ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

監獄からグランドホテル

 

 

9時に父の入院先の病院へ。

 

転院手続き。

 

スムーズに事が運び、救急車で東京医療センターへ直送。

 

生まれて初めて乗ったけど、違和感がなかったのは、TVドラマとかで見慣れてるせいかな。

 

 

東京医療センターは、オイラの肺がん手術でおなじみのザビスタ近所の国立病院。

 

父はとにかく奥沢の病院から脱出したがってたが、動けないのでどうしようもなかった。

 

生まれて初めての入院ということもあり、監獄に閉じ込められたような気分らしい。巌窟王的なw。

 

正直に言えば、「天国に一番近い病院」で、地域医療(救急、老人)を担うということは大切だし、病院も大変なのだと家族としてはありがたいが、これから復活しようと思う患者本人にはキツイ環境。

 

 

まあ、こんなイメージ。

 

今回、東京医療センターは大部屋が空いてなかったが、空くまでの数日ならと個室をとった。

 

 

ということで、こんなイメージ(^^)

 

寝たきりが続き、かなりボケボケの父は「ここが札幌のグランドホテルですか?」と何度か言う。

 

部屋だけじゃなくて、扱いもよくなると思うので、少しでも父の心が安らげば。

 

昼メシのパンが美味いと頬張ってた。

 

あの時だけはボケが解消してたな。

 

もしかしたら、前の病院では、ほとんど食事を口にせず、脳がエネルギー不足で省エネモードになってるのかもしれない。

 

しかし、そのあとはまた夢の世界。

 

さかんに弟の心配をしていた。(転職だ風邪だと現実ではないことをずっと気にしてた)

 

父から見ると、オイラは思い通りに育ったデキた自慢の息子で心配はない。

 

対して弟は進学も就職も父から見れば不出来で不肖の息子だが、愛してることに差はないし、心の奥底から心配でかわいくて仕方ないのが伝わってきた。(当然、弟はそれを嫌がるありがちな家族の図式)

 

13時過ぎに一区切りして徒歩での帰宅途中に「朝メシ」一風堂。

 

 

久しぶりに、からか麺5辛、ばりかた。

 

ランチセットでガッツリいった。(替え玉にはたどり着けず)

 

満足にゃ(ΦωΦ)

 

一度帰宅して、内務関係。母のクスリ関係も対処。

 

仮眠もちょっと取れた。

 

夕方、ザビQで母を連れて再訪。

 

看護師さんや整形外科の先生と話して、とりあえずの方向は見えたので安心する。

 

正直、父の現状を見てると、手術には耐えられそうにない。

 

近いうちに、近い将来についての決断を迫られるだろう。

 

正直、今はよくわからんので、その時のベストと思う答えを選択していくことになるんだろうな。

 

晩飯は、母とまた外食。

先日のうなぎ屋の上が五右衛門なので、何十年かぶりに行った。
40年前に和風スパゲティを打ち出して大ヒットしたが、今もそれなりに続いてるのは見事。
ん?ということは、オイラは40年ぶりで行ったのか?w
今は、美味いパスタを知ってるんで、どうかなと思ったけど、和風パスタは安定の美味さだったよ。
昼が九州だったので、今晩は北海道風醤油バタースパゲティー。いいじゃん!w
大盛り食って、さらに母の1/3もらって、バカっ腹いっぱいになった。
とりあえず、今日の仕事は完了させたかな。
まだ、ペースをつかめないから正直、疲労感と不安感はある。
ま、それでもまだまだ十分やれるだけの元気はあると思うし、すべてはこの時のために経験を積み重ねてきたんだと思ってるよ。
せんきゅー
χανι@67.7kg (おお、麺の大食いは増えるね。おとといから1.5kg増w)
| - | 23:59 | comments(2) | - |







さすがに堪えたが酒は美味い

 

 

きのうブログを書いてて一番心を砕いたこと。

 

フェイスブックの「いいね」マークで、「悲しいね」をもらわないことだった。

 

どうしても、悪い出来事が書かれてると、「いいね」は押しづらいから「悲しいね」や「ひどいね」の出番となる。

 

ただオイラは同情や共感の「悲しいね」は好きではない。

 

とは言え、押すなとも言えないから、自分で「いいね」を押してもらえる文章を書けるようになりたい。

 

おかげさまで、今のところ、「いいね」と「超いいね」なので、ありがたいし、うまく書けたかなと思っている。

 

今日もうまく書けるかな?

 

さて、今日は朝に病院の先生からTELがあって、転院先をあたってくれるという。

 

決まったら、またTELすると言われたが、その後なかなか連絡が来ない。

 

決まらないのかなあ。

 

家で待っててもしょうがないと、母や良子先生に促されて、15時くらいに病院へ。

 

先生から、一応東京医療センターに明日入れる方向で、最終調整は夕方と知らされる。

 

一安心。

 

父にその旨を伝えたが、やはり入院というのは急激に衰えるんだな。

 

いや、衰えないと人間は動けない苦痛に耐えられないのかもしれない。

 

夢とウツツと過去の区別がつきにくくなるようだ。

 

会話が急に心もとなくなった。

 

とは言え、この病院からはなんとしても脱出したい、という意志は強かったので、その方向でやってるからと握手。

 

あと一日、父にはがんばってもらえれば、新展開に入れる。

 

 

今日も奥沢神社にお参り。

 

 

前の通りも、奥沢大蛇通りという名称。

 

奥沢神社は蛇神様の神社だ。

 

 

その関係もあるのか、奥の弁天祠が立派なのも特徴。

 

弁天様も元をたどるとインドの蛇神(川の神)だからね。

 

夜は疲れたし、酒が飲みたいと家飲み。

 

 

まだこんな展開を予想だにしなかった先週買ったホヤがつまみ。

 

ウマ!

 

 

ビールでやってたが、日本酒が当然欲しくなり、弟がファミマで当てた大吟醸をもらう。

 

こういう酒もロックでやれば、スイっとイケるのだ。

 

まあ、明らかに家族の絆は強くなったな。

 

いや、本来強いのだが、平時は出す必要がないのが、家族の絆だ。

 

それを平時に出しすぎるとウザくなる。

 

そのあと、良子先生に入院用の情報提供書をいただいて、マッサージ屋。

 

ほんとは今日は鍼灸院の予約をとってたのだが、そんなこんなで行けなくなった。

 

で、いつものマッサージ屋に行ったが、昔からやってくれてる青柳美人先生がツボをどんどん突いてくれたので、家に帰ってみたら、かなりスッキリしてる。

 

助かった。感謝。

 

明日は朝から転院で頑張るぞ!

 

 

χανι@67.0kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ヒトはなぜウマいモノを食べるべきか

 

 

今日は北海道から吉例の美味いものが贈られてきた。

 

 

キヨタカさん、ありがとうございます。

 

早速朝食で一本軽く炙っていただく。ウミャイw

 

DIY的にすごくスッキリしたのは門扉の修繕。

 

 

もう1年以上、クルマの出し入れの際に扉がうまく開閉できなくて難儀してた。

 

なんとかなってたので、対処療法でやり過ごしてたが、今日ふと根本原因に気づいた。

 

支柱に止めるナットの緩み。

 

原因がわかれば、あとはやるだけ。スパナや556を使って見事解決。

 

数年ぶりのスムーズ感を味わっている(^^)

 

きのう、ジョナサンでシメ茶をしてたところで、ケイタイが鳴った。

 

自宅の弟からで、父が廊下で倒れて、救急車を呼んだとのこと。

 

ああ、ついにこの日が来たかと、粛々と帰宅。

 

奥沢の病院に運ばれたとのことなので駆けつける。

 

オイラは倒れたと聞いて、遂に内臓が限界に来たのかと思い込んでたが、実は元気にひとりでトイレに行こうとしてコケたらしい。

 

そうなんだよなあ。人間いくつになってもガタがきても、人の手を煩わせずに自分でできると考えちゃうんだよな。

 

で、結果右足の付け根を骨折。

 

父は、骨折したことがないのと入院したことがないのが自慢だったのだが、ここにきて合わせ技でやってきた。

 

さすがにショックだったようで、しばらくゼーハーしてたが、23時過ぎまでつきあって、弟も夕食抜きで限界に来てたし、励まして帰ることにした。

 

連休中ゆえ、外部の当直医師がいるだけだったので、すべては休み明けに動き出すが、ともあれ受け入れてもらえてよかった。

 

今日は、母を連れて見舞いしたが、だいぶ落ち着いていて、父自ら手術を受けて、復活を期す方向でお願いしたいと口にしてくれた。

 

92歳の困難は十分想定できるが、何もせずに寝たきりでボーっと死を待つより、うまくいかなかったとしても前進する方向に気持ちや行動を持っていくことが肝要だとオイラもヒシと感じた。

 

それが「生きる」ということなのだ。

 

そういうわけで、明日から転院だとかいろいろ動き出すからね、と父を励まして帰宅。

 

 

あ、病院の眼の前の奥沢神社にもお参り。

 

帰宅してからは母のケア。

 

意外と当事者より周囲がヤラレることはよくある話なので、父は病院に任せて、オイラは母のフォローをするのがよいかと。

 

弟は夜勤仕事があるから、こういう時は、オイラが家を取り仕切ることになる。(その代りと言ってはなんだが、弟には数十年後の”家じまい”はお願いしてあるw)

 

正直、母もオイラも気丈な方だが、内心はそれなりにヤラレてるわけで、さてどうしたものかと。

 

ナニゲなく、うなぎを食いに行こうと提案。

 

近所にそこそこのうなぎ屋があって、クルマでスイっと行けるのだ。

 

 

で、並。

 

しかし、これがなかなか量感もあり美味くて(^^) (最近はスーパーの鰻しか食ってねえし)

 

母もなんかスイッチが入ったみたいで、少しオイラにシェアして、あとはガツガツ平らげた。

 

こんなにかき込む母を見たのは初めてかもしれないw

 

美味しくて夢中で食べた、と言ってたが、オイラよりペース早かったもんな。

 

おかげで、俄然元気になった。

 

鰻はスタミナの素と言うけど、そうじゃなくても美味しい好きなものを食えば人間は元気になるのだ。

 

これからはどんどん外食したいとその気になってる(次はラーメンらしいw)

 

まあ、そういうわけで、なんとかなるし、事件が起きれば大変だけど、それなりの楽しみ方というのも発生するのだ。

 

要は考え方、腹のくくり方次第。

 

明日はたぶん朝からいろいろイベントが発生するんだろうが、まあ、なるようになるのだ。

 

お楽しみに。

 

 

χανι@66.4kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







今も昔も田無には田は無い

 

 

きのうは飛び込みデートだったが、今日は事前予約?の恒例サンデーミントデート。

 

行きたかったのは田無。

 

 

実はミントさんの故郷。(オイラにとっての目黒みたいな感じ)

 

 

田無感?のあるものをちょっと撮影したり(^^)

 

駅前は再開発されちゃって、ミントさんもまったく見当がつかないという。

 

しかし、ウラに入るほど、まだ少し昔の面影はあるそうで。

 

最初の目的地は「田無神社」。

 

 

近年は龍神さまを配置したりして、パワスポとして営業努力してるみたいだ。

 

 

それと、大鵬土俵がザビッシュ。

 

故・横綱大鵬が寄贈した土俵があるのだ。それだけのことだがw

 

今はそんなこんなで整備されてるが、昔は盆踊りを境内で開催したり、七五三詣に来たり、という思い出がミントさんにはあるそうで。

 

そして、田無後半戦は、青梅街道・新青梅街道を越えて、北原方面。

 

ここがミントさんの小学校低学年まで住んでた場所。

 

 

面影はかなり残っているそう。

 

寿司屋、公民館、地主の家、などもあったし、同級生の家もそのまま残ってたりしてた。

 

そして、ミントさんが住んでいた家も、そのまま残っていた。ただ、今は空き家かも。

 

そんなこんなで、いつも以上に饒舌に話しまくるミントさん。

 

うん、オイラも目黒に行くと同じテンションだね(^^)

 

ということで、帰りも西武新宿線急行で一気に戻ってくる。

 

 

チョイ飲みは新宿のキリンシティ。

 

 

結局ムール貝がオイラの昼メシだったw

 

いやあ、食ったな。

 

それから、もうちょっと居ようかとジョナサンにハシゴ。

 

 

ミントさんは赤ワインに山ブドウジュースのチェイサー。

 

オイラは、お抹茶ハイに青汁のチェイサー。

 

ちょっとアホっぽくて良いw

 

で、少しの時間(と言ってもドリンクバー3杯飲んだが)をいっしょに過ごしてお開き。

 

実はこのあと、オイラにドトーの展開が起きるのだが、それは明日まとめて書くことにする。

 

ありがとう。

 

つづく

 

 

χανι@66.2kg (晩飯食わないとやっぱ減るのだな)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ペシミスティックなハナシね

 

 

昼は家事&映像編集。

 

波に乗れたので、自分の目標のところまで達成できた。

 

ミントさんがひとり銀ブラするとメッセくれたので、行ってよいかと尋ねたらOK。

 

エンコードまで仕上げてアップロードはパソ子に任せて、昼メシ後に銀座。

 

 

ホテル付きのMUJIに行った。目的はバウハウス展。

 

こういうのミントさん詳しいんだよな。

 

バウハウスは1919年創設のドイツのデザイン学校。

 

 

小展示だったが、オイラも好きなデザインだ。

 

壁に写真展示があったが、うん、プログレジャケット(^^)

 

クラフトワークとかこういう感じだわ。影響受けてるんだな。

 

 

鏡面エレベーターで自撮り。

 

あとは、アグネス・ビー(オイラはこう呼ぶ。フランス語苦手w)の路面店覗いて、それからビール。

 

 

結局G-ZONE権八。

 

知ってる顔はいなかったが、のんびりと美味いビールを飲んだ。

 

 

つまみは軽くマグロユッケとか。

 

夕刻までのそれほど長くはない時間だったが、濃密に話せた。

 

「厭世的」という言葉が出てきて、通常会話にこういう語彙を入れられる女性は素晴らしいなと。

 

で、英語にするとどうなのよ、みたいな話になって、今は便利だね。

 

スマホで調べてもらえる。

 

ペシミスティック。

 

久しぶりに聞いたなw

 

でも、ちょっと厭世的とペシミスティックは日本人からするとニュアンスが微妙に違う気がする。

 

悲観的という意味合いを感じるのだが、厭世的は悲観的とは違う。

 

まあこのへんは門外漢なのでこのくらい。

 

オイラにとってペシミスティックという語は、戸川純だ。

 

youtubeあたったら、ちゃんとあった。

 

戸川純擁するヤプーズのバーバラ・セクサロイド。

 

ここでも戸川純は、ペシミスティックに対して自分はオプティミストと歌ってる。

 

まあ、それは置いといて、単純に戸川純の革のホットパンツが好みってハナシなんだけど(^^ゞ

 

世代によっては「懐かしい!」と言ってくれるかな。

 

久しぶりにエンディングの曲を入れてみましょう。

 

では、おやすみなさい。

 

 

 

χανι@67.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







バッテリーもオイラもビンビンだぜ?

 

 

ふぅ。(最初にため息をついてみる)

 

忙しい時はさらに自分で種をまいて忙しくしてしまうもんで。

 

午後は介護関係もあれこれあるし、なにより編集を進めたい。

 

そんな折に雨の中、ザビママがスーパーに買い物に連れて行けと。

 

それは最優先事項だから、昼前にそそくさと準備を整えて、ザビQにザビママを乗せて、エンジンスタート。

 

しない(笑)

 

ダメっす。バッテリーがちんからりんなのが伝わってきます。わかります。

 

こんな時のために、半年前のバッテリートラブルの時に買ったパナソニックのバッテリーがあるさ。

 

ということでケーブルでつないでエンジンをかけたら、なんかバチバチ言ってるぅ!

 

こりゃあかんということで、觀念してJAF。

 

原因はわかってる。なぜか半ドアやってた。

 

うーん、消灯はいつも確認してるんだけどなあ。

 

忙しさで抜けたか、歳で抜けたか。

 

さて、JAFが来て、スターターで一発でかけてくれた。

 

スターター欲しいかも(笑)

 

ついでに現用の韓国製バッテリーとパナソニックを電流電圧計でチェックしてもらったら、絶対パナのほうがいいという。

 

そうか。半年経っても元気でいたかw (さっきバチバチ言ったのは、ケーブルが細いか、接触面が汚れてるかだそうだ)

 

 

ということで、JAF兄さんにお願いして(もちろん再入会する)バッテリー交換してもらった。

 

電気モノは自信があるんだけど、どうもクルマのバッテリーは苦手。

 

大電流でシビレそうな気がする(^^)

 

助けてくれてありがとう。

 

http://blog2.studio-xavi.com/manage/?mode=image&uploader_type=single

 

ということで、パナソニックブルーもいい感じだし、エンジンもなんか静かにかかるようになった(気がする)。

 

これで一件落着したけど、今さらながら、エンジン横置きなんだな。

 

コンパクトカーだから仕方ないけど、初めてクルマを所有したときから、ずっと縦置きエンジンが当たり前だったので、なんか寂しく感じる。

 

別に縦置きがエライわけじゃないんだよ。うん。わかってるけど、つまらないこだわりがあるのさ。

 

おそらく次に買い換えるクルマが人生最後のクルマになると思われる。(70-75歳くらいで免許は返上だろう)

 

どうせなら、最後くらい自分の好きなタイプのクルマに乗りたいけどね。

 

でも、ときめかないんだよね。イマドキのクルマは。

 

ブレーキ踏み間違え事故を防ぐためにはMT車のほうがいい気もするけど、逆に体がついていかなくて、別の事故起こしそうだしなあ。

 

まあ、そんなことを考えてる時が楽しいのであって、実際に所有するとなると、現実的問題が降り注いで年寄りにはめんどくさくなるんだろう。

 

ま、ザビママをスーパーに連れて行くうちはザビQが無敵よw

 

当分これだな。

 

 

χανι@67.2kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







ニャゴヤひとむかし

 

 

速攻撮影取材出張。

 

余裕があれば、泊まったり酒飲んでくるのだが、今日は東京取材感覚で。

 

なにしろ行き先の名古屋は新横浜の隣駅ですからw(のぞみの場合)

 

たった80分で着いてしまう。

 

今日は指定も取らずに飛び乗り飛び乗りで往復。

 

スムーズすぎて怖いくらい(^^)

 

 

天候は大雨。

 

まじまじと名古屋駅ツインタワーを見るのは初めてかも。

 

それでも撮影の時には、きっちり雨が止むところはビビビの曇り男の面目躍如。

 

名古屋名物を1個くらい食べなくちゃと、遅い昼飯は、駅近くできしめん屋。

 

 

ざるきし。

 

日本人の好きなお題で、三大なんちゃらというのがある。

 

三大うどんは、讃岐うどん、稲庭うどん、あともうひとつはって話らしい。

 

うどん自慢の地域がわれこそはと自称して、それはそれで地方再生のカードにしてるらしい。

 

オイラ的には、間違いなく三大うどんにきしめんは入る。

 

讃岐は別格かもだが、稲庭よりきしめんだ。

 

のどごし、形状、ツヤ、味、どれをとっても際立ってるでしょ。

 

もちろん、博多も久留米も富士吉田も好きだけどね。

 

そういえば、昔、ジュリアナの荒木師匠がスカウトした「きしめんダンサーズ」の美女たちはどうしているのだろうw

 

どうでもいいけど、思い出した。

 

仕事はヤゴト方面。

 

名古屋駅から地下鉄で行った。

 

若い時は名古屋営業担当だったので月に数日は滞在してたし、地下鉄も乗りまくっていたが、東山線、久しぶりすぎ。

 

ホームにガードができてたのと、車両ドア上に液晶表示が付いてて、びっくりした。

 

駅とか車両は昔のイメージのままなんだけどね。

 

それと名城線が山手線ばりに環状線になってたのもびっくり。

 

自由ヶ丘もあるぞw(東京は自由が丘ね)

 

桜通線も延伸してるし、なんかご発展じゃないか。

 

名古屋人にはいったいいつの話をしてるんだと叱られちゃうが、オイラの頭の中は2-30年前のままなんだな。

 

帰りは営業マンにクルマで名古屋駅まで送ってもらったが、100m道路が延伸されてたのもビックリ。

 

吹上ホールとか懐かしすぎ。(よく展示会で行ってた)

 

晩飯はそういうわけで、東京で。

 

19時過ぎに名古屋を出て、21時には地元に戻ってきちゃうんだからおそろしい。

 

これじゃサラリーマンは宿泊出張なんてできないよな。

 

昔は新幹線の中はケイタイがつながらないから自由時間、とかノンビリルールがあったんだがw、今は出張しても会社から逃げられないからかわいそうだ。

 

それでも日本の会社は生産性が悪いそうだから、まだまだ余裕があるんだろうか。

 

 

もはや常連化してる都立大ココイチで晩飯。

 

しっかりお野菜も摂ります。

 

 

そしてお気に入りのロースカツ納豆ガーリック、300g4辛。

 

生ビールはジョッキ1杯380円だし、2杯飲んでサラダとカレーで2000円。

 

他ではなかなかこうはいかないよね。

 

生ビールが600円、800円する店は付加価値とは何かを考えさせられるね。

 

がんばってね。

 

ってことで、明日あさってで一気に仕事を進めないと、もう7月半分経っちまったぜ。ふぅ

 

 

χανι@67.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







名もなき家事

 

 

ちょっとぐらいの汚れ物ならば、残さず全部洗ってやるぅ〜♪

 

先日ネットコラムで「名もなき家事」に奥さんはモヤモヤして不満を増幅させてるという記事を読んだ。

 

旦那の脱ぎっぱなしの靴下の片付け、ペットボトルのラベル剥がし。。。

 

なるほどそういうやつね。

 

オイラも最近そういうのやるようになって、主婦って大変だなって敬意を払うようになったよ。

 

とはいえ、普通オトコはそういうのわからない。

 

奥さんが文句を言ったりすれば、じゃあ全部リストアップして、エクセルで一覧表にして、分担を決めて解決しようとか言い出す。

 

アタシが言ってるのはそういうことじゃなーーい! って余計に話はこじれる(^^)

 

結局、そういう女心が還暦になるまでオイラはわからなかった。

 

いや、今もやっとそういう男と違うロジックがあるらしいって気づいた程度だけど。

 

そのへんに若い時に気づいてれば結婚もあったかもな(笑)

 

そういうわけで今日も働いたぞ。

 

浴槽をちょこちょこ洗って、庭の芝刈りして、食器洗って、父の看護に立ち会ったら皮膚科の先生も突然やってきて、合間に仕事のメールして、終わったら母の介護保険更新認定に役所の人が来て、最中に宅急便が荷物取りに来て。。。

 

それから自由が丘に処方箋を出して、薬出る間にスーパーと100キンで少し買い物して。。。

 

そうだ、その前にエルメス号のタイヤのバルブがイカれて、手押しで街の自転車屋に行ったら休みでw,そんで、近くの高級自転車ショップにお願いしたらイケメンの兄ちゃんが432円で直してくれてw

 

とにかくあっという間に日が暮れたよ。(映像編集が進まなくてゴメン)

 

夜に銀のさらの寿司食って、巨人の独走状態を見て、やっと一息ついた。(そう言えばお相撲を見る余裕がない)

 

えーと写真ね。

 

 

そもそも芝刈りを今日やったのは、昨日の夜に1mはあろうかという雑草の引き抜きをやっちゃったから。

 

暗くてよく見えないってのは怖いもの知らずで、ガンガンやってたら、眉間を蚊に刺されてたw

 

これの処理もあって、もちろん今日は完全防備で雑草取りと芝刈り。

 

 

芝刈りよりも手で摘んだ雑草のほうが多かったな。

 

威力を発揮したのは、看護師さんがザビパパの手当ての時に使ってるゴム手袋。

 

これはスゴイ。雑草がグングン引っこ抜けるし、手を傷めない。

 

 

ご褒美的に庭に咲いてるムクゲを鑑賞。

 

東洋的な良い花だ。

 

さて、エルメス号はイケメンのおかげで復活。

 

 

自由が丘の往復にはもはや必須。

 

こういう自撮りはなかなかテクニックいると思う、と勝手に自慢。

 

夕方のいい時間帯だったので、久しぶりにネコ探し。

 

 

ご落胤発見。

 

最初はオイラを認識できてなかったが、カメラを取り出したら気づいた(笑)

 

そこで認識してるのか?

 

グレコもあとから出てきたし、元気にやってるならそれでよい。

 

ってことで、活動量の多い一日だったな。

 

必然的に元気です(^^)

 

 

χανι@67.3kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







軽薄短小・安速良

 

 

きのう、夜中まで終日かけてなんとか20枚のDVDを焼いた。

 

結果的に今日は数時間で20枚焼けた。

 

たしかにピンチヒッター・ノートPCもがんばったけど、きのうの夜に注文して今日の昼にヨドバシが届けてくれたDVD-Rドライブが活躍。

 

 

いやあ、小さっ!

 

DVDを入れるから当然、幅は従来のドライブと同じくらいあるが、高さがぺったんこ。

 

しかも電源不要。USBで動くし、ノーエラーでちゃんと焼けた。

 

まあ、イマドキの人には当たり前の小ささなんだろうけど、おじさんはビックリだよ。

 

もっとも、ミスったのは、デスクトップ内蔵用のドライブなら、従来どおり16-24倍速のが入手できた。

 

外付けしか頭になかったんで、8倍速のモデルになっちゃった。

 

でも、ノートPCも引き続きがんばったから、2台で16倍速だよな(^^)

 

とにかく時代は「軽薄短小」の方向にモノを動かす。

 

この言葉を生みだした1980年代のカセット・ウォークマンは、今から見ればもはや重厚長大だ。

 

もちろん、軽薄短小がすべてエライわけでなく、うちのオーディオシステムは相変わらず”超”重厚長大だし、パソコンシステムもしかり。

 

どうしても、そうじゃないとできない「仕事」もあるのだ。

 

しかし、軽薄短小は何かにつけて良いことが多いのは事実。

 

さらに最近は、安い・速い・壊れないと「軽薄短小安速良」の七拍子が揃ってるものが多い。

 

しかもそれがアジア製だったりするからびっくりぽんである。

 

ともあれ、今日も仕事が進んでよかった。明日もうひと踏ん張りだ。

 

晩飯は、プリック。

 

 

おうちで本格タイカレーが食えるのはすごい。

 

しかも、非ココナッツ系で激辛。(おなかにきます)

 

最近はスーパーでも売ってるので、カレー通の御仁にはぜひ試していただきたいレトルトだ。

 

きのうのELOは音楽ネタのわりに珍しく読者反応がよく、またさっきPCオーディオに移して聴いてるが、音質は普通ながら、トータルアルバムとして、やはりよくできている。

 

クイーン、エイジア、アラン・パーソンズ・プロジェクトといった当時のプログレから派生した重厚長大さをうまく活用したグループと同様の造り。

 

80年代初頭だな。

 

いっしょに借りたリンゴ・スターやレッド・ツェッペリンがやはり70年代の正真正銘の「重さ・翳り」を持っている(それが良い)の対して、ELOはやはり軽やかだ。

 

当時はそれが許せなかったけど、今は懐かしくまた心地よい。

 

ま、そんなところで。

 

 

χανι@66.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







お店に感謝されないお買い物

 

 

厳しい一日。

 

昼間、時間をかけて作ったDVD20枚が読み込み不良頻発。

 

くそぉ、不良品のディスクつかんじまったぜ、とブツクサ。

 

夜はビールを飲んだ勢いもあって、自由が丘にDVD-Rディスクの買い出しを決行。

 

ヤマダ電機で購入して、帰りは歩き。

 

ツタヤの前を通ったので覗くことにした。

 

先日ロック部でミントさんがELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)を紹介してて、知らない曲だったが、すごくザビッシュなのでそのアルバムを借りたくなった。

 

んが、4枚1000円。あと3枚どうするか。

 

 

こんなラインナップになりますた(^^)。

 

本命はELOのTIME。このオープニングがすばらしかった。

 

なんでも、電車男に使われてたらしい。

 

ELOはデビュー当時から、プログレじゃない!と旧来のロック屋からは蔑まれてたがw,今聴き直すと、我々も丸くなって、いいアルバムじゃん、ということになる。

 

なので、ELOは名盤とポップスファンには言われた「オーロラの救世主」も借りてみた。

 

テレフォンラインが懐かしい。

 

あとは、実はちゃんと聴いたことがないレッド・ツェッペリンの掘

 

ジャンジャカジャカー!ジャンジャカジャカー!ジャンジャカジャカー!ジャン

あああ〜〜、あっ!

 

そして、想い出のフォトグラフが聴きたくなって、リンゴ・スターのソロ。

 

これって、ジョンもポールもジョージも参加してるから、ビートルズ・アルバムと言ってもいい。(ちゃんと聴いたことないけどw)

 

ということで、しまった、音楽を語ると止まらない。すまぬ。

 

問題はレジなのだ。

 

ツタヤは今セルフレジ。

 

カードをしゅっとやったら認識不良。

 

スタッフを呼んだら、面倒くさそうに対応してくれたw

 

で、あとはバーコードをのたのた自分で読ませて、現金でのたのた支払い。

 

黙って店を出る。

 

誰にも感謝されないんだ!

 

で、そのあと、ユニクロで靴下4足1000円。

 

こちらもセルフレジ。

 

無造作に4品いっぺんにボックスに投げ込むと一気に認識して商品確認が出る。

 

こちらものたのた現金払い。

 

そして、黙って自分で袋に詰めて、店を出る。

 

やっぱりお店に感謝されない!

 

「ありがとうございました」とか「スマイル0円」とか、もう古いのだな。

 

もちろん、アマゾンだって「ありがとう」は言ってくれないが、配送屋さんが代わりに言ってくれるからまだよい。

 

なんだかなあ、と思いながらも時代なのだと自分を納得させる。

 

そうそう、支払いもキャッシュレスがどんどん主流になってるよね。

 

オイラは現金払いにこだわってるけど、店からすればキャッシュレスは釣り銭がめんどくさくないとか、メリット大きいんだろう。

 

オイラが現金払いにこだわるのは、ムダ遣いを避けるため。

 

だからクレジットカードも極力使わない。(手数料もキライ)

 

貧乏人はカード持っちゃいかん(昭和の考え方)。

 

もっとも、pasmoは便利だし、いずれはキャッシュレスなんだろうけど。

 

で、ザビスタ戻って、ディスクを変えて焼いてみたら、やっぱNG!

 

ということは、ドライブがイカれてるのか。

 

これは落とし穴だった。もっともずいぶん昔から活躍して稼いでくれたもんな。

 

感謝。

 

とは言え、DVDは作らないと。

 

ということで、ここのところピンチヒッターで大活躍のノートPC登場。

 

書き込みソフトをインストールしたら、じんわり焼いてくれてる(^^)

 

検品もOK。

 

とりあえず今日のところはこれでボチボチいってみる。

 

そのうちなんとかなるだろう。

 

 

χανι@66.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE