ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

ザビエルは電気猫の夢を見るか2049

 

 

本日は、よろしく哀愁でいと。

 

などという、ダジャレに反応できるのは昭和世代か?w

 

「ザビさんは映画の字幕読めないんでしたっけ」とミントさんからオファーをもらい、いやいやお誘いとあらば喜んで、と本日は「ブレードランナー2049」をいっしょに観に行く。

 

プログレセミナーでも取り上げたが、ブレードランナーの音楽はかつてヴァンゲリスが製作した。

 

その続編、2049は音楽はヴァンゲリスではないものの、作品全般に渡って、前作を踏襲している大作だと感じた。

 

 

映画館は丸の内ピカデリー。初めて行ったが、音響、映像ともに見事。

 

ブレードランナーの映画、及び原作の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」にオイラは触れてないが、なんとなく概要は知っている。

 

やはり概要は知ってから本作を観たほうが楽しめると思う。(ミントさんは予習してなかったらキツかったと思うと言ってた)

 

内容的には、レプリカント(アンドロイド)と人間、そしてAIの境界はどこにあるのだろうかという問題を通して、人間とは、愛とは、あるいは、人種差別や生殖といった人間の根源的な課題に触れていくことになる。

 

全編SFアクションなので、そういうの抜きに楽しむことができるし、3時間、微動だにせず観てしまうだけのクオリティを有している。

 

「猿の惑星」的な作りなので、今後も続編を期待することができそうだ。(おそらく、レプリカントが人間を支配する方向になるだろうが)

 

オイラにとって難題の字幕も、大きく見やすく簡潔だったのでよかった。

 

観劇後のミントさんとの共通の認識は「AIの女の子がかわいかった」(笑)

 

誰にでも勧められるものではないが、「人間とは?的SF」が好きな人にはゼヒ。

 

終了後はサシ呑み。

 

鳥料理のリクエストをもらってて、あれこれ思い出した結果、「鳥一代」を予約。

 

 

新橋店がお休みだったので、田町の本店へ。約6年ぶりの訪問。(前回の記憶が殆ど無いw)

 

 

つまみはゴロゴロ白レバーがアヒージョ的で美味しかった。

 

メインは名物のサムゲタン。

 

 

本来の韓国料理に比べると薬膳ぽさは全然なくて、和風濃厚鳥スープの雰囲気だが、これはこれでウマシ。というかフツーの日本人にはこれがいいのかもしれない。

 

酒は見せ方もうまいし、リーズナブル。

 

 

焼酎ロックもこぼれさせる。

 

日本酒も良いところをセレクトしてるし安い。

 

ミントさんとは例によってロック談義。相変わらずの厨二病的盛り上がり(^^ゞ

 

ということで、無事おひらき。楽しかった。ありがとう!

 

そのあとは桜んボに帰還して、さて、これでシメパスタをやっちゃいかんのだよな、と気を引き締める。

 

 

お夜食に最適、と勝手に決めつけているミネストローネで締める。

 

そして、ハナコーヒーで完了。ヨッシャ!

 

ボエムは最近グルテンフリーのパスタも始めたのだが、某有名ミュージシャンが絶賛してくれたという話で花子さんと盛り上がる。

 

グルテンフリー、ちょっと興味が出てきたが、たぶんオイラには向かない世界だろうなw

 

 

χανι@68.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







自分の自分による自分のための解禁パーティー

 

 

アキちゃんこと、モデルでメイクアップアーティストの真田亜希子さんのサロンセミナー付き添い。

 

 

今回で2回目だけど、例によって内容たっぷりの2時間。

 

 

顔筋、メイク、姿勢、ポーズ、撮影。大サービスだ(^o^)

 

生徒さんもすごく感じの良いお二人で、お会いできてよかった。

 

 

先月のセミナーのときは夏模様だった撮影場所の公園はすっかり秋。

 

なんとなくの予感だけど、1年後にはアキちゃんは人気コンサルになってる気がする。

 

彼女自身の商品力というのかポテンシャルはすごく高い。

 

あとは、それがどう届けるべき人に届くかだけの問題のように感じる。

 

夜は桜んボに戻って、解禁祝い。この日を楽しみにガンバっていたと言っても過言ではないw

 

 

縁起良くハナコビールで幕開け。

 

思うんだが、やっぱビールってサイコーだな(笑)

 

美味い酒は純米吟醸だアイラモルトだジンだ言うけど、三途の川を渡るときはオイラはビール飲んでるな(^^ゞ

 

 

つまみは「私でしょ」と呼んでたカプレーゼ。

 

お祝いならビフテキに行くところだが、ここで健康問題を考えてしまうのが現状だ。

 

 

メインはアクアパッツァ+ゴロゴロにんにく。

 

断然カラダにやさしいでしょ。

 

 

そうなったら、お酒は待ちに待ったパスティス51。

 

はぁ〜、マルセイユ。

 

シメにペペロンを花子さんに頼んだら、「食べますねえ!」と言われたぞw。

 

 

そ、そんなに多いか?これでも、腹八分目に調整してるんだがw

 

なんにしても、美味かったなあ。やっぱ飲みながらのメシは美味い。

 

これでやっと自分のペース、と言いたいが、今日は歯が痛かったなあ。

 

どこかしら、ピーピー言ってる。

 

しかし、自分のペース=日頃の生活習慣=生活習慣病ということだから、ペース変えなくちゃいかんのだよな。

 

楽しみはしっかり味わいながら、よりよい状態に持っていきたいものだ。

 

 

χανι@68.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







俺の体は酒と油でできている

 

 

先日、テレビでオネエの健康診断、みたいなのをやってた。

 

一日10数杯酒を飲んで、普段より飲んでないとか言ってる。

 

そして、血液検査の結果、たいへんな数値に!と煽ってCM。

 

いったいどうなったのか?!

 

結果、γGTPが95! 既定値をオーバー!

え〜〜〜っ?! だから?(オイラの数分の一)

 

(´・ω・`)

 

昼はザビママの用心棒。

 

少額とは言え、物騒な世の中なので付き添った。

 

 

地元の信用金庫だが、「碑衾支店」(ひぶすま)という支店名がついている。

 

碑衾は今は使われない地名なんで、こうして残してもらえるのはすごくうれしい。

 

かつて目黒区ができる前の東横線都立大学駅一帯の地名

 

今も残る碑文谷(ひもんや)村と衾(ふすま)村が合体して碑衾村になった。

 

ま、他地域の人にはどうでもいい話なんだけど(つーか、現住民にもどうでもいい話かw)。

 

そのあとはパソ子にアップロードをお願いしてザビ散歩。

 

後述するが、今日は飲むのが少々憚られたのでトマジュー。

 

 

トマジューノンアイスにグラナパダーノチーズ、炭酸水(無料)をグビグビ飲みながら、シメはハナコーヒーというのは、ノンアルコールながら、結構アガル選択だった。

 

花子さんに一個新メニューを紹介されたが、ここでどう紹介するか算段がまだつかないので保留(^^ゞ

 

 

帰りはサミットでザビママに頼まれた料理酒とサラダ油を買って帰る。

 

奇しくも懸案の「酒」と「アブラ」。

 

ということで、血液検査結果!

 

2017年

11/15

11/3

10月 9月 8月 標準値
GOT 21 37 46 24

25

10-40
GPT 29 64 71 27 24 5-45
γGTP 309 499 596 223 185 < 80
尿酸 - 7.6 8.7 5.6

5.0

3.6-7.0
HDLコレステロール - 48 61 57 57 10-80
LDLコレステロール - 142 118 151 155 70-139
中性脂肪 251 344 402 244 247 50-149
CEA腫瘍マーカー

-

-

1.5 - - <5

(赤系肝臓、緑系内臓脂肪、尿酸=痛風)

 

まずは、祝!GOT&GPT=20台。ウルソ(肝臓薬)のおかげっス。

 

ザビ的にはこれで一安心。とりあえず肝臓は機能してるんで、飲んでいいかな、と(笑)

 

ただ、減ってるとは言え、γGTPがまだ300台(オネエの3倍)、そして中性脂肪が250オーバーというのを見ると、まだまだ。

 

併せて、GOT<GPTという状態を鑑みると、NASHかも。(NASH=非アルコール性脂肪肝)

 

つまり、酒以前に食い物がヤバイだろ、という話だ。(クスリのせいもあるかもだが)

 

良子先生からも飲むのは少量、休肝日を設定、というお達しをいただいてるが、おっしゃるとおりだし、さらには節食だよなあ、一番重要なのは。(対脂肪薬フィブラートもまだ禁止)

 

とはいえ、夜食と飲酒後のシメメシをガマンすれば、まだ数値を下げれそうな気もする。

 

明日からは、楽しみにしてた「4連戦」なので、これはこれとして楽しんで、そのあとはまた不用の飲酒は禁止だな。

 

12月上旬に世田谷区の健診受けて中間テスト。12月下旬に良子先生の期末テストで、なんとか進級しないと。

 

目標は、GOT,GPT=20台キープ、ガンマ,中性脂肪=200未満だろう。

 

目標を数値化すると、ヤル気が出る方なんで、ま、そんな感じで2017年を生きてみたいと思います(^^ゞ

 

 

χανι@68.0kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







空白の一日

 

 

プロ野球ファンやご年配の方ならご存知の「空白の一日」。

 

巨人ファンのオイラからすると、よくぞ規約の穴を見つけて論理的で正しい手を打ったなあ、と感心したが、世間はそういうのは「卑怯」と判断するから、大バッシング大会になった。

 

ま、今更どうでもいいんだけどw

 

今日はそんな「空白の一日」。

 

良子先生のところで血液検査。

 

結果が出るのは明日だから、今日は「禁酒が解ける空白の一日」なのだ。

 

明日、結果を知ったら、また禁酒かもしれないし(^^ゞ

 

あ、クリニックの待合室で盟友Mっちさんとバッタリ。身長と体重をはかりに来たらしいw

 

そう言えば、今年会うのは初めてなんだけど、そんな気がしないねえ、などと談笑。

 

ま、「鉄板」購入したら焼きに行きますからw

 

田園都市線が朝から止まってると友人のfbでキャッチしてたんで、桜んボにはどうやって行くべ、と思ってたが、なんとか動いていた。

 

大変だったのは、朝、通勤する人たちだよな。桜んボスタッフもハマった人がいたみたいだが、花子さんの話だと、チーフの流星号が活躍したらしく、ちゃんと通常営業していた。

 

 

ともあれ、解禁の一杯。

 

あーーー、ダメだ。ウマイ(笑)

 

これ飲んじゃうと、やっぱノンアルビールじゃダメだ。(明日からどうしよう)

 

それでも、食事はメランツァーネを軽くいただいて、大盛りとかバゲットとかはナシ。

 

なんか、酒より食い物セーブのほうがいいような気がしてきた。

 

ランチの忙しいさなかでもキチンとハナコーヒーをいただいて恐縮&感謝。

 

帰りの散歩道は、ご落胤が迎えに来た。

 

 

と、思ったら、ごろにゃんアピール。

 

キミはオスなのかメスなのか?(オイラはオスだと思ってるのだが、メスなのかな?)

 

一度ザビスタに戻って画像加工などをやって、夕方おでかけ。

 

今日は、大学時代からの親友かつたか氏との飲み会。

 

樽一2号店にしたのだが、かつたか氏が間違えて本店に行き、三浦店長に連行されてきたw 感謝

 

樽一はどうしても、日本酒!クジラ!っていうイメージだが、基本的に食べ物が絶対的に美味い居酒屋。

 

 

今日は、かつたか氏のエントリーで、普段オイラが頼まないものを存分に楽しめた。

 

2号店の日本酒は、浦霞を中心とした東北酒なのだが、今日のオイラのセレクトは自画自賛。

 

 

クラフトビールのあと、浦霞純米生一本、写楽、そして樽一専用浦霞原酒金ラベル。

 

かつたか氏の酒の嗜好がオイラと近似だったんでよかった。

 

 

そして、ザビ系の食べ物はこんな感じで。

 

カツタカ氏がチーズの塩辛を絶賛。お代わりしたw

 

あとは、ブリがよかったなあ。クジラの赤身も楽しんで、シメに真っ黒おにぎり。

 

トータルでお手本のようなオーダーになったなw

 

酒は飲まなくて済むなら、健康にもそれのほうがいいのかもしれないけど。

 

かつたか氏とは別に飲まなくたって会おうと思えば会えるわけだけど。

 

でも、やっぱり酒があって、今の話やら昔の話やらギターの話をして、これと言った結論もなく会話を楽しんで、いい時間だったねえ、とお互いに喜びを分かち合えるのがいいな。

 

だから、今後もカンゾー君とは相談しながら、なるべく長く飲める人生であったらいいなと。

 

さて、明日からはどういう展開になりますやら。楽しみだね。

 

 

χανι@67.9kg (食事を控えめにしてる効果か)

 

 

P.S. プログレ・セミナー 12

きのうのクリアライトはいきなり地下深く潜ったんで、まだついてこれない人も多かったかな。

今日は逆に一気に浮上してポップス。

イタリアのカンタトゥーレにいってみよう。

要はイタリアン・ポップスなんだけど、歌唱や盛り上がりがプログレ的で、昔からカンタトゥーレはプログレの教科書でもよく扱われている。

今日は、クラウディオ・バリオーニで。

かつたか氏がイタリア赴任の時に見つけてきて教えてくれた。

ピッコロ・グランデ・アモーレが有名にして名曲だが、オイラは「炎のランナー」のヴァンゲリスが作曲した「E Tu」が一番好き。

やっぱ、プログレの匂いがするし、サビ2段構えの盛り上げ方はやっぱイタリアだよなあ(笑)

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







雑記 (飲まず食わず)

 

 

ホントこれと言ってテーマのない一日なので、とりあえず書き始めるね。

 

火曜日って、一番なにもない曜日なんだよね。

 

朝ごはん、ほぼ記憶なし。

 

わさび漬けはしっかり食べてるよ。あとはなんか、きのうの残りもの的構成だったような。

 

雨が降り出す。

 

午後は、DVDのMP4化依頼の対応。

 

やっぱり、イマドキはネットに映像をアゲないと商売が始まらないらしい。

 

パソ子にアップロードをお願いして、オイラ本体はザビ散歩。

 

雨の中、2匹くらいオイラに興味を示してくれたノラがいたので感謝。

 

夕方桜んボ。

 

 

明日、いよいよ血液検査にチャレンジするので、気持ち的にあまりオイリーじゃないものがつまみたいなあと。

 

大根シャキシャキピクルスは体に良さそうかな、という理由で選ぶ。あとはロービー。

 

ユキちゃんと久しぶりに雑談。ラーメン談義で盛り上がる。

 

好きなラーメン屋を問われて、結局、「桂花」「じゃんがら」「一風堂」が出てくるのは、数十年変わってない。

 

そう言えば、昔のようにラーメン食べなくなったよな(カップ麺は食ってたかw)。

 

それでも高脂血症なのは、体質的なものも結構あるんだよね。

 

最近、飲まず食わず(酒を飲まず、夜食を食わずの意)で、かなり自分的にはガマンをしてるが、50代ってのはこんなに腹をすかせないと健康を維持できないんだろうか。(今も腹をすかせながら書いている)

 

ともあれ、明日の結果しだいだな。

 

晩飯はカレー。雑多な市販カレーを適当にザビママが合わせたもの。

 

オイラはそれにsavoyのホットマサラをドバっと入れちゃうので、ほとんどsavoyなんだけど(^^ゞ

 

夜はなぜか大爆睡。2時間くらい熟睡したか。

 

体(内臓)を休ませるのにはベストだったかも。

 

そういえば、きのうの深夜放送でデスノート2を見てたが、最後の最後で寝落ちして、結論がわからずじまいw

 

またマンガ読もうかな。長いから、読み出すとタイヘンなんだよな。でも傑作だと思う。

 

じゃ、明日がんばります。(今更どうしようもないけど)

 

 

χανι@68.5kg

 

 

P.S. プログレセミナー 11

粛々と続けよう。今日はジャケットを先出し。(高校時代中古レコード屋のハンターでジャケ買いをしたのがつきあいのはじまり)

1973-74年頃に作られた「クリアライト・シンフォニー」。首謀者はフランスのシリル・ヴェルド―。

この人は、ほんとこれだけで食ってるんじゃないか、というくらい他での活躍を聞かない。

フランスのプログレの代表格ゴングのメンバーがサポート、ヴァージン・レコードとマイク・オールドフィールドが手出ししてるんで、知ってる人にはそっち系の音と思ってもらえれば。

サイケ、ジャズ、シンセ、シンフォニック系と言われるが、ヴェルド―のクラシックの素養はなかなかなので、クラシックな感じにオイラには聴こえる。

全編インスト40分。

オイラが無人島に持っていく10枚のプログレアルバムに必ず入るお気に入り。

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







いいじゃないの幸せならば

 

 

というタイトルを見て、佐良直美!と一発で出てきた人は同世代か先輩か(笑)

 

いやあ、今日はヒドかったw

 

結局、刑事モノ再放送−大相撲−刑事モノ、みたいなテレビ三昧な非生産的一日。

 

なので、写真もないのだが、最近の未発表写真を。

 

 

リンコロさんからの富士山。

 

もう、あたりは随分暗くなってて、気付かなかったが、手前の紅葉が綺麗だったんだ。

 

PHOTOSHOPのシャドウ・ハイライトで暗がりを持ち上げたら、紅葉が浮かび上がってビックリした。

 

つーか、暗がりのせいにしてるが、本番前の緊張で、あたりが見えてなかっただけか(^^ゞ

 

 

きのうのザビ散歩でサクラ。

 

冬毛のせいか随分ふっくらした。あどけなさからイイ女に変貌中。

 

引き続きテレビを見てたが、Eテレの100分de名著がラッセルの「幸福論」

 

1930年に書かれた本だが、言われれば当たり前だけど、当時の人も現代人もなかなかできないことなんだよな。

 

だから不幸な人が多いんだけどw

 

まあ、ザビ流に簡単に言い切っちゃえば、比較しない、気にしない、欲張らない、好きなようにやれ、ってことなんだけど(笑)

 

オイラも今はほぼそれらができてるから「幸せ」を実感してるけど、若いうちは「悩むのがカッコイイ」みたいなところがあったから、幸せを感じるのは難しいことだったかもしれない。

 

じゃ、一個だけ、ラッセルの名言を。

「不幸な人間は、いつも自分が不幸であるということを自慢しているものです。」

 

ま、言葉のアヤで冒頭「ヒドかった」と書いたけど、オイラ自身は、一日ホゲーっとテレビ見れて、「これも幸せじゃん」とホンネでは思ってるから。

 

ということで。

 

 

χανι@68.0kg

 

 

P.S. プログレセミナー 10

いよいよP.S.も10回目。ここまでの曲を振り返ってみた。

 

1. ジェネシス   ミュージカルボックス
2. クラフトワーク   ヨーロッパ特急
3. EL&P   ホウダウン
4. アラン・パーソンズ・プロジェクト   Eye in the Sky
5. ヴァンゲリス   炎のランナー
6. フリップ&イーノ   Wind on Water
7. ムーディー・ブルース   サテンの夜
8. キャラバン   グレイとピンクの地
9. ペンタングル   Cruel Sister

 

王道系からはじまり、ポップス、シンセ、テクノ、トラッド要素のものは出てきたな。

あとはジャズ系とか交響曲系が欲しいな。王道はもうちょっと増やしてもいいかも。

ちょっと辺縁系に偏りすぎてて、プログレか?みたいな感じがしないでもないw

 

と言いつつ、今日は独断と偏見で、オランダ・プログレのフォーカス。

泣きのギターとヨーデル風の声が売り物だったが、ある種、昭和歌謡的なギターが単純に好きなのかも。

では、フォーカスでシルヴィア。

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ザビさんオンステージ Part 2

 

 

結局5時に寝て10時起き。睡眠は十分だが、全身が筋肉痛。なぜw

 

午前中は風呂掃除と昨日のお礼メールなど。午後は写真の整理。

 

マンを持して桜んボ。だったが、「いやあ、今日は私の休憩時間にザビさんは来る、と予言してたんですよw」と花子さんに迎えられる。

 

持さなければよかった(笑)

 

いつ休憩かを読んで行くんだけど、まあ今日みたいにハズすこともあるのさ。

 

でも、ありがたいのは、オイラの来る時間を予想してくれてることだよね。大感謝

 

ただ、酒を飲んでれば、1時間でも2時間でも休憩明けを待てるんだが、シラフだと手持ち無沙汰になるのは発見だったな。

 

 

では、きのうの続き。

 

 

スーツ姿でのプレゼンを終え、いよいよオマケにしてメインイベントの弾き語り(^^ゞ

 

でも、その前に「脱皮ショー」。

 

 

誰かの芸風に似てると思われるが、実はこういう場での「脱皮」は2度めなのよ。(一度目は10年前の「説教セミナー」)

 

 

ザビTに帽子をかぶると、「いつもの人だ〜」と会場に流れる安堵感(笑)

 

そして、まずは名作フォークの「戦争を知らない子供たち」。

 

 

実は当初は最初に歌いたい曲を歌って、次に有名フォークソングと考えていた。

 

でも、先にみんなが知ってる曲がいいなと思い直し、さらに Live for mint & kakkaのときに、フォーク数曲やってノリが良かったのが「戦争…」だったので、選曲を変えたんだ。

 

結果、成功。

 

間奏の「F,F#,G」も一部ウケたし、「髪の毛がないから許されないなら〜」は、子どもたちにも通じたらしいw

 

ということで、アンコールをいただく。

 

 

ありがたい。

 

で、ここで自分が歌いたい曲を歌わせてもらうという段取り。

 

曲は、daisukeさんが前にオイラの応援ソングとして作ってくれた雨々の「ザビエルの恋」。

 

ついに自分で歌う時が来るとは(^^ゞ

 

 

練習の成果で、「戦争…」も「ザビ恋」もほぼノーミス。本番に強いのだw

 

 

音も、ボーカルはダイナミックマイク、ギターはコンデンサーマイクとリンコロさんのセッティングはバッチリ。

 

表情づくりはイマイチだったけど、まあ欲張り過ぎてもいかんだろう。

 

初舞台ということで技術より熱意で評価してもらえたと思うけど、プレゼンも弾き語りも準備したことはほぼできたと思う。

 

 

あとは楽屋で着替え。daisukeさんが撮ってくれた。

 

後ろのリンコロLPコレクションもスゴイよね。

 

やっと晩御飯。

 

 

待望のリンコロ母上手作りの刺身こんにゃくとリンコロママ特製の馬肉キーマカレー。

 

ピリ辛と言ってたが、十分大辛。ココイチの3辛くらいでバッチリ。

 

こんにゃくは柔らかくて絶品。マジウマ!

 

同期であるママに「戦争を知らない子供たちが歌える自分に笑った」とウケてよかった。

 

そして、もう深夜近いよ、という時点でトリのdaisukeさん。

 

 

改めてプロってのは別格なんだな、と知らしめてくれた。

 

 

ソロを聴くのは久しぶりだが、選曲も本番3曲+アンコール4曲wで、いろんな曲を。

 

 

やっぱり「花束」はウルっときた。

 

もう、シンデレラタイムなんで、終了後は速攻撤収。

 

 

あー、おみやげやプレゼントもたくさんいただきました。いつもありがとうございます! 投げ銭もたくさんありがとうございましたm(_ _)m

 

チューバチを送って、桜んボに戻ったのは午前1時。

 

 

花子さんが2時くらいまでいる、と言ってたんで間に合ってよかったのハナコーヒー。

 

これで本当にいつものザビエルに戻ったね。

 

まだまだいろいろ書きたいことはあるんだけど、充実の初ステージ&リンコロ・フリーマイクだった。

 

みなさん、どうもありがとう!

 

 

χανι@67.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ザビさんオンステージ Part 1

 

 

いやあ、すごい経験をさせてもらった。

 

リンコロさんはじめ、今日かかわってくれたすべての方々に感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

ただいまブログを書き始めたのが、午前3時40分。

 

ここまでの経緯を24時間前に遡って、書けるところまで書いていこう。

 

 

きのうのブログを書き終わってから、オンステージのリハーサルをやってみた。

 

ところが、しゃべりが全然続かない。この期に及んでなんたること!

 

 

ということで、一気に「しゃべり」を書き起こしてみた。

 

これでけっこう「凝縮」できるんじゃないかと。

 

ということで一安心して寝て起きて本日。

 

何人かの方々から熱い応援メッセージをいただき、感謝&勇気100%。

 

14時に桜んボ。

 

 

ヘビメタな天使屋チューバチと待ち合わせてランチ。

 

それで、彼女を乗せて、用賀でさらにdaisukeさんファミリーをピックアップして東名高速。

 

16時過ぎに順調に御殿場リンコロに到着、と同時に緊張度が増した自分に気づく。

 

小指がつるw 手が冷える。 五十肩w いやあ体が動かない。

 

 

柔軟体操。そして富士山をバックに発声練習(^^ゞ

 

とにかく何かやってないと体がカチカチ、心がソワソワ。

 

駆けつけてくれた櫻井ファミリーのミホちゃんがなんとオイラのためにレザーで応援。

 

 

うれしい。元気出た&緊張をレザー撮影で解きほぐそうとするオイラ(今日、彼女を一番撮ったなw)せんきゅー!

 

いよいよ近づくオープニングタイム。

 

 

リンコロさんもオペレーターコーナーにスタンバイ。

 

前座は飛び入りで、ベース弾きにしてプログレトモダチのシゲさん。

 

 

なんと8弦ベースとリズムマシンで即興演奏。

 

これはオーディオ的にも超低音に興味津々だが、今日のオイラは自分のことで目一杯(^^ゞ

 

いよいよ、オープンマイク大会開演。

 

 

先頭はリンコロさんの8mmフィルム公開。

 

懐かしさとともに、意外と画質が良いのに驚いた。

 

それから、若手やらクラシックギターやらが次々に登場。

 

15分ずつそれぞれに好演をしていく。おもしろいし飽きない。(でも、緊張し続けるオイラw)

 

 

そして、知った顔ではアラブ音楽屋でウード弾きのタキちゃん登場。

 

相変わらず10拍子が心地よいw

 

 

それからハッピーバースデーがあったり、結婚記念日おめでとうがあったり。

 

いやあ、テンコ盛りとはこのことか?w おもしろい!(だけどキンチョーw)

 

そして、ついにオイラの出番である。

 

みなさんはライブハウスで音楽を演る、というパターンなので、オイラはビジネスプレゼンテーション風出し物で勝負することにした。

 

 

ということで、背広にネクタイ。 10年-20年ぶり(笑)

 

客席から、「こいつは誰だ?」の声が(^^ゞ

 

この日のためにリンコロさんがビジネスプロジェクターを導入してくれて、かなり本格的にできた。

 

難しい内容をわかりやすく、ということで小道具もいくつか。

 

 

リンコロ&ザビスタ・コラボ手製メガホンを用意したり、マイクの原理を説明するのに糸電話の実験をしたり。

 

一応、電磁誘導とかフレミングの法則までしゃべったよ。伝わったかな?

 

緊張して、自分では何しゃべってるかよくわからんがw,ともかく客席の反応は悪くない、というか温かい応援が返ってきたので、無事ステージを務めることができた。

 

それにしても、スポットライトを浴びると客席が全然見えない。

 

最前列に知ってる人が座ってたのに認識できなかった(^^ゞ

 

顔が見えないから緊張しなくて済む、という意見もあるが、オイラは顔色を見ながらしゃべるほうなので、とっても不安だった。

 

ミュージシャンのみなさんはこんな状態で演奏をし、歌を歌い、聴衆を盛り上げているのか、と思うとそのスゴさに驚きを新たにした。

 

これからさらにリスペクトして撮影できそうです(^_^)b

 

そしてホントに勉強になった。ありがとうございます。

 

ということで、かなり会場も盛り上がったところで、歌っちゃっていいですか?(^^ゞ

 

まだまだ盛り沢山なので、この続きは明日書こう。(引っ張ってゴメンよぉ)

 

■次回予告■

 

 

ザビエル、ついに脱ぐ?!の巻。

 

 

χανι@68.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







話したいこと、聞きたいこと。

  

 

daisukeさんから、先日のロケの写真もらったんだけど、これがすごくいい。

 

 

オイラにはこんなふうには撮れない。撮影者不明だがw、芸術センス(絵心と愛情)のある人に違いない。

 

終日リハーサル。

 

ザビスタ(自分の部屋)で、明日のリンコロ・フリーマイク「ザビさんのマイクロフォン講座」の予行演習。

 

やっべーーー!(笑)

 

 

まず、時間内に収めるのがすごく難しい。

 

15分タイマーで勝負するが、ぜんぜん収まらない(^^ゞ

 

そもそも、マイクロフォンについて語りだしたら、2-3時間は軽くかかるし、しゃべりたいw

 

でも、誰も(オイラの大ファンでないかぎり)そんなヨタ話にはつきあってられないわけで。

 

プレゼンテーターの基本は時間通りにしゃべる、だとオイラは思ってるので、まずはその練習。

 

とにかくムダが多い。でも、そのムダな部分が話したいことだったり、オイラ自身が「味」だと思ってるから難しい。

 

いやあ、プロのナレーター、歌うたいってのはホントすげえんだな、というのが今回一番学んだことだ。

 

これは撮り手としては貴重な体験だ。

 

それと、自分のしゃべりたいことと、聞き手が聴きたいことは違うってことも重要。

 

これは他の場合にも言えること。

 

歌手が歌いたい歌と、聴衆が聴きたい歌は違ったりする。(これがマッチできるのがプロ)

 

同様に、彼氏にしてあげたいことと、彼氏がしてもらいたいことは違ったりする。(これがマッチできるとモテ女)

 

同様に、商売人が売りたい商品と客が買いたい商品も違ったりする。(これがマッチできると繁盛店)

 

オイラも、ザビスタは最初は「音の仕事」でやりたかった。

 

でも、お客からはそれより「映像」が求められていた。

 

そこにやっと気づいてフォーカスできて、ザビスタは動き出した。

 

ただ、お客がこれを求めてるからと自分の方針を持たずに合わせてばかりだと、ヨレヨレになる。

 

きのう、ちょっと話が出てきた「自分軸」の必要性。

 

自分軸がないと、「オイラがやりたいのは『音』だけだ!」とこだわってチャンスを逃す。

 

自分軸がわかってると、映像の仕事でも大丈夫じゃん、とツールを変えられるし、逆に客に言われたからと自分が手を出したくないことをやってグダグダになることもない。

 

ま、あしたの本番はどうなるか。一応プログラムは自分のやりたいことから、お客さんが楽しめるだろうことに少し切り替えた。もちろん、軸はブレてないよ。

 

楽しみだにゃ。

 

 

夕方ザビ散歩。

 

 

裏通りにリフォームしたおうちがあるんだが、壁がこんなんなってた。

 

そういえば、前はノラが家の前にいたけど、どうしたんだろう。リフォーム後はみかけないなあ。

 

いずれにしても、ネコ好きさんの家なのは間違いない。

 

 

桜んボでは、シモコーベちゃんが切ってくれたカルパッチオで一杯(ノンアル)。

 

なんか、刺し身の切り口に愛情を感じたw

 

もちろん、シメはハナコーヒー。

 

すっかり最近はこのパターンだな。感謝してます。

 

さて、いよいよ明日は本番だ。

 

いったいどうなることやら。まあ、どうなっても楽しいからいいか(笑)

 

 

χανι@67.6kg (体重が減るのはいいが、体がかゆいの)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ブラックペッパー・フランス

 

 

ここにきて突然、アキちゃんのブログがすばらしい。

 

アキちゃんってのは真田亜希子さん。モデルでメイク屋でその他もろもろやってるけど、月イチぐらいでオイラのブログにも出てくる美人さん。

 

で、何が素晴らしいって、自己開示が一気に進み、「自己肯定感」「自分軸」というものが見えるようになり、それを表現し始めたのだ。

 

もし、これらのことにひっかかって、歩みが止まってしまう人には、とても参考になるんじゃないかな。

 

よかったら、じっくり読んであげてほしい。

 

1.私、ほぼ1年半前からこんなに変わりました(アメブロ

2.女性であることを受け入れたことから、更に人生が変わりました(アメブロ

3.自分軸ご存知ですか?私やっとやっと分かりました。(アメブロ

 

どうしたら美人になれるのか、という答えがここにはある。

 

そんなアキちゃんが今月も「素敵に見える写真の撮られ方レッスン」を2度実施する。

 

オイラも参加します。

 

11/17(金)13時から15時まで 残席3名様
11/20(月)12時から14時まで 残席2名様
¥5,400のところ今回までの限定価格¥3,240
JR町田駅徒歩5分のサロンにて行います
レッスン詳細はこちら

 

オイラが死なないように、今回は午後からの開始になった(笑)

 

 

日帰り温泉でぃ。

 

オプションはこれと言ってなく雑用。

 

茨城のパン屋に立ち寄ったが、「ブラックペッパー・フランス」がめっちゃオイラのことを呼んでるので、珍しく買ってしまった。

 

 

これが昼ごはん。

 

見た目はブラックペッパーをまぶして焼いたフランスパンだが、中にハムとチーズがけっこう入っている。

 

この味加減が絶妙だった。久しぶりにまた食べたいな、と思えるパンだった。

 

あとはネタがないなあ。

 

なので、プログレかたっていいですか?

 

ここんところ、ソフトロックいいね、とか、俺はプログレファンじゃなかった、とか、不毛の地から、なんか芽がはえるような反応が聞こえてくる。

 

大切なのは、プログレを啓蒙することじゃなくて、あなたの音楽枠がさらに充実することなんだよね。

 

 

χανι@68.3kg

 

 

P.S.プログレセミナー9

プログレにはいろんな源流があるんだけど、重要なもののひとつに「トラッド」がある。

主に英国のフォークソングとか古い民謡。

それが、たとえば、サイモンとガーファンクルやレッド・ツェッペリンなんかにもつながるし、プログレ本流では、マイク・オールドフィールドにつながっている。

聴いてもらいたいトラッド・グループ、「ペンタングル」。

ジョン・レンボーンとバート・ヤンシュという二人のギタリストを擁し、特にバート・ヤンシュのギターは、ポール・サイモン(S&G)、ジミー・ペイジ(ツェッペリン)に大きな影響を与えている。

ということで、曲は「cruel sister」。

男を取り合った姉妹の悲しい歌。妹の肋骨で作ったハープが姉の罪を奏でるくだりは、「ホントは怖いなんとか童話」だな。

 

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE