ザビエル・カトーの”癌になっちゃったけど”「いい加減に生きてます」

アタマがアイアイ

 

 

すみません。日産のゴーンさんの逮捕より、竹野内豊と倉科カナの破局のほうが気になるザビエルですm(_ _)m

 

両方好きな俳優さんで、47才と30才で、歳の差あっていいじゃんと思ってたんだが、結婚したい倉科と結婚がイメージできなかった竹野内だったのかな。

 

コメントに、30前後の結婚出産希望の女性にアラフィフのオジサンが手を出すな!ってのがあって、なんかすごく謝りたい気分になったw

 

別にそういう体験があるわけじゃないが、やっぱオイラには結婚はリアルじゃなかったのかもと思い知らされた。

 

蓄膿症は相変わらずだが体調は少し上向きなんで、少し映像編集に着手。

 

ただ、やっぱ長続きしなくて、ちょっとアイドリングが必要だと逃げることにしたw

 

M野さん・ともどりーさんつながりの「ビジュアル系ドラマー行政書士」の河合峻也君(通称カホン君)が、先日動画をアップしてた。

 

カホン(打楽器)で童謡「アイアイ」を叩いてたんで合わせたくなった。

 

なんでも、来月保育士試験があって、その課題曲がアイアイなのだそうだ。

 

アイアイはオイラが幼児の頃作られた曲で(1962年)、「おかあさんといっしょ」とかでオイラは観た記憶がある。

 

まさか、21世紀まで歌われ続ける名曲とは、その頃は思ってもいなかったが、今や日本人の多くが知ってる曲だ。

 

世界の中で、マダガスカルの珍獣アイアイを知ってる割合は、日本人がきっとめっちゃ高いと思う。

 

どうも欧米人やアラブ人がアイアイに馴染みがあるとは思えんのだがどうだろう。

 

ともあれそういうわけで、ギターで合わせてみようかと。

 

 

ネットでコードを拾って、自分流にアレンジ。

 

ここまで来るとアタマの中がアイアイがヘビーローテションw。

 

エンジンがかかる。

 

ギター演奏をミラーレスで軽く動画撮影して(と言っても、失敗の連続で、相当テイクを重ねたw)、カホン君の動画に合わせてみる。

 

で、できたのがこれ。

 

 

いやあ、こういう動画編集はたのしいなw

 

別になんかの役に立つとは思えなかったんだが、ともどりーさんとカホン君から拡散希望の声をかけてもらえたんで、こうして恥ずかしながら公開(^^ゞ

 

カホン君のサイトはこちら(福祉と音楽 〜ドラマー行政書士〜 河合峻也のブログ)。応援よろしく。

 

で、保育士試験は、ピアノかギターでアイアイなんだそう。

 

そう聞いて、ピアノは難しいが、オルガンなら差し障りないかも、とiPad初号機を取り出す。

 

数ヶ月放置してたんで、すっかりバッテリーが抜けてて、ダメになったかと思ったが、しばらく充電したら動いたw

 

 

ハモンドオルガンのアプリで伴奏w ドローバー&レスリースピーカー\(^o^)/

 

楽しいけど、撮影編集はメンドイんでここまで。

 

明日はちゃんと仕事の編集進めます(^^ゞ

 

 

χανι@66.5kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







調子がいいのやら悪いのやら

 

 

血液検査結果が良子先生から。

 

2018年

11月

10月

9月 8月 7月 標準値
GOT 33 25 29 30

26

10-40
GPT 29 20 27 28 23 5-45
γGTP 118 115 130 153 118 < 80
尿酸 5.1 5.3 4.9 4.9

5.7

3.6-7.0
HDLコレステロール 66 59 61 65 58 10-80
LDLコレステロール 130 154 136 144 150 70-139
中性脂肪 118 186 192 167 191 50-149
CEA腫瘍マーカー

-

1.5

- - - <5

(赤系肝臓、緑系内臓脂肪、尿酸=痛風)

 

脂質関係が軒並み良好になったので、先生から拍手をもらう。

 

たしかに脂質がすべて範囲内に入るのは珍しい。

 

特に中性脂肪が高値安定だったのに、近年まれに見る数値になってる。

 

自分的には基準内とは言え、肝臓の数値が上がってるのが気持ち悪い。

 

薬の影響かなあ。(先月からベルソムラを加えた)

 

蓄膿症は抗生物質を飲んで4日目だが相変わらずで、鼻水がすごい。

 

鼻や喉が調子悪いとたぶん花粉症の人がダウンするのと同じような状況なのかも。

 

終日やる気にゃし。

 

朝飯食って、すぐまた寝て、これは結構気持ち良いとわかったのだが、起きると鼻ノドに気がいくので、気持ちが乗らない。

 

昼飯も外に食べに行ってよかったのに、結局うだうだした挙げ句、家の在庫。

 

 

スーパーで税込み100円のやつね(^^)

 

 

量が多いんでそこは満足するが、気持ち的にはノッてこない。

 

 

ビール飲みたいなあとは思ったが、買いに行く気もなく、在庫のパスティスを軽く1杯。

 

結局今日やったことは、寝ること、起きてること、メシ食うこと、テレビ見ること、パソコンすること。

 

音楽聴く気にもならなかったな。

 

昔、藤子不二雄のマンガで「ウメ星デンカ」ってのがあった。

 

ドラえもんパターンで、家にウメ星の王様と后と殿下が居候してしまう話。

 

そのお妃様が「一日500歩しか歩かない」という設定を、小学館の学習雑誌で知って、なぜか衝撃を受けた。まぁ、今でも覚えてるくらいだからな。

 

万歩計は付けてないけど、今日はたぶんそれ以下だぜ。

 

指のマメも絆創膏がまだ必要だし困ったにゃ。

 

明日くらいからそろそろ尻に火がついてエンジンかかるはずなんだがなあ。。。

 

 

χανι@67.1kg

 

 

P.S.あ、スクワットは40回やった!やっぱエライなオレ。。。

| - | 23:59 | comments(0) | - |







雑草なんかに負けてられるか

 

 

ザビパパに「庭がそろそろ伸びてきたんで頼む」と言われて、芝刈り。

 

まだ蓄膿症が治らなくて、頭脳労働をあまりしたくなくて、肉体労働に逃げてみた。

 

もう晩秋だし、今年最後の芝刈りかなと思って庭に出る。

 

しかし実際に刈りだすとこれは芝刈り機をかけるんじゃなくて、雑草を手で抜かなくちゃいけないことに気づいた。

 

たしかにザビパパも芝を刈れとは一言も言ってないw

 

ざっと見積もって、30分・100本と目安を立てて始めたが、やってみると、そこら中にはえてて、こりゃ数百本単位。

 

途中で右手人差し指のマメがつぶれて、後半は左手。

 

ここまでくると意地でも雑草をやっつけるモード。

 

90分・300本くらいだったかな。両手ボロボロw

 

 

とりあえず、見た目キレイになった。

 

昔のマンガにありがちなパターンで、エリートや温室育ちが雑草魂を持った人間に負けるってのがあった。

 

オイラは温室育ちを自負してるのでw,どうもあのパターンが気に入らない。

 

でも、なんでエリートや温室育ちが雑草に負けるかというと、慢心だったり根性出さなかったりするからだ。

 

エリートが本気になって、根性座ると雑草に勝ち目はないのだよ。ふっ

 

次回は、指を傷めないように、器具を使ってやろうと画策してる。(探すとやっぱりそういうもんamazonで売ってるw)

 

と、雑草相手にムキになってランチは渋谷クアリタ。

 

 

後輩ナンリに呼ばれて寄ったが、よかった。

 

男アオイがいて、☆チーフがいて、リノちゃんがパーティ担当で活躍してるのにビックリ。

 

 

カモのパストラミってのがなんか呼んでたので頼んでみた。

 

めっちゃ美味いじゃんか!w しかもこの量で680円は安い。

 

にんにく醤油で味付けて、仕上げのブラックペッパーがよく効いている。

 

ありがとう。

 

そのあとは、フォーエバー、H&M、ZARAと調査。

 

レザー系多いけど、どストライクはなかったなあ。ただこれからも楽しみな展開。

 

そして懸案だった中目黒のテキーラ屋。

 

 

ボエムのSD社が始めた新業態で、本格的なメキシカンタコスを売りにして、テキーラも100種類くらいある店らしい。

 

ただ、日本人には馴染みがないし、やはりお客さんは外国人が多い。

 

 

たしかにテキーラはすごい数なんだが、オイラもサウザーとクエルボしか知らないし、値段もそれなりにするんで及び腰。

 

 

無難にクエルボで逃げる。

 

そして肝心のタコスだが、10種類くらいあって、値段は2-300円。

 

 

大きさは直径10cmくらいかな。ほんとにつまみ。

 

トルティーヤはその場で鉄板焼きで作ってくれるんで実に美味い。

 

具はラムスパイスにしたが、十分ザビ辛。(他は辛くなさそう)

 

ゆうか店長は初めてお会いしたが、感じのいい美人さん。

 

ぜひ応援したいが、まだザビパターンは見つけられずにいる。(ちなみにノーキャッシュ。カード払いのみ)

 

このスタイルをオイラをはじめ、どのくらいの日本人が馴染めるか、まだわからん。結構オジサンには敷居は高いと思う。

 

がんばってほしい。

 

って感じで指が痛いけど、明日からまたガンバりマッス。

 

■今日のおまけ■

 

 

雑草抜いてる時にふと顔を上げて、目の前に咲いてたクレマチス。

 

10年前に母の日にプレゼントしたものだが、その後地植えされて、今も細々としぶとく生きている。

 

普通初夏に咲くのに狂い咲き。

 

まあ、温室育ちも自然に身を置けば、なんやかんやで生き延びる。(もちろん、滅びるやつも多いはずだが)

 

そんなもんだよ。

 

 

χανι@66.9kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







戦後昭和の夫婦像

 

 

風邪ひいた朝方のTVで、風邪のウイルスに抗生物質は効かない。抗生物質が効くのは細菌に対してで、例えば喉だけ痛いとかいうのに有効、と言ってた。

 

我が意を得たりで、良子先生に蓄膿症対策で抗生物質を処方してもらった次第。

 

ただ抗生物質は耐性菌を作っちゃうので、良子先生も処方にはすごく慎重だ。

 

ともあれ、いただいて昨日から飲んでるが、12時間後に突然どろどろ鼻水がサラサラになったので、効いてるようだ。

 

ただ、今日になってまだどろどろも出てくるので、あっさり撃退とはならない。

 

治りかけのせいか、逆に喉に違和感が出てきたり、それで精神がアレしたりするんで、様子をみながら、鼻シュッシュ、アレグラ、デパスを使い分けてる。

 

何が言いたいかと言うと、完治してないんで仕事サボった、ゴメンネコ、という言い訳。

 

あと、やっぱ龍角散買っておけばよかった。あとで買っておこう。

 

ということで、なにもない一日なので、駄文でも。

 

朝ごはんの時に突然ザビママが「巨人の前の監督が誰か思い出せない」といささかアセっていた。

 

大の巨人ファンなのに、老いとかボケってこうして日々やってくるようだ。

 

野球わからない人のために説明すると、先月上司が交代になって、その先月までの上司の名前が出てこないという状態。

 

ザビパパが「ヨシノブだろ」と言って、82のザビママより91のザビパパのほうがしっかりしてる結果に。

 

日々元気だけど、いつお迎えがきてもおかしくない年齢の両親を見てると、こちらは、おばあちゃんやご先祖に祈願と感謝をすることくらいしかできない。

 

ちょっと止まってるけど、戸籍を遡るワークは、いくつかのヒントをくれることがある。

 

父方の祖母は88,曾祖母は95まで生きた。逆に祖父・曽祖父は40代で亡くなってる。

 

ザビパパはどうやら女側の遺伝子を継いだようで、そこから考えると91でも元気なのは当たり前なのかもしれない。

 

曾祖母の95まではイケそうな気がするので、あと5年はOKかもw

 

母方は、祖父が87,祖母が80で他界。

 

ということで、祖母は抜いたが、まだ祖父の年齢までは時間が5年ある。

 

ボケは心配だが、身体はあと10年くらい行けるんじゃないか。

 

ま、これらは数字のお遊びだけど、自分でどうにもならんことが頭を占めてき来た時は、こんな対処法もあるってこと。

 

いずれにしても、近年はヨレヨレ家族だが、それでも家というのは回ってる。

 

ザビママはプロ主婦。年収換算したら、どれだけの働きなんだろう。

 

絶対普通のサラリーマンより高収入じゃないと勘定が合わないくらいの仕事の量と質だと思う。

 

多少ボケても、手が不自由でも、炊事洗濯掃除は一手に引き受けて、カンペキにこなすわけで。

 

ザビパパは、昭和の旦那衆だから、いちいち文句(本人的にはフラットな批評)を口にして生きてる。

 

オイラはそれが当然というか男の役割、くらいに思って育ってきたから、以前はよくアレコレ批評してた。

 

それが女性から見ると、うざいだけで、うれしくもなんともない言動なのだと今更ながらわかってきた。

 

じゃあ、どう言ったら、女性に喜ばれ、モテるのか、ってんで、日々女性と話をする中で、「よく考えて」感情に寄り添う言葉を吟味するようになった。

 

きのうの飲み会ではそんな話も出てきて、概ね、自分はできてきたな、と思えた。もちろん、これからも精進。

 

で、いつもブツブツ言ってる親世代にもこの手法を持ち込めばいいんじゃないかと一時思ったのだが、これは余計なお世話だった。

 

両親は両親同士で、言わなくてもわかる、文句を言い合うのがコミュニケーション、阿吽の呼吸、空気を読む、男は黙ってサッポロビール、などなど長年培ったやり方があるようだ。

 

ザビパパが大丈夫と言おうが、ウルサイと言おうが、ザビママが「パパのやらかすことは私が一番よくわかってる」と豪語してて、結果ほんとそのとおりになるんでw,男たちは黙ってビールでも飲んでるしかない。

 

今日も平和でした。

 

おしまい。

 

 

■今日のお夜食■

 

 

モッツァレラトースト・ガーリック醤油ソース。

 

ジョナサンのメニューは秀逸(お友達がメニュー開発しているw)。他にも、箱入りウニ付きパスタとかそそられるメニューあるんだよな。

 

■本日のおまけ■

 

 

マツキヨ行った〜。なにげに最強は龍角散のど飴。

 

 

χανι@66.3kg (鼻水の出し過ぎで体重減少?)

| - | 23:59 | comments(0) | - |







一日一件のはずなんだが

 

 

とにかく動きまくった一日。

 

オイラは一日一件しか用事は入れないように原則している。

 

そうじゃないと、次の用が気になって、目の前のことに集中できない。

 

それでも、ここのところ、「時間の束縛から自由になる」ということが少しできるようになってきて、今日は目一杯イベントを詰め込んだ。

 

午前中に良子先生。血液検査、処方、抗生物質も。結果は後日。

 

朝昼飯はいつもの野菜350gのタンメン屋だが、今日はニラそばにチャレンジ。

 

 

ニラ1束の破壊力(笑)

 

にんにくもたっぷりで実にザビッシュ。これもグルメ大賞ノミネート。

 

その足で千葉方面。

 

目指すは海浜幕張だが、その少し手前の二俣新町で下車。

 

ここは地図見てて一度どんなところか行ってみたかった。

 

 

京葉線と武蔵野線で作る三角地帯の底辺に二俣新町はある。

 

なぜこんなハンパなところに駅が、と思ったが、周りは物流系の会社が多いな。

 

 

駅的には普通で、三角地帯なのも写真では表現しづらい。

 

男性トイレの便器がなぜかかなり高い位置に付いてて、オイラでも使用に不安感が伴う。

 

身長160cmの人だと難儀しそうw、ってのが目新しいところか。

 

で、海浜幕張。幕張メッセ。

 

 

Inter BEE=国際放送機器展。

 

オイラが会社員時代、たぶん一番活躍したイベント。

 

古巣のブースに挨拶して、元同僚たちに会う。

 

ブースはうまいことやってた。

 

金をなるべくかけずに集客して商品を売り込む。

 

 

美人アコーディオンDUOが出演。

 

手前に新製品を置いて、合間に商品説明。伝統的手法(^o^)b

 

 

オイラ的には裏からの革のタイトスカートが良かった。

 

これを見たんで、今日来た価値があった。展示会全体はもはや自分の興味の対象外と知る。

 

夕刻、幕張を発って、先程の三角地帯を一度武蔵野線側(上の方)に出て、西船橋で東京方面に引き返す。

 

すなわち、一日で三角の三辺を通りたいという(^^ゞ

 

 

で、某ホテルのラウンジで一杯。シャレオツ。

 

アードベッグのロック。球アイスの真球度と透明感に驚く。

 

で、一番最初に予定してた20時赤坂の会席にジャストイン。

 

四国の朋ちゃんが来てたので、仲良しさんたちが集まる会。

 

声をかけてもらって光栄。

 

る美たんの仕切りが名幹事過ぎて、舌を巻く。(年間数十件幹事をやるらしいw)

 

 

特に秀逸だったのは、鍋を二人前ずつ鶏鍋と海鮮鍋を手配したこと。

 

二種類楽しめるというのはお得感あるね。

 

話も盛り上がってめでたしめでたし。

 

てな一日。

 

なんか満載で楽しかったのが伝わればいいや(^^)

 

各位、ありがとう!

 

 

χανι@67.3kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







馬鹿も立派な才能である

 

 

ビートルズの曲に「フール・オン・ザ・ヒル」ってのがある。

 

直訳すれば、「丘の上の馬鹿」w

 

 

丘の上にいる馬鹿はただ日が沈むのを眺めてるんだけど、世界が回っていることを知っている。そんな歌詞。

 

当時のサイケデリックやフラワームーヴメントやLove&Peaceをよく表してる歌だが、地動説のガリレオをモチーフにしてるという話を聞いて、なるほどなとも思った。

 

当時、オイラはあまり好きな歌ではなかった。

 

なんかヤワヤワしてる曲調だし、バカ嫌いだったから(笑)

 

でも、なんかイヤなことがあったり、格好つけたくなると、丘の上で空を眺めて、この唄を口ずさんだりもした。

 

今日はこの11月では貴重な快晴、と耳にしてたので、夕方前におつかいを兼ねてザビ散歩。

 

 

振り返れば、上弦の月。

 

まだ空が明るいうちだから、青の中の月もオツだろう。

 

「オレはバカになれないなあ」と思った。

 

そして、「オレがなろうと思ってもなれないということは、馬鹿はひとつの立派な才能なのではないか」と気づいた。

 

オイラは空を見ても月を見ても、まずは科学現象として頭の中でいろいろと考えてしまう。

 

月までの距離とか、見上げてる角度とか、太陽の位置とか。

 

でも、馬鹿はただ単純に「きれいだな」とか「すてき」とか感じるんだろう。(ほんとのところはよくわからない)

 

近年は、サヴァンに代表されるように、昔は馬鹿で片付けられてたスキッツォイドな人たちの才能が明らかにされてきた。

 

頭がいいから偉いのでもなく、馬鹿だから偉いのでもなく、我々はそれぞれに才能を持っている。それだけのことなのだ。

 

駒沢通りからの富士山が撮りたかったが、イマイチはっきり見えないので、ここはお世話になった東京医療センターへ。

 

 

ちょうど日の入り。

 

 

やがて、駒沢公園の塔にも灯が入り、空はだんだんと暮れていく。

 

何を見てるか、何が見えてるか、どのように見てるかは人それぞれ。

 

オイラの見てる景色とアナタが見てる景色は決して同じではない。

 

だからわかりあえないのではなくて、違うからおもしろいのだ。

 

日が暮れる前に近所で新手のミケ猫と遭遇。模様がギザギザw

 

 

にゃあにゃあ言ってくれるわりには警戒心丸出しで、今日のところは距離が遠かった。

 

そのうち仲良くしてね。

 

暮れてからはネコ広場に行ったが、シロテンとタテガミがいた。

 

 

目の前でジャレたりケンカしたりパフォーマンスサービスをしてくれる。

 

そんな感じの一日。

 

風邪は去ったが、蓄膿症を残していった。

 

あした良子先生に抗生物質もらおっと。

 

 

χανι@67.1kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







おじいちゃんのトレパン

 

 

うかつにもたぶん風邪ひいた。

 

たぶんってのは、症状が軽いんで、たぶんw

 

睡眠も栄養もたっぷりとってるのだが、なにぶん朝方の冷え込みで、敷布団を通して冷気が伝わっちゃったんだな。

 

羽毛布団で暖かくしてるのに、夢見てるうちにひいた。

 

夢は露天のお好み焼きをなぜか撮影したいんだけど、カメラのピントが合わなくてシャッターが切れない。

 

そうこうしてるうちに荒木師匠とジュリアナ軍団がやってきて、撮って撮ってと囃し立てるんだが、やっぱり撮れなくて、ハイ!今日は撮れないから起きます!と言って、起きたら風邪ひいてた(笑)

 

ともかく、ロキソニン、アレグラ、鼻シュッシュ、喉シュッシュなどを駆使して対処療法。

 

なので、今は喉の少しの痛みと蓄膿症の鼻水まででとどめている。

 

そういうわけで大事ないけど、仕事はする気にならず、今日はお休み。

 

ってことでネタなしなのだが、何かないかなと考えて、おじいちゃんのトレパンの話でも。

 

母方のおじいちゃんが亡くなったのは1995年。

 

今から23年前だ。

 

で、形見分けってほどじゃないんだが、使ってたトレパンがまだ新しかったから、ザビママから使えともらったw

 

以来、出番はそんな多くないんだが、ちょこちょこ使っててまだ現役。

 

ただ、腰紐がゆるくて使いづらかった。

 

 

それで先日、100円ショップで、ゴム紐と紐通しを買ってきて、紐を換えたのよw

 

そしたら具合がよくなっちゃって、以来トレパンのレギュラーになっちゃった。

 

にしてもトレパンって丈夫だよな。今、使用してるものはみんな10年-20年選手だよ。

 

 

ここんところ、ろうかの欄干につかまってスクワットをすることにしてる。(履いてるのがじいちゃんのトレパン)

 

つかまらないとひっくりかえったり続かないので、このくらいの負荷がちょうどいいなと。

 

今まで20回だったが、今日から30回になったよ。

 

ちょっとした健康法かも。足腰基本だからね。

 

ちんたら散歩だと筋肉付かないし、スクワットが筋量増やして代謝上げるのには効果的かと。

 

ほんと今日はそんな感じだったんだけど、パーさんの書き込みで、もしかしてサックスの片山広明さんが?と思い、ネットニュースで調べたら訃報が載っていた。

 

片山さんは、パーさんやdaisukeさんを通じて知り合ったが、RCサクセションの忌野さんと同期でRCに参加したりしてた御大。

 

オイラも何度かお会いしてるけど、酒好きの気のいいオジサンだった。

 

まだこの世を去るには早すぎるけど、好きな音楽演って大酒飲んで、肝硬変っていうのだから、ある意味本望なのかも。でも早過ぎるなあ。天国行って忌野さんとセッションしてるのかもしれないけどね。

 

 

片山さんのこと書いたザビブログを2本ばかり手向けます。

 

【ブログ】ロックねえちゃんもロックおじちゃんも好きだ

 

 

RIP

 

 

χανι@67.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







御殿場の残り香

 

 

御殿場でのライブ写真の整理をしたくらいで、これと言ってなにもなし。

 

 

あ、風呂掃除したぁ(笑)

 

リンコロママにお土産で「御殿場あんぱん」をいただいた。

 

美味すぎて毎日食ってるらしいw

 

で、早速食ったんだが、ほんとーーーに美味いw

 

 

表面に「御殿場」の焼印。

 

中は餡と生クリーム。生クリーム多めでこの配合が絶妙。

 

ごちそうさまでした!

 

写真は整理してて、猫沢さんを相当撮ってたと判明。

 

 

なにしろ暗がりの中で動きが激しいんで、数撃ちゃ当たる作戦。

 

スポットライトが似合う。

 

購入したCD「世界の壊し方」を拝聴したが、ダークファンタジーなトータルアルバムになってる。

 

その中にチンコが入ってるw

 

しかも、妙にアルバム内で馴染んでるんだな。

 

 

YUMA君は対称的に動きが少ないんで、なかなか写真にバリエーションを持たせるのが大変w

 

彼も暗めの照明が似合うが、「ダーク」ではなくて「静寂」。

 

アップテンポの曲もあるけど、ルンルンランランじゃなくて、どこか冷静に物事の本質を捉えようとするクールな視点がある。

 

好きです。そういう姿勢。

 

それから、観客で来てたYuri+君。

 

 

いただいたCDを拝聴したが、日本のブライアン・イーノだ(^^)

 

実際、御殿場で会ったときもイーノの話で盛り上がった。

 

イーノはロックファンなら知らない人はいないと思うけど、一般には、「windows95の起動音を作った人」というとわかりやすいかな。

 

環境音楽の第一人者で、実際にニューヨークの空港で使われたりしている。

 

Yuri+君は、このCDはiPhoneで作ったらしくw、今どきの若者と機械はスゴイなと、驚き桃の木。

 

音楽だけでなくグラフィックもやってるみたいなので、このHPとかこのHPを一度覗いてあげて。

 

彼のような才能が世の中にどう広まっていくのか、オジサンは少し心配になったりするのだけど、ネットのあちこちに告知をしていて、それがいつか目にとまるのが今ドキの手法なのかも。

 

いずれにしても、楽しみだ。

 

夜は、「僕らは奇跡でできている」をホケーっと見てたんだけど、そこから1イベント発生。

 

結局、事なきを得て、オイラが得たものは、「信頼されてることを実感するのが、自己肯定感と幸せ度を上げる最大のポイントかも」ということ。

 

オイラは多くの人々に信頼されてるとは思うんだが、それを実感するのはひさしぶりだったかも。

 

 

それがうれしくて、風呂上がりの一杯に葡萄サワー。

 

ビールと同じアルコール5%なのに、酔い方が強い気がする。

 

なんにしても、僕らは奇跡でできてて、奇跡で巡り合ってて、奇跡で生きている。

 

それでいいのだ。

 

 

χανι@67.3kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







平成元禄三浦屋物語

 

 

ゴゴイチで桜んボ。

 

出た!久々のフレーズ。

 

ここで、桜んボを知らない読者のために説明しよう。

 

桜んボとは、カフェラボエム桜新町店を指すザビエル独特の造語である。

 

1-3年前のブログには毎日出てきたフレーズだが、ここのところはたまにしか出てこなくて恐縮。

 

で、今日は札幌の清隆さんが東京に来てて、帰る前に「桜んボで会おう」と声をかけてくださったので、およそ2年ぶりにお会いできた。感謝

 

そして、花子さんも合流\(^o^)/ウェーイ

 

楽しいランチ会となった。

 

 

メインはタリアータ。(ロブGB!)

 

3人で300g。花子さんが気づいてくれて、にんにく醤油で。

 

もちろん清隆さん絶賛。

 

おもしろかったのは、桜んボの常連さん方がタイミングよく来てて、「店長、店長」と花子さんが声をかけられてたこと(^^)

 

それとスタッフも男ばかりだったけど、顔なじみでうれしかった。

 

にしても、コダマ&シューヘーのイケメンツインタワーは相変わらず190cm級の迫力だw

 

 

記念写真の撮りあいタイム。

 

撮影者の清隆さんがちゃんと鏡に写ってる。

 

 

花子さんはカメラにも興味を持ってて、どうして撮る姿がサマになってる(^o^)b

 

相変わらず忙しいようだが、著書の方も峠は越えたようなことを言ってたので、もう少し我々も気長に待っていましょう。

 

そのあとは花子さんは仕事へ。オイラは清隆さんを空港に送りがてら恒例の東京見物。

 

これと決めてなかったのだが、会話しながら「下町に行こう」ってことになり、首都高でスカイツリー方面。

 

 

 

金うんビルの前にザビQを停めて、少し散策。

 

近くで見るとスゴイ!と清隆さんもある種の感動を覚えた模様w

 

近くの海老屋総本舗で佃煮を奥様にお土産で買って帰るなんざ粋だね。

 

そしてここで突然清隆さんが「吉原に行きたい」と言い出すw

 

いや、お世話になるのではなくw,どこにどうあって、今どうなってるのか観てみたいと。

 

愛読家の清隆さんは、小説などで吉原が出てくるが、何となくイメージはするけど、体感レベルでつかみたいらしい。(たとえば、浅草からどのくらい離れてるとか)

 

いやあ、オイラも吉原は学生時代に「社会科見学」で一回行ったきりだし、土地勘はないが、吉原大門の交差点目指せばなんとかなるかなって感じで探検。

 

見当はあたってて、吉原大門から入谷方向へ左折するとその一角だった。

 

うーん、意外と寂しい感じだが(昔はもっと賑わってた気がw)、それでも呼び込みのお兄さんたちはちゃんといるんだ。

 

 

車内から、「三浦屋」を見つけて、清隆さんが「助六!」と歓喜。

 

吉原の大店と言えば三浦屋。

 

歌舞伎だけでなく、テレビドラマなどでも耳にする店名なのでオイラも知っている。

 

もちろん、江戸時代の遊郭「三浦屋」と何の関係もないソープランドだが、まあ粋っちゃ粋だよなw

 

ってことで、すっかり大人の遊びを楽しんだ。

 

もちろん、入店はしてないけど、こういう時ドラレコはスゲエな。ずっとクルマに乗ってた証拠が残るんだw

 

ともあれ、ザビエル流東京見物を存分に堪能していただけたようなのでよかった。

 

次回は札幌に行けたらいいんだが。(求む撮影出張w)

 

楽しかったです。ありがとうございました。(あと、白い恋人、感謝)

 

 

χανι@67.7kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







蝉とダンス

 

 

予告どおり本日は御殿場リンコロさんでのライブ鑑賞。

 

お互い東名高速の出入口付近なんで、いつもはザビQで行くんだが、ライブの時間が早めなこともあって高速バスにチャレンジ。

 

事前予約できて、往復3000円。

 

自家用車の半分の費用で行ける。しかも酒が飲める。すばらしいではないかw

 

まず、行きは池尻大橋まで出て、バスに乗る。

 

 

路線バスの停留所にいっしょに高速バス乗り場がある。

 

時間的には、ザビQ+30分くらいかな。思いのほか時間どおりに運行するんでストレスなし。

 

 

東名御殿場バス停から徒歩10分でリンコロさん。

 

 

再会を祝して乾杯。(ちなみに越乃寒梅ッス)

 

ライブは、YUMA君と猫沢さんが交互に30分二部制で演るという形。

 

これは、時間に制約のあるお客さんにもありがたいし、飽きが来ないというのもあるし、(休憩があるので)アーティストのパフォーマンスが落ちないという意味でもオイラはとても良いと思う。

 

 

YUMA君は半年ぶりくらいに観たが、ウデが格段に上がった。

 

重心が下がったと言うのかな。安定して高パフォーマンスを提供してくれる。

 

 

彼の唄の特徴はやはり歌詞・言葉にあって、練り上げてるなあと思う。

 

かけことばや韻、そして言葉自体の意味と真摯に向き合ってるのがオイラは好きだ。

 

一方の猫沢さんはパフォーマー。

 

魔界(猫沢ワールド)をいかにこの場に降臨させるかが命。

 

 

いきなり、チンコの唄w

 

ラジカルというよりダーク・ワールド色がライブは強いと改めて体感。

 

 

ダンスの練度が上がって、より魅せるパフォーマンスになっていた。

 

 

一部と二部の間に記念写真を撮らせてもらったり。

 

なぜか、オイラ的に目隠しをしてみたくなったので(笑)

 

 

二部はYUMA君の唄に猫沢さんのダンスがコラボしたり。

 

また猫沢さんのステージでは、オイラが引っ張り出されて奴隷化されたり(←オイラ、得意ですw)。

 

お客さんも増えて、さらに盛り上がった。

 

アンコールも起きて、ふたりがそれぞれ1曲ずつ。

 

早いうちに演ってしまい、観てないお客さんもいるので、一部の名曲を再演するのもとても良い。

 

YUMA君は自分が演りたい曲ということで「蝉」。

 

生命に真摯に向き合い、ほんとの「優しさ」を持つYUMA君らしさが一番出てるとオイラも思う。

 

7年土の中で過ごし、7日で生命が果てる蝉に僕らは何を思うだろう。

 

そして、猫沢さんはオイラの推しもあり、ライブタイトルでもある「君とダンス」の再演。

 

先日、PVを紹介したけど、あれをライブで観るとさらにその美しさを感じる。

 

前半部のクラフトワークのような音作り、後半のノイ!のようなリフレイン。

 

まったくドイツロックを知らない猫沢さんがこういう音を出すことに感銘を受ける。

 

 

CDも購入しました。

 

サインはもちろん、「ザビさんのチンコ」(笑)

 

ということで、若者のパワーを存分に味わうことができた。

 

リンコロさん、ありがとうございました!

 

他にも、今日は客で来てた23歳の環境音楽家とも話ができてうれしかったし、彼も近日紹介したい。

 

帰りは、渋滞25kmの表示に脅かされたが、10分遅れくらいで東京に戻ってくる。

 

 

しかも、用賀PAで降りれるんで、さらに効率的な帰還。

 

めでたしめでたし。

 

 

χανι@66.8kg

| - | 23:59 | comments(0) | - |







CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE