ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

ドラドラ子猫とチャカチャカザビエル

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

オプションは大塚のネコシェルター。

 

ここんところ、ネコに人気がないので、ここで取り返せるか。

 

なんか今日は子猫が多くて元気だ。

 

 

薄暗い室内では、ジャンプはブレる。流し撮りとかできないかなあ。

 

 

プーマ(笑)

 

 

白子猫の兄弟がカワユス。

 

 

ザビ股の下に遊びに来る。

 

今日はどの部屋のネコたちも元気。

 

 

仁王立ち!

 

 

ノイアー!!

 

 

遊星からの物体X(笑)

 

オイラはなぜか昔から茶トラのメス猫にモテるのだが、今日も一匹寄ってきた。

 

いきなり、立て膝に乗られて動けなくなる(^^ゞ

 

 

とくにオイラの右腕にうっとりしていたゾ(笑)

 

 

セルフタイマーで記念写真。全然逃げないので、ゆっくりカメラセットができる。しかもカメラ目線(=^・^=)

 

スタッフさんに聞いたら、ネコたちには名前は付けず、番号で管理してるのだそう。

 

ちなみに彼女はE-333。 年齢を見てびっくり、13歳。

 

オネエチャンだと思ってたら、おばあちゃんだった(^^ゞ

 

いろんな事情や人生(ニャン生)があるんだろうな。

 

今日はオヤジネコにもモテた。

 

 

達磨大師のような目の彼。8歳。

 

 

スタッフさん曰く、ネコ嫌いで人間好きw

 

たしかに、他の猫とは交わらない。そして、すっとオイラのそばにやってきて、黙々と居座る。

 

 

ということで、自撮り記念撮影。

 

ネコにモテモテだったので、自信を取り戻したザビエルであった。

 

 

χανι@69.0kg

 

 

P.S.ちなみにブログタイトルは、1970年頃のアニメ「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」より。

 

この頃は、ハンナ・バーベラのアメリカアニメが結構輸入されてた(有名なのは、チキチキマシンだね)。

 

日本版のエンディングテーマが好きだったんだよね。&子供の頃から、金髪ロングヘアのおねえさんが好きだった(^^ゞ

 

埋め込みができないので、動画見たい人はこちらで。

| - | 23:59 | comments(0) | - |







6分から6分半で

 

 

トモちゃん、エリー、人和さんと美人?代議士受難の日。

 

身から出た錆とは言え、ここまで寄ってたかってイジメられてると、なんだかなあ、という気にはなってくる。

 

もちろん、正当な批判もあるだろうが、結構な部分、ヤッカミ・嫉妬が入ってるように思う。

 

いや、人間とはそもそも嫉妬をエネルギーにして生きている動物だから、嫉妬大いに結構。(オイラのように嫉妬が少ないと腑抜けになるヨ)

 

言いたいのは、自分の意見にはすべからく嫉妬が入ってるのだと意識しておくことはイイコトなんじゃないかな、ということ。

 

その上で、批判ヨシ、嫉妬もヨシ。人間だもの。

 

 

休日、のつもりだったが、少々疼く。

 

1.水貴ちゃんからの声がけ

2.夏酒期間

3.焼鳥の焼き方勉強

 

と3条件をでっち上げて、ザビ散歩からの桜権八。

 

途中、オジサンが裏路地にデジカメを向けてたので、「同族」かな、と思い、あとで裏路地を覗いたら子猫がいた(=^・^=)

 

 

近づこうとしたら、すぐに逃げた。今日は計3匹見かけたが、いずれもツレない。

 

つーか、ここんところ(ネコに)モテないな(=^・^=)

 

 

水貴ちゃんオススメの夏酒は、千葉の不動(純米大吟醸50、無濾過生)。

 

千葉産も不動も大概オトコ酒なんで、オイラはあまり合わんのだが、これはまあOK。値段も手頃だし。

 

次、やきとり。

 

来週、焼かせてもらう機会があるんだが、久しぶりに砂肝が焼きたくなった。

 

砂肝は難しいんで、いつも敬遠してるんだけどチャレンジしようかと。

 

で、焼き時間を盗もうというワケ。

 

 

タイマーで計ってみたら、6分から6分半くらいだった。

 

砂肝は、レアというわけにいかない(足が早い)ので、硬くならない「良く焼き」が基本。

 

中のしっとりサクッと感がちゃんとあったので上手。一緒に頼んだ「つなぎ」もウマシ。

 

 

もちろん、火の加減や種類で時間は違ってくるから、最後は経験に基づく勘だけど。

 

考えてみれば、焼き時間を計測・データ化してなかったのは、自分の怠慢かも。

 

もう一杯飲んで行きたかったところだが、にわかに店内が賑やか(=水貴イソガシイ)になったんで、早々に引き上げることにする。

 

これは難しい問題なんだけど、居酒屋でオヤジが賑やかなのは致し方ないんだが、小さな子連れママさんたちのテーブルで子供が賑やかなのは、ちょっとオイラは敬遠したくなる。

 

ママさんたちがタイヘンなのも、居酒屋が手頃なのも、お店がウェルカムなのも承知してるんだけどね。

 

ファミレスじゃダメなんかなあ。

 

ただ、なんでダメなの?と言われると正当な理由に乏しいのだ。

 

下のボエムのようなカフェ・レストランだと、オイラは気にならないんだよな。

 

だけど、日本食(居酒屋)だと、子供がワーワーキャーキャーおもちゃがピロピロ言ってると日本酒の味に影響する。

 

ひたすら、オイラの「居酒屋はかくあるべき」「子育てはかくあるべき」という勝手な思いからの押し付けなんだけど。

 

それは、オイラが料理屋の息子だったからか、そういう育てられ方をしたのか、日本人だからかなのかはよくわからん。

 

もしかしたら、冒頭の嫉妬があるのかもしれないね。

 

オレが子供の頃は連れてきてもらえなかったとか、私が子供育てた時は外食なんてもってのほかだった、とかね。

 

その上で、オイラは「日本酒と勝負」してる時には、小さな子供の騒ぎ声は遠慮したい。だから自分が去るしかないわけだ。

 

下で、ミサトコーヒーをいただいて一件落着。

 

飲み足りない気もするが、そもそも休肝日のつもりだったから、晩酌一本で丁度良し。

 

そんなところで、御免。

 

 

χανι@69.4kg

| - | 23:59 | comments(2) | - |







晴耕雨読

 

 

今更ながら今シーズン一番梅雨らしい天気。

 

そんな中を雨T着て、ザビ散歩からの桜んボランチ。

 

猫広場のネコたちは付近の駐車場のクルマの下で雨宿り。

 

 

なんか彼らを見てて、「晴耕雨読」という四字熟語を思い出した(^^ゞ

 

晴れた日には畑を耕して、雨が降ったら本を読む。

 

平凡な中にも理想を垣間見るような生き方にも見えるし、解釈によっては、来るべきときに備えて日々働き・食い・体を鍛え、雨が降ったら勉学に勤しむ、とも言えるだろう。

 

ともあれ、ネコは晴れたら仕事(食う寝る遊ぶ)をし、雨が降ったらじっとしてる。

 

ただそれだけの姿勢にもまた学ぶところは多い。

 

 

一方、オイラは晴れても降っても飲んだくれている。晴呑雨飲?

 

雨が降っちゃあ、さすがの桜んボもヒマだろうと思い、挨拶文を考えていたが、予想をはるかに裏切る大盛況。

 

カウンター席までフル稼働。

 

花子さんが奥の柱の陰のテーブル席59番を用意してくれる。

 

初めて一人で座ったが、他の客からは目立たず、こちらからは店内、スタッフ、店の入口まで見通せるなかなかの上席だ。

 

もちろん、そのへんは花子さん、まるっとお見通しで通してくれてるわけで。

 

 

あと、照明と背景が撮影向きというのもイイネ。

 

 

ランチはボロネーゼ、ザビ辛・ザビ硬。

 

なんか子供の頃に食べてたスパゲッティ・ミートソースの最上級版のようなデキ。

 

時代が進んで、昭和のミートソースより、現在ちまたに溢れるミートソースのほうが美味しいのは間違いないんだが、なんか「ちょっと違うんだよな」という思いを常に持っていた。

 

でも、今日のボロネーゼは、「そうそう、コレコレ」と思わせてくれたのだ。

 

それが何なのかはよくわからないんだけどね。

 

とにかくとっても感謝。

 

帰りは、ダメもとでマッサージ屋にTEL。

 

五十肩がなかなか改善しないので、頼みの綱のシブヤ先生に何度かTELしてたんだが、いつも予約いっぱい。

 

今日は休みの日だけど、他に五十肩対策できる人いるかも、と思いつきでTELしたんだが、なんとシブヤ先生がいた!しかもあいてる。(こちらも盛況で出勤日を増やしたらしい)

 

ということで、久しぶりに揉んでもらう。

 

まあ、彼女の場合は、揉むというより、整体中心でツボ、筋膜、マッサージ、つねるw,とあらゆるワザを駆使してくるので、治療、いや改善、いや「修理・格闘」というのが近いんだが(スゲエ痛えし)。

 

五十肩は一回で治らんけど、今日できることはやる、という的確なお言葉。

 

可動域が広がったのと全身のラクさ加減は修理前と格段の差。

 

曰く、オイラの場合は、関節に遊びがなくなって固まってしまい、ストレッチ運動以前の問題らしい(^^ゞ

 

あと、五十肩は炎症だから、疼く時はアイシングが基本とのこと。氷の使い方まで教えてもらった。

 

そんな一日。

 

帰り道は晴れて、ネコたちはどこかにお散歩なのか姿は見えなかったニャ

 

 

χανι@69.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







1/1000秒の勝敗

 

 

高校野球は県大会がいよいよ大詰め。

 

神奈川はベスト8対決の準々決勝。

 

我が慶応は、第1シードの桐光学園戦。

 

 

正直、キビシイ戦いだが、日取りも時間もよろしかったので、横浜スタジアムに行ってきた。

 

14時に着くとちょうど試合開始。

 

初回いきなり5点取られる。打者一巡、ジャストミート連発。レベルが違いすぎるぞ、と30分以上の猛攻に熱中症気味。

 

ところが、2回から慶応の大反撃が始まる。

 

 

4番の強打者マサキ君がセンターにホームラン。(これは来年早慶戦で清宮くんと打ち合いか?)

 

今日は、レンズは超望遠勝負だと思い、ニコン18-300mmDXを持っていった。(クロップで450mm相当で使用)

 

普段使いのタムロン28-300FXが570gなのに、こいつは880g(デジカメ本体より重いw)ある。

 

つまりそれなりにレンズがいいはず。&ニコン純正だし。

 

それと超望遠手持ち撮影なんで、手ブレを避けるべく、1/1000秒で全部撮ってみた。

 

 

続くワタビキ君、痛ーいデッドボール。(食い込んでるなw)

 

 

でも、後続ががんばって見事生還。

 

慶応はピッチャーが弱いのがキツかったが、2番手ピッチャーが好投して途中追いついたから大したもんだ。

 

 

1/1000秒でも、投げた球はやはりブレる。

 

ちなみに時速120kmのボールで、1/1000秒で33cm移動する計算だ。

 

最初は3塁側レフト寄りの慶応側で撮ってたが、2塁のクロスプレーも撮影ポイント。

 

 

これはセカンドがナイスプレー。

 

あとはワンパターンになってきたので、自由席だし、バックネット裏に移動。

 

さすがに混んでるけど、2階スタンドなら結構良い位置で周りに迷惑をかけずに撮影できる。

 

今日イチはこれかな。

 

 

桐光のホームインをタッチアウトで阻止。

 

 

いつも言うけど、審判もカッコイイんだよねw

 

 

野球の実力は負けてるけど、応援のレベルと観客の数は圧倒的に慶応。

 

演奏レベルも高いし、すべて大学指導の伝統のオリジナル応援歌。 (桐光のルパン3世のテーマとかも高校野球らしくていいけど)

 

2時間も観ればさすがにお腹いっぱい。熱中症になりそうだし。

 

チャンスで一気にひっくり返せなかったのと、後続ピッチャーのデキを見ると、7:10くらいで負けると勝手に予想。

 

 

同点のところで後輩諸氏の健闘を祈りながら引き上げることにした。(さっきネットで見たら8:11で敗戦。よくがんばった)

 

外に出る時、裏方の野球部員たちが帽子をとって「ありがとうございました!」と見知らぬオイラにきちんとお辞儀をしてくれたのがさすがだな、と思ったし、やはり気持ち良い。 (入場の時のモギリのどこかの野球部員は仏頂面でオイオイと思ったが)

 

横浜スタジアムまで来たら、中華街を抜けて、元町ボエムまで15分くらいで歩ける。

 

ホッシーとぐっさんがいたんでよかった。

 

休肝日だよ、と言いつつ、ハッピアワーには負ける(^^ゞ

 

 

ま、結果はこの時はわからんかったが乾杯。

 

スパークリングももらったが、このままじゃ1000円もいかないので、「オレ用の酒、冷凍庫に隠してないか?」と探してもらう。

 

 

おー、UVあるじゃないか(笑) ヒロトーーー!!(一応、叫んでみる)

 

いや、オイラしか飲んでないだろ、数年でこの減り方(笑) (出しておいたほうが売れるよ)

 

ってことで、今年も高校野球楽しめてよかった。

 

おつかれさま。ありがとう。

 

 

χανι@68.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ストーカーまがいの境界線

 

 

夜、チロッとTVでスーパードクターってのを見た。

 

難しい腫瘍の手術を見事にこなして患者を救う姿に、自身の体験を重ねて、感慨と感謝。

 

一方、ネットには都内の大病院でCTスキャンの結果を放置して、その後に50代の肺がんの男性が亡くなったと書いてあった。

 

時期は2012年ってオイラと同じじゃん。病院選択間違えてたらもしかして?

 

それにしても結果放置は言語道断だが、オイラだったら、結果まだですか?!って医者に詰め寄ると思うんだが。まあ、ニュースだけではよくわからない。

 

きのうの夜、呑み呆けてた時、ザビ家のほうに珍しくオイラ宛のTELがあったらしい。

 

名前を聞いてすぐわかったが、小学校1-3年の時の同級生sakuma君だった。

 

なんでも、同窓会でオイラがどうしてるのか話題になり、彼が代表でオイラを探すことになったらしい。

 

今日、メールでやりとりしたら、「 いい歳したオヤジがストーカーまがいの突然電話すみませんでした。」と返ってきたw

 

それにしてもよくTEL番号わかったなあ。

 

こういう「ストーカーまがい」はありがたいよね。

 

50年経つのに覚えていてくれて、探し当ててくれるわけで。(オイラも小学生の頃から存在感があったということかい?w)

 

sakuma君とはよく家を行き来してて、サンダーバードのプラモデルをいっしょに作っていた。

 

頭の良い子というのは、子供同士でもわかったもんだが、彼は今は歯医者をやってるそうだ。

 

残念ながら、担任の先生方はすでに他界されたとのことだが、3人ほど出してくれた同級生のことはよく覚えていた。

 

ちなみに、当時クラスの好きだった女の子の名前は今でもちゃんと覚えている。(物心ついた時からストーカーまがい体質w)

 

シーノさんでしょ、カマタさんでしょ、ニーザトさんでしょ、って誰も聞いてないか(^^ゞ

 

夕方ザビ散歩。

 

桜んボでは、新メニューでマントヴァ―ノという生サラミをはじめたが、花子さんも絶賛するんでいただいてみた。

 

 

入荷したてで、キッチンでご開帳。

 

 

一人で食べるならハーフサイズでも十分な量感。

 

肉々しさ、生のしっとり感、サラミらしさ、どれをとってもなるほどとナットク。これはいい肴だ。

 

 

酒はTシャツにちなんで、わがまま言って久しぶりの花子モヒート。

 

花モヒは通常より、ミント香味、甘味、愛情が多めなのさ(^o^)

 

花子さんとはアレコレ話したが、コダマ君巻き込んでの、ネバネバと臭いと三角コーナーはイヤだよねというネタが妙に盛り上がったなw

 

ビール、花モヒときて終いのつもりだったが、花子さんの「次、どうします?」には弱い(^^ゞ

 

 

デザートモードで、フランジェリコ。 ヘーゼルナッツ・リキュール最高!

 

ハァ、今日も幸せ。せんきゅう

 

 

帰り道はネコ場のノラたちがまだ全然仲良くしてくれないので、サミットで思わずチャルメニャ買っちゃったよw

 

カップがなかったんで、インスタント5食パック。当分食えるぞ。

 

なんか、広瀬すずの軍門に下ってるみたいでイヤだが、これホント美味いヨ(^^ゞ

 

まあ、髪型とコスプレは好みだからいいんだけどね(=^・^=)

 

 

χανι@69.2kg

| - | 23:59 | comments(2) | - |







私、作る人。オイラ、撮る人。

 

 

1975年にハウス食品のラーメンCMが問題になった。

 

姉妹が「私、作る人」と言い、弟が「僕、食べる人」と言うのだが、これが男女差別だと抗議が入り、あえなくお蔵入り。

 

youtubeで見れるが、今見ても、姉弟仲良くて微笑ましいとしかオイラには思えないのだが、この手の問題は難しいね。

 

現在でも、クレームで放送中止は日常茶飯事だ。

 

気になる人には気になるのだろうし、そういう「正義」や「商売」もあるからなあ。

 

ということで、今日はニャオミン先生のお料理教室。

 

 

午前11時に牛込神楽坂という、ザビ的にはなかなか早朝ハードなスケジュール。

 

会場は牛込箪笥区民センター。なんとも奇妙な名前だ。

 

「目黒区」みたいな感じで「牛込箪笥区」ってのがあるのか?(^^ゞ

 

まあ、家具のタンス関係の組合が入ってるのかと思ったら、それも全然違った。

 

wikiで調べたら、家具のタンスは全く関係ないのだ。(wiki

 

ともあれ、早起きの弊害で心身ボロボロで会場入り(^^ゞ

 

みんなから、「午前と午後で別人すぎる」と嘲笑w

 

 

で、会場全景。おー、家庭科教室みたいだ。

 

今日はニャオミン先生が作り、女子2人がサポート。男子連中は見学みたいな感じで進む。

 

 

&オイラを含めカメラ小僧が多かったので、アイドル撮影会の様相(笑)

 

 

先生の手元が見える天井鏡が秀逸。

 

さて、3種の料理が今日は作られた。どれも見事。

 

 

オイラが特に気に入ったのは、アボカドとブルーチーズの冷製スープ。これはイイ!

 

 

海老とマッシュルームのアヒージョは、ボエムで食べつけてるが、改めて作り方を知ると、その手数と手際に感謝の念が強まる。

 

 

そしてメインは夏野菜たっぷりパエリヤ。

 

ニャオミン先生、快心の笑顔\(^o^)/

 

 

試食会は、タパスやバゲットも用意してくれて豪華。

 

美味しく楽しくいただきました。感謝。

 

オイラは、「男子、厨房に入るべからず」で育ったので、料理は超苦手。

 

人生経験上、作れるのは、焼鳥とペペロンチーノのみ、という非常に偏った人間だ(^^ゞ

 

一度の料理教室で、急に作れるようにはならないけど、やはり生で手順や手際を見ると、なんか自分でもできそうな気になってきたw

 

まあ、自分のためには作らんけど、愛する人たちのためなら、作れる気がしたよ(笑)

 

ともあれ、素晴らしいイベントに参加できて感謝。

 

そのあとは一度ザビスタに帰還。

 

お相撲の千秋楽の予定調和の美しさを寝転びながら楽しんで回復を待つ。19時に桜んボ。

 

 

いつものように、ここは男子も女子も関係なく対等に作り、働き、客をもてなしている。

 

これが当たり前のようにオイラは思ってるが、世の中、まだまだそうじゃない職場も多いんだろうな。

 

「こういう状態のときに来たの久しぶりじゃないですか?」と花子さんが声をかけてくれる。

 

もうね、これでもか!というくらい客とオーダーが入ってる。お見事&お疲れ様。

 

「手隙になったら、かまってね」と当面ひとりおとなしく飲食。

 

「やっと手があきました」と花子さんが戻ってきたのは22時だったw

 

メインにはアラビアータを食べたが、まだ心と胃袋にスキマがあるんで、一思案。

 

 

バゲットに白レバームースを塗って食べるのが、今の自分を最高に満たすと判断。ウマかった〜。

 

ということで、スペインからイタリアを駆け巡ったような一日。

 

みなさんに感謝。

 

グラシアス!グラッチェ!

 

 

χανι@69.4kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







すべての行動に意味がある

 

 

かれこれ30年は、少年サンデーは毎週読んでると思う。

 

 

言われてみれば、たしかに58歳は少年サンデー誌上最高齢主人公だ。

 

「老人」と呼ばれているが、昔も今も58ってこんなもんかもしれない。

 

先日、大学時代のゼミの同窓会があったのだが(オイラは欠席)、その写真を見せてもらったら、半分以上の人間が誰だかわからんw

 

そのくらい変容していた(^^ゞ

 

改めてハタから見る58のイメージはオイラも含めジジイだと悟る次第。

 

昼飯はおうちでセブンのサンドウィッチ。

 

安易だけど美味いw

 

足りなきゃ、他のパンも、とザビママに言われたが、ここは断って桜んボ。(暑すぎるので行きはバス)

 

 

きのう、ビールを一気飲みして、少々不具合が生じたこともあり、今日はビフィーターソーダ。安くて美味い。

 

 

で、つまみなんだけど、ここで炙りマグロの冷製ジェノベーゼ1本勝負。

 

ワサビを付けてもらえば、マグロがつまみになるじゃん、っていう作戦。

 

醤油は合わなそうなので、マグロにだけ塩を振って、塩ワサビで食す。イイネェ(^o^)b

 

あとで花子さんが「塩足りませんでしたか?」と確認に来てくれたが(ちゃんと遠くから見守ってくれているw),通常はジェノベーゼと混ぜれば全然問題なし。

 

つまみ用にマグロにだけ振った旨、報告。

 

オイラは自分の行動にはイチイチ理由と信念があると思い込んでるのでw、こうして確認してくれるとスゴくうれしい。

 

もっとも花子さんだからうれしいわけで、これが親とか上司に確認されると、なんかイヤな気分になるのは、誰でもそうかしら(^^ゞ

 

 

仕上げの一杯は、ユキちゃんとあれこれキャッチボールしながら、チナール・ソーダ。

 

クスリっぽさがいいんだよなと思いながら、この間TVで沖縄ではルートビアがポピュラーだとやってて、オイラには合うかも、と思った。(ノンアルで甘そうだけど)

 

チナールを飲み終わって、ちょいとグラスをよけておいたら、すかさず花子さんからユキちゃんにOJT。

 

「ザビさんが少し離した所にグラスを置いたら、下げてヨシのサインだから。こういうところ読んでね」

 

おぅ、そのとおりじゃ。

 

けっこう無意識にやってることが、実はちゃんと意味があってやってるんだよね。

 

一流のウェイター、というより一流の人間は、そういう相手の行動から、意味を読み取って、次の手をきちんと打てるんだよな。

 

あ、オイラはそういうのヘタッピですから。すみませんm(_ _)m

 

もっとも、逆に焼鳥屋で1年、徹底的に読みを仕込まれたから、飲食店に行くといろいろ発動しちゃってるかもだけど。

 

だから、全日本メンドクサイ人選手権関東大会ベスト8に入っちゃうんだよな(笑) ゴメンね。

 

シメはハナコーヒーで1048勝の横綱白鵬並みに盤石。

 

さすがの猿飛、さすがの花子。感謝m(_ _)m

 

 

χανι@69.2kg

 

 

P.S.今日もまたひとり昭和の巨星の訃報。

 

作曲家の平尾昌晃氏。オイラの中での氏のベストは何かなあ、とはなむけに考えてみた。

 

アンルイスのグッバイマイラブか必殺シリーズのテーマ、だな。

 

RIP

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







やっぱ流れてこそLINE

 

 

LINEと言われれば、今の世の中は100%ソーシャルネットワークのLINEだろう。

 

オイラもブツブツ言いながらも、その恩恵にあやかっている。

 

ただ、自分の中では、「LINE」は、N88-BASICプログラムのコマンドを一番最初に想起する。

 

LINE(100,100)-(135,182),5,BF とかいうやつだった。よく使ったなあ。(つーかよくプログラミングしてたな)

 

パソコンで一本線を引いたり、四角描くのに、こういうふうに打ち込まないとパソコンが動かない80年代前半の話。

 

また、カタカナで「ライン」と書くと、工場ラインかライン川をイメージする。

 

電気メーカー出身者、地理・ドイツ・ワイン好きのサガだね。

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

 

オプションは、アサヒビール茨城工場見学。

 

年初に偶然飛び込み見学をして感動。次回は試飲もしにくるぞと意気込んだが、半年ぶりに実現。(前の見学の様子

 

今回は団体のジジババも入って、見学者100名はいたかな。(団体とは別行動なのでラク)

 

 

今年はいろいろ工場見学をしたが、やはりここが随一。写真OKなのもうれしい。

 

シアタールームの3面スクリーンPVが終わると、サンダーバードのように大庭園が現れ、いよいよ見学スタート。

 

 

貯蔵タンクなどを眺めながら、メインのラインへ。

 

今回は、生産ラインが動いてた(前回は正月休みで休止)ので、感動が倍増した。

 

 

おー、スーパードライが流れてる。

 

 

検品ラインにワラワラ出てきた(笑)

 

 

瓶ビールもどんどん生産。鉄道模型みたいw。

 

向こうの方ではケースがコンベアで運ばれていく。

 

いやー、やっぱ工場で働いてた人間の血が騒ぐ。

 

そりゃモニターディスプレイ上で物事が進んでいくのもカッコイイと思うよ(今の人には紙と鉛筆より当たり前かもだけど)。

 

でも、モノが実際できあがっていくというのは、実感が違う。

 

まあ、オイラがメーカーに入社したのも、実体のあるモノへのこだわりが強かったからなんだよな。

 

 

生産ライン全体は、なんと飛行機3台分広さがある無柱のスペース。

 

今日は試飲よりも、ラインに感動した。

 

とは言え、ビール工場見学のお楽しみはやはり試飲。

 

お一人様20分3杯までのルール。

 

いやあ、ほとんど一気飲みッス(^^ゞ

 

 

スーパードライ、豊醸、エクストラコールド黒、といただいた。

 

 

結構、量があって、ちょっと20分じゃムリがある。が、ここは礼儀として飲みきったが(^^ゞ

 

まあ、工場見学のおかげで、オイラはサッポロ派から今ではすっかりアサヒ派になってるもんな。

 

最後に記念撮影。

 

 

この写真、よく見るとなかなかシュール。

 

オイラがポスターの中に入ってるようにも見える。ちゃんとジョッキを持っているでしょ。

 

 

χανι@68.3kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







サヴァイヴァー

 

 

完全にワクチン切れな一日。

 

布団の上でゴロゴロ過ごす。

 

まあ、それもフリーランスの特権ということで。

 

とは言え、ヒトになんか頼まれれば、軽やかに動いてしまうところがオイラの特性。

 

 

今日は、風呂掃除なぞ。

 

あとは、ゴロゴロしながら、次のワクチン接種(土曜)までどうやって生き延びようかとスケジュールを練る。

 

ワクチンが切れてからの有効な過ごし方は、まずは現状を受け入れる。

 

グダグダな自分も大好きなのさと確認する。(この辺は、自己承認度が極めて高いオイラには容易)

 

そして、トンネルの出口までの工程表づくり。これはそのとおりにいこうがいくまいがどっちでもいい。

 

ただ道標が欲しいってだけのこと。

 

ま、そんな感じで、結局オイラはこれからも生き延びてしまうのだろう。

 

 

アザーガートのdaisukeさんが先日のアー写からプロフィール写真をアップ。(アザーガートBIOGRAPHY。オイラの写真多し)

 

色味を巧みにいじってて、そこがさすがアーティストだなあ、と感じさせてくれる。オイラには創れない色味だ。

 

オイラは職人カメラマンだから、アーティスティックな部分はニガテ。見たまんま、そのまんまを撮って、素材提供としての役目を果たせていればいいと思っている。

 

 

 

フェイスブックのメッセンジャーから突然一通のメールが届く。

 

知らない女性の方から。

 

フツーこういうのってアヤシイじゃないですかw

 

超慎重派、非社交的のオイラは当然警戒するわけで、通常はスルーしてしまう。

 

でも、今回はそのメールの内容がすばらしい。

 

オイラのブログを読み、どういう人間かをしっかり掴んでらっしゃる。そして、文章も丁寧ですごく配慮がある。

 

フェイスブックにはプロフィールもきちんと載せていて、山梨の富士吉田で看護師をされてるかた。

 

がんサバイバーに対してのフォローを地元でがんばってらっしゃるそうだが、たまたま「お座敷小唄」を検索してたら、オイラのブログを見つけてしまったらしい(^^ゞ (その懐かしいブログ

 

ということで、ありがたいご縁でまた新たなお友達ができた。(なんでこんな受動的な性格でフェイスブック友達が570人もいるんだ?)

 

改めて考えてみれば、昔だったら、肺がんで今頃はこの世になかった命だ。

 

それが運良くこの時代に生まれ、たまたま早期発見されて、5年後もピンピンしているオイラ。

 

いろいろあるけど、儲けもんの人生を今は生きさせてもらってるわけで。

 

だからゴロゴロしてていいってわけじゃないけどw、こんな生き方もアリなんだぜ、ということはこれからも発信していきたい。

 

晩飯は先日香織さんにおみやげでもらった札幌サヴォイのスープカレー。

 

 

諸般の事情で「辛さ3」をいただいたので、前に分けてもらった激辛ガラムマサラを投入。

 

 

エライ色になったがw、辛さも味もバッチリだよ。

 

札幌で食べるサヴォイの「辛さ5.5」を再現できてると思う。

 

やっぱ、市販のレトルトにサヴォイのガラムマサラ入れてもこういうシンプルな美味さと辛さにはならないんだよね。(スパイスがケンカする)

 

香織さん、サヴォイママありがとう。

 

次はいつ札幌に行けるかなあ。

 

 

χανι@69.6kg (げ!3日酒飲んでないのに、一日動かないでいると体重増えるんだ)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







キツイさ、そりゃ。でも、

 

 

良子先生から、きのうの血液検査結果が届く。

 

2017年

7

6月 5月 4月 標準値
GOT 23 24 23

29

10-40
GPT 23 24 25 33 5-45
γGTP 164 180 168 255 < 80
尿酸 5.7 5.0 4.5

5.9

3.6-7.0
HDLコレステロール 58 56 58 60 10-80
LDLコレステロール 153 169 153 162 70-139
中性脂肪 194 237 227 222 50-149
CEA腫瘍マーカー

-

- - 1.4 <5

(赤系肝臓、緑系内臓脂肪、尿酸=痛風)

 

ウ〜ム。前日、前々日もフツーに飲んで、今月は受けたが、結果が変わらんw (つーか改善?w)

 

良子先生の言うとおり、直前の休肝悪あがきは意味がないのだぁ。

 

この状況を踏まえての総量規制がベストの選択なんだろうな。

 

まあ、敢えて計画しなくても、そう遠くない将来には、そうなっていくのはわかってるので、今は今を楽しませてくれ。

 

きのう薬局に処方は出したけど、混雑してたんで、今日散歩がてら受け取りに行ってきた。

 

カウンターに経口避妊薬(なぜかこのワードが心に深く刻まれているw)、じゃなくて、経口補水液OS1が置いてあったので、初めて買ってみた。

 

 

水持たずに梅雨明け散歩しちゃったから、ちょうどいい。

 

「濃い」とか「濃く感じない時は脱水気味」とか、いろいろ味については聞いてたが、オイラの感想は、基本アクエリアスだな。

 

このボトルに、水道水と塩ひとつまみ入れておけば、気分的にも経済的にも良いかも、と思った。

 

今日は動画のエンコードをパソ子にやらせて(まだやってる)、オイラはぼーっとしてるのが仕事。

 

つーことで、ネタがないことを想定して、自撮り。

 

 

久しぶりにいろんな思いを乗せて、中山マコトさんの「キツイさ、そりゃ。でも、自由だ!」Tシャツ。

 

いろいろオイラだってキツイんだよw

 

最近は、ニャオミンがクスリ屋辞めて、フリーな生活を始めたから、その書き込みが面白くて(^^ゞ (失礼)

 

あー、サラリーマンから「こっちサイド」に来るとそうなんだよなあ、とか自分の経験と重ね合わせる。

 

とにかく、時間があるからまず寝れるw だから体調も良くなる。でも、あっという間に一日が過ぎていく(サラリーマン時代より早く感じる)。

 

やりたいことはいっぱい思いつく。あれしよう、これしよう、アレもしなくちゃ。。。

 

でも、どんどん時間だけが過ぎていくw

 

「ようこそ、こっちサイドへ」とコメントしたら、「今初めて『自己責任』という言葉の意味をかみしめております。」と返事が来た。

 

おー!たしかに!

 

さらに、「とりあえず早速住民税で死ねるw」とも(笑)

 

そうか、この時期だから、去年の分が早速来ちゃったのね。(ちなみに来年も、今年の1-6月分が来るからね)

 

あと健康保険も気をつけてねー。こっちのほうがさらに凶悪だから。

 

今、サラリーマンの人も、給与明細は見る習慣をつけておいたほうがいい。

 

特に住民税と健康保険。その1ヶ月分の給与明細に書かれてる12倍(1年分)の住民税が会社辞めたら翌年やってくるのだ。

 

そして、1ヶ月分の健康保険の2倍の額を会社辞めたら、毎月払わなくちゃいけない。(会社補填がなくなる)

 

キツイさ、そりゃ。(笑)

 

でもね。圧倒的に自由なんだよ。それは間違いない。

 

そして、自己責任。

 

だからキツイ。

 

フリーランスはその繰り返し。

 

売上がない個人事業主も、ウハウハ儲かってる社長も、常に来月は大丈夫だろうか、来年は大丈夫だろうか、と恐怖を抱えて生きていく。

 

これが「キツイさ」のオオモトだと思う。

 

先日、一世を風靡したツカサのウィ―クリーマンションの元社長がTVに出てた。

 

バブルの時、億万長者になったけど、バブル崩壊やリーマンショックで自己破産して、家族にも逃げられ、今はわずかな年金頼りに一人でカンヅメ食って、マンガ喫茶で暮らしてた。

 

でもね。目が死んでない。また何か事業をやろうとしてるw。後悔もしてない。人生が楽しいとニコニコしていた。

 

それでいいのだ。

 

オイラは、植木等の「だまって俺について来い」をこういう時のエンディングテーマ?に使ってるけど、最近M野さんとカブってることが判明したのでw、今日はもう一つのテーマソングで。

 

かまやつひろし 「どうにかなるさ」。RIP

 

 

 

χανι@68.6kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE