」なのに、食い物は馬刺し・モツ鍋の九州系が強い。

 

ということで、メインは馬刺し。

 

 

ザビエル得意の紅白盛り。赤身とたてがみ。

 

たてがみの旨味がハンパなかった。ミントさんも初トライだったが、お墨付きをいただく。

 

 

「今日はレバーも入荷してます」とラッキーな一言をいただいたんで「ネギレバ」をゼヒもなく。

 

周囲はしっかり火を入れてるけど、中はレア。

 

馬肝ひさしぶりでウレシス。

 

いやあ、堪能堪能。

 

ミントさんとはあれこれコダワリの話をしたが、今日の気付きは、オイラの青春時代はコダワリが強すぎてもったいなかったかな、ということ。(もうちょっと女っ気があったかも)

 

でも、コダワリ抜いて、ひとりブラブラしてるから、今こうして楽しく飲んでるとも言えるしな。

 

すべて結果オーライ。

 

あしたもがんばりまーす。

 

せんきゅう

 

 

χανι@70.2kg (帰りのココイチ納豆カレー3辛が効いてるなw)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ボブという名の猫

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

オプションは映画「ボブという名の猫」。

 

 

気になってた「ネコ映画」だし、一度観たランちゃんがもう一度観たいし、原作本買ったし、オイラも観ろ、ということなので是非もなく。

 

都内での上映は終わったかもだが、温泉近くの茨城・守谷のイオンシネマで上映が始まった。

 

 

初めて、ネット予約をしてみたが、これは便利だ。

 

イナカの16:10というハンパな時間の上映で、我々以外の客は2名(^^ゞ

 

真正面前寄りの完璧な席で鑑賞。

 

2時間モノだったが、ずっと画面に食入り、短い時間に感じた。

 

とにかく、本人(いや本ニャン)のボブの演技?がすばらしい。

 

英国の大ヒット実話モノだが、とにかく、ボブの魅力で人々を惹きつけるのは現実も映画も同様だと思う。

 

主人公は薬物に手を出した売れないストリートミュージシャンで、そこにボブが偶然やってきたことで、彼が立ち直っていく物語。

 

ギター一本の曲中歌も味わい深くて、また映像と合っていて良い感じだ。

 

カメラワークも人間目線、ネコ目線の切り替えなど、スムーズでわかりやすい。

 

シナリオは淡々と進んでいくし、大きな仕掛けもないんだけど、飽きることはなかった。

 

好き嫌いが分かれるとすれば、まずは猫好きがどうか、というところw (当たり前)

 

それと、主人公に共感できるかどうかだな。

 

オイラは、この手の依存型サイテー男の更生物語はニガテなので、その部分は心地悪かった。

 

で、なぜかこういうサイテー男には可愛いカノジョができる、というのも面白くない(笑)

 

というような部分は置いといても、全英で大ヒットしたのはよくわかるし、(猫好きなら)観て損のない作品だ。

 

また、英国の文化というか、弱者に対しての優しさみたいなのが伝わってきたのは興味深かった。

 

無料の動物病院とか社会的落伍者に対しての手厚い福利厚生とか。

 

税金が高いのがわかる気がした。

 

しかし、それでもそのセーフティネットにひっかからない超サイテー人間たちは、おそらく日本より多いだろうという現実も垣間見える。

 

一般人は弱者に日本以上にやさしいけど、弱者の足は弱者が引っ張るというのは「貧すれば鈍す」で、どこも同じなのだろう。

 

まあ、そのへんはオイラの偏見、あるいは映画からの一面的な見方かもしれないが。

 

ともあれ、やっぱりネコは良い。肩やギターに乗ってくれる相棒ネコ欲しい、と猫好きに思わせてくれる映画だった。

 

 

温泉では、塩炒り銀杏が美味かったな。

 

以上、ザビエルには珍しい映画書評でした。

 

 

χανι@69.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







実は日本を支える50代

 

 

自分がヤングサラリーマンだった頃、50過ぎのジイサン課長wって、何やってんだか、と思っていた。

 

のんびり朝は新聞読んで、たまに電話取って、パソコンの使い方聞いて、ふらっと営業と称していなくなる。

 

定年も見えてくるし、そのうち年金もらえるし、歯がゆい反面、うらやましかったのかもしれない。

 

 

今日は午後はちょいとアキバ方面にお出かけ。

 

その前に手前の淡路町(小川町)で降りて、ランチ。

 

元タイマーズの伝説のドラマー、パーさんのお店「THE SHOJIMARU」がランチやってるのよ。

 

正直、知らないと入りにくい、狭い階段を下りた地下のライブハウスでのランチ営業。

 

時間もだいぶハズして行ったので、客はオイラだけ。

 

スタッフのおねえさんがいて、親子丼かガパオ丼か聞いてくれるので、当然ザビ的にはガパオ丼。

 

 

けっこうパワフル!味は和風(パクチーじゃなくて大葉)だがスパイシーで量もハンパない。これで700円。安っ!

 

パーさんは?と聞いたら、昼はあまりいないらしいが、顔を出すこともあるそうだ。

 

なんて話してたら、パーさんが入ってきたw ラッキー。

 

 

いやいやどうもどうも、と挨拶して、ちょっと会話。

 

お互いまずは健康話(^^ゞ

 

お店持つってやっぱタイヘンだし、そもそもドラマーとして全国駆け回ってるから、相当忙しいみたい。

 

パーさんは来年、オイラは再来年、還暦だけど、「なんかこのまま70まではいくよね」というのがお互い正直な感想。

 

まだまだ元気さ。

 

ということで、夜はライブハウス、昼はランチ屋のTHE SHOJIMARU。けっこうな確率でパーさんにも会えます。

 

最新情報は、ツイッターが便利。(こちら

 

どうぞご贔屓に。

 

さて、アキバまで歩いて、JVCの展示会見学。

 

古巣であり、撮影取材をやらせてもらってるし、今回その写真も使われるってことだったんで、のぞいてきた。

 

 

おー、けっこうな入り。やっぱ古巣が元気いいとうれしいものだ。

 

しかし、ともかく笑ったのは、昔の同僚たちが「大きなオトナ」になって存在し続けてることw

 

だって、お互い2-30代だったんだもの。

 

それがみんな、50代。 同期なんかは定年が見えてきてるw

 

昔とやってることは同じような、違うような、正直展示システムはよくわからないけど、がんばってるのは伝わってくる。

 

 

それで、取材写真だけど、結構たくさん使ってもらってたし、去年とかの出張のも紹介されててうれしかった。(札幌行きたいから「あそこ」の事例集作ろうよ、と部長さんに提案w)

 

HPで一般にも公開されてるんで、JVCケンウッド、こういう方面でも活躍してるんだよってことで、よかったら観てね(HP)(半分くらいの事例にオイラの取材撮影使ってもらってます)

 

でもさ、なんか今日感じたのは、大切なのは地道に継続してやること、取引が続いてること、信頼関係が続いてることなんだなって思った。

 

そういうのは若いときにはわからなかった。

 

ヤングの時に50代のオジサン見てた目は一面正しいけど、他の多くの面は見えてなかったのかもね。

 

サラリーマンであれ、ドラマーであれ、カメラマンであれ、それなりに社会の一部になってるわけで。

 

ま、それは60になっても70になっても変わらないんだろうな。

 

夕方、桜んボに帰還。

 

こっちは、10代から30そこそこの若者たちのパワーをいつも見せてくれる。

 

彼らも日本経済やみんなの幸せに大きく貢献してるわけで誠にすばらしい。

 

さて、キノピーがやってきてヤリトリ。

 

KINO「私は一人カラオケ無理だから」

XAVI「(^^ゞ」

KINO「あ、新人のアイノちゃん。こちらザビさん。花子さんファンで、花子さんに会いに来てるだけだから」

XAVI「よろしく。これからは、アイノさんにも会いに来ますね」

KINO「口だけだから」

 

と、いつもどおりのオトナの予定調和的会話を楽しむw

 

 

酒は、アブソリュート・ヒプノ・ロック。(なんか音楽ジャンルみたいな名だな。オイラの命名だけど)

 

名前通り催眠効果抜群で、家帰って寝落ちしました(^^ゞ

 

 

χανι@69.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







一人カラオケをヒトカラと呼ぶそうだ。

 

 

ネット調査によると、全体の1/3が一人カラオケOK、2/3がダメなのだそうだ。

 

10-20代はOKが多いが、30-60代はダメ率が上がるらしい。

 

まあ、オトナはカラオケはみんなで楽しむもの、という観念があるかもしれない。

 

オイラは歌うのは好きだが、カラオケに誘われてもほとんど行かない。

 

仲のいい友人2-3人とだったら行く、という感じ。

 

なにしろ、歌うのは好きだけど、人が歌ってるのを聴くのがキライ(笑)

 

ましてやスナックみたいなところで、知らない酔っぱらいオジサンの歌を聴くのはムリ。

 

お愛想で拍手したりしてね。つらいわw

 

あと、順番に気を遣ったり、歌う歌を相手に合わせて考えたり。ソンタクのかたまりだ。

 

そりゃ、プロの人の歌なら聴きたいですよ。でも、一緒にいくのはシロウトなわけで。

 

どんなに上手い人でも、聴かせる歌じゃないんだよね。

 

なんて、解説したくなるけど、そんなこと現場で言ったら、タイヘンなことになるし(笑)

 

 

今日は、DVDギルド50をちゃちゃっとこなして、午後イチで発送。

 

昼飯食ったあと、クルマで世田谷区内を巡ることに。

 

期日前投票をしておこうと、世田谷区役所に行ったが、駐車場待ちが長蛇の列。

 

平日だからと甘く見た。考えてみれば、選挙に行くのはジジババ中心だから、年金暮らしで、平日も土日もないわけで(^^ゞ

 

ま、急ぐ必要はないので、そのまま世田谷通りを下って、馬事公苑のそばのカラオケボックスに。

 

今日はここで懸案の弾き語り練習。

 

考えてみると、ヒトカラは初めてだ。

 

歌うのが好きだからって、わざわざ一人で行くほどでもなかった。

 

ギターケースを抱えてたので、受付のお兄さんが気を利かせて、少し広めの部屋に通してくれた。

 

コートダジュール馬事公苑店、感謝!

 

ギターを弾きながら歌うので、マイクスタンドが必要だが、ここは三脚と一脚で代用。

 

 

ま、こんな感じ(^^ゞ

 

とにかく、ちゃんと弾く、ちゃんと歌う、マイク使いに慣れる、姿勢表情に気をつける、など、いろいろポイントはあるが、とりあえず今日のところは、まず「やれた」というレベルだなw

 

意外と弾きミスはないし、あっても歌でごまかせるし、一応場はつなげられたが、ヘタ...○| ̄|_

 

もちろん、ボイスレコーダーで録音して、あとで家に帰ってチェックする。

 

やったことがある人は御存知のとおり、自分の喋りや歌の動画や音声をチェックするほどつらい作業はない(笑)

 

えー、ヘタですよ、客観的にw

 

ま、そのわりにはガンバってるけどね、としばらくして慣れてくると、現状を認められるようになってくる。

 

そうすると改善点がイヤだけど見えてくる。

 

うーん、歌唄いやセミナー講演する人って、見えないところですごく努力してるんだな、きっと。

 

60分のつもりだったが、結局撮影したりバタバタしてるうちに90分になってしまった。

 

気づけば、右手の人差指のツメがボロボロ。弾きすぎた...○| ̄|_

 

ま、いい勉強になったから、これを踏まえて、ゆるゆると本番の11/11を目指そう。

 

馬事公苑通りを南下して桜新町。桜んボ。

 

 

ノンアルになるのは仕方ないが、休肝日にもなる。

 

ゼロイチは評判が良いと花子さん。たしかに飲めるようになった。

 

 

つまみは、牛ハツのレアグリル。

 

こちらは人気が今ひとつなのか、来週のメニューチェンジで終了してしまうらしい。

 

いやあ、オイラはこれは傑作だと思うけどな。

 

牛ハツにあまり皆さん馴染みがないんでオーダーしないのかな。

 

そう言えば、ボエム以外で牛ハツって食わないもんな。

 

レバーみたいな内臓臭さがないし、歯ごたえいいし、レアで食えるし、肉好きにはたまらん食材だと思うんだが。

 

それと、これは山芋とズッキーニも美味いし、味付けもさすがなんだ。

 

おそらく食い納めになっちゃうけど、この料理を考案した料理人に感謝。

 

ハナコーヒーでシメて、夜はプロ野球のCS観て、またああだこうだ言いたいけど、ガマンして今に至る。

 

おつかれさまでした。ありがとね。

 

 

χανι@68.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







あれ?高校時代より進歩したかも

 

 

facebookをお使いの皆様はご存知のように、はなはだfacebookはおせっかいである。

 

「友達かもぉ〜」と、どんどん人を紹介してくる。うざいんですがw

 

でも、時々プロフィール写真を見て、「いいかも」と思うヒトが紹介される。(もちろん、申請をしたりはしないが)

 

最近、紹介される回数がやたら多いのが、「きしもと きょうこ」様、「加藤 望」様、「山口 恵子」様。

 

えー、正直どのような方々かはわかりませぬが(^^ゞ

 

でも、かつて、facebookがものすごくプッシュしてくれた、「あさひちゃん」と「あるじ」は実際にお会いするまでになって、仲良しになったから、先の美人さんたちともいつかお会いするかもね。

 

最近気に入ってるカップ焼きソバがある。

 

 

UFOガーリックイカスミ。

 

通常オイラは128円以下のカップ麺しか買わないのだが、これは170円だったけど、思わずリピート。

 

カップ焼きそばではUFOは好きじゃないんだけど、この味付けは太麺のUFOにはピッタリだと思う。

 

 

ガーリックと鷹の爪がちゃんと入ってるので、ペペロンチーノベースのイカスミパスタ、「ネロ」になっている。

 

実はボエムにはネロがないのが、オイラには残念なのだが、イカスミ食いたくなったら、これでいいやw

 

今日も雨。よく降る。そして寒い。

 

終日おうち。

 

全然張り替えてないから、とギター弦を調達した。

 

今はアマゾンで買えるから便利だねえ。昔は楽器屋やレコード屋に行って探したな。いくらくらいで売ってたっけ。

 

 

正直、新しくすれば、音はよくなるだろうと、安全策で日本ブランド。ヤマハの弦にしてみた。送料入れて1000円ちょっと。

 

 

なにしろ10年以上張り替えてないと思われるのでw,弦が金色に輝いているのを見て、期待が膨らむ。

 

ところが、ジャーンと鳴らして、あれ?

 

音がペラい。 高校時代に使ってた19000円のフォークギターみたいな音だw

 

特に低音の腰が弱い。50万以上するローデンの良さが全然出ない。

 

これは困った。

 

っつーことで、ギターの持ち主の親友にLINE。すぐに返事が返ってきた。便利な世の中だ。

 

「ダダリオのフォスファーブロンズのライトゲージ」と教えてもらって、早速発注。(送料無料で800円ちょっと。安い)

 

とりあえずはヤマハ弦で練習して、リンコロ出演が近づいたら、ダダリオに張り替えよう。

 

高校時代はとにかく音が出てればいいや、楽器の良し悪しなんて全然わからなかった。(今から思えば、オーディオも)

 

でも、今は弦の違いがわかるくらいになった。

 

少しは耳がよくなったみたいだ。

 

 

相変わらず、歌詞もコードも間違えるけど、テンポとか強弱で情感みたいなのが表現できるようになってる。

 

これも高校時代にはなかったことだ。当時は一本調子で大声で歌う、それしかなかったからなw

 

とても上手いとは言えないけど、弾いてて楽しいからそれでいい。

 

フォークソングも4-5曲思い出して弾き語りしてる今日この頃。

 

じゃあ、特にここ数日のお気に入りを今日のシメの曲にしよう。

 

はしだのりひことクライマックスで「花嫁」。

 

初めてフォークソングという分野をオイラが知った昭和46年(1971年)の名曲。

 

 

 

χανι@68.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







水戸黄門はなぜ8時42分まで印籠を出さないか

 

 

同様にウルトラマンも最初にスペシウム光線を打てば話は早いのに。

 

と、子供の頃はよく考えていた。

 

まあ、それじゃドラマにならんというオトナの事情は置いといて。

 

 

今日は、雨。 思った以上に本降り。マイッタナ。

 

もうだいぶ前にだが、駒沢ジョージが連合三田会に出店すると聞いてたので、ヒマに任せて行ってみた。

 

連合三田会ってのは、慶応OBによる文化祭みたいなもの。とにかくハンパなく気合の入ったイベント。多数著名人もやってくる。

 

 

久しぶりの慶応日吉。

 

雨だけど相変わらずの人出。

 

 

中央広場に模擬店が出てて、その入口の一番いい場所にジョージが初出店。

 

行くと、「ザビさま〜〜〜っ!」と女子大生に飛びつかれるw

 

あ、女子大生かと思ったら、ミホ子さんだった(^^ゞ

 

 

でも、これはお店で見てる姿と全然違うし、間違えて当然だな。(髪がメッシュになったのもザビポイント高い)

 

 

もちろん、ミノさんはじめ、美人スタッフたちも勢揃い。

 

 

「まあまあまあ」とミノさんに溢れスパークリングを振る舞われる。

 

今日一番のサプライズですよ、とビックリされる。あ、オレ慶応だって知らなかったのねw

 

 

こぼれスパークリングは、ほんとになみなみと注ぐし、美味いし安いから大人気。(ミホ子さんはじめ美人スタッフの圧倒的呼び込み力もデカイ)

 

なんにしても出店はジョージのいい宣伝になったんじゃないかなあ。

 

それにしても、連合三田会に出店できるなんて、もしかしてオーナーが慶応?と尋ねたらそうだった。

 

全然知らなかったよw

 

ご挨拶してビックリ。凄腕の方だけど、オイラより一回り以上若いみたい。

 

なんにしてもますますジョージを贔屓したくなった。(駒沢ジョージのHPはこちら

 

一度店前を離れて、母校の塾高(慶應義塾高等学校)の見学。久しぶりに中入った。

 

 

当時は「灰色の教室」と呼ばれて、監獄のような校舎だったが、だいぶ現代化したなw

 

 

教室にはプロジェクターとPA入ってたし。

 

 

意外と机が小さかったのだと今更ながらに気づく。

 

 

外は、ほんとは晴れてれば、まむし谷の下の方にも行きたかったんだが、今日は遠くテニスコートを眺めるのみ。

 

改めて眺めると、ホントまむし出る自然環境だよなw

 

ジョージに戻って、飲み続ける。相当酔っぱらいw

 

次はお店で、と挨拶しておいとま。

 

大学側も少し見学しながら帰ることにしたが、日本酒の模擬店が結構並んでた。

 

あれ?知ってるブランドが、と思ったら、知ってる人が。

 

 

「あの〜、新宿・樽一でお会いしてるザビエルです」と挨拶。

 

聞けば、社長が慶応なんだって。知らなかった。

 

反対側を見たら、もっと知ってる酒蔵が(笑)

 

 

そして片付けしてるのは社長じゃないですかw。

 

慶応なんですか?と尋ねると、「そうですよ」と、いつものやさしい丁寧な佇まい。

 

先輩だったのね(^^ゞ  ますますよろしくおねがいしますm(_ _)m

 

 

よくね、頼んでもないのに、「慶応、慶応」ってブランドひけらかすのもいるけど、あれは慶応じゃないからw

 

ブランドなんてどうでもよくて、自らを高めて認めあった先に、「あ、慶応だったの」というのが本来のつながりだし、そうやって結束していくから慶応は強い。

 

水戸黄門も、徳川ブランドは最後まで出さないのよ。そして8時42分に助さんと格さんが暴れて、静まらせてからの「この紋所が」とキメるわけだ。

 

なんとか株式会社、とか、社長とか部長とか、元なんちゃらバンドの、なんていう肩書も同じ。

 

この人すごいな、と思ったあとに、「実は」というのが、ブランドの正しいあり方だと思う。

 

さて、来年の連合三田会はますます楽しみだな。お酒飲みすぎないようにしないと(笑)

 

 

あとは例によって東急線を乗り継いで桜んボ。

 

 

飲んでばかりで腹減り虫だったんで、肉盛りハーフをお願い。

 

これ、すげえオイラにピッタリだな。またお願いしていいかしら。

 

ミノさんたちに会ってきたよー、と花子さんに報告したはずなんだが、酔っ払っててよく覚えてない(^^ゞ

 

すみません。

 

いつもありがとね。

 

 

χανι@69.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







御殿場名産わさび漬を東京蒲田でゲットの巻

 

 

おうちで昼ごはんを食べてからのこのこ出かける。

 

先日、御殿場美人のあさひちゃんから「ワサビ情報」が突然舞い込んだ。

 

このブログで何度か絶賛してる御殿場のわさび漬がこの土日、東京・蒲田のイベントに出店してるというのだ。

 

ヒマだしw、ネタになるし、何より買いたいしで蒲田、行ってきました\(^o^)/

 

イベントはコレ。「おおた商い・観光展2017」(HP

 

場所は大田区産業プラザ。つまり、大田区の産業振興中心のイベントだけど、全国関係各地からの出店もあり、そのひとつが、わさび漬だった。

 

が、HPを見ても、あさひちゃんに聞いても、どこに出店してるのかわからんw

 

ともかく、なかったらなかったでネタなので、行きましたよ。

 

 

蒲田と言えばシンゴジラ。ということで、第二形態で上陸。

 

 

会場は1Fワンフロア全部使って、かなり盛大。

 

小さいお店がわんさか出てて、お客さんもけっこう入っている。

 

が、わさび漬が見つからない(^^ゞ

 

 

2周してついに見つけた。

 

ビズビーチという「紛らわしい」名前のコーナーに参加店のような形でわさび漬がポツンと置いてある。

 

スタッフに尋ねると、2Fにビズビーチのサロンがあって、その中で出店してるそう。

 

ということで、2Fに上がると受付のおねえさんが「わさび漬ですね!」と迎えてくれたw (連絡が素晴らしい)

 

そして、入ってすぐ右手に「上小林わさび工房」さんのブースが。

 

 

あさひちゃんの同級生でやっぱり美人さんの勝又さんにご挨拶。

 

ご主人にもご挨拶して、お互い「ありがとうございます、ありがとうございます」と何度もおじぎして、早速6個わさび漬購入!

 

冷凍がきくので、買いだめできるのがなによりありがたい。

 

そもそもが、わさび農家なので、わさび漬はその葉や茎を利用して作る加工食品だ。

 

若い人は、わさび漬は馴染みがないみたいなんで補足すると、酒粕とかを混ぜるんだ。

 

で、一般のわさび漬はワサビがちょびっとで、ほとんど酒粕食ってるような感じなの。(正直、好きな食べ物ではない)

 

 

でも、上小林わさび工房さんのわさび漬は、ワサビ成分がすごく多い。だから美味い。

 

酒粕もワサビのツンツンを適度に抑えて、実に塩梅の良い味に仕上がっているのだ。

 

ってことで、短い時間だったけど、勝又さんご夫妻にお会いできたことが何よりうれしかったし、当分ザビ家もわさび漬を楽しめるのがありがたい。

 

ぜひ、東京地区の人(特に大田区仲間)には大チャンス。日曜16時までやってるので、ぜひ足を運んでみてください。

 

自分がピンとこなくてもご両親はきっと喜ぶから買ってあげるのも手だね。ゼヒ

 

また、御殿場の人や箱根・御殿場方面に行った人は、JA御殿場の店(HP)で購入できるそうなのでどうぞ!

 

 

あとは大田区産業プラサを見学がてらチョイ撮。

 

 

けっこう新しい洒落た建物なのよ。

 

 

こんなのもいましたw

 

それで、その足で東急線を乗り継いで桜新町。

 

行きつけの桜んボ(桜新町ボエム)にも、ちょっとおすそ分けしたくなってね。

 

 

一口つまませてもらって、合う酒を考える。そして残りは向学のためにみなさんで。

 

イタリアンで使うのは難しいだろうけどw

 

さっそく料理長や酒飲みのモトエさんが大反応(^o^)b

 

基本、呑み助のためのつまみだよな。(醤油かけて白飯ほお張るのもオイラは大好き。海苔で巻いても美味い)

 

わさび漬はもちろん日本酒が一番。焼酎でも良さそうだ。

 

でも、ここはイタリアンレストラン(笑)

 

洋酒で考えたい。うーん、やっぱりウイスキーだな。

 

余市のようなシングルモルト・ジャパニーズウイスキーのロックが一番かな。

 

または同じ御殿場生産だし、キリンのウイスキー「富士山麓」のハイボールも絶対イケルはず。

 

でも、もう一捻り。

 

 

ということで、アイラモルトのアードベッグにしてみました\(^o^)/

 

飲み方はトゥワイスアップ。(酒:水=1:1)

 

もう、スモーキーフレーバーがんがん!w

 

この香りと味わいが、わさび漬にマッチするだろうという読み。

 

オイラ的には大成功。オトナの世界。感謝

 

 

「みんな、雪虫知らないんですよ。ザビさん、知ってますよねぇ?」と花子さんに話しかけられた。

 

聞いたことある。が、詳しくは知らないなあ。

 

でも、この季節の風物詩だったような。

 

雪虫は白くポワポワした虫で、北海道では、彼らが舞うとやがて雪の季節が訪れるのだそう。

 

札幌生まれの花子さんには、そう感じさせたここのところの急激な冷え込み具合。

 

御殿場ももう寒いだろうな。北海道はじきに雪が降るのだろう。

 

みなさま、お風邪など召さぬよう。

 

ごきげんよろしゅう

 

 

χανι@69.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







青肌美女の系譜

 

 

珍しく昼はがっつりお仕事。

 

DVD製作関連のあれやこれや。複数一気にこなしたのでけっこう時間かかった。

 

晩飯のあとのザビ散歩。

 

 

腹も膨らんでるとビールという気にもならず、珍しくジャック・ザビエルをツーフィンガーで(笑)

 

いやあ、なんとなくアメリカのユネスコ脱退に敬意を表して乾杯。

 

果たして、アメリカが正しいのか、ユネスコが正しいのかよくわからんけど、オイラ世代は無条件にアメリカは正義だ、ユネスコは公正だと教育されてきてるので、オトナになって世の中実はそうでもないと知るといろいろ考える。

 

ともあれ、飲みつけてるスコッチ・シングルモルトに比べると、粗野でベタッと穀類の匂いが甘く香ばしいアメリカン・ウイスキーは、それはそれでおもしろかったりする。

 

花子さん、ミサトさん、モトエさんの揃い踏みで、安心と充実の桜んボ。また明日。

 

あとは他にコレと言ってないんで、戯言を書いておく。

 

ここんところのニュースで胸が痛いのは、ものまねの清水アキラさんの息子が覚せい剤で捕まったのと、高速道路で妨害やクルマ停めてヒト殺しちゃったバカの話。

 

息子はどうしようもないが、父親として全力を尽くしたはずだった清水アキラの会見インタビューが多くの人間に子育てとは、を改めさせて考えさせたと思う。

 

育て方に正解はないし、清水氏が間違ってたとも思えない。

 

厳しく育てたから麻薬に手を出したのか、甘やかしてもそうなったのか、結局どうやってもそうなった、かもしれんし、それじゃあんまりだとも思う。

 

普段よく使ってる東名高速で、他車にからまれて、道路上に停めさせられて、後続車がぶつかって死ぬ、なんてのはあってはならぬ事件だったが、そういうことを仕掛ける人間がいるのは残念だが事実だ。

 

これを教訓に煽ったり妨害運転をする輩が自粛してくれれば、こんな簡単な話はない。

 

だが、こういうことをする人間の思考は、「オレだったら、もっとうまくやるのにな」(機会があったら試してやろう)である。

 

そしてそれは決して少数ではない。

 

正規分布の3σくらいは存在しそうにオイラは思う。つまり、数百人にひとりくらい、そういう脳の構造を持った人間はいる。

 

それに当たってしまったら、運の尽きだ。

 

ニュース映像を見るかぎり回避はとても難しい。

 

せいぜいドライブレコーダーを取り付けて、その時の状況を記録しておくくらいしか対策はなさそうだ。

 

ということで出口のないニュースに暗澹たる思いになったが、オイラを喜ばせたニュースもある。

 

黒ギャル・ヤマンバに代わって、渋谷は異色肌ギャルがキテる、というネタだ。

 

 

もう、この画像を見た時ヤラレタ(笑)

 

ホント好みのタイプです!(←バカか?)

 

寄り目舌出しもエロカワだし、胸の谷間もタイヘンよろしい。

 

これで服装がピンクじゃなくてレザーだったら完璧だがw、ともかくこのコンセプトはすばらしい。

 

ひとつ気づいたのは、オイラはメイクで、目の下(下瞼)を白で塗るのが大好きだということ。

 

黒ギャル・ヤマンバも突き詰めると、そこがオイラにはポイントだったみたい。

 

それにしても、こういうメイクが可能になったのはコスメの進歩もあるだろうし、アニメ等で異色肌が見慣れた存在になってきたからだろう。

 

 

オイラの中では、子供の頃、「魔女っ子メグちゃん」のノンが大好きだった。

 

改めて確認すると青肌というより白肌なんだけど、子供心に理想の女性だった(笑)

 

そのあとは、キャプテン・ハーロックのマゾーン。

 

 

マゾーンは植物生命体で、みんな女性(の外見)で、葉緑素のせいか青肌。

 

もっともこれも再確認すると、そんな青くないな。

 

ま、なんにしても、生まれつきオイラはこういうタイプの女性が好きなんだな。しょうがないね。うん。

 

出口のない暗いニュースで落ち込み続けるより、キレイなおねえさんのことを考えていたほうが、健全だという話。

 

お粗末さまでしたm(_ _)m

 

 

χανι@68.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







キャットコール

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

オプションは大塚のネコシェルター。

 

いやあ、子猫増えたぞ。うれしいやら悲しいやら。

 

ということで、今日はセリフ入りで写真をお届け。

 

 

子猫だから、人間慣れはしてないけど、興味津々。

 

 

どのネコも必ず匂いを確認してくれる。

 

別にイヤじゃないけどベタベタしないよ、というスタンスだな、みんな。

 

 

とにかく、めちゃくちゃ遊ぶ。すごい運動量だ。あちこちでケンカ(=^・^=)

 

 

男女分けしてるのかな。運動会の部屋とまったりの部屋の差が大きい。

 

 

この子は上がったはいいけど降りられない様子。「降りたいの?」と声をかけるとニャ〜と鳴くw

 

一度は嫌がったが、2度目は抱っこで降ろしてあげる。

 

 

膝の上に乗ってくるような子はいないが、誰かしらそばにいる。

 

 

デジカメのショルダーベルトに反応する子も多いんだよね。

 

 

ともあれ2時間近くたっぷり楽しませてもらった。

 

ところで先日、ネット記事で「キャットコール」なる言葉を知った。

 

「ひゅ〜ひゅ〜!ヨッ!おねえちゃん!美人だね!」と、昭和の酔っぱらいのおっちゃんがオネエサンを冷やかすアレのことだ。

 

そう言えば、最近そういうの見かけなくなったな。

 

そもそも、日本ではキャットコールは少ないらしい。

 

だが、なんか想像は付くがアメリカ(NYC)では日常茶飯事らしく、女性たちが怯えているという記事だった。

 

正直言うと、男性(少なくともオイラ)には、なんでキャットコールがよろしくないのかよくわからない。

 

記事へのコメントを見ても、そんな感じが伝わってくる。

 

むしろ、美人の証拠、ほんとはオイラも声かけてあげたいが、勇気がないんでボクできません、くらいに思っている。

 

しかし女性側からしたら、キャットコールは怒りか恐怖の意識しか芽生えないないらしい。

 

一番、「そういうことか」とイメージできたのは、映画とかで刑務所の廊下を歩いてると、左右の檻から囚人が意味不明の言葉をわめいてくるシーン。

 

その檻がない状態がキャットコール、という感想。

 

たしかにオイラだって、街の不良たちから、なんか声かけられたらイヤだわな(^^ゞ

 

ということで、日米の違い、男女の違いをちょっと感じることができた記事だった。

 

さて、そもそものキャットコール。

 

野良猫たちはどう感じてるのか。

 

そう言えば、毎日オイラはそもそものキャットコールしてるわけで(^^ゞ

 

まあ、多くのネコはさっさと退散するね。やっぱ、でっかい人間が来たら怖いよな。

 

中には、「メシくれ」みたいな反応のやつもいるけど、それは人間慣れしてたり、ネコおばさんからエサもらった経験があるんだろう。

 

なんにしても、人間もネコも、男も女も仲良くできれば、ステキな世界だね。

 

 

χανι@69.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







大きな声で悪口は言わないようにしよう

 

 

朝メシ食って風呂掃除。

 

午後は都内で撮影取材。

 

 

九段下、なんぞに出向く。

 

 

裏手は皇居(北の丸公園)だったりする。このアングルは初めて見たな。

 

仕事はつつがなく完了。

 

思ったより早く、16時解散。

 

近場に行くべきところを見いだせず、渋谷に戻る。

 

ユニクロとヤマダ電機で買い物。両方共自分のものじゃないけど。

 

ツタヤで時間をつぶすが、昔のように聴きたいCDが思い浮かばない。ダメだな。

 

早いけど、17時過ぎに晩飯食いに桜んボ。

 

でも結果、これがすごくラッキー。

 

店が忙しくなる前に、花子ワクチン大量投入。効いた(笑)

 

上機嫌で飲んで食う。

 

 

仕事のあとって、働いた分、飲んじゃうよな。江戸っ子の一番いけないパターン。宵越しのカネは持たねえぜ。

 

 

ここんところ、肉は食ってるが、「完全ザビ仕様」のタリアータは食ってないんで、ザビレア・にんにく醤油。

 

やっぱ、オイラはコレだわ。

 

 

締めパスタはシンプルにペペロン半ザビ辛。完璧。

 

なんか久しぶりに花子さんとたくさんしゃべった気がするが、書こうとすると、意外と覚えてないな。楽しかったからそれでよし。

 

あ、ユニクロとヤマダの手提げをつっこんでくれたな。

 

 

やっぱ、オイラにはこのあたりがよく似合う。

 

 

先日、自分のものじゃないが、ジルスチュアートの手提げをワケあってぶら下げたら、先々で「違和感」を訴えられたw

 

女性のブランド物は、昔アッシーやってたから、意外と相性いいのよ。と言いたいが、今のオイラにはたしかに似合わん(^^ゞ

 

あとは、今日はキッチン、ホール合わせて5人でお店を回してたのに感銘をうけた。

 

ホールなんぞ、花子さんとヘルプのお嬢さんの二人で賄ったりするのが圧巻。

 

それでいて、ご案内、お見送り、TEL、客との会話、ザビあしらい、店内店外の状況確認などがキチンとできている。

 

キッチンのフォローもすごくよくて、カウンター席の4歳の常連さん(2歳の時から来ているw)の相手とか、テーブルまで料理を届けたりとか、言われなくても、見事にお店全体が機能してる。

 

このくらい個のレベルが高くて、全体の連動が取れてれば、きのうのようなブザマな試合はしないのになあと思わずサッカーの日本代表のぐだぐだ感を思い出す。

 

ともかく終始ゴキゲンザビだったが、途中、また自民党が駅前演説を始めたのでマイッタ。

 

花子さんも察してか、はじまりましたねぇw、とかフォローを入れてくれる。

 

いや、演説はいいんだけどね。今日は、かなり希望の党の悪口を言ってたのが、よろしくなかった。

 

たしかに、東京5区の希望の党の候補は、自民党を抜けての立候補なのよね。

 

それを、「裏切り者」とか「よそ者」とか誹謗し続けるのはいかがなものかと。

 

もっと余裕を見せてほしいなあ。

 

良いことしてる時の後輩はかわいいが、間違ってると思う時は、他より厳しくあたるのが先輩の務め。(こういう時だけ先輩づら)

 

中等部・塾高・大学とずっと2個下の後輩だからね。3年が1年に喝入れたくなる気持ちだ。

 

ということで、投票先は変えようかな、と思ってる。でも、希望の党が駅前演説したら、また変わるかもw

 

ともかく、うるさいのと悪口は勘弁してくれ。政策より人柄のほうがオイラには大事なのよ。

 

あと、立憲民主党の候補は、自由が丘出入り禁止の小悪党だから政策以前に論外。

 

今回話題の三極対決の選挙区だけど、意外と低レベルな混戦になりそうで、ハカハカしているw

 

ま、そんなこんなもシメにハナコーヒーを飲めば心穏やかに一日が完了する。

 

あ、完了してねえや。今日の取材メモは今日中にまとめないと。

 

酔っ払ってから、仕事をしたけど、ノープロブレム。

 

なんにしても、ザビエル元気だよ。おかげさま。

 

ありがとね。

 

 

χανι@69.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE